使用レポート

2019年 08月 26日 (月)

「セローで東北帰省キャンプツーリング」後編 地元「さんのへ」11ぴきのねこ探しと南蔵王の雲上キャンプ場、台風の雨に捕まった最終移動日の巻

 

みなさま、こんにちは。

帰省キャンプツーから帰り10日ほどたちましたが

いまだちょっと休みボケ? なラフ広報 セキネ です(汗)

 

今回はその帰省旅の前編中編とつづいた最終回となります。

それでは、お付き合いよろしくお願いします。

 

 

◆東北帰省キャンプツー4日目 8月14日(水)◆

 

東北の太平洋側特有のヤマセの影響もあり

朝から涼しい気候のなか

ひさびさに 「布団」 でぐっすり眠れた実家滞在。

 

遠望するは地元のアイコン、名久井岳

01 10時 名久井岳

独身時代以来、約17年ぶり?のバイク帰省、

せっかくなので給油がてら地元「三戸町」の散策をしました。

 

町の公式HPのリンク先にもあるとおり三戸町は

絵本作家 馬場のぼる さんの生誕地で

代表作の「11ぴきのねこ」シリーズを町興しのシンボルとしています。

 

近年町のアチコチに ねこたちの石像 が増えているので

いったいどれくらいあるのかセローで実走し調べてみました。

 

まずは馬場のぼるさんの生家付近にいるリーダーのとらねこ大将。

02 10時 とらねこ大将

 

そして病院前のトンボねこ。

03 10時 トンボ

 

小学校前の挨拶ねこ。

04 10時 学校前

 

町役場前のおもてなしねこ。

05 10時半 おもてなし

 

バス停でバスを待つ読書ねこ。

06 10時半 バス停

ちなみに読んでる本の中身は…サカナ(笑)

06 10時半 バス停2

 

そして商工会の前のにっこりねこ。

07 11時 商工会前

 

別の公園にあるのは登場キャラ、馬のあおさんと話すねこ

地元の子供たちに人気です(笑)

 

図書館前でねそべってさかなの本を読むねこ。

09 11時 図書館前

 

そして道の駅さんのへでたい焼きをたべるねこ。

10 前日 道の駅

 

2019年8月現在 9 体あり、残り2体も今年度中に追加登場予定だとか。

 

また、エリア内を走る南部バスのなかにはレアな11ぴきねこのバスも。

見たり、乗れたりしたらちょっとラッキーな気分に♪

11 去年 ねこバス

お近くの方やマニアックなねこ好きの方は是非ねこ探しにいらいしてください♡

 

そして、歴史・戦国時代マニアの方にも

ここ三戸は南部藩発祥の地とされ、ゆかりの名所が多数あります。

↓昭文社 ツーリングマップルR 2019年版 東北より

ツーリングマップルR 2019東北

その代表格は盆地状の町のど真ん中にそびえる天然の要塞であった三戸城址

歴史的にも重要なところですが、春、GWごろの桜は見応えありです。

12 三戸城

12 三戸城2

12 三戸城3

 

その他、この地域のソウルフードである串餅」や「きんか餅も地元でしか食べられないので

メジャーな南部せんべいに負けず劣らずおススメです♪

13 串餅&きんか餅

 

その日は地元の友人にあったり

家族とゆっくりとおいしい夕飯をたべ、翌日の出発に備えました。

それにしても、実家に帰ると涼しくて

いくらでも寝れちゃうのはなぜでしょう。。?

 

 

◆東北帰省キャンプツー5日目 8月15日(木)◆

 

実家に2泊の駆け足滞在の後、

「セローで東北帰省キャンプツー」も復路スタート!

 

直線距離で片道約750㎞あるためなのか

都会時間と田舎時間はいろいろ違うと思っています。

そしてこの長い移動時間が昔から、自分的には

田舎モードから都会モードへ戻る通過儀礼のように感じていました。

気持ち的には地方から都会へ 「勝負」 に行くというカンジです。

 

三戸を出るといつもは最寄りの

八戸自動車道一戸ICからすぐに高速に乗るのですが

せっかくのバイク、しかもその日は320㎞程度の移動なので

岩手県の盛岡手前までは一般道の4号線で南下します。

 

こちらは「戸めぐりツーリング&フォトコン」でもおなじみの

二戸市、男神岩付近。

01 10時半 二戸男神岩

 

お隣の岩手県は多くの政治家、そして歌人を輩出しています。

旧渋民村出身の石川啄木、花巻の宮沢賢治などなど。

関連施設を巡るのもまた楽しいツーリングかと思います♪

02 12時 渋民村啄木記念館

 

そして、岩手県もまた広いのでモタモタしていると

どんどん時間が無くなります(汗)

お昼ごろ実家から約100㎞、

盛岡の手前の滝沢ICより東北道に入ります。

03 12時半 滝沢PA

雲行きは怪しいですが、まだ何とか台風の影響も受けず、

奇跡的に? 雨知らずでここまで旅しています。

 

何とか岩手県を走り切り、宮城県に入ると気温がグッと高くなります。

セミの声も復活して、涼しかった青森が懐かしく感じます。。

そして大都会の仙台を過ぎ、16時過ぎに白石ICで一般道へ。

04 16時半 白石市

ご覧のようにやって来た方向は快晴!

ですが今むかっている本日の幕営地、南蔵王のグリーンパーク不忘

どうやら雲の中のようです…

 

土地勘のないエリアや時間が押している時ほど

買い出しはなるべく早めに済ませるべし

 

今回はこのキャンプの鉄則をすっかり忘れ、

宮城県ぐらい都会だったら途中の温泉街でも買い出しできるでしょう!

と油断していました。。

 

田園地帯を抜け山岳地帯との境目にあった鎌先温泉

古くから切り傷に効くことで有名な温泉街ではあるものの

買い出しには適しておらず、そこから寂しい山道を

夕闇迫るなか約20分以上はしり幕営地に到着。。

 

キャンプ場の受付のおじさんに聞くと

やはり白石市に片道30分かけて戻るしか

買い出しは出来ないようで(爆)

 

大急ぎでテントサイトを決定し、

今回の帰省で親父にもらった25年以上前の

ダンロップの伝説のテント R207 を超ハヤワザで組み立て

往復1時間かけて白石市に買い出しに戻ったのは言うまでもありません(涙)

05 17時 GP不忘サイト

 

サイト自体は高原にあることと雲の上にあるので非常に涼しく

貸切シャワースペースなどでは携帯充電も出来るため

買い出ししてさえいれば(←自分が悪いんですが)

静かに引きこもれるのでなかなか快適なキャンプ場でした♪

06 21時半 GP不忘月夜

寝る前には曇っていた空の晴れ間から月が見えました。

静かで幻想的な雰囲気の中ゆっくり眠れました…

 

 

◆東北帰省キャンプツー6日目 8月16日(金)◆

 

07 5時 サンライズ!

この帰省キャンツーも最終日の朝5時。

見事な朝日が木々の間から見えます。

山間部でキャンプしているとわかってくるのですが

 

「朝焼けがキレイな日ほど天気は下り坂になる」

 

実際、テント撤収し6時ごろ出発するときには雲がそこかしこから発生…

こうなったら雨が降る前に少しでも先へ急ぎましょう。

08 6時 しゅっぱーつ

 

前日同様30分かけて白石ICまでもどり、東北道に乗ります。

7時、福島県にはいり国見SAで

そろそろ雲行きが怪しいので一旦朝ソバタイム。

山菜そばが朝からあったかくておいし~

09 7時 国見SA

食後、外に出ると雨がポツポツ…

ついに雨雲に捕まりましたね。

 

慌てず騒がず、バッグパックから

RR5232 コンパクトレインスーツ を取り出し装着。

今回はメッシュジャケットとおそろいの新色ダイアゴナルシルバーを

新調してきましたので雨でも余裕です♪ フフッ…

が、しかしそこから福島を過ぎ、栃木に入り、

群馬に入っても雨は止みませんでした。

 

関東圏にはいるとバイクがグンと増えます。

皆さん雨なのでコマメに休みを取っているようでした。

10 8時 東北道はずっと雨

新品レインスーツのおかげで快適なのですが

天気が悪いと気分的に多少滅入ります。

 

人気の羽生PAも雨で人出がまばらでした。。

11 11時 羽生PA

 

埼玉県の東北道最後のSA、

蓮田SAは7月末に移転オープンしキレイになっていました。

ちょうどここで雨雲を抜けたのでレインスーツをしまい、

身軽になって最後の首都高湾岸線へ。

 

13時ちょっと前、ホームタウンでもある横浜、大黒PAに到着。

12 13時 大黒PA

 

14時過ぎに鎌倉の自宅に無事到着し

全行程約1620㎞、6日にわたる

セローで東北帰省キャンプツーリング

が終了しました。

 

最後に、この場を借りてツイッターに いいね! や

レスをいただいたみなさまへお礼申し上げます。

 

 

今後とも引き続きラフロツーリング部キャンプ部

各種イベント現場からもリアルタイム発信していきますのでお楽しみに♪

 

Go-for-ride

 

以上、つい先日たまらずキャンプ場でも使えそうな

LEDライト付モバイルバッテリーを入手した

ラフ広報 セキネ がお伝えしました。

 

 

 

 

2019年 08月 24日 (土)

「 セローで東北帰省 キャンプツーリング 」中編 にかほの幕営地で見た絶景と、秋田の道端で出会ったババヘラ名人 青森の実家到着で往路完結の巻 

 

みなさま、こんにちは。

 

ひさびさのロングツーの興奮につい長くなってしまった

「セローで東北帰省キャンプツー・前編」

からの続きをお伝えするのは私、ラフ広報 セキネ です。

今回も少し長くなりますのでよろしくお願いします…

 

 

前回は7号線をひたすら走り続け、

県境でなんとか日本海沿いに出たところで終了しました。

06 16時 やっと日本海、まだ新潟!

太陽が西に傾きはじめ16時を回ったころ、やっと山形県入り。

ここから先は撮影や気になるものがあっても

ココロを鬼にして? ノンストップでひたすら7号線を北上。

 

目指す「にかほ市」は夕陽を売りにしている温泉などがあるので、

本来であれば夕陽を見ながら温泉につかって…

などと目論んでいたのですが右に鳥海山、左に日本海を眺めつつ

どんどん低くなっていく太陽に、正直、私かなり焦っていました。

 

18時をまわったころ、やっと秋田県に突入も

日没まであと30分、この時点で温泉はスッパリあきらめました(涙)

買い出しもスーパーを今から探すのは無理なので

7号沿いのコンビニに文字通りピットイン&自己最速で買い出し。

 

そして18時半、やっとのこと目的の地に到着。

飛びのくずれキャンプ場

07 18時半 夕日間に合った!

日没10分前、ギリギリです♪

とりあえず、さっき買ったばかりのビールでまずは夕陽に乾杯!

 

残念ながら丘の上の芝生サイトはもう一杯だったので

到着したまさにソコ、この防波堤の内側にテントを設営。

07 19時 テント設営完了

これ以上携帯の電池を消耗しないよう

コンビニ飯&チューハイで食事を済ませ、早めに就寝…

温泉はいりたかったなぁ。。

 

 

◆東北帰省キャンプツー3日目 8月13日(火)◆

 

01 5時 飛びのくずれ1

翌朝、5時。

海沿いですがサスガ東北、朝は涼しく爽やかな目覚め♪

 

湘南の寝苦しかった海沿いキャンプとは大違い(爆)、

また前日グルキャンで夜遅かったのもあってか、とてもよく眠れました。

01 5時 飛びのくずれ2

僕のテントの奥には誰も幕営しておらず、見えている先が一番奥です。

右手に見える小高い丘を登ると…

01 5時 飛びのくずれ3

日本海 オーシャンビュー!

海面から10m位ですが風が心地イイです。

で、さらに右手を見ると…

01 5時 飛びのくずれ4

あまり広くはありませんが平らな芝生サイトがあります。

丘の上まで車両は上がって来れませんので

荷物を人力で上げた人だけが快適サイトを利用できる、というわけですね。

その際に登ってくる坂道方面を見ると…

01 5時半 飛びのくずれ5

ほんのりと明るくなり始めた穏やかな日本海。

 

よく晴れた日に沈む夕陽を見ながらビールで乾杯、

なんて出来そうな最高の場所です♪

写真には写っていませんが左手の奥には鳥海山も見えます。

水道やトイレも完備の無料キャンプ場。

神奈川でも近くにこういうところがあったらなぁ、と

ココロから思います…

 

昨日出来なかったサイト散策を終え、テントの前で朝のうどん。

01 5時半 飛びのくずれ6

防波堤内にはたまにフナムシがちょろちょろしてますが、

関東近辺で見るフナムシより心なしか小さく遠慮がちで

遠くからこちらの様子を ジーッ とうかがう、というカンジ。

テント内や食べ物に入ってこなきゃ許します(笑)

 

ライダーとは朝が早い生き物で

うどんを食べている間にも他のライダーたちはどんどん出発していきます。

私も今日は青森の実家で墓参りに行くため夕方16時ごろまでに約300kmほど移動します。

すばやくパッキングして6時すぎに出発。

 

海岸線沿いには大小様々の風力発電用風車がたちならび

独特な景観がずっと続きます。

01 6時半 飛びのくずれ7

この旅で、

というより私のキャンプ時の装備は写真の

RR5612 AQA DRY カーゴ 50ℓ と

RR9402 AQA DRY ライドパック 20ℓ

の2つで完結するようにしています。

 

両方ともバイクに取付するためのゴムコードが付属しており、

個人的には別売のネット類は使わずに付属のコードだけで

安定積載することを目標としています。

 

ポイントはRR5612の付属コードを前後方向にクロスさせているだけではなく、

見えにくいですが左右方向にもずれない様に

RR9402の付属コードを通して補強していること。

 

ちょうどキャリアの上で6~8方向からコードをかけ

バッグを包み込むようにすることでネットなしでも

安定させることができます。

 

「荷物と積載はできるだけシンプルに軽くしたい」

「盛る」ではなく「削ぐ」

 

どこまで荷物を削り軽量化できるのか。

ある意味これはバイク乗りの本能というか

特性のように思うのは僕だけでしょうか?

 

さて、ハナシ戻ります。

昨日入れなかった「温泉」をどこかで入ろうと

途中の道の駅など覗くのですが朝早いとどこもやってません。

仕方なく快調に?7号線を北上します。

 

秋田市から少しだけ男鹿半島の付け根に向かい

男鹿総合観光案内所へ。

02 9時 男鹿なまはげ

せっかくの秋田ですし、ベタですがやはり押さえたい巨大なまはげ像。

「天気も良くなってきたし、男鹿半島まわっちゃう?」

という欲望がムクムクと湧き上がります。

 

しかし、過去の経験上、

秋田の海沿いから山間部をとおって青森に抜けるのは、

距離的にも時間的にも意外にかかるということを知っているので先を急ぎます。

02 9時半 あきたこまちと寒風山

なので向こうに見える寒風山からの眺めも

「今日はくっきり見えて最高だろうなぁ」

などと後ろ髪をひかれつつも、

大潟村のどこまでもつづく田園まっすぐ道路を先へと急ぎます。

 

今回のキャンプツーリングで使っていたグローブは

RR8423 ターマックエアグローブ

ベンチレーションとプロテクションを兼ねたパッド類が

無骨な漢の夏のソロキャンツーにベストマッチ♪

 

メーカーの人間としては本来の用途以外での使用はおススメはしませんが、

掌が丈夫な本革なのでまだ熱いスキレットを持ったり

小枝をノコギリでカットする作業にも使ったりと大活躍でした(汗)

※あくまでもコレは自己責任ですからっ↑

 

大潟村からもう一度能代へと延びる7号線にもどる道端で

ド派手なエプロンをつけたおばさん出現!

これが秋田に来たら必ず体験すべき

「ババヘラアイス」

03 10時 ババヘラ出現

ババ(おばさん)がヘラで盛るからババヘラ。

夏の秋田県の国道沿いにはいたるところにいるのですが

今回はお盆期間だからなのか3人しか見ませんでした。

03 10時 ババヘラ名人芸

暑いなか道端で食べるジェラート状のアイスがさっぱりとウマい!

このおばさんのバラ盛はなかなかの名人芸でした♪

 

ババヘラでさっぱりした後は

7号線をたどるように内陸の大館方面へ。

7号線はここから北に青森県の弘前方面へ延びますが

実家の三戸は東で太平洋側方面なので103号へ。

 

北東北の人以外にはわかりにくいかもしれませんが

7号線は旧津軽藩のエリアを走っていて

太平洋側の旧南部藩エリアの4号線に出るためには

この103号やその先の104号というのは

ちょうど文化圏が変わる、そんな境目の道路になります。

 

北東北を横断する103号は

途中十和田ICで東北自動車道と交差します。

そこから少し進むと新国立競技場をデザインした

建築家 隈研吾さんデザインの 道の駅おおゆ があります。

03 13時半 道の駅おおゆ

広い駐車場と足湯などがあり地元のハーレーチームが

大勢でランチタイムを楽しんでいました。

 

ここから先の山間部を抜けて青森県に入る104号は

人家も少なく冬には雪が多くて通行困難な道となります。

真夏の昼間は木洩れ日の中を快適に走れる気持ちのいい道ですが

真っ暗になる夜はクマをはじめ野生動物の世界。

無用な長居は避けたいエリアです。

 

ヘアピンカーブの続く山道を下って

ニンニクで有名な田子町の市街地に入ると

地元に戻って来たなぁ、という気になります。

 

そこから少し進み15時ごろ我が実家のある三戸町に到着。

04 15時 道の駅さんのへ

すっかり、温泉入りそびれましたが

実家でシャワーを浴びたあと16時、今回の帰省のメイン目的の墓参りへ。

04 16時 墓参り

先祖代々の御霊へご挨拶…

そして実家に戻り玄関先で迎え火を焚きます。

04 17時半 迎え火

北海道の親戚から届いたご当地ビールを飲みつつ迎え火を焚き

あぁ、実家に帰ってきたんだなぁと、

セローで東北帰省キャンプツーの往路完結

しみじみと感じていたラフ広報 セキネ なのでした。

 

次回はいよいよ後編

地元さんのへの猫めぐり散策&

南蔵王雲上キャンプ場と雨の帰省キャンツーラストランの巻です。

 

 

Go-for-ride

 

 

2019年 08月 21日 (水)

「セローで東北帰省キャンプツーリング」前編  奥只見 銀山平キャンプ場でグルキャン満喫からの、にかほ市の幕営地へ。。。日没に間に合うのか???

 

みなさま、こんにちは。

 

前回の公式ブログをうけて出先から

公式ツイッターでほぼリアルタイム発信していたので

すでにご存知の方もいらっしゃると思いますが、

私、ラフ広報 セキネ、

この夏は日本海周りで青森の実家へ

「セローで東北帰省キャンプツーリング」

しておりました♪

 

当ブログでは

その時ツイッターでお伝えしきれなかったところを

もう少し詳しく日記形式でお伝えしていきます。

初日のグループキャンプの様子は

横浜店店長 高山のブログ もご覧ください。

 

前、中、後編の全3回を予定しておりますので

お付き合いのほど、よろしくお願いします m(_  _ )m

 

 

◆東北帰省キャンプツー1日目 8月11日(日)◆

 

数日前に発生してやや西寄りに進路をとった

台風10号の影響を心配しつつ、

朝7時ちょい過ぎに鎌倉の自宅を出発。

 

今日の幕営地は新潟県魚沼市の奥只見 銀山平キャンプ場

例によっていつものようにラフロキャンプ部(通称スナフキン部)の活動は

途中合流せずに 「現地付近で集合」 が基本。

メンバーの中には予約も取らず飛び込みが基本、というツワモノもいますが

心配性な私はもちろん、フリーサイト予約済です(汗)

 

久々のロングキャンプツーにハヤる心をなだめつつ

圏央道の西の端、茅ヶ崎JCT手前の藤沢バイパスより高速へイン。

晴れていれば左手に富士山が見え、さらにテンションが上がるものの

その日はうす曇りで富士山は見えず。

 

とはいえ目指す関越道方面は晴れ間が期待できるため

粛々とアクセルを一定開度に保ちながら前進…

 

途中、中央道合流の八王子JCTあたりで

けっこうな渋滞にハマりそこは慌てず騒がずやり過ごしたのですが

その先の関越道合流地点も渋滞していたのには

出発をもっと早めればよかったと軽く後悔(涙)

 

たまらず上里SAで小休止。

熱中症が怖いので水分はコマメに補給します。

一緒に北上するバイクもまだまだ多いですね~♪

01 10時 上里SA

 

トリッカー時代にはタンクが小さく120㎞走ったら不安で

関越道に入ってすぐの高坂SAで必ず一回目の給油でした。

セローは250㎞くらいまでは余裕で、今回はだいぶ先の赤城高原SAで初給油でした♪

02 11時 赤城高原SA

バイクもけっこう走っているのですが皆さん荷物をほとんど積んでいません。

おそらく日帰りツーを楽しんでいる、といった感じですかね。

沼田ICを過ぎるとバイクはグッと減ります。

ここから皆さん日光や草津方面へ行かれるのでしょうか。

 

給油後は引き続き関越道をどんどん北上し、

長い長い関越トンネルを抜け新潟に入ると

GALA湯沢などのスキーリゾートを横目に見ながら

山間部から平野部へと一気に下っていきます。

 

南魚沼市に入るとあたりは一面の水田地帯、

「義と愛の武将、直江兼続の生誕地」 という看板や

「雪国まいたけ工場」 などを左に見つつ

改めて「新潟の夏ってそういえば暑かった!」ということを再認識。

 

大和PAにて、水分だけではなく塩分補給をせねば。。と

途中で見てきた「雪国まいたけ」に影響されつつ

「雪国まいたけ天ぷらそば」 を注文。

暑いときに食べる熱いソバもなかなかアリでした♪

03 13時 大和PA

食後、すぐ次の小出ICで関越道を降り、

そこからの峠道に備え二度目の給油とキャンプの買い出しへ。

 

このあたりで今日の他のメンバーの動向が気になりLINEやら電話するも

みな、気ままなスナフキンたちなのでもちろん連絡はつきません(爆)

買い出しを終え、峠道へ曲がる直前で

Ninja1000の物流部 K君SV650Sの営業部 Sさん とすれ違いましたが

峠走行のペースがセローとは違うので先行して現地へ向かうことに。

 

空は快晴、これぞ 「ニッポンの正しい夏」 というような風景♪

これから始まる夏休みに胸がワクワクです。

04 14時半 魚沼田園風景

 

そこからバイクは奥只見シルバーラインを通れないので

352号のつづら折れワインディングを約15キロほどクネクネと堪能。

ちなみに352号はそれほど道幅があるわけではないのですが

ハイカーやチャリダー、対向車もそこそこあるので通行の際は要注意で。

05 15時 R352峠道1

05 15時 R352峠道2

 

麓の小出市街から撮影しながら約40分後、

15時半ごろ今日の幕営地 銀山平キャンプ場 に到着♪

奥に見える谷あいには万年雪も見えます。

06 15時半 銀山平到着

 

受付をすませ、数カ所に広がるフリーサイトの中から

ファミリーキャンパーの少ない川沿いのサイトをセレクト。

テントの前室から絶景独り占めです♡

07 16時 テント設営完了

 

暑い一日、約300kmの高速、峠道走行の足元を

タフに快適にささえてくれたのは発売されたばかりの

RR5829 ラフエアスルーRDスニーカー

バイクに普段使いにと大活躍のアイテム♪

08 16時 RR5829

サイド部分に大きくメッシュ部分を確保することで

走りながら常にフレッシュな靴内環境を維持します。

シッカリとしたメッシュ素材を使っているので

メッシュシューズにありがちなヤワな頼りなさもなく、

汗かきな自分としては季節問わず使いたいと思う1足です。

 

16時半ごろ、本日のメンバー全員が無事合流。

09 16時半 Ninja SV Serow

WR250Rの横浜店 高山店長 はなぜか

石だらけの河原にタープでベース基地作成中(笑)↓

09 16時半 メンバー勢揃い

09 16時半 トンボ

ひとり川の中で涼んでいたのですが、みんなのテント設営を待ちきれず

川の水でよく冷えたご当地ビールでフライング乾杯!

09 16時半 待ちきれず乾杯

ほどなくして高山ベースも完成、乾杯&お疲れさまです!

09 17時 高山ベース完成

18時ごろ敷地内の温泉「かもしかの湯」から戻り

買い出ししたお気に入りの食材を各自調理…

 

その日は豚バラのカレー煮を作ったのですが

残念ながら調理したモノを撮影する余裕が昔からなく

ウマいものは出来たそばからすぐに胃の中へ。

このあたり、Z馬鹿の佐々木君を見習わなくては(汗)

 

普段からヒトリキャンプで

コンパクトな荷造りを心がけている自分としては

ヘッドランプやランタンは持たず、日没までに調理、食事を終わらせます。

 

日没後は集めた流木や小枝類を細かくカットしながら

軽めの酒をチビチビ飲みつつ

コントロールできる範囲の大きさで焚火を楽しみます。

10 20時半 タキビとウイスキー

その際に必要なのは30年以上愛用している

ビクトリノックスのマルチツールナイフ

SOTOのテトラヘキサ

そしてアルミトレイと自作火吹き棒。

 

その夜は高山店長のモーラーナイフ談義やクセの強い子供のころの話、

それに負けないぐらいアクの強かったK君の学生時代の話などで盛り上がり

空にはきれいな月が出て、いつもより長く焚き火を楽しみました。

10 20時 奥只見の月夜

 

 

 

◆東北帰省キャンプツー2日目 8月12日(月)◆

 

01 5時 奥只見朝もや

翌朝 5時 少し前。

すぐそばの奥只見湖から幻想的な朝もやが立ち上っています。

高山店長がシュラフやらシートやらを干し始める音で目覚めました。

01 5時 テントサイト

02 6時半 自慢の絶版シュラフ

今日も暑くなりそうです。

各メンバーは自分のペースで撤収作業をすすめ

次の自分たちの目的に向かって現地解散。

 

この日は新潟、山形をこえ秋田のにかほ市まで約320㎞北上予定の私、

みんなよりひと足早く、まぶしい朝日のなか出発。

03 7時 出撃です

厳しい日差しを避けるため今回のツーリングで着用したのは

RR7339 エアスルーメッシュパーカー

個人的にはダイアゴナルシルバーがお気に入りです♪

RR7339 エアスルーメッシュパーカー DIAGONAL SILVER

このメッシュパーカーは胸ポケットや肩、脇部分に

同じ柄の生地を使ったハイブリットタイプメッシュジャケット。

03 7時 RR7339胸ポケット

使い勝手のいい胸ポケットには高速券や

よく使うカード類など入れました。

 

そして秀逸なのが襟部分の裏側に

吸汗速乾クールマックス(黒いメッシュ素材)を使用し、

襟のエッジ部分を肌あたりの良いネオプレンで巻いてあること。

03 7時 RR7339襟

汗もすぐに乾き、夏の日焼けした肌にメッシュ生地の硬い部分が直接あたるのを緩和する…

細かい事ですがこういう 「気配り」 が実際使ってみるとありがたい♪

ライダーが感じるこういう余計なストレスを減らすことが

長く使える旅具としての条件ですよね。

 

みなに別れを告げ

ひとりでさわやかな朝の峠を下山しつつ、

途中からの絶景をツイート拡散。

03 7時半 352号峠雲海?

今回ほぼリアルタイム発信していて気が付いたのは

WIFIがないところからの画像発信は携帯の電池消耗が激しいということ。

なにをいまさら、というかもしれませんが

普段なら丸2日くらいは電池が持つような私、

もちろんモバイルバッテリーなど持ち合わせておらず、

この旅で携帯の電源確保が必須ということを初めて認識。

 

実は下山途中に電池がゼロになり途中の

公園事務所で30%まで充電させてもらうため30分ちかく無駄にステイ。

その間にK君やらSさんに追い抜かれ(←この人たち、もちろん私に気付かない。。)

平野部まで下りて来て新潟県を縦断中も常に電池残量を気にしていました(爆)

意図せずしてまるで出川哲郎の充電旅状態です(汗)

04 10時 見附のキャプテンスタッグ工場付近

そんな時に限っていい景色が続いたりして。。(悩)

 

お昼ごろ、たまらず新潟駅方面へ行き

ちょっと良さげなカフェで充電させてもらいつつランチタイム。

ここでまた2時間近く無駄な時間を過ごした後、

フル充電されて復活した私、やっとの思いで7号バイパスへ復帰し北上開始。

 

道の駅の発祥の地といわれる

新潟市の端っこ道の駅 豊栄についた時には

すでに14時半を回っていました(汗)

05 14時半 道の駅 豊栄

しかし、新潟県は本当に長い県。

いつまで走ってもずっと続きます。。

しかも7号線は思ったより内陸を通っていていまだに日本海ともご対面していません。

 

山形との県境、

村上市勝木あたりでやっと日本海が見えました!

沖合にはうっすら粟島が見えます♪

06 16時 やっと日本海、まだ新潟!

そのとき時刻はすでに16時。

果たして私、これから山形を抜け、

日没予定時刻 (18時39分) までに本日の幕営目的地、

秋田県にかほ市の飛びのくずれキャンプ場まで行けるのでしょうか !?

 

中編につづく・・・

 

Go-for-ride

 

2019年 06月 14日 (金)

「セローで道志でヒトリキャンプ」 梅雨入りキャンプで役立つレインギア & 厳選中華テントの実力やいかに?

 

みなさま、こんにちは。

最近、公式ブログが登場が月イチになってきた

ラフ広報 セキネ です。

 

月イチだといろいろイベントや出来事が盛りだくさんに(汗)

 

まずはサッカー日本代表対エルサルバドル戦

期待の新星 久保建英選手 (←この夏まさかのレアル移籍?)が

史上二番目の若さでA代表デビューしたり、

4年ぶりに代表復帰の永井謙佑選手が快足をいかして2得点したり。

女子ワールドカップも開幕し、そろそろコパアメリカも開幕…

応援する方も忙しいですよね~(汗)

 

そして、

ここ 関東も梅雨入り しましたねぇ…

 

そんな慌ただしい日常をはなれゆっくりと非日常を味わうため?

雨がちの天気予報にもかかわらず

出勤土曜の午後から半休をいただいて

会社から直接キャンプ場へGO!

キャンプへGO!

釣りバカ日誌のハマちゃんじゃないですが

会社から直でキャンプって一度やってみたかったんですよね~♪

 

今回は荷物の小型スリム化が主目的。

まずはキャンプの時に一番大きい荷物の

テントとシュラフの小型化に着手。

 

こちら20年来の愛用品 RR5612 AQA DRY カーゴの中に収納される

今までの私の主装備↓

※このほかに調理道具やらテーブル、焚火道具もありますが…

従来装備

右から黒ラベル350ml缶(サイズ目安)、

サーマレストのプロライト3 ショートマット(絶版)、

イスカの3シーズン用シュラフ(これも絶版で20年選手!)、

そして派手な袋がテントフレーム&テント本体。

 

このテントは3~4年目で コールマンのエッグドームフェス。

広めの前室がありインナー吊り下げ式でとても便利なのですが、

収納サイズがデカくて重い(約6キロ!)

これだけでRR5612の半分ふさいでしまう…

テントフレームは長くて入らないので

いつも RR9402 AQA DRY ライドパック

背面ポケットスペースに入れて窮屈な思いをしていました(涙)

 

いつもテントでバッグが目一杯になるため、

これまでは一度キャンプ場でテントを設営してから

買い出しに行かなくてはなりませんでした。。

 

この状況を改善するために

「まずはテントを小さいヤツに新調すべし!」

ということで夜な夜なネットで検索。

 

アライテントのドマドームやら、MSRのハバハバNXや、

NEMOのホーネットストーム2だとか

山岳用の軽くて小さいものに憧れましたが、

快適性も捨てがたいし、いずれもお値段の面で厳しい。。

 

最近、横浜店のキャンプコーナー

スタッフがおススメしているコスパに優れた

モンベルのクロノスドーム2 のブルーも考えました。

▼クロノスドームの1人用オレンジを抱えるキャンパー木本

キモトでっす

でも、雨男キャンパー木本高山店長と一緒になるし、

1人用のブルーも営業の櫻井さんとカブる…

それと2人用は意外に収納サイズがデカくて重い。。

むむむぅ…

 

なかなか決まらないテント選びに疲れたころ、

「モノは試し」で最近ネットでちょっと評判の中華テント、

ネイチャーハイクのHiby3 をポチってみました♪

Hiby取説

取説が案の定、読めませんが漢字なので雰囲気は伝わります(笑)

 

で、装備はこうなりました↓

新型夏装備

右から黒ラベル350ml缶、サーマレストマットまでは同じ、

その下のMatの袋はHiby3に標準装備のグランドシート(←コレなかなかないですよね)、

赤い袋がテント本体、黒い袋がテントフレーム、

(テントは総重量2キロ以下に減量成功!)

そして左端がヘリノックス風チェア(今回持っていきましたが使わなかった)。

 

サーマレスト横の青い袋はラフアンドロードの絶版シュラフ、

2008年カタログ左下の RR5957 ウルトラコンパクトシュラフ です。

ラフロのキャンプ用品

約10年の時をへて、先日我が家の防災バッグの中から発掘した逸品。

とにかく小さくなるので夏キャンプに最適。

サイドのファスナーが短めなのがコンパクトになるポイントでした。

 

今回、夏のヒトリキャンプ再開にあたり

冒頭の永井選手よろしく、みごと先発メンバーに復帰、

いい仕事をしました♪

 

 

さて、横道にそれましたが

話しは会社を出発したところに戻ります。

 

14時前に会社を出て、荷物がコンパクトになった分

シッカリと途中で買い出しも終わらせて、16時半ごろ到着したのは…

道志みちの青根キャンプ場

青根到着

天然温泉 いやしの湯 があるキャンプ場といえば有名ですね♪

予約ナシの飛び込みでバイク1台とテント1張りで2340円。

 

以前グルキャンで利用した、会社からも近い

茅ヶ崎の柳島キャンプ場と迷いましたが

キャンプには焚火と温泉が必須、と思っている私、

今回は「温泉メイン」で一択でした。

 

受付を済ませサイト内をひとめぐりして

川沿いはファミリーやグループが多いのと

土の地面でせっかくの新調テントが汚れるはちょっと。。

というわけでちょうど空いていた いやしの湯 の目の前、

ウメ畑脇の駐車場に設営決定!

サイト決定

付属のアルミペグが入りそうな比較的芝生のあるところを狙って

今回初投入のHiby3を設営♪

▼真ん中の黒いラインから右が前室、左が吊り下げ式インナー内蔵。

Hiby3設営完了

設営してみると前のテントよりも長辺が長く高さもあるので意外と大きい。

収納がコンパクトでも立てると広いのはポイント高いですね。

 

短辺側もそこそこ幅があり大人3人は無理ですが

2人なら荷物も入れつつ快適に眠れそうです♪

スパイダーマン?

こっち側から見るとスパイダーマンの顔みたいです(笑)

クロスフレーム下の白眼っぽいところはクリア窓になっていて

中から外の天気などを確認できます。

 

カラ―は設定ではMSR風の白×赤もあったのですが

室内で明かりをつけると透けるらしいので

思い切って真紅のコレにしました。

赤いテントは3倍速く建てられるらしい?(←ウソ)

 

これだけ真っ赤なのでテントの中はもちろん…

真っ赤なわけで(笑)↓

赤い世界へようこそ

白い靴下もピンク色、青いシュラフも紫です(爆)

ホントは青いシュラフ

まあ、慣れの問題ですよね。

コンパクトにするため生地は本当にうすく、インナーも上半分がメッシュ。

前室をフルオープンすれば通気性抜群です。

撥水性良好ナリ

夜半から降り出した雨に対しても撥水性良好で気に入りました。

ただ、ベンチレーション部分の生地が広げたとき少したるむので

そこから伝って雨水が一部入り込む、なんてトコはご愛嬌?

 

そんなわけで、使用は夏の晴れた日メインかな、という感じです。

蚊取りの季節です

この日は気温18℃前後でしたが、そろそろ山では蚊取り線香が必要な季節。

ゆったりとした静かな時間に蚊取り線香の香り、

あいにくの天気ですがココロが癒されます…

ヒトリキャンプは鍋に限る

いつものように涼しい時は鍋とビールで早めの夕飯。

雨なので楽しみにしていた焚火をあきらめ

向こうに見えるいやしの湯で温泉を満喫♪

 

会社からテント泊のスーパー銭湯へ直行?的な

非日常に満足しつつぐっすりと眠れました…

 

 

明けて翌朝も雨。

小雨の時を狙いテントを撤収します。

 

インナー吊り下げ式なのでテント本体は立てたまま、

そのなかで濡れずにすべての荷物のパッキングを完了し

最後にテント本体の片づけ。

 

このとき、着用していたのはフード付きのレインスーツ、

RR7808 デュアルテックスレインスーツ

雨だとキャンプに行かないって人も多いですが

このレインスーツ、雨のキャンプの時こそ

このフードが威力を発揮します♪

 

テント同様、荷物をコンパクトにしたい人には

最近新色が登場した RR5232 コンパクトレインスーツ がおススメです。

フードも捨てがたいですが荷物をもっとスリムにするため、

私、次はコレにしようかと思っています。

 

レインスーツにしろ、テントにしろ

こんな薄い生地であの雨をしのげるのは冷静に考えると

本当にスゴイことですよね。

 

テント撤収後は雨の中、

レトロな風情が味わい深い道志ダムを見て帰路につきました。

道志ダム

雨だからバイクに乗らない、キャンプをしない、

ってのは、もったいないですよね。

この雨のなかで木々の緑はますます青くなり

アジサイもしっとりと綺麗に咲いています。

アジサイの季節

豊かな自然の息吹を実感できるこの時期、

雨天装備 をしっかりとして雨でもバイク、楽しんじゃいましょう♪

RAIN Index

 

ラフ&ロードでは

Go for RIDE to enjoy !

Go for RIDE to enjoy ! 

合言葉に、

乗って楽しむ!

目的地で楽しむ!

をお伝えしていきます!!

 

そしてそしてお知らせです!

この Go for RIDE ステッカー(非売品)が完成しました。

直径50ミリとどこにでも貼れるサイズです♪

Go for RIDE sticker

Get したい方は好評連載中の

ラフロツーリング部 活動記 のロケ中に

ナビゲーターのネギ野岸さんに声をかけてもらうか、

今後ラフアンドロードが出店を予定しているイベント会場で

スタッフに声をかけてくださいね♪

ステッカー貼ってね~

ぜひこの Go for RIDE ステッカーをゲットして

あなたも ラフツー部 部員 になりましょう(笑)

 

以上、次回は晴れの日に

芝生が気持ちいところでキャンプ&焚火がしたい

ラフ広報 セキネ がお伝えしました♪

 

 

2019年 01月 17日 (木)

「湘南でセローでスローライフ」 始めました♪ まずは RALLY591キャリア取付で積載力UP! 取付作業時のポイントを詳しくご案内!

 

 

みなさま、こんにちは。

2019年も明けて半月が経過し、

アジアカップはまだ熱戦が繰り広げられていますが

高校サッカーは青森山田の二度目の優勝で幕をとじ、

やっと正月気分が抜けてきたラフ広報 セキネ です。

 

苦労しながら逆転勝利を収めた決勝の試合内容もそうですが、

前途有望な選手たちが希望を胸に全国から集まり、

遊びたい盛りの中学高校の6年間、親元を離れて寮生活しながら

青森の冬の雪中サッカーの厳しさに驚愕し、

サッカーと仲間たちに真剣に向き合う。

時には名将黒田監督とぶつかり合いながらも

最後には弱かったメンタル面をも

自分たちで立て直し優勝を手にする…

 

最近はそんな背後にある人間ドラマに

胸が熱くなることが多くなったのは

自分が彼らの親の世代になってきたからでしょうか。

彼らのこれからの活躍を願ってやみません…

 

 

さて、話変わって今回から不定期で

年末に入手した青い新型セロー250を題材とした

「湘南セローライフ」

なる企画を、ゆる~く始めていこうと思います。

Shonan

 

セロー250に乗り始めて久しぶりに一回の給油で

200㎞オーバー走れる優越感にひたり

(トリッカー時代はタンクが小さく100㎞を越えるとけっこう不安)

燃料警告灯が点灯すると同時に

F-TRIP(警告灯が点灯してからどれくらい走ったか)という表示が出ることにも

新鮮な驚きとハイテク感すら感じている毎日。

そして何よりトリッカーにはなかった時計付き!

これは重宝してます♪

Serow meter

以前トリッカーに付けていたステップラバーを移設したり

チマチマと快適装備を追加しつつ、久々の「新車生活」を満喫♪

やっぱりイイですね~、新車って♡

Serow step

 

さて、記念すべき?

「湘南セローライフ」 第一回目の今回は

RALLY591スーパーライトキャリアの取付をしてみました。

取説

えーと、ワタクシ、こんな業界にいてナンですが

非常にメカ音痴でして、

今回の作業も実は正直けっこう時間かかっちゃいました(汗)

上のような説明書でチャチャっと取付できる方は問題ないのですが

ちょっと迷うよね、という方へ参考までに自分の気付いた点をご案内します。

 

まず、取説にキット内容とありますが

M8ワッシャーや4㎜厚カラー、M8×20フランジボルトなど

全部は使わないこともあります

 

というのも車体自体の個体差と

キャリアのステーを溶接する際のビードの個体差があるからです。

誤解を恐れずに言えば、

このあたりは 「現物合わせ」 になります。

 

で、実際に取付をする前に作業をしやすくするため

まずはシートと左右のサイドカバーを外します。

サイドカバーはテールカウルとツメでつながっているので

ツメを折らないようご注意ください。

 

次にタンデムグリップを取り外しますが

その時使っている純正のフランジボルトは

付属のサイドプレートを取付する際に使います。

 

この時サイドプレートの向きがわかりにくいので下記写真参照ください。

▼左側サイドプレート

左ステー

 

▼右側サイドプレート

右ステー

上の写真のようにタンデムグリップがついていたところに

サイドプレートの本体の穴(前方は長穴)を合わせ、

先ほど外したタンデムグリップを取り付けていた

純正ボルトで固定します(上写真の赤ライン)。

 

その際、サイドプレートと車体のフレームの間に

4mm厚カラーを入れて取り付けます。

 

取説では「左側のみ」とありますが

僕のセローでは右側のフレームに沿うように配線が固定されていたので

サイドプレートを取付する際には配線を少し上方へずらしつつ、

フレームとサイドプレートに配線が挟まらないようにするため

あえて右側にも4mm厚カラーを挟んで取付しました。

ステー取付

この時車体と純正ボルトのかみ合わせが少ない場合には

付属のM8×20フランジボルトを使いましょう。

(取説では左後方だけ使うように書いていますがあくまでも現物合わせでOK)

ちなみに僕はこのサイドプレート取付に

4か所すべて純性ボルトと4mm厚カラーを使って取付しました。

 

ここでキャリア本体を取り付ける前にいったんサイドカバーとシートを戻し、

各所クリアランスをチェックします。

特に右サイドカバー内のバッテリーまわりの配線やカプラーは

隙間なくピッチピチに入っているので慌てず丁寧に。。

 

キャリア本体を取り付ける時は取説にもあるように

一か所を締めこまず、4か所をバランスよく締めこみます。

その際必要に応じてM8ワッシャーでクリアランスを調整します。

僕は左後方に2枚、右後方に1枚使用しました。

 

このとき一番作業しにくいのが

右後方のM8×15のフランジボルトの締め込みです。

サイレンサーカバーとのクリアランスを気にしつつ

なおかつ工具が入りにくいので僕の場合は一旦サイレンサーを外し

キャリアを取付してから戻しました。

マフラークリアランス

もし手持ちでM8×15のキャップボルトを持っているなら

交換したほうがサイレンサーを外さずにヘキサゴンレンチで締め込みできますね。

 

ともあれ、なんとか取り付けし、車体全体を眺めてみます。

キャリア取付完了

ちなみに僕の場合、

アシストバー大(後方)は上面に立つように、

アシストバー小(左右)は下向きに取付します。

荷物積載時、後方へのズレは抑えつつ上面をフラットにし

荷掛けフック取付場所は確保したいという考えからです。

 

うーん、美しい♡。。自画自賛?

キャリア

バフ掛けされて夕日に輝くキャリアは

機能パーツでありながらドレスアップ効果も◎

これだけでグッと旅バイクらしくなりますよね♪

早く荷物満載でまたキャンプに行きたいものです。

 

以上、

次のラフロキャンプ同好会(スナフキン部)

「冬」の活動を いつどこでやるか、

カレンダーとキャンプ場情報と毎晩にらめっこ中の

ラフ広報 セキネ がお伝えしました。

 

 

2018年 11月 20日 (火)

猫の楽園、三浦半島三戸浜でソロ野営-その1。 トリッカードナドナ決定記念、惜別の旅へいざいかん! そして次なる相棒は…!?

 

 

 

みなさま、

またまたお久しぶり登場の

ラフ広報 セキネ です。

最近、月イチペースの登場になってますね(汗)

 

先月の中ごろから業者様向け展示会や

棚卸などのイベントがいろいろ詰まっていたので

今回はちょっと息抜きで近場の三浦半島へ

ソロキャンプ(現実逃避?)に行ったお話です。

 

と、その前に…

この秋の初めにマイナーチェンジを受けて再登場した

セロー250の情報を網羅した

SEROW ONLY vol.4 の話題から。

20181109serow4-1

表紙はともにセロー225オーナーの栗栖さんと下川原さん。

今回誌面で新型セロー250に乗りそのツーリング性能の高さに感動したお二人。

 

栗栖さんが着用しているのは絶版モデルですが

RR4003 と RR7452LF のGTジャケット&パンツ。

セローにはハードツアラー系アイテムもお似合いですね。

 

登場から33年たったセローは225の時代から

本当に多くのライダーに愛されてきた日本の名車。

林道、ロングツーリング、街乗り…

あらゆるシチュエーション、どんなライダーにも対応できる

そんな柔軟さが名車たる所以ですよね。

 

今回セローオンリーの誌面ではそんなセローに

あえてカジュアルなラフロ的街乗りスタイルを提案してみました↓

20181109serow4-2

モデルさん着用のアイテムは

RR4010 SSFラフパーカーEX

RR7459LF ライディングカーゴストレッチコットンパンツLF

RR8646 コンフォートナックルウインターグローブ

RR9409 S-ワンショルダー

RR5847 ラフライディングスニーカーSL

 

そして新型セローへの取付が可能なアイテムとして

RR5927 HOTハンドウォーマー

RALLY490レバーRALLY690ミラー

RALLY591スーパーライトキャリア

RSV1213 RSVシリーズⅢサイレンサー

 

またハンドルまわりへの便利アイテムとして

HH022 HARDY サスペンションアクセサリーマウント

RR9970 PASマウントホルダー

RR9810 PASスマ・ホルダー6in

ご掲載いただきましたっ!

 

実はこの記事の撮影は弊社屋上で行われたのですが

その際、ちょこっとだけ新型セロー乗らせてもらいました。

雑誌や各種インプレでは「新型セロー、よくなってるよー」的論調がおおく

225セローから乗り換えるとき敢えてセロー250じゃなく

09トリッカーを選んだ私としましては

「見た目変わらないし、そんな違わないでしょ」

と思ったのですが…

 

いやはや、いい方向に裏切られましたね!

なんといいますか、

「深化熟成」ってこういうことか! と。

 

225から250、キャブからインジェクションと

セローも時代に合わせ進化してきましたが

排ガス規制に対応するための今回の作業が深化を促し

本当にエンジンのパフォーマンスを使い切ってる感、

それでいてガサツさやワイルドなところがさらに減り、

万人に乗りやすいバイクにしあがっている…

 

「こりゃ、買い時、今でしょ(古っ)」

ということで2014年YSP限定の青い車両に憧れていた私、

新型の青を早速発注しましたっ!

左側面

今からアレとコレと何をつけてー、とか

トリッカーからタンクデカくなったからあそこも走りに行けるじゃん!とか

はたまた憧れの林道キャンプも行けちゃう♪

などなど妄想が止まりません!

 

 

そんなこんなで12月の納車までハヤル気持ちをなだめるためにも?

今回は6年来の相棒、紺色のトリッカーと向き合う最後のキャンプツーリングへ。

場所は冒頭紹介の三浦半島は三戸浜

ここは夏に何度か下見に来て、海水浴客がいなくなったら

野営しようと目星をつけていた場所。

 

鎌倉の自宅を昼過ぎに出て

買い出しを済ませ、現地入りは3時過ぎ。

夏の喧騒がウソのように静かな平日の晩秋の海岸♪

 

三戸浜で野営の出来そうなポイントは大きく分けて3カ所あり

1、左手奥の崖下の浜、

2、右手の神社駐車場前付近の浜、

3、中央の駐車場前付近の芝生、と順番にチェック。

水場は使えませんが、どのポイントもトイレが近くにあるのが有難いですね。

 

最初の左奥のポイントは漁協が立ち入り禁止としていて

入口には目つきの悪い猫がニラみをきかせていました(汗)

1 三戸浜ボス猫

↑この目で見られたらすぐに退散しますよね(爆)

 

続いて右奥の神社前をチェックすると

先客で大きなモノポールテントを設営した家族連れが。。

ヒトリキャンプを目指してきたので当然ここもパス、

残るは中央の芝生エリアですね。。

 

ふむふむ、まずまずですね。

野営地、決定で!

2 野営地決定

 

軽量なトリッカーなので駐車場の端から浜へ静かに進入。

ビッグバイクやオンロードにはお勧めしません。

表通りから死角になるあたりにイソイソとテントを設営。

3 設営完了

どうやらこの季節、日没は海へというわけではなく

左端の崖の方になるみたいで(汗)

うーん、仕方ないですね。

 

設営が終わったころどこからともなく

このエリアを管理している茶色トラ猫がやってきて

それとなくこちらを監視してどこかへ行きました。

4 管理猫登場

 この浜にいる猫たちはどことなく人間的で、肉付きや毛並みが非常にいい。

この時も「そろそろ夕日がきれいだからにゃー」と言っていたとかいないとか(笑)

 

 

5 乾杯

4時を回ったあたりで夕食の鍋を火に掛けつつ、やっと乾杯!

 

私、地元は青森県の三戸町なのですが

今年の年末は娘の受験のため帰省しない予定で

そんなわけでここ三戸浜で?

三戸は三戸でも「さんのへ」ではなく「みとはま」でちょいと帰省気分。

地元のあたりで収穫されたホップを使用している

東北ホップ100%の黒ラベルで乾杯です(笑)

 

 

気が付くとあたりはすっかり夕闇で

刻々と空の色が変化するマジックアワー。

水平線に少し雲がかかっていますが快適快晴。

6 マジックアワー

 ふとうしろを見ると暮れなずむ空には月が。

7 月

鍋のシューシューいう音を聞きながらほろ酔いでいると

テント脇に置いてある漁船の持ち主らしい漁師のおじさんから

「焚火をやって火をひろげないようにな」

との注意が。了解でございます(汗)

 

そんなわけで出来るだけ今回は焚火を封印で、

と思ったのですが日が暮れた後は風も出てきてやはり寒い。。 

結局ミニマムサイズのテトラで少しだけ極小の焚火を楽しむことに。

8 ミニマム焚火

火があることだけで暖かく、安心して落ち着くのは

太古の昔から続く人間のDNAのなにかに訴えかけるからなのでしょうか…

 

なんて思いつつたそがれていたら、

すぐ横で夕方の茶トラも知った気な顔をして炎を見ていました(笑)

9 ふたたびアイツ

その夜はビール2本と鍋を食べたら眠くなり19時ごろ寝袋へ。

波の音と風の音、そして暖かなテント内でグッスリと眠りの世界へ…

 

朝4時ごろトイレに起きたとき見上げた満天の星空に

写真には撮れませんでしたが

三浦半島あたりでもこんな星空がみられるんだ、と新鮮な驚きを感じました。

そして再び暖かい寝袋のなかへ…

 

長くなりそうなので今回はここまでで。

次回、早朝の絶景編を近日アップ予定です。

現実逃避報告書、もうすこしお付き合いください(汗)

 

以上、年末のクラブワールドカップ

鹿島が初めてACL代表として参加できるのがとてもうれしい

ラフ広報 セキネ がお伝えしました。

 

 

 

2018年 11月 16日 (金)

人気の脱ぎ履き簡単シューズ、ラフスニーカーの紹介動画作りました♪ &ポケゴ通信 その102 フレンドのつくり方指南!

 

こんばんは! 

さむいですねー。

来週は暖房器具の出番となりそうですね。

今年も例年通り私の愛用防寒アイテムを紹介しておきます。

ナンデモヤO はすでにRR7712l ポケッタブルオーバーパンツ

RR8852 ゴア®ウインドストッパー®マルチグローブ

RR5921コンパクトハンドウォーマーEXを装着して出勤中です。

ポケモンGOを通勤中に一時間やっているので

からだが冷え切ってしまうので・・・。

 

通勤やちょっと所用でバイクで出動する際は

わざわざライディングシューズを履かずに

スニーカー済ませている方が大多数だと思うのですが、

この時期困るのが足首が寒いことだと思います。

 

そんな時期に心強いアイテムをご案内です。

RR5837 ラフライディングスニーカー

 こちらハイカット仕様なので足首に当たる風を大幅に緩和してくれるので

本格的な冬まではこれで十分な防寒対策となります。

今日は合わせて紹介動画ができたのでぜひご覧くださいm(_ _)m

 そういう私は今朝まではローカットのメッシュスニーカーで通勤しましたが、

もう限界です。

来週からはライダー専用設計した

当社の自信作で出勤することとします。

 ポケゴ通信 その102

さて前回予告したEXレイドハシゴの報告です!

1542349051644
左上 マックの回し者かというくらいマックだらけの招待状

右上 12:00前に到着すると青ジムです♪

ここのジムはS姐さんからの初招待ですが肝心の贈り主は所用で参戦できません・・

今までは無駄にしかなりませんでしたが

せめてフレンドに肩代わりしてもらえる招待制は本当に良いシステムだと思います。

左下 一戦目、無事捕獲。

右下 二戦目、なんとまたしても高個体♪

しかも、CP調整でデオキシス強くなりました!

以前獲った100%をカンストしてみようと思います!

 

この二戦目はご近所フレンドをお誘いしていましたので一緒に参戦し

大親友ボーナスももらえています。

この近所フレンドさんは四人組で今回は四人全てバラバラの場所でお互い招待しあって

やっているそうでそこにぼくの招待があったのでハシゴしまくりと皆さん元気です!

 

ただ、時間を確認せずに招待状を送り合ってしまったため

ハシゴができなくなったところもできてしまったようで

ちょっともったいなかったようです。

 

 

 

次です。 

下のコラはフレンドから頂いたギフトの内、

目に止まったものをスクショしたものです♪ 1542344518837
  上から4段目左端はアメリカはインディサーキットが庭のトレーナーさんから、

上から三段目中央は洞爺湖の方と

いながらに異国を旅した気分になれたり、

日本各地を旅行した気分になれたりと楽しいです!

 

自分は普段決まりきった物しか贈れていなくて申し訳なく思っていますが

横浜にはおもしろポケストップとして名高い

「どこにも行けない二宮金次郎」があり

横浜駅へ出るときはここでギフトを手に入れ

遠方のフレンドさんに送るようにしています。

 

フレンドさんへの申請はポケマピというゲーム攻略サイトの、

日本の方であればトレーナー図鑑フレンド募集掲示板から

沖縄や北海道の方や地方の方を探してみたり、

パイロットメダルのために世界のフレンド募集からも

ワールドワイドに申請かけています。

 

日本の方でTL40の方であればほぼほぼ毎日ギフト交換が成立しますが、

若いトレーナーの方は突然音信不通になりがち・・・

世界となるとなおさらで

やはり日本人のトレーナーさんはやりこみ度が違います。

 

そして会社関係、近所のトレーナーさんと毎日交換ッコしてするのも

このゲームの新しい楽しみとなっています。

 

 

ではでは~

 

 

 

 

 

2018年 05月 1日 (火)

街でもアウトドアでもヘビロテ必至の新作パーカーをラフロリークス!  & スナフキン部が行く 「えっ! ヨコハマでキャンプできるの?」 編

 

 

 

みなさま、こんにちは。

GW真っ只中、バイクライフ楽しんでますか?

忘れたころにやってくるぎっくり腰が心配でどこに行くにも

常にウエストベルトを携行しているラフ広報 セキネ です(汗)

 

この4月末の数週間、バイク用品業界では

18-19秋冬モデルのバイヤー様向け展示会が開催され

ラフアンドロードも大阪、横浜で出展させていただきました。

2018-04-24 10.54.20

2018-04-25 12.47.40

この場を借りて各会場へご来場いただきました方々へ

あらためて御礼申し上げます。

 

最近のバイク用品は

バイク以外のシーンでも使い勝手のいい、カジュアルなモノだったり

ミリタリーテイストのアイテムがトレンド。

 

それらのトレンドを取り入れつつ、

いかにコストパフォーマンスに優れていて、

なおかつラフロらしい機能を盛り込めるかどうかがポイント。

 

その中で私ラフ広報 セキネ のおすすめの一品はコチラ↓

RR7229 ウインドガードストレッチライドZIPパーカーFP

2018-04-23 08.30.16

発売は秋ごろなのですが通年アイテムで

軽くしなやかな防風ストレッチ生地、反射素材やフードストッパー、

肩-肘-脊椎-胸にはワッフルタイプのプロテクターを標準装備。

オールシーズ対応インナーも取り付け可能と機能拡張性も高く、

価格は1万2800円(税別)を予定しております!

 

製品化を前に私もサンプル実走テストを重ね、

通勤、キャンプ、ツーリング、街着としてフルに活用中。

そのうえで太鼓判をおせるコストパフォーマンスの高さは

今後の主力アイテムとなる予感ビンビンです!

 

これに人気のRR5837 ラフライディングスニーカー

RR8762 OutDryEGプロテクショングローブ

RR9402 AQA DRY ライドパック を合わせるのが

最近の私のスタンダードスタイル♪

 

 

さてさて、今回はそんなスタイルで

展示会の合間を縫って近場でいいから

なんとか焚火キャンプがしたいと思い突発的に

第二回 ラフロキャンプ同好会(通称スナフキン部)の活動をしたお話。

 

場所はラフアンドロード横浜店が面している鎌倉街道を

大船方面へ公田交差点まで進み右折、

そこから国道1号の原宿交差点方面へ向かい

途中の田谷交差点から金谷方面へ右折。

2018-04-21 12.42.15

右折後2つ目の信号をスーパー銭湯湯快爽快を右手に見つつ左折。

2018-04-21 12.45.29

一つ目のカーブ左手にある千秀公園が今回のサイト。

横浜店から約25分ほどで到着、正真正銘、横浜市内の公園です。

2018-04-21 15.51.09

閑静な住宅地の中にある決して広くはない普通の公園ですが

地元では知る人ぞ知る日帰りBBQで有名な公園。

 

公園内にはザリガニが釣れるという小さな池?や遊具があり

その時も約50名ほどのファミリーデイキャンパーで大賑わい。

正直テントを張れる状況ではありません(汗)

 

やや場違いな視線を感じつつも

管理棟の影にテントを仮設し園内に落ちている枝を集めて

薪を作りながらデイキャンパーが減るのを待ちます…

2018-04-21 15.22.36

この公園、地域のボランティアによる自治公園なので

予約の方法や受付時間などいろいろルールは細かいですが

冷蔵庫も完備、大人1泊600円と格安。

何よりも横浜市内にあるのでとにかく近い、

いわゆる穴場のキャンプ場です♪

2018-04-21 17.35.33

ほどなくして物流部イケメンK君が合流、

買い出しや焚火道具のチェックをして夕刻を待ちます。

6時半過ぎにデイキャンパーがいなくなり

かまど付近にテントを移動しやっと乾杯&焚火スタート♪

 

7時半ごろ土曜出勤後の営業部紅一点のSさんが合流し

焼き鳥とビールでもう一度カンパーイ!

シイタケやシシトウを焼き、焚火を眺めつつ

ゆったりまったりとした時間に気持ちもほぐれ

楽しすぎて焚火風景の写真を撮るのを忘れてしまいました(爆)

 

夜10時ごろ地元のやんちゃな高校生が花火をしたり

朝早く中学生のバトミントン部が自主トレしたりと

都市部ならではの?光景はありますが

基本キャンパーには害はありません(笑)

 

翌朝も良く晴れて暑くなりそうです。

初夏の新緑が目に優しい…癒されます。

2018-04-22 06.21.00

2018-04-22 06.20.05

2018-04-22 06.10.13

2018-04-22 06.30.32

受付をした人は「野外リーダー」の札をもらい提示の義務が発生します。

チェックアウトの時間は受付の人が来てくれる時間次第、

それまでにかまど周りやトイレなどを掃除してチェックしてもらってから解散。

ところどころボーイスカウト的な要素が入るのはご愛敬?

 

とは言っても横浜市内からキャンプツーリングのメッカでもある

道志や御殿場、伊豆、房総などに向かうより全然近いので

すぐに帰って日常生活に復帰できるというメリットは大きいかと。

今回の千秀公園は極端に近いので

個人的にはバイクでもう少し走りたかった、というのはありましたが(笑)

日常のなかの「非日常」を体験するにはおススメの場所でした。

 

 

キャンプを 「非日常」 の初期体験とすれば

究極の非日常は 「サバイバル」

この「サバイバル」をテーマにした

マニアックなアウトドア雑誌「Fielder」最新号

「裏山探索装備サンプル」なる企画の中で

ラフロ的コーディネイトをご紹介いただきました。

20180501 Fielder-1

20180501 Fielder-2

こちらではバイク用品のプロテクション性と

派手すぎないアウトドアテイストのアイテムがセレクトされています。

RR7240 ブレッサブルフィールドジャケット

RR7465 ストレッチケブラーデニムパンツ

RR8515 コンフォートナックルパンチングレザーグローブ

それと私も愛用中のRR9402など。

 

Fielderの川崎編集長はバイク乗りでもあり

要所に装備されるプロテクターなどに、かねてから

アウトドアとバイク用品の親和性の高さを感じていたようですね。

こうしたバイク用品を通じた異業種交流は

今後もますます増えるだろうなと感じた記事でした。

 

以上、今回の近場キャンプに不参加だった

輸入担当女子のH姉さんから

「次回はトイレを掘るぐらいもっとサバイバルなところで!」

との希望を出されキャンプ場所の選定にやや戸惑っている

ラフ広報 セキネ がお伝えしました(汗)

 

 

 

 

2018年 03月 1日 (木)

ヨコハマにも今年初の嵐が来ました。そんなときにあると便利なグッズの紹介です! &ポケゴ通信 その67「@天候」で検索する裏技?

 

 

こんにちは!

ナンデモヤ O です。

今朝は久々に荒れた天気でした。

通勤時間帯に直撃の春の嵐。

 

雨戸を叩く激しい音に「やむかも」などと淡い期待をすることを諦め

素直に 厳重に雨具を装備しいざ出動!

勇んで玄関開けると

・・・雨雲一過で

雨降っていませんwww

 

すでに身支度は終わっているのでそまま出勤しましたがwww

 

久しぶりの雨で出番となった

RR7808 デュアルテックスレインスーツ

繰り返しますがフードが最高なんです。

Rr7808_orf2今朝こそ肩透かしの雨のため

その高いポテンシャルの出番とはなりませんでしたが

以前の記事の通り

「フードインスタイル」にすることであの不快な

ヘルメット後部からの襟足への雨の侵入を100%防御してくれるんですから!

 

さて、これからは三寒四温の時期になり

天候も変わりやすく雨も梅雨に向かって増えていきます。

 

今のうちに冬の間、出番の少なかった雨具たちに、

RR5288 ラフウォーターガード2 (撥水スプレー)をスプレーし、

Rr5281_top

しっかり撥水力を回復させておくことをおすすめします!

 

今現在、南風で暖かです。

「春一番」認定されるのでしょうか?


 

ポケゴ通信 その67

大型アップデートで登場した天気ブースト。

ポケゴ内の様々なところで影響を及ぼしゲームの戦略性が高まりました。

 

最近は

雪が降ったら雪ポワルンを求めてふらふら!

風が吹いたらダンバルを求めてふらふら!

雨が降ったらハスボーを求めてふらふら!

ときどき曇ったらナマケロを求めてふらふら!

右往左往の日々を送っていますが

はたとこのブーストをもっと積極的に利用すべきと

ポケモンGOの天候の基準となっていると言われている

「AccuWeather」のアプリをスマホにインストしました!

天候ブーストを先回りして捕獲計画するためにwww

 

 

アプリをいじって一つ目の壁が。

風速を示す単位が

アメリカはkm/hなんですね~

日本はm/sですからピンときません。

 

 日本の風の強さの単位はメートル毎秒(m/s)であらわされます。

しかしアキューウェザーでは

キロメートル毎時(km/h)で表記されています。

秒速の値×3.6=時速

なので

1m/s=3.6km/h

5m/s=18km/h

10m/s=36km/h

とここまで理解しましたがいちいち変換が面倒なので設定でm/sにしちゃいましたwww

 

  さて、その天気によって姿を変えるというポワルンですが、

今朝の雨でやっとこ

「アマミズの姿」を捕獲してコンプリート♪

Pokémon GO_あまみずのすがたコイツは捕獲失敗した奴。

二度も逃げられるという苦戦を強いられましたwww

 

 

ゆきぐものすがたは2/22に雪予報がでた夜にかろうじて捕獲!

ここを逃すと一年後になりそうだったので必死でしたwww

Pokémon GO_ゆきのすがた

 

これは雪景色ではないのにいるゆきぐも。

22:00台の天気予報が「ゆき」のときに湧いたのが

23:00をすぎ「くもり」予報になり曇りブーストの背景に出現したためと思うんですが。
Pokémon GO_ゆきのすがた一匹目のときに慌てて捕獲してしまい

雪景色で撮れなかったので二匹目でと思ったら雪景色でないwww

悔やまれますwww

 

そして本日、4種類の「すがた」がやっと揃いました♪

Pokémon GO_ポワルン図鑑

天候ブーストを調べていたら

ポケモンボックスでは「@天候」で検索する

GPSの現在地で天候ブーストのかかっているポケモンが抽出されるようです♪

 

試してみました。

強風のブーストがかかっているため

Pokémon GO_ポケモンボックス@天候(強風)

ドラゴン

エスパー

ひこう

三種が見事に抽出されました♪


Pokémon GO_CP3581カイリューカンストのカイリューを見てみると技1、技2ともに

ブーストがかかり1.2倍になっています!

 これはジム戦、レイド戦やるときに選出が捗りそうですね。

 

 

ところで

「一番くじ」と言うものがあるそうで・・・

パートのIさんのお子さんが

A賞のコイキングのバッグ狙いで

残りくじ数枚を買い占めて無事ゲットしたそうです。

余分のくじで当たったD賞のコイキンググラスが被って不要とのことで

ポケゴにハマっているわたしにゆずってくれました♪

5種類あるうちの水ポケモンのコイキングやヒンバスやタマザラシ、ヌオーなんかが

気持ちよさそうに泳いでいる奴です。

今年の夏の喉の渇きはコレで潤わせていただくことにします!

 

この場を借りて Sちゃんありがとう !

大切に使わせていただきますm(_ _)m

 

ウレシイできごとでした♪

 

ではでは~

 

 

 

 

2018年 02月 24日 (土)

おかげさまで好評いただけている?ラフライディングスニーカー、こだわったのはココ!  そしてラフロリークス、次回登場の新色はコレだっ!

 

 

 

みなさま、こんにちは。

熱戦繰り広げられた冬季五輪もこの週末でひと段落。

風の強い平昌という土地柄か

屋外競技の選手たちは相当ツラい場面が多かった大会のようです。

 

「応援してくれた皆さんに申し訳ない」

涙ぐむインタビューを見るたびに、この経験を前向きにとらえ

この先の糧として4年後、再チャレンジしてくれれば!

そう思います。

 

先日のOのブログに将棋の藤井聡太くんのことがありましたが

フィギュア女子の金メダリスト、ザギトワ選手も15歳!

後半加点法のルール改正議論まで出るほどフィジカルが強く、

こうしたいわゆる「規格外」「想定外」の若者が

ドンドン出てくるのは楽しみでもあり、

彼らがどういう世界を見ているのかちょっと興味もあります。

 

 

さて、

本題です。

 

今回はタンデムスタイル最新号から。

20180224タンスタ-1

 

この中で最近人気のライディング用スニーカーの特集があり…

20180224タンスタ-2

 

ラフアンドロードの新作

RR5837 ラフライディングスニーカー

もご紹介いただきました♪

 

20180224タンスタ-3

 

昨年の年末に入荷してカタログ未掲載ながら

公式ブログ店舗スタッフブログ新着紹介ページでの告知のみですが

お陰様のご贔屓をいただけていますm(_ _)m

現在次のロットを慌てて増産中です(汗

https://rough-and-road.weblogs.jp/goods/POP/RR5837_OL_web2.jpg 

 

商品の詳細は今回のタンスタ記事スタッフブログ

商品紹介ページを見ていただくとして、今回は

実は気が付かないけど、こんなトコこだわってました!

というマニアックなところをディープにご紹介♪

 

 

まずはスニーカーマニアも納得のソール接着法

バルカナイズ(加硫釜)製法の採用

 

スニーカー本体とゴム底という異素材を融合させるのに、

その間にまだ固まっていないゴムをはさみ、専用の釜に入れて高温で圧力を加えながら、

硫黄等の加硫剤を加える事で、ゴムを硬化させてスニーカーと一体化させる製造方法です。

 

いわゆるただの接着ソール(セメント製法)ではなく異素材間が溶着しているため

その耐久性しなやかさが違います。

 

 

そして、普段でも使いやすい

オーソドックスなスニーカースタイルでありながら

脱ぎ履きしやすいようファスナーを長くとり

外側にセットすることでバイクへの労りの配慮。

 

靴の中は裏地を全面にあてることで本体の生地に適度なハリを出し

履くときにクタッとして煩わしいという、スニーカーの弱点も克服。

 

立体形状のインソールを採用することで

バイク以外のシーンでも普通に歩きやすく

よりストレスなく使える工夫をしています。

 

 

くるぶし部分へのスポンジ内蔵や

かかと部分のリフレクターもそうですが

とくに「ライディング用」としてもっともこだわった点は

シフトパッドの位置と大きさ、つま先の形状

2018-02-23 12.05.54

左足のシフトパッドの位置と大きさについては

実際に様々なバイクに履きながらシフトチェンジしてみること、

複数の人間でテストし固有のクセをも考慮し

万人が違和感なくシフト操作ができるよう

理想的なポジションと大きさになるようこだわりました。

 

左右非対称なので

シューレースの穴は右より左がひとつ少なく、

それにあわせて実はシューレースの長さも左右非対称です。

紐を市販品にカスタムする方はご注意ください。

 

 

そしてよーく見ないとわからないのですが

つま先の白い部分、実はココも左右非対称

 

サンプルを何度も試していくうちにつま先側にあと5㎜、

汎用性のアップのためどうしてもシフトパッドを伸ばしたいということになり

白い部分を左側は少し短くしてあります。

 

工業製品で左右非対称のモノを作ること、

実はけっこう手間とコストがかかります。

これだけのコダワリをこの価格で実現できたことを

みなさまに理解していただけているのか、

おかげさまでたいしたプロモーションもしていないのですが

順調な滑り出しを見せています。 

 

お気に入りの靴でバイクに乗りたいという気持ちの裏にいつも芽生える

「でも靴が傷むしなぁ」という懸念を解消したつもりです。

靴を傷めないようにとライディングするのではなく、

気兼ねなくシフトできる愉悦を提供できたのではないかと・・・。

 

ひきつづき気負わずに

いつもあなたのそばにあるアイテムとして

ご愛顧いただけますようよろしくお願いします♪

 

 

と、ここでラフロリークスっ!

このRR5837 ラフライディングシューズですが

早くも新色を投入決定!

その名も

「ブラック98」

 

 

RR5837 BK98 image

 

ソールはもちろんつま先、

シューレースまでオールブラック!

アイデンティティを象徴するサイドファスナーはメッキタイプで

大人の雰囲気がプンプンしますね♪

 

え?何が 「98」 なのかって?

それはまだ秘密です(笑) また今度…

 もったいぶるほどのものはないんですが・・・

 

ブラック98、

早ければ今秋前に入荷予定、

ご期待ください!

 

 以上、実はこの手のスニーカーを

中2ぐらいで脱ぎ履きの大変さに辟易し

ずっと食わず嫌いだった、

ラフ広報 セキネ (現在RR5837ブラックを愛用中)

がお伝えしました。

 

 

全国取扱い店
全国取扱い店
直営店舗
ラフ&ロードSHOP site
WEB SHOP
ラフ&ロードweb shop
ラフ&ロード楽天市場店

NEW!旬の特選アイテム

  • おすすめレイヤード術高機能インナーを効果的にレイヤードすると、相乗効果でナルホドなあったかさ!

▼カタログ▼

オススメ 特集

  • R&R MOVIE製品の取り扱い方法や、説明を動画でご覧いただけます。

最近の記事

ブックマーク/RSSリーダー

2020年2 月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29