パーツ

2018年 11月 20日 (火)

猫の楽園、三浦半島三戸浜でソロ野営-その1。 トリッカードナドナ決定記念、惜別の旅へいざいかん! そして次なる相棒は…!?

 

 

 

みなさま、

またまたお久しぶり登場の

ラフ広報 セキネ です。

最近、月イチペースの登場になってますね(汗)

 

先月の中ごろから業者様向け展示会や

棚卸などのイベントがいろいろ詰まっていたので

今回はちょっと息抜きで近場の三浦半島へ

ソロキャンプ(現実逃避?)に行ったお話です。

 

と、その前に…

この秋の初めにマイナーチェンジを受けて再登場した

セロー250の情報を網羅した

SEROW ONLY vol.4 の話題から。

20181109serow4-1

表紙はともにセロー225オーナーの栗栖さんと下川原さん。

今回誌面で新型セロー250に乗りそのツーリング性能の高さに感動したお二人。

 

栗栖さんが着用しているのは絶版モデルですが

RR4003 と RR7452LF のGTジャケット&パンツ。

セローにはハードツアラー系アイテムもお似合いですね。

 

登場から33年たったセローは225の時代から

本当に多くのライダーに愛されてきた日本の名車。

林道、ロングツーリング、街乗り…

あらゆるシチュエーション、どんなライダーにも対応できる

そんな柔軟さが名車たる所以ですよね。

 

今回セローオンリーの誌面ではそんなセローに

あえてカジュアルなラフロ的街乗りスタイルを提案してみました↓

20181109serow4-2

モデルさん着用のアイテムは

RR4010 SSFラフパーカーEX

RR7459LF ライディングカーゴストレッチコットンパンツLF

RR8646 コンフォートナックルウインターグローブ

RR9409 S-ワンショルダー

RR5847 ラフライディングスニーカーSL

 

そして新型セローへの取付が可能なアイテムとして

RR5927 HOTハンドウォーマー

RALLY490レバーRALLY690ミラー

RALLY591スーパーライトキャリア

RSV1213 RSVシリーズⅢサイレンサー

 

またハンドルまわりへの便利アイテムとして

HH022 HARDY サスペンションアクセサリーマウント

RR9970 PASマウントホルダー

RR9810 PASスマ・ホルダー6in

ご掲載いただきましたっ!

 

実はこの記事の撮影は弊社屋上で行われたのですが

その際、ちょこっとだけ新型セロー乗らせてもらいました。

雑誌や各種インプレでは「新型セロー、よくなってるよー」的論調がおおく

225セローから乗り換えるとき敢えてセロー250じゃなく

09トリッカーを選んだ私としましては

「見た目変わらないし、そんな違わないでしょ」

と思ったのですが…

 

いやはや、いい方向に裏切られましたね!

なんといいますか、

「深化熟成」ってこういうことか! と。

 

225から250、キャブからインジェクションと

セローも時代に合わせ進化してきましたが

排ガス規制に対応するための今回の作業が深化を促し

本当にエンジンのパフォーマンスを使い切ってる感、

それでいてガサツさやワイルドなところがさらに減り、

万人に乗りやすいバイクにしあがっている…

 

「こりゃ、買い時、今でしょ(古っ)」

ということで2014年YSP限定の青い車両に憧れていた私、

新型の青を早速発注しましたっ!

左側面

今からアレとコレと何をつけてー、とか

トリッカーからタンクデカくなったからあそこも走りに行けるじゃん!とか

はたまた憧れの林道キャンプも行けちゃう♪

などなど妄想が止まりません!

 

 

そんなこんなで12月の納車までハヤル気持ちをなだめるためにも?

今回は6年来の相棒、紺色のトリッカーと向き合う最後のキャンプツーリングへ。

場所は冒頭紹介の三浦半島は三戸浜

ここは夏に何度か下見に来て、海水浴客がいなくなったら

野営しようと目星をつけていた場所。

 

鎌倉の自宅を昼過ぎに出て

買い出しを済ませ、現地入りは3時過ぎ。

夏の喧騒がウソのように静かな平日の晩秋の海岸♪

 

三戸浜で野営の出来そうなポイントは大きく分けて3カ所あり

1、左手奥の崖下の浜、

2、右手の神社駐車場前付近の浜、

3、中央の駐車場前付近の芝生、と順番にチェック。

水場は使えませんが、どのポイントもトイレが近くにあるのが有難いですね。

 

最初の左奥のポイントは漁協が立ち入り禁止としていて

入口には目つきの悪い猫がニラみをきかせていました(汗)

1 三戸浜ボス猫

↑この目で見られたらすぐに退散しますよね(爆)

 

続いて右奥の神社前をチェックすると

先客で大きなモノポールテントを設営した家族連れが。。

ヒトリキャンプを目指してきたので当然ここもパス、

残るは中央の芝生エリアですね。。

 

ふむふむ、まずまずですね。

野営地、決定で!

2 野営地決定

 

軽量なトリッカーなので駐車場の端から浜へ静かに進入。

ビッグバイクやオンロードにはお勧めしません。

表通りから死角になるあたりにイソイソとテントを設営。

3 設営完了

どうやらこの季節、日没は海へというわけではなく

左端の崖の方になるみたいで(汗)

うーん、仕方ないですね。

 

設営が終わったころどこからともなく

このエリアを管理している茶色トラ猫がやってきて

それとなくこちらを監視してどこかへ行きました。

4 管理猫登場

 この浜にいる猫たちはどことなく人間的で、肉付きや毛並みが非常にいい。

この時も「そろそろ夕日がきれいだからにゃー」と言っていたとかいないとか(笑)

 

 

5 乾杯

4時を回ったあたりで夕食の鍋を火に掛けつつ、やっと乾杯!

 

私、地元は青森県の三戸町なのですが

今年の年末は娘の受験のため帰省しない予定で

そんなわけでここ三戸浜で?

三戸は三戸でも「さんのへ」ではなく「みとはま」でちょいと帰省気分。

地元のあたりで収穫されたホップを使用している

東北ホップ100%の黒ラベルで乾杯です(笑)

 

 

気が付くとあたりはすっかり夕闇で

刻々と空の色が変化するマジックアワー。

水平線に少し雲がかかっていますが快適快晴。

6 マジックアワー

 ふとうしろを見ると暮れなずむ空には月が。

7 月

鍋のシューシューいう音を聞きながらほろ酔いでいると

テント脇に置いてある漁船の持ち主らしい漁師のおじさんから

「焚火をやって火をひろげないようにな」

との注意が。了解でございます(汗)

 

そんなわけで出来るだけ今回は焚火を封印で、

と思ったのですが日が暮れた後は風も出てきてやはり寒い。。 

結局ミニマムサイズのテトラで少しだけ極小の焚火を楽しむことに。

8 ミニマム焚火

火があることだけで暖かく、安心して落ち着くのは

太古の昔から続く人間のDNAのなにかに訴えかけるからなのでしょうか…

 

なんて思いつつたそがれていたら、

すぐ横で夕方の茶トラも知った気な顔をして炎を見ていました(笑)

9 ふたたびアイツ

その夜はビール2本と鍋を食べたら眠くなり19時ごろ寝袋へ。

波の音と風の音、そして暖かなテント内でグッスリと眠りの世界へ…

 

朝4時ごろトイレに起きたとき見上げた満天の星空に

写真には撮れませんでしたが

三浦半島あたりでもこんな星空がみられるんだ、と新鮮な驚きを感じました。

そして再び暖かい寝袋のなかへ…

 

長くなりそうなので今回はここまでで。

次回、早朝の絶景編を近日アップ予定です。

現実逃避報告書、もうすこしお付き合いください(汗)

 

以上、年末のクラブワールドカップ

鹿島が初めてACL代表として参加できるのがとてもうれしい

ラフ広報 セキネ がお伝えしました。

 

 

 

2017年 06月 15日 (木)

スマートキャンパーはキャリアがお好き? RALLY591キャリアのCRF250RALLY用あります!

 

 

 

 

みなさま、こんにちは。

先日のサッカーワールドカップアジア最終予選

日本対イラク戦、見ましたか?

 

久々に本田選手が先発フル出場。

前半早い段階でコーナーキックから

絶妙のコントロールで大迫選手の先制点を演出。

 

右サイドで攻撃にタメを作るなど

本田選手らしい動きで貢献するも

チームは後半けが人の交代のタイミングがないまま

終盤に守備の連係ミスから詰められ失点…orz

灼熱のアウェイで

勝ち点1をひろうのがやっと、という結果でした。

 

なんとかイラクに勝って、次回8月31日対戦の

オーストラリアにプレッシャーをかけたかったところでしたが

まぁ、「日本ホーム:埼玉スタジアム2002」 で ライバルのオーストラリアを破り

本戦出場を確実に決める、というのも悪くないかと。

 

酒井選手や香川選手の怪我も心配ですが、

乾選手のセクシートラップとキレキレのドリブルで快勝してほしい!

ガンバレ!ニッポン!

 

 

と、いつものようにのっけからサッカーネタでしたが(汗)

今回はもう一つ個人的に大好きなキャンプネタ。

6月15日発売の培倶人ムック

キャンプツーリングギアブック より。

20170615 bikejinmook-1

昨年のこの時期に発売されていたバイクジンムックの

はじめてのキャンプツーリング

キャンプツーリング自体のハウツーでしたが

今回はキャンプツーリングに必要な

最新アイテムの選び方

バイクへの積載のコツを分かりやすくまとめた1冊。 

 

そのなかで積載に役立つ

ツーリングバッグとして以下のアイテムをご紹介いただきました♪

 

シートバッグコーナーで

RR9030 BWPラフクルージングバッグ

RR9029 ラフリアバッグ

RR5609 AQA DRYコンテナ

20170615 bikejinmook-2

 

サイドバッグコーナーでは

RR5613 AQA DRYサイドバッグ

RR5632 ロードサイドバッグ

20170615 bikejinmook-3

以上のベスト&ロングセラーをご掲載いただきました。

いずれも荷物が増えがちなロングツーリングや

キャンプツーリングにオススメなアイテムたちです♪

 

 

そして最後に,

積載のための必須アイテム

RALLY591スーパーライトキャリア

最新アドベンチャーのCRF250ラリーに装着のうえ

ご案内いただきました。

20170615 bikejinmook-4

積めないバイクに荷物を積むためには

まずフラットな面を作りそこに積載、

そのうえで荷物がバラバラにならないよう

ガッチリとネットやロープで固定する、というのがポイント。

 

キャンプ道具のテーブルやイスでフラット面を作ってもいいですが

まずアフターパーツで自分のバイク用キャリアの有無を確認、

あるなら迷うことなく装着したほうが安全で安心。

 

積載の限られたバイクだからこそ?

軽量コンパクトにまとまるギア選びはもちろん

積載用アイテムまで気を配りたいもの。

めざせスマートパッキング&スマートキャンパーですね♪

 

以上、最近毎晩サーマレストのマットや新しいローコットを

ネットで物色中のラフ広報 セキネ がお伝えしました。

ってコットまでトリッカーには積めないかな?(爆)

 

 

2017年 05月 9日 (火)

2017年ハードパーツカタログ冊子版 発刊のご案内

 

 

みなさまこんにちは。

 

あっ!っという間に?

GWが終わり、ここラフアンドロード本社でも

バイクのシーズン到来を実感しつつ

通常仕事モードに突入…

 

 

今回は先日納品された出来立てホヤホヤの

2017年ハードパーツカタログ冊子版

のご案内です。

2017HPC1

表紙はモノトーンでシックに決めてみました♪

 

今年は創業35周年ということで

車種別パーツインデックスを巻頭で増ページしたほか

ジャンル別にトビラページを設け

見やすくなるよう誌面を大幅改定!

2017HPC3

 

各アイテムも大きめに掲載して

以前よりも使いやすく探しやすくなるのでは?

と自負しております。

2017HPC4

もちろん、各アイテムには

HPと連動するQRコード付きなので

スマホを利用してサイレンサーの音を聞いたり

関連動画を見ることもできます。

 

ちなみに表紙と裏表紙を合わせると

旅バイクのベストセラー、

セローのシルエットが浮かび上がります♪

2017HPC2

 

オールカラー全70ページのハードパーツカタログは

現在期間・部数限定で無料配布中です。

製本版カタログはこちら

ぜひ、この機会にリンク先フォーマットよりお申込みください♪

 

なお、サクサク素早くチェックできるWEBカタログ

まもなく完成予定です。

合わせてご利用よろしくお願いします。

 

以上、

休みボケから復活する時間が

加齢のせいか年々長くなっているように感じる

ラフ広報 セキネ でした(汗)

 

2017年 04月 13日 (木)

急増中? トリッカーをセロー250パーツでバージョンアップする方法

 

 

 

みなさま、こんにちは。

肌寒いながらそのおかげで桜の花が散らずにキレイなここヨコハマ。

2017-04-13 08.05.09

通勤途中の公園でパチリ。

全体的にパステルカラーの淡い色合いが

なんだか優しい気持ちにさせる春の朝。

2017-04-13 08.06.38

遠くから聞こえる通学児童の声とともに見るサクラ。

今週末が見頃でしょうか、癒されますね♪

 

 

さて、冒頭の写真にもあるとおり

私 ラフ広報 セキネ の愛車は

ヤマハのトリッカー 2009年モデル。

昨今バイクの新車価格が高騰していく中

あらためてその存在価値が見直されているトリッカー、

今回はそのトリッカーのお話です。

 

それまで乗っていた02年型セロー225WEからの乗り換えで

2013年にセロー250と迷った末に

大きくなったセロー250より

乗り味が225に近かったトリッカーを選択、

人生初のインジェクションバイクライフが始まりました(笑)

 

タンクが小さくツーリングの度に

給油タイミングに神経を使いますが

普段使いを考えると、どんなに疲れていても

自転車代わりに乗れてしまう「取っつきやすさ」が最大の魅力。

そんな気軽さに惚れて気が付けば約4年で45000㎞。

 

先月にはフロントフォークも

横浜店PITスタッフのススメでオーバーホール。

ますます快調で、目下トリッカーのキャンプツーリング性能を上げるため

何をすればいいか日々関連ブログやら雑誌をチェックする毎日。

 

そんな中アンダー400最新号で

Under50万円モデルの実力

なる企画で久々にトリッカーの紹介が♪

20170406 U400-1

20170406 U400-2

セロー250やXT250Xに先駆けて誕生したトリッカーは

多くの基本パーツを共用しながらも

独自のタイヤサイズや短いホイールベースと

その軽量スリムな車体で足つきもよく

WR250Rやセロー250とはまた違った

自由な世界観を形成しています。

 

ベーシックでシンプルな車体構成はメンテが苦手な僕ですら

億劫がらずに最低限のことが自分でできるくらい、

ビギナーにもオススメできるバイクです。

 

現行のトリッカーはスポーティーなイメージの白×オレンジと

定番のブラックの2色ラインナップ。

個人的には2009年カラーの横から見るとメタルっぽくて

上から見ると微妙に落ち着いた緑っぽいブルーってのが気に入ってます。

初期型のサイドカバーがアイボリーでネイビーのタンクも

スタイリッシュな印象で好きでしたが(笑)

 

いずれにしてもMADE IN JAPANで50万円を切る250ccのバイク、

ってだけでも存在価値は大アリなのです。

 

 

ただし、そのボーダレスなキャラクターが故に

ついつい入り込んでしまうダートでは

ハンドルまわりの剛性と車体下のガードがやや不安に…

 

そこでセローパーツをうまく使って

ダート走行性能をバージョンアップ開始♪

Tricker side

RSVコンペEXシリーズⅢ+Cサイレンサーはセロー250用と共通、

また、エンジン下回りにまもなく登場のアルミアンダーガード

これもセロー250用がドンピシャです♪

AG2202-RSV

セローもそうですが

トリッカーやXT250Xのスチール製ノーマルエキパイは

錆びですぐにボロボロになるので多くのオーナーが、

当社直営店セールの展示即売でもお世話になっているSP忠男さん

ステンレス製パワーボックスエキパイを付けていることが多いと思います。

参考までに新しいアルミアンダーガードとのクリアランスはこの通り↓

AG2202-SPT

こちらもいいカンジですね☆

 

ハンドル剛性UP&ガジェット取付ベースには

HH07 HARDY EZアタッチハンドルブレース がおススメ。

ちなみにトリッカーのノーマルハンドルにはミディアムがジャスト。

Hh07bsv

これだけでも普段の走りはだいぶカチッとするハズ。

これ以上を求めるならばトリッカーの場合、

パワービームをいれたりリアサスを交換したり、

セロー250の足回りを移植したり…

って折角車体が安くてコスパがいいのに

キリがなくなりますのでご注意ください(汗)

 

おなじくトリッカー(キャブ車)オーナーの経理部 O君は

アルミアンダーガードを早速購入予定だそうです♪

彼はグルメツーと林道アタックが最近マイブームなので(笑)

 

僕も将来の林道キャンプに備えて?

これまた近日登場予定のスキッドプレートにしようか考え中(笑)

XT-250-skidplate

バイクは乗って走って、足りないところをイジって、

そのパーツを検討妄想するときもまた楽しいですよね♪

 

以上、ツーリングセローのアドベンチャーキャリアとタンクが

なんとかトリッカーに付かないか考えたり(←セロー買えってハナシ?)

ブラジルで売っているセローの兄弟車 XTZ250Z TENERE

日本で発売しないかなぁなどと妄想している

ラフ広報 セキネ がお伝えしました。

 

 

 

 

 

2017年 04月 10日 (月)

「ラフロ流 SEROW250 ツーリングエディションの作り方 」 普段使いも考えよう! の巻

 

 

 

皆さま、こんにちは。

いつもどおり?週明けはサッカーネタ(笑)、

昨日の新生なでしこジャパンの対コスタリカ戦から。

 

澤選手や宮間選手が代表引退し、

監督も佐々木監督から高倉監督へスイッチ、

かつて世界一になったチームから若手が大幅に増えた新生なでしこ。

 

FIFAランキングでは日本6位 対 コスタリカ30位 の対戦ですが

監督交代と世代交代がもろに重なって

ここ数年は男子高校生(←もちろん全国トップレベル)にも負けるなど

混迷のシーズンがありました。

 

男子と比べ圧倒的にプロ契約選手が少ないなでしこジャパンですが

昨日の試合はエースの横山選手、田中選手が結果を出せば

20歳前後の長谷川選手、籾木選手など現役大学生コンビも躍動、

熊谷選手、宇津木選手、坂口選手などのベテランが要所を引き締め、

上野選手などの新星も登場し、終わってみれば圧巻の3-0勝利。

 

個人的には猶本選手にもうひと踏ん張りしてほしかったですが

足元の技術に基づいた新しいパスサッカーで

もう一回世界のテッペンを目指してほしいですね。

 

 

春は新しい物事が始まる季節。

なでしこベテラン勢のプロ意識の高さを見習いつつ

あらためてベテランの域の我が身を省みお仕事をがんばろうと思う

今日この頃であります(汗)

 

ようやく会社の裏のサクラも満開、見頃を迎えました。

2017-04-10 09.53.35

 

 

さて、

少し前の公式ブログでパーツカタログの撮影が絶賛進行中!

KLX250 ライトカスタムをご案内しました。

 

その際、次回ラフロリークスは

SEROW250 ライトカスタム! とお伝えし

ご期待いただいていた方?お待たせしました♪

今回のセロー250はアウトドアシーンにピッタリな

アーガイル調のベージュカラーで作成してみました。

 

 

あなたがもしヘビーツアラーなら

いきなりツーリングセローでもいいですが、

街中で使うことを考えるとなかなか

フロントヘビーだし、ちょっと…という方へ。

 

普段の街乗りにちょうど良く

ちょっとしたツーリングならすぐ行けて、

なおかつロングツーリング仕様にも簡単に変身できる、

そんなライトカスタムの提案です。

Serow250 front

Serow250 side

  Serow250 rear

ライトカスタム、とはいえ

セローオーナーはいろんな方がいますので

多少ベースからオフロード走行を意識したパーツをチョイス。

 

定番のRSVコンペEXパイプシリーズⅢ+Cサイレンサー

RALLY690ミラーRALLY591スーパーライトキャリア

そしてエンデューロライクなACERBISの新型ハンドガード、

AC-22397 X-FACTORYハンドガードをセット。

AC-22397

フレーム入りの本格ハンドガードで林道ツーリングも安心、

比較的大きめで防風効果もあり。

それでいて冬場には

定番のRR5917 HOT ハンドウォーマー の 中に

すっぽりと収納できるサイズ↓

RR5917 with AC-22397

 

これだけでも通年活躍できますが

今回は間もなく登場予定のアルミアンダーガードもラフロリーク!

AG2202-1

純性オプションよりもエッジの効いたカスタムテイストを持たせ、

最低地上高に影響が出ないよう出来るだけスッキリした外観。

底部にはドレンボルトにアクセスしやすい穴あけ加工済。

AG2202-2

お値段も純正以下の15000円(税別)の予定です♪

 

と、ここまでがベースの 「普段使い抜群スペシャル」 ですが、

ここからお手軽にヘビーツアラー仕様に変身するために

ラフアンドロードの豊富なツーリングバッグをどう積載するか…

 

ライトカスタムの時点でRALLY591キャリアがついているので

さらに積載性を上げるには

「サイドバッグをどう綺麗に取り付けるか」

ポイントはそこになります。

ちなみに純正キャリア専用のサイドバッグサポートは

お値段も1万円オーバーで取り外しも少し大変(汗)

 

そこでおススメしたいのが

RY59192 トライアングルサイドバッグサポート ダブル

RY59192-1

RY59192-2

ご覧のようにキャリアの取付ボルトをφ8×45㎜(市販別売品)に変更し

サポートに付属のアダプターナシで取り付けると、ちょうど大袈裟すぎず

スッキリとRSVサイレンサーからのクリアランスも確保できます♪

RY59192-3

ココにサイドバッグを取り付けるとこんなカンジ↓

RY59192-4

もちろん車体による個体差や荷物の重さによって

そのクリアランス幅や熱対策は調整していただくことが前提ですが

セローに関してはベースがシンプルなので

簡単にロングツアラー化できますね♪

 

ちなみにこちらは純性サイレンサーへの装着イメージ↓

RY59192-5

ノーマルのサイレンサーはRSVにくらべ太さがあるため

こちらはサポートに付属のアダプターを使います。

RY59192-6

この時アダプターとキャリア側はφ8×40㎜(市販別売品)のボルトで連結するとスマートです※

※こちらも車体個体差や荷物の状況により個人の責任で

カラーを追加するなど加工、熱対策などしてください。

 

これでシートバッグとサイドバッグがきれいに積載可能になりましたので

あとはタンクに RR9211 BWPテーパードタンクバッグ をつければOK♪

あっという間にセローロングツアラーバージョンの完成です。

Long touring

シートにはお好みでMINERVAシートカバーを付けると

さらに快適度が増します。

 

ここまでまとめてみてあらためて

セローというバイクの汎用性の高さと

素材としての素性の良さを実感します。

さすが最後のMADE IN JAPAN トレール車、ですね。

 

今回のセローの撮影ではトリッカーオーナーの

私ラフ広報 セキネ と経理部 O君 が

トリッカーに共用できるパーツについても確認しましたので

次回のラフロリークスでは

番外編:トリッカーにもいいカンジ!の巻

をお伝えする予定です。

 

以上、依然として

セローとCRFラリーのツアラー性能が気になりつつ

でもやっぱりトリッカーの身軽さもいいんだよなぁ、

と堂々巡りをしている

ラフ広報 セキネ がお伝えしました(笑)

 

 

 

 

2017年 04月 3日 (月)

KLX250 Final Editionを ライトカスタム! オリジナルを生かして綺麗に乗れ! の巻

 

 

 こんにちは!

4月になりましたね!

ここヨコハマもひと雨ごとに春に近づき、

会社の裏のサクラもポチポチ開花し始めました♪

20170403sakura
 

さて、4月になると我が社では

衣替え?というわけではありませんが

冬のあいだ室内に収納していたヤシの木を

屋外の定位置へ設置、春を迎える準備をします。

20170403yashi

 

またその頃になるとパーツカタログの撮影も大詰めを迎え

日々様々なバイクが入庫しては撮影を繰り返します。

 

今回はそんな撮影現場から

いち早くパーツカタログ掲載予定の

KLX250ファイナルエディション

ライトカスタムをラフロリーク!

Front klx250

Side klx250

Rear klx250

フレームはもちろん、スタンドまでライムグリーンをまとう、

このファイナルエディションは「闘う、4スト」のキャッチフレーズで登場した

初期型同様のカラーリングで、ブラッシュカラーロゴなど

40代以上のライダーには懐かしのテイスト満載。

 

そのオリジナルの雰囲気を損なわないライトなカスタムは

RALLY690ミラーRALLY591キャリアスキッドプレート

RSVコンペティションEXRSV+Cサイレンサーなどの定番パーツに

レーシーなイメージを演出する最新ハンドガード、

 AC-22115 ULTIMATEハンドガード を装着。

 

このハンドガードですが装着してみて

そのステーの秀逸な取り回しにちょっと感動したのでご紹介。

クラッチ側はミラーホルダーをよけながら

Ac-22115 left

そしてブレーキ側はマスターをキレイによけながらの取り回し。

Ac-22115 right

車種によってはショートレバーに替えたほうが

より相性がいいかもしれませんが

KLXだとポン付でいいカンジです♪

 

コチラの最大の特徴はスポイラーとの組み合わせで

カラーバリエーションが驚くほど多いこと。

仕入れも担当する走る物流マンHのブログによると

今後も新色が増えるとか !?

Ac-22115

要チェックでお願いします♪

 

また、フレーム内蔵の AC-13054 ラリーブッシュPRO X-STRONG を装着すると

これまた本気具合がグッと増して

90年代のエンデューロテイストがより強くなりますね♪

Ac-13054

 

いずれにしてもこれから先は減る一方の絶版トレール

KLX250ですのでオーナーの皆さんは

大事にきれいに乗ってくださいね~。

 

以上KLX250オーナー、ビックリマーク営業カンバラにかわり

ラフロリークの セキネ がお伝えしました!

 

次回は最後の日本産トレール、

名車セロー250のライトカスタムをラフロリーク !!!!

ご期待ください !!!!

 

あれ?

今回はビックリマークが多いな(笑)

 

 

 

2017年 03月 4日 (土)

日本の絶景道を巡るアドベンチャーツアラー、ベストチョイスはセロー?それともRALLY? 2017年春夏冊子版カタログのご案内も!

 

 

 

こんにちは。

今回はバイクにまつわる

ベスト&ロングセラーについての考察ですがその前に

まずは今年で25年目を迎え、

2月25日から開幕したサッカーのJリーグより。

※毎度サッカーネタですみません(汗)

 

今年のJリーグは新規スポンサーDAZNにより優勝賞金が大幅アップ。

開幕初日にDAZNがネット配信した映像が映らない、

安定しないなどのトラブルはあったようですが

このスポンサー料で各チームに還元された資金が

海外のビッグネームを連れてくることを思えば痛し痒し。

 

スカパーとの放映権問題などピッチ外でも

のっけから波乱含みの2017シーズン。

J1では開幕戦で昨年王者の鹿島が

怒涛の補強を行ったFC東京にオウンゴールで破れ、

そして昨年最多勝ち点をあげた浦和も

マリノスの斉藤選手ひとりに?敗れ、波乱が連発。

私がイチオシのジュビロは引き分け発進ですね(汗)

いろいろありますが今年はその「変化」を楽しみましょう!

 

その中でJ2の横浜FC所属、

キングカズこと三浦和良選手は自身の誕生日となる26日、

松本山雅との開幕戦に出場、

積極的な動きで1-0の勝利に貢献。

Jリーグ発足時から現役を続けている史上初、

唯一無二の50才Jリーガーとなりました。

15歳で単身ブラジルに渡ってからすでにプロ生活30年以上、

まさに生けるレジェンド!

 

年間のキャンプ日数は自主キャンプを入れると50日以上だとか…

自分を追い込むストイックさと強烈なプロ意識で

彼なら還暦までやれそうな気がします(笑)

いや、頑張ってほしいです!

 

 

さて、話が少し脇道にそれましたが

今回は美幌峠の絶景空撮写真がまぶしい

培倶人最新号から。

20170301 bikejin-1

今回はついにQRコードから

オリジナルドローン空撮映像が見られるようになってます。

雑誌業界も付録でDVDがついていた時代から

また一歩進んだカンジがしますね♪

 

ちなみにラフアンドロードの冊子版カタログも

各アイテム横に掲載のQRコードから

WEBの各アイテム詳細記事へ飛べる仕様になり4年目。

 

オールカラー全112ページの冊子版

最新2017年春夏カタログは

来週早々に入荷予定!

サクサクめくれるデジタルカタログは一足先に↓よりチェックできます!

2017SSツーリングギアデジタルカタログ 

今回も大好評につき期間・部数限定で

無償配布キャンペーン開催いたします。

製本版カタログはこちら

この機会に是非ご利用くださいませ♪

 

上のカタログの表紙イメージにもありますが

じつは今年、ラフアンドロードは創設から35年目。

  35th_stamp

今回の冊子版カタログには35周年を記念して

アタックザックラフウエストバッグといった

ベスト&ロングセラーの

誕生秘話や歴史などのコラムも掲載、

いつも以上に読み応えアリ、です。

 

冒頭のキングカズではないですが

30年以上ひとつのことを続けてこられたのは

ひとえに日頃よりラフロ製品をご愛顧頂いている

ツーリングライダーの皆さま、そして

関係者の皆さまのお力添えがあってこそ。

この場を借りてあらためて御礼申し上げます m(_ _)m

 

 

 

さてさて、話はあっちこっちに飛びますが

今回のバイクジンでは各メーカーの

ベストセラーやロングセラーをまとめた銘品大図鑑が

別冊付録として付いてきます。

20170301 bikejin-4

トップページには今年32周年をむかえた

ヤマハセローのツーリングバージョンが。

20170301 bikejin-5

それまでのトレール車とは

全く違ったジャンルを切り開いたという点では

日本にまだ「プロ」がなかった時代に

単身ブラジルへ渡ったキングカズと同じ?

 

エポックメーカーはベストセラーでありロングセラーたりえる、

ということを示していますね。

セローはこのジャンルで唯一の「国産」ということも

オンリーワンと言える要件かもしれません。

 

今回この銘品大図鑑に、これまたラフアンドロードの

ベスト&ロングセラーであるRALLY591キャリア

掲載いただきましたのでご案内です。

20170301 bikejin-6

メインカットはやはり好調な売れ行きをマークするセロー250用。

こちら、前身のRALLY590時代から数えると

やはり25年以上のロングセラー!

93catalog

私もスーパーシェルパやセロー225時代は必ずつけたほど

ツーリングライダーの必須アイテムです♪

もちろんオリジナルツーリングバッグとの相性も抜群。

旅立つ前にまずキャリア、ですよ。

 

 

今年は好調なセールスを続けるセロー250に対抗して?

ホンダからCRF250RALLY

20170301 bikejin-3

カワサキからVERSYS-X、スズキからVストローム250

BMWからはG310GSなど

小排気量アドベンチャージャンルに相次いで新作が登場予定。

 

なかでもつい先日発売になったばかりの

CRF250RALLYはかなりの高評価らしい…

お値段や重量が増えるのは悩ましいところですが

日本の道路事情では持て余すことが多い

ビッグアドベンチャーを所有することを考えると

十分現実的ですよね~。

この中から次世代のベスト&ロングセラーが出てくるのか…

これもまた楽しみです。

 

以上、毎晩新型バイクのスペックや販売価格を比較しては

一人で勝手に購入、カスタムシミュレーションを繰り返し

月末の東京モーターサイクルショーでの

実車拝見を楽しみにしている

ラフ広報 セキネ でした(爆)

 

 

 

 

2017年 02月 13日 (月)

魅惑のカーブを堪能しよう♪ 早春は房総半島へGO!

 

 

 こんにちは。

三寒四温、まだまだ寒い2月中旬。

先週はここヨコハマでもミゾレ交じりの日があり

通勤でココロが折れかけました(涙)

 

寒い朝はバイクのエンジンのかかりもイマイチですが

人間の体も動きにくくなるもの。

そんな季節はいつも以上にゆとりをもって

準備したいものですね。

 

ところで

毎年1月末から2月にかけて

国内外のサッカー選手の移籍情報が気になるのは

僕だけでしょうか?

 

柴崎選手の電撃的なCDテネリフェ移籍

(早く胃腸炎直して活躍して欲しい!)、

清武選手のセレッソ大阪復帰や

名古屋グランパスの風間監督就任など

いろいろニュースはありますが個人的にはやはり

「中村俊輔選手のジュビロ磐田移籍」

これが一番気になります。

 

ジュビリストの私ラフ広報 セキネ は

LINEのアイコンにジュビロ時代のゴン中山選手を使うほど(笑)

左足のファンタジスタと言えば名波選手、

その名波監督を頼って希代のレフティ、

ミスターマリノスがジュビロへ移籍…

ベテランと呼ばれてなお強い向上心を持つ

レジェンドの一挙手一投足は我々ビジネスマンにとっても

非常に参考になります。

 

2000年AFCアジアカップ準決勝 対イラク戦での

俊輔:左足フリーキック → 名波:左足ダイレクトボレー!

伝説のレフティコンビが形を変えて磐田で再会、

気になりますよね、今年の磐田。

Jリーグの開幕戦は25日からです!

 

 

 さて、話題変わって2月のツーリング先といえば

関東のライダーに一般的なのは伊豆か房総。

中でも降雪の確率が低い南房総はこの時期とくにおススメ。

20170201 MC-1

モーターサイクリスト最新号

ライターの広瀬さんが

南房総は安房グリーンライン

快適なワインディングを堪能したようです。

20170201 MC-2

20170201 MC-3

二月の千葉・南房総と言えばお花の早摘みです。

言い換えると「本州で一番早く春が来る場所」ということですね♪

 

そんな早春の房総半島で広瀬さんが着用していたのは

軽い着心地とリブニットが特徴的な

RR7953 デュアルウォームジャケット

 写真では襟トップまでファスナーを閉めていますが

普段は折り返して使用可能です。

先日個人的にも購入しましたが

街着としてカジュアルに使えて、防寒性も高く重宝しています♪

ちょいミリタリーテイストもあり

ハヤリのネオレトロ調バイクXSR900などにも似合います♪

↓横須賀ヴェルニー公園にて。

Wernny park

今回の安房グリーンラインはオンロードですが

千葉と言えば素掘りのトンネルやオフロード(林道)も多く

最近トリッカーにRSVシリーズⅢサイレンサーを装着し

林道アタックに目覚めた経理部のO君は

毎週のように千葉の林道を探索しているようです(汗)

Chiba rindo

同じトリッカー乗りということで

「セキネさんも今度林道行きましょうよ!」

と誘われるのですが、基本的に汚れたり痛いのは嫌なので

「暖かくなったら超初心者向けのところでよろしく(汗)」

 

ナンデモヤOさんからも

久里浜のフェリー乗り場付近の新施設を絡めた

房総ツーリングをプッシュされているので

そろそろ計画立てましょうかね♪

 

以上、意外と楽しいトリッカーでの峠道走りに対し

林道ツーリングは食わず嫌い?

なんとなくビビっている

ラフ広報 セキネ でした(汗)

 

 

2016年 04月 15日 (金)

2016年ラフ&ロードパーツカタログ完成目前! 「無料配布キャンペーンのご案内」 と表紙アイデアを探す栃木旅

 

 こんばんは。

4月も中旬にはいりました。

なかなかすっきりとした青空が見られず

イマイチな天気が続きますが

いかがお過ごしですか?

 

前回ブログで綺麗に咲きそろっていた

会社裏のサクラもだいぶ散り、すっかり葉桜に。

Sakura4-13
 

花の命は短いですが

これから新緑の気持ちいい季節が始まります♪

 

そんな時期にまもなく入荷するのは

2016年ハードパーツカタログ!

 4月21日頃の入荷予定です。

 

春夏カタログにつづきこちらも

期間限定無料配布キャンペーン開催決定!

  2016hp

 

誌面ではRALLY591キャリアなど

ツーリングに役立つパーツはもちろん、

ACERBISPROGRIPなどのオフロードパーツ、

HARDYロードバーBrembo関連パーツなどの

オンロードカスタムパーツ、

そしてマニアックなケミカル類まで満載の

オールカラー全54ページの冊子です。

デジタルカタログも間もなくアップされますので少々お待ちください。

 

 

ところで今回のパーツカタログの表紙ですが

何に見えますか?

HP16表紙

この表紙の写真を撮るため?

じつは私ラフ広報 セキネ 、

ひと月ほど前に栃木に行ってまいりました。

 

向かったのは宇都宮市街からほど近い大谷地区。

駐車場から左手に見えるのは

梅の匂いを嗅ぐモアイ像を彷彿とさせる岩壁。

  Ooya1

ぞろぞろと人の列についていくと…

Ooya2

不自然な角度とありえない部位をくり抜かれた巨石の壁。

ここはいったいナニ?

 

 

ここ大谷地区は古くから石の町として知られ

切り出しやすく加工しやすい大谷石は

蔵や外壁の建築資材として今でも利用されています。

栃木県民なら小学校の遠足などで必ず行くところらしいですが

最近は県外からの観光客も多く訪れる

知る人ぞ知る穴場スポット。

 

そして石切りの歴史を展示した大谷資料館の地下には

驚きの異次元空間が広がっています。

Ooya3

Ooya4

運搬しやすい大きさにカットされた石版が見えます。

洞内は地上から運搬用の大型車両が入れるほど高い天井。

まるでインディージョーンズの世界です♪

Ooya5

Ooya7

現在はこの石を切り出した空間を使って

オブジェが展示してあったり、

ミュージシャンのPV、ヒーロー戦隊モノの悪役の秘密基地として

各種撮影にも使われています。

最近では外車や高級時計の新作発表展示会など

プロジェクションマッピングと連動した

イベントなども行われているようです。

Ooya8

石版切り出し時に出来る壁の独特な幾何学模様は

ライティングによっていろいろな表情を見せます。

 

そして撮影したのが下の一枚。

Ooya blue

ハイ、パーツカタログの表紙ですね♪

旅先での一枚はこうした形で役に立つ、というわけです。

 

その日もこの大谷資料館には

多くのライダーが見学に来ていました。

近所には岩壁をくり抜いて作った巨大な観音さまや寺社もあります。

Ooya9

Ooya10

 

今年のGWは暦通りで

細切れだから遠くまで行けないよね、

という方にも日帰り、あるいは一泊で行ける

栃木の異次元空間はおススメです♪

 

 

そして、栃木に行く方は

こちらのサイトや栃木パスポートも要チェック↓

Tochigi passport

事前にパスポートを決められた場所でゲットし

対応した施設や道の駅で提示すると

お得なサービスが受けられます。

そしてこのパスポートはバージョンアップすると更にお得に!

 

今回の大谷資料館も団体料金で入れたり

宇都宮ということで人気の餃子店でも各種サービスが受けられたり。

那須方面の牧場ではしぼりたて牛乳一杯無料などなど…

Gyoza

 旅先での情報収集、スタンプラリーへの参加は

エントリー受付を開始した SSTR2016 の練習にもなります。

 

旅の目的は人それぞれですが

こうしたイベントにゆる~く参加し

お得なサービスをゲットしつつのツーリング、

というのも一味違って楽しいですよ♪

 

以上、栃木パスポートのバージョンアップ手続きに

やや振り回されながら旅をしてきた

ラフ広報 セキネ でした(汗)

 

 

 

 

 

 

2016年 02月 19日 (金)

WR250Raid 完成目前! カナメのビッグタンク&スクリーン装着が完了した模様です。

 

こんにちは。

今日はうららかなヨコハマですが、

先週末の春の嵐以降、

花粉が飛んでいるのか目がゴロつきます。

花粉症になってからは憂鬱な季節です…

やっと風が落ち着いたので

トリッカーでホームセンターへ。

 

買物を終えバイクまで戻ると

左ミラーがあらぬ方向を向いている?

 

よく見ると停車位置も微妙にずれているし??

ゲゲッ! ブレーキレバーがまがってる!

うわっ、よくみたらブレーキマスターやら

右ミラー、アクセルグリップ

右ステップ、マフラーガードに擦過傷!

風で転倒はないし…

 

うーん、これは当て逃げですね…(涙)

 

出口付近だったので別のバイクか自転車が

左ミラーに引っ掛かけたんでしょうか(怒)

 

何とも言えない気分でしたが

翌日すぐに横浜店オフコーナーのタカミまで

RALLY492PG794を買いに行きました。

 

先日のOのブログにあったようにタカミは真田丸

徳川家康こと内野聖陽にソックリ(笑)

彼の柔和で、こちらの要望に応じた適切な対応に

ちょっと怒りもおさまったような気がしました。

 

これを機会にもう少しバイクメンテをきちんとしよう(汗)

そして出先でのバイクの置き場にはもっと注意しよう(涙)

そう心に誓った セキネ でした。

 

 

 さて、本題です。

 

朽ち果てたSLと30周年セロー250。

バイク雑誌らしからぬ表紙が新鮮な

オフロード専門誌 ガルル 最新号

20160206 GARRR-1

 駿河に眠る絶景遺構を探検

林道時空旅マークⅡ

とあります。

 

巻頭特集ですがかなりマニアックです(笑)

副編集長の櫻井さんのカラー全開!

嫌いじゃありません♪

 

大学時代を駿河=静岡で過ごしているので

中身を見ていくと

「おおっ!あそこ行ったの!」とか

「えーっ、そこ行けるの?」の場所がてんこ盛り。

 

その中でも一番気になったところが

大崩海岸の旧石部洞門。

20160206 GARRR-2

大学の男子寮のある静岡市から20分ほど、

海沿いを焼津市とつなぐ大崩海岸は本当によく走っていて

まさにどうなっているのか気になるスポットでした。

 

その有様はスゴイのひとこと。

朽ちていく遺構の魅力が全開です。

 

大人になると昔は気になっていたことも

忘れてしまって気にしないことが多いもの。

こうした遺構めぐりは

忘れかけていた少年の心を思い出させてくれます。

 

 

思い出すといえば、

このガルルで連載している

冒険鉄馬奮闘記!!

 

いま40代以上のオジサマ達(←僕を含みます)の

青春時代を思い出す名車を

現在のバイクで再現しようという企画。

 

CRF250LをBAJA化したあと

今度はWR250Rを、

かつての名車TT250Raid風に改造中。

 

特徴的な大型丸目1灯のマスク、

そしてRaidといえばビッグタンクということで

当社取扱い IMS ビッグタンク を搭載していただきました♪

20160206 GARRR-3

 

また、ツアラーならではの装備として、

ウインドスクリーンにはRALLY790マルチスクリーンをチョイス。

20160206 GARRR-4

WR250Rならではの走破性と

懐かしのRaidルックスを見事具体化しています。

 

私、ラフ広報 セキネ、

昔、ライターの廣瀬さんに憧れて

TT250Raidに乗っていたのでこの仕上がりには

けっこう感激します(笑)

 

さらに ツアラーとして積載性を上げたい方には

RALLY591キャリアがおススメです♪

RY591 WR250R リア L

 

こちらは丸パイプバージョンのタイプS

 

単なる懐古趣味ではなく

そこに新たな価値、魅力が生まれるなら

十分アリですよね♪

 

個人的にはツーリングセローが

もう少しRaidルックスになれば

即買いなんですが…

 

3月末のモーターサイクルショー

サプライズ登場しないかな、

と淡い期待をしている

ラフ広報 セキネ でした。

 

 

全国取扱い店
全国取扱い店
直営店舗
ラフ&ロードSHOP site
WEB SHOP
ラフ&ロードweb shop
ラフ&ロード楽天市場店

NEW!旬の特選アイテム

  • おすすめレイヤード術高機能インナーを効果的にレイヤードすると、相乗効果でナルホドなあったかさ!

▼カタログ▼

オススメ 特集

  • R&R MOVIE製品の取り扱い方法や、説明を動画でご覧いただけます。

最近の記事

ブックマーク/RSSリーダー

2020年2 月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29