アパレル

2019年 08月 21日 (水)

「セローで東北帰省キャンプツーリング」前編  奥只見 銀山平キャンプ場でグルキャン満喫からの、にかほ市の幕営地へ。。。日没に間に合うのか???

 

みなさま、こんにちは。

 

前回の公式ブログをうけて出先から

公式ツイッターでほぼリアルタイム発信していたので

すでにご存知の方もいらっしゃると思いますが、

私、ラフ広報 セキネ、

この夏は日本海周りで青森の実家へ

「セローで東北帰省キャンプツーリング」

しておりました♪

 

当ブログでは

その時ツイッターでお伝えしきれなかったところを

もう少し詳しく日記形式でお伝えしていきます。

初日のグループキャンプの様子は

横浜店店長 高山のブログ もご覧ください。

 

前、中、後編の全3回を予定しておりますので

お付き合いのほど、よろしくお願いします m(_  _ )m

 

 

◆東北帰省キャンプツー1日目 8月11日(日)◆

 

数日前に発生してやや西寄りに進路をとった

台風10号の影響を心配しつつ、

朝7時ちょい過ぎに鎌倉の自宅を出発。

 

今日の幕営地は新潟県魚沼市の奥只見 銀山平キャンプ場

例によっていつものようにラフロキャンプ部(通称スナフキン部)の活動は

途中合流せずに 「現地付近で集合」 が基本。

メンバーの中には予約も取らず飛び込みが基本、というツワモノもいますが

心配性な私はもちろん、フリーサイト予約済です(汗)

 

久々のロングキャンプツーにハヤる心をなだめつつ

圏央道の西の端、茅ヶ崎JCT手前の藤沢バイパスより高速へイン。

晴れていれば左手に富士山が見え、さらにテンションが上がるものの

その日はうす曇りで富士山は見えず。

 

とはいえ目指す関越道方面は晴れ間が期待できるため

粛々とアクセルを一定開度に保ちながら前進…

 

途中、中央道合流の八王子JCTあたりで

けっこうな渋滞にハマりそこは慌てず騒がずやり過ごしたのですが

その先の関越道合流地点も渋滞していたのには

出発をもっと早めればよかったと軽く後悔(涙)

 

たまらず上里SAで小休止。

熱中症が怖いので水分はコマメに補給します。

一緒に北上するバイクもまだまだ多いですね~♪

01 10時 上里SA

 

トリッカー時代にはタンクが小さく120㎞走ったら不安で

関越道に入ってすぐの高坂SAで必ず一回目の給油でした。

セローは250㎞くらいまでは余裕で、今回はだいぶ先の赤城高原SAで初給油でした♪

02 11時 赤城高原SA

バイクもけっこう走っているのですが皆さん荷物をほとんど積んでいません。

おそらく日帰りツーを楽しんでいる、といった感じですかね。

沼田ICを過ぎるとバイクはグッと減ります。

ここから皆さん日光や草津方面へ行かれるのでしょうか。

 

給油後は引き続き関越道をどんどん北上し、

長い長い関越トンネルを抜け新潟に入ると

GALA湯沢などのスキーリゾートを横目に見ながら

山間部から平野部へと一気に下っていきます。

 

南魚沼市に入るとあたりは一面の水田地帯、

「義と愛の武将、直江兼続の生誕地」 という看板や

「雪国まいたけ工場」 などを左に見つつ

改めて「新潟の夏ってそういえば暑かった!」ということを再認識。

 

大和PAにて、水分だけではなく塩分補給をせねば。。と

途中で見てきた「雪国まいたけ」に影響されつつ

「雪国まいたけ天ぷらそば」 を注文。

暑いときに食べる熱いソバもなかなかアリでした♪

03 13時 大和PA

食後、すぐ次の小出ICで関越道を降り、

そこからの峠道に備え二度目の給油とキャンプの買い出しへ。

 

このあたりで今日の他のメンバーの動向が気になりLINEやら電話するも

みな、気ままなスナフキンたちなのでもちろん連絡はつきません(爆)

買い出しを終え、峠道へ曲がる直前で

Ninja1000の物流部 K君SV650Sの営業部 Sさん とすれ違いましたが

峠走行のペースがセローとは違うので先行して現地へ向かうことに。

 

空は快晴、これぞ 「ニッポンの正しい夏」 というような風景♪

これから始まる夏休みに胸がワクワクです。

04 14時半 魚沼田園風景

 

そこからバイクは奥只見シルバーラインを通れないので

352号のつづら折れワインディングを約15キロほどクネクネと堪能。

ちなみに352号はそれほど道幅があるわけではないのですが

ハイカーやチャリダー、対向車もそこそこあるので通行の際は要注意で。

05 15時 R352峠道1

05 15時 R352峠道2

 

麓の小出市街から撮影しながら約40分後、

15時半ごろ今日の幕営地 銀山平キャンプ場 に到着♪

奥に見える谷あいには万年雪も見えます。

06 15時半 銀山平到着

 

受付をすませ、数カ所に広がるフリーサイトの中から

ファミリーキャンパーの少ない川沿いのサイトをセレクト。

テントの前室から絶景独り占めです♡

07 16時 テント設営完了

 

暑い一日、約300kmの高速、峠道走行の足元を

タフに快適にささえてくれたのは発売されたばかりの

RR5829 ラフエアスルーRDスニーカー

バイクに普段使いにと大活躍のアイテム♪

08 16時 RR5829

サイド部分に大きくメッシュ部分を確保することで

走りながら常にフレッシュな靴内環境を維持します。

シッカリとしたメッシュ素材を使っているので

メッシュシューズにありがちなヤワな頼りなさもなく、

汗かきな自分としては季節問わず使いたいと思う1足です。

 

16時半ごろ、本日のメンバー全員が無事合流。

09 16時半 Ninja SV Serow

WR250Rの横浜店 高山店長 はなぜか

石だらけの河原にタープでベース基地作成中(笑)↓

09 16時半 メンバー勢揃い

09 16時半 トンボ

ひとり川の中で涼んでいたのですが、みんなのテント設営を待ちきれず

川の水でよく冷えたご当地ビールでフライング乾杯!

09 16時半 待ちきれず乾杯

ほどなくして高山ベースも完成、乾杯&お疲れさまです!

09 17時 高山ベース完成

18時ごろ敷地内の温泉「かもしかの湯」から戻り

買い出ししたお気に入りの食材を各自調理…

 

その日は豚バラのカレー煮を作ったのですが

残念ながら調理したモノを撮影する余裕が昔からなく

ウマいものは出来たそばからすぐに胃の中へ。

このあたり、Z馬鹿の佐々木君を見習わなくては(汗)

 

普段からヒトリキャンプで

コンパクトな荷造りを心がけている自分としては

ヘッドランプやランタンは持たず、日没までに調理、食事を終わらせます。

 

日没後は集めた流木や小枝類を細かくカットしながら

軽めの酒をチビチビ飲みつつ

コントロールできる範囲の大きさで焚火を楽しみます。

10 20時半 タキビとウイスキー

その際に必要なのは30年以上愛用している

ビクトリノックスのマルチツールナイフ

SOTOのテトラヘキサ

そしてアルミトレイと自作火吹き棒。

 

その夜は高山店長のモーラーナイフ談義やクセの強い子供のころの話、

それに負けないぐらいアクの強かったK君の学生時代の話などで盛り上がり

空にはきれいな月が出て、いつもより長く焚き火を楽しみました。

10 20時 奥只見の月夜

 

 

 

◆東北帰省キャンプツー2日目 8月12日(月)◆

 

01 5時 奥只見朝もや

翌朝 5時 少し前。

すぐそばの奥只見湖から幻想的な朝もやが立ち上っています。

高山店長がシュラフやらシートやらを干し始める音で目覚めました。

01 5時 テントサイト

02 6時半 自慢の絶版シュラフ

今日も暑くなりそうです。

各メンバーは自分のペースで撤収作業をすすめ

次の自分たちの目的に向かって現地解散。

 

この日は新潟、山形をこえ秋田のにかほ市まで約320㎞北上予定の私、

みんなよりひと足早く、まぶしい朝日のなか出発。

03 7時 出撃です

厳しい日差しを避けるため今回のツーリングで着用したのは

RR7339 エアスルーメッシュパーカー

個人的にはダイアゴナルシルバーがお気に入りです♪

RR7339 エアスルーメッシュパーカー DIAGONAL SILVER

このメッシュパーカーは胸ポケットや肩、脇部分に

同じ柄の生地を使ったハイブリットタイプメッシュジャケット。

03 7時 RR7339胸ポケット

使い勝手のいい胸ポケットには高速券や

よく使うカード類など入れました。

 

そして秀逸なのが襟部分の裏側に

吸汗速乾クールマックス(黒いメッシュ素材)を使用し、

襟のエッジ部分を肌あたりの良いネオプレンで巻いてあること。

03 7時 RR7339襟

汗もすぐに乾き、夏の日焼けした肌にメッシュ生地の硬い部分が直接あたるのを緩和する…

細かい事ですがこういう 「気配り」 が実際使ってみるとありがたい♪

ライダーが感じるこういう余計なストレスを減らすことが

長く使える旅具としての条件ですよね。

 

みなに別れを告げ

ひとりでさわやかな朝の峠を下山しつつ、

途中からの絶景をツイート拡散。

03 7時半 352号峠雲海?

今回ほぼリアルタイム発信していて気が付いたのは

WIFIがないところからの画像発信は携帯の電池消耗が激しいということ。

なにをいまさら、というかもしれませんが

普段なら丸2日くらいは電池が持つような私、

もちろんモバイルバッテリーなど持ち合わせておらず、

この旅で携帯の電源確保が必須ということを初めて認識。

 

実は下山途中に電池がゼロになり途中の

公園事務所で30%まで充電させてもらうため30分ちかく無駄にステイ。

その間にK君やらSさんに追い抜かれ(←この人たち、もちろん私に気付かない。。)

平野部まで下りて来て新潟県を縦断中も常に電池残量を気にしていました(爆)

意図せずしてまるで出川哲郎の充電旅状態です(汗)

04 10時 見附のキャプテンスタッグ工場付近

そんな時に限っていい景色が続いたりして。。(悩)

 

お昼ごろ、たまらず新潟駅方面へ行き

ちょっと良さげなカフェで充電させてもらいつつランチタイム。

ここでまた2時間近く無駄な時間を過ごした後、

フル充電されて復活した私、やっとの思いで7号バイパスへ復帰し北上開始。

 

道の駅の発祥の地といわれる

新潟市の端っこ道の駅 豊栄についた時には

すでに14時半を回っていました(汗)

05 14時半 道の駅 豊栄

しかし、新潟県は本当に長い県。

いつまで走ってもずっと続きます。。

しかも7号線は思ったより内陸を通っていていまだに日本海ともご対面していません。

 

山形との県境、

村上市勝木あたりでやっと日本海が見えました!

沖合にはうっすら粟島が見えます♪

06 16時 やっと日本海、まだ新潟!

そのとき時刻はすでに16時。

果たして私、これから山形を抜け、

日没予定時刻 (18時39分) までに本日の幕営目的地、

秋田県にかほ市の飛びのくずれキャンプ場まで行けるのでしょうか !?

 

中編につづく・・・

 

 

 

2019年 07月 29日 (月)

ラフフィッティングキャラバン in ラフロ横浜店、ご来場ありがとうございました♪

 

みなさま、こんにちは。

 

前日に発生した台風6号の影響に怯えつつ?

第一回 ラフフィッティングキャラバン の当日、

27日(土)の朝を迎えたのですが…

快晴!

快晴ですっ!

祈りが通じたのか、普段の行いがいいのか♪

予定通り11時より横浜店駐車場特設会場にて

イベント開催いたしました。

 

一番最初に接客させていただいたのは

ストリートトリプルにちょうどいいサイドバッグを探し中のお客様。

Street triple

こちら、RR9115 テールフィンサイドバッグワイドをフィッティング、

テールカウル下にオプションのベルトセットを通して

左右連結するという工夫でベストフィッティングを実現。

喜んでいただけたようで何よりです♪

 

冬キャンプもされるというKLXのお客様は

またがる時に邪魔にならず

大きすぎない 20ℓ 前後のバッグを検討中。

KLX

RR9032 ラフシートバッグ をご案内させていただきました。

 

キレイなノーマルのTW225でいらしたお客様は

シンプルなサイドバッグをご希望とのことで

RR9104 イージーサドルバッグをフィッティング、お買い上げいただきました♪

TW225

 

そして、ご夫婦でご来店のお客さまで

本日は納車したてのSRX600(シブいっ!)にあうスリムなバッグを、

とのご用命をいただき、RR9001 SSテールバッグ

オプションのRR9972 パラレルベルトで取り付けさせていただきました。

SRX600

そのメリットはシート下のスペースがほとんどないバイクへの

取り付けパーツが簡略化できて、

バッグ自体の取付取外しもカンタンになること。

こういう取付工夫のご案内こそが今回のイベントの主目的でもあり

実車でその場でのご提案は、非常に勉強になりました。

SRX600-2

スリムな車体にドンピシャでしたね♪

 

今回はスクーターのお客様へのうまいご提案がなかなかできず

次回への課題となったかと思います。

RR9016 コンバーチブルエコバッグを自分で工夫して

タンクバッグ代わりに使っているというスカイウェイブオーナーなど

こちらの想定を超える使い方をしている

お話などを聞かせていただき

勉強になりました。

 

ほかにも静岡から荒天の中お車でいらしてくださった方、

ツーリングセローでバイクリターンされ

旅バッグ検討中だった方、

残念ながらお時間の都合で

十分なご対応をさせていただけなかった方などへ

この場を借りてお詫びと感謝とご挨拶にかえさせていただきます。

 

ご来場、お買い上げ誠にありがとうございました。

 

ただ今、ラフアンドロード直営店では

8月4日まで ダイナミックサマーセール開催中 です。

2019 夏セール!

 

夏のロングツーリングへお求め忘れのないよう、

準備万端でよい夏旅をお楽しみください♪

横浜店

以上、お客様のマニアックなバイク談義に

非常に有意義な時間を満喫できた

ラフ広報 セキネ がお伝えしました。

 

 

 

2019年 07月 25日 (木)

「防水」か「容量」か「積載方法」か? ツーリングバッグを選ぶ基準とは? 27日は横浜店に全員集合! そして市販テントの弱点補強に「アレ」買いました♪

 

みなさま、こんにちは。

 

ここのところ久々に太陽が顔をだし

気温も30℃越えの日がチラホラ、

そろそろ関東も梅雨明けでしょうか。

 

ここヨコハマでも荒天で延び延びになっていた

秋冬カタログの撮影が大詰めを迎えています。

RR7693↑こちら秋冬登場予定のRR7693 新型極寒モデル

RR7474↑同じく秋冬の新作RR7474、細身膝パッド外入れストレッチデニム

 

梅雨が明けるといよいよ

夏のロングツーリングシーズン到来!

 

大型のツーリングバッグをバイクにセットし

アレやコレをいっぱい詰め込んで魂は北の大地へ…

って暑くなると妄想が止まりませんねっ(いつもか)

 

ロングツーリングに欠かせない大型バッグですが

ヤングマシン最新号 にタイムリーな付録が↓

20190724ヤングマシン-1

 

この中でバイク旅では切っても切れない

雨天に強い防水バッグ系

AQA DRY Series

▼ ▼ ▼

20190724ヤングマシン-2

{[title]}

{[description]}

 

そして容量可変、大容量を誇る

ロングツーリング用シートバッグ

▼ ▼ ▼

20190724ヤングマシン-2

{[title]}

{[description]}

合計9アイテムも、ご掲載いただきましたっ!

 

 

そしてツーリングバッグの選び方に悩むこの季節、

タイムリーなイベントのご案内も再掲

27日(土)はラフアンドロード横浜店に集合 

ですよっ!

 

※台風接近など荒天の場合は延期・時間変更もありえます。

開催状況はツイッターも参照ください。

 

▼ 店頭掲示 POP より ▼

画像

 

さあ、皆さま!

夏のロングツーリング前にしっかりと積載をマスターし

今年の夏も快適なバイク旅を楽しみましょうね~!

 

 

さて、私ラフ広報 セキネ は

この夏休み実家の青森まで久々にセローで帰省予定♪

トリッカー時代にガソリンタンクの容量都合で

行けてなかった奥只見やら

日本海側の夕日がきれいなマイナーキャンプ場?

などなどいろいろ盛り込んで

楽しんできたいと思っています!

 

快適キャンプ生活のため

市販テントの 「弱点補強」 にポチったのがコチラ↓

Strong peg

スチール製20㎝ストロングペグ

 

先日雨の道志は青野原で

慣らしを終えたばかりの Hiby 3 に限らず

市販テントに付属するペグは

プラスチック製やスチール製でも簡単に曲がったり

アルミ製アルマイト加工で見映えは良くとも

砂利混じりのサイトでは、まったく刺さらず使えないモノばかり。

 

バッグ内の限られたスペースは貴重なので

無駄なものは使えるものにチェンジしていきましょう。

ということで、ヘビーユースしても十分な強度を持つ

スチール製ストロングペグの投入決定です。

 

やっぱりスノピのソリステとか日本製の一生モノもいいですが

今回はどんなサイトでも使いやすく

収納もかさばらない長さ20㎝サイズで

最低限の要所を抑えることができる 8本セット を選択。

これで多少の海風に対してもひるまずキャンプができますな、フフッ…

 

以上夜な夜な枕元で新しいペグを眺めては

次のキャンプのイメージトレーニングをしている

ラフ広報 セキネ がお伝えしました。

 

 

2019年 07月 19日 (金)

2019年 令和元年夏 ラフフィッティングキャラバン=RFC始めます♪ 27日は横浜店に集合です!

 

みなさま、こんにちは。

 

ついに誕生しましたね!

リーガエスパニョーラ 超一流チームの日本人選手、

「レアルマドリード 久保建英選手

「バルセロナ 安部裕葵選手

※まだトップチーム登録ではありませんが…

 

いやぁ、僕らが子供の頃夢物語としか思えなかった

「キャプテン翼」そのまんまか、

それ以上のことが

現実に起こっているのがスゴイ!

 

来年に迫った東京オリンピックで彼らの活躍はもちろん、

また新たなスターが誕生しそうで

ホント楽しみですね♪

 

 

さて今回は

この夏から始めるイベントのご案内です。

 

夏のロングツーリングやキャンプツーリングにむけて

あのバッグはどれぐらいの大きさなの?

自分のバイクに合わせて見たいんだけど?

なんかうまい積載方法ないですかね?

そんな疑問をお持ちの方は、是非こちらへいらしてください↓

一緒に現物を愛車に合わせて検討してみませんか?

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ ラフフィッティングキャラバン◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

通称 RFC

 

日時 7月27日(土) 11:00~16:00

場所 ラフアンドロード横浜店駐車場特設テント

内容 ラフ&ロードオリジナルバッグのフィッティング

参加資格 ツーリングを愛する方どなたでも

プレゼント フィティングをされた方に非売品ステッカーをもれなく

更にフィッティング後、ご購入の方には特製非売品レザーキーホルダー差し上げます!

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

ラフアンドロード直営店では現在、

ダイナミックサマーSALE !! 絶賛開催中!

セール終盤のイベントとして出展します。

 

 

当日ご来場いただいた方には

野岸さんのラフツー部 活動記でおなじみ、

非売品の  Go for RIDE ステッカー  プレゼント。

Go for RIDE sticker

 

さらに、このステッカーを持って

当日横浜店の3Fでバッグコーナーでご成約いただいた方には

 オリジナルレザーキーホルダー  もプレゼント!

レザーキーホルダー

この機会に、是非ご一緒に 「積載研究」 してみませんか?

 RFC(ラフフィッティングキャラバン) へご来場ください♪

主要モデルのサンプルバッグを取り揃えて、お待ちしております。

 

以上ジュビロ磐田の名波監督退任のあと、

中村俊輔選手 まで

横浜FCに完全移籍したのを非常に残念に思う

ラフ広報 セキネ がお伝えしました。。

あ、でもG大阪から今野選手が入団したみたいですね♪

ジュビロがんばれ~

 

2019年 07月 4日 (木)

「セローでキャンプに効くキャリア」 バイクジン特別編集 キャンプツーリングギアブックでご紹介いただきました♪

 

みなさま、こんにちは。

 

日本時間7月8日の早朝5時から

ブラジル 対 ペルー

の決勝となる コパアメリカ2019

 

招待参加だったサッカー日本代表は

若手主体でのぞみ1勝もできず予選敗退…

世代交代の過渡期ではあるとはいえ

やっぱり悔しいですよね。。

 

そして直近ではジュビロ磐田の名波監督退任

同い年のレジェンドが志なかば、

低迷する名門の立て直しができず退任となり

結果がすべてのプロの世界なので仕方はないのですが

いろいろと考えさせられた ラフ広報 セキネ です。

 

さてさて、

先月末に令和初の台風がやってきたり

全国的に雨がちな天気がつづきます。。

そしてここヨコハマも今日も雨…

 

そんな時は来たるべき夏の

キャンプツーリングに向け妄想を加速するために?

ちょうどいい おススメの1冊 をご紹介↓

201906 bikejin camp-1

表紙を飾るのはバイクジンでもおなじみ

プロギタリスト 田崎慎也さん

4月末の青野原バイクジンキャンプミーティングでも

柔らかい笑顔を絶やさず、キャンプタイムを満喫してました。

 

青野原ではイベント前日の曇天寒さがウソのように

キレイに晴れてポカポカ陽気、絶好のキャンプ日和でした♪

青野原キャンプ場

バイクジンキャンプサイト

 

実はこのイベント最中に今回紹介のキャンプ本の取材もしていて、

私の青セローに装着の  RALLY591キャリア も撮影、ご紹介いただきました。

Serow 591 撮影

ちなみにセローに跨ったライダーの

イメージカットがありますが、コレ、私です↓

RALLY591キャリア

{[title]}

{[description]}

↑ご覧のとおり、テールデザインの変わった2018年以降も

セロー250は年式問わず装着可能

※取付はコチラも参照ください。

 

 

普段キャンプの際もこれくらいの荷物量で行くのですが、

写真で積載しているバッグは下記の

バイクジンキャンプスターティングセット

▼ RR5612 AQA DRY カーゴ (セット内容5番)

201906 bikejin camp

{[title]}

{[description]}

 

このキャンプ本では

ほかにも 防水バッグ最大の収納量75ℓ を誇る

RR5609 AQA DRY コンテナー 

もご紹介いただいています♪

201906 bikejin camp

{[title]}

{[description]}

いずれもキャンプツーリングにはマスト、

と言えるくらい使えるアイテムたちです♪

 

そして4月の青野原キャンプミーティングでは

久々に末飛登さんにもお会いしました。

マヒトさん

積載しにくいCBR650Rに荷物満載でフラりと登場するあたり、

さすがキャンプライフでも達人です(笑)

 

その日は本日入荷したてホヤホヤの新作スニーカー

RR5829 ラフエアスルーRDスニーカー

のイメージカットの撮影をしたりして、

用事があったので泊まらずに帰宅したのですが

やっぱりキャンプ場行ったらキャンプしたかったです(涙)

RR5829

{[title]}

{[description]}

天気が良くなったら、またキャンプツーリベンジ行くぞ~!

(↑セキネ心の叫び…)

 

以上、最近雨対策でレインスーツを

RR5232 ダイアゴナルシルバー に新調し

新品ならではの防水性と撥水性に雨の日もウキウキな

ラフ広報 セキネ がお伝えしました♪

 

2019年 06月 14日 (金)

「セローで道志でヒトリキャンプ」 梅雨入りキャンプで役立つレインギア & 厳選中華テントの実力やいかに?

 

みなさま、こんにちは。

最近、公式ブログが登場が月イチになってきた

ラフ広報 セキネ です。

 

月イチだといろいろイベントや出来事が盛りだくさんに(汗)

 

まずはサッカー日本代表対エルサルバドル戦

期待の新星 久保建英選手 (←この夏まさかのレアル移籍?)が

史上二番目の若さでA代表デビューしたり、

4年ぶりに代表復帰の永井謙佑選手が快足をいかして2得点したり。

女子ワールドカップも開幕し、そろそろコパアメリカも開幕…

応援する方も忙しいですよね~(汗)

 

そして、

ここ 関東も梅雨入り しましたねぇ…

 

そんな慌ただしい日常をはなれゆっくりと非日常を味わうため?

雨がちの天気予報にもかかわらず

出勤土曜の午後から半休をいただいて

会社から直接キャンプ場へGO!

キャンプへGO!

釣りバカ日誌のハマちゃんじゃないですが

会社から直でキャンプって一度やってみたかったんですよね~♪

 

今回は荷物の小型スリム化が主目的。

まずはキャンプの時に一番大きい荷物の

テントとシュラフの小型化に着手。

 

こちら20年来の愛用品 RR5612 AQA DRY カーゴの中に収納される

今までの私の主装備↓

※このほかに調理道具やらテーブル、焚火道具もありますが…

従来装備

右から黒ラベル350ml缶(サイズ目安)、

サーマレストのプロライト3 ショートマット(絶版)、

イスカの3シーズン用シュラフ(これも絶版で20年選手!)、

そして派手な袋がテントフレーム&テント本体。

 

このテントは3~4年目で コールマンのエッグドームフェス。

広めの前室がありインナー吊り下げ式でとても便利なのですが、

収納サイズがデカくて重い(約6キロ!)

これだけでRR5612の半分ふさいでしまう…

テントフレームは長くて入らないので

いつも RR9402 AQA DRY ライドパック

背面ポケットスペースに入れて窮屈な思いをしていました(涙)

 

いつもテントでバッグが目一杯になるため、

これまでは一度キャンプ場でテントを設営してから

買い出しに行かなくてはなりませんでした。。

 

この状況を改善するために

「まずはテントを小さいヤツに新調すべし!」

ということで夜な夜なネットで検索。

 

アライテントのドマドームやら、MSRのハバハバNXや、

NEMOのホーネットストーム2だとか

山岳用の軽くて小さいものに憧れましたが、

快適性も捨てがたいし、いずれもお値段の面で厳しい。。

 

最近、横浜店のキャンプコーナー

スタッフがおススメしているコスパに優れた

モンベルのクロノスドーム2 のブルーも考えました。

▼クロノスドームの1人用オレンジを抱えるキャンパー木本

キモトでっす

でも、雨男キャンパー木本高山店長と一緒になるし、

1人用のブルーも営業の櫻井さんとカブる…

それと2人用は意外に収納サイズがデカくて重い。。

むむむぅ…

 

なかなか決まらないテント選びに疲れたころ、

「モノは試し」で最近ネットでちょっと評判の中華テント、

ネイチャーハイクのHiby3 をポチってみました♪

Hiby取説

取説が案の定、読めませんが漢字なので雰囲気は伝わります(笑)

 

で、装備はこうなりました↓

新型夏装備

右から黒ラベル350ml缶、サーマレストマットまでは同じ、

その下のMatの袋はHiby3に標準装備のグランドシート(←コレなかなかないですよね)、

赤い袋がテント本体、黒い袋がテントフレーム、

(テントは総重量2キロ以下に減量成功!)

そして左端がヘリノックス風チェア(今回持っていきましたが使わなかった)。

 

サーマレスト横の青い袋はラフアンドロードの絶版シュラフ、

2008年カタログ左下の RR5957 ウルトラコンパクトシュラフ です。

ラフロのキャンプ用品

約10年の時をへて、先日我が家の防災バッグの中から発掘した逸品。

とにかく小さくなるので夏キャンプに最適。

サイドのファスナーが短めなのがコンパクトになるポイントでした。

 

今回、夏のヒトリキャンプ再開にあたり

冒頭の永井選手よろしく、みごと先発メンバーに復帰、

いい仕事をしました♪

 

 

さて、横道にそれましたが

話しは会社を出発したところに戻ります。

 

14時前に会社を出て、荷物がコンパクトになった分

シッカリと途中で買い出しも終わらせて、16時半ごろ到着したのは…

道志みちの青根キャンプ場

青根到着

天然温泉 いやしの湯 があるキャンプ場といえば有名ですね♪

予約ナシの飛び込みでバイク1台とテント1張りで2340円。

 

以前グルキャンで利用した、会社からも近い

茅ヶ崎の柳島キャンプ場と迷いましたが

キャンプには焚火と温泉が必須、と思っている私、

今回は「温泉メイン」で一択でした。

 

受付を済ませサイト内をひとめぐりして

川沿いはファミリーやグループが多いのと

土の地面でせっかくの新調テントが汚れるはちょっと。。

というわけでちょうど空いていた いやしの湯 の目の前、

ウメ畑脇の駐車場に設営決定!

サイト決定

付属のアルミペグが入りそうな比較的芝生のあるところを狙って

今回初投入のHiby3を設営♪

▼真ん中の黒いラインから右が前室、左が吊り下げ式インナー内蔵。

Hiby3設営完了

設営してみると前のテントよりも長辺が長く高さもあるので意外と大きい。

収納がコンパクトでも立てると広いのはポイント高いですね。

 

短辺側もそこそこ幅があり大人3人は無理ですが

2人なら荷物も入れつつ快適に眠れそうです♪

スパイダーマン?

こっち側から見るとスパイダーマンの顔みたいです(笑)

クロスフレーム下の白眼っぽいところはクリア窓になっていて

中から外の天気などを確認できます。

 

カラ―は設定ではMSR風の白×赤もあったのですが

室内で明かりをつけると透けるらしいので

思い切って真紅のコレにしました。

赤いテントは3倍速く建てられるらしい?(←ウソ)

 

これだけ真っ赤なのでテントの中はもちろん…

真っ赤なわけで(笑)↓

赤い世界へようこそ

白い靴下もピンク色、青いシュラフも紫です(爆)

ホントは青いシュラフ

まあ、慣れの問題ですよね。

コンパクトにするため生地は本当にうすく、インナーも上半分がメッシュ。

前室をフルオープンすれば通気性抜群です。

撥水性良好ナリ

夜半から降り出した雨に対しても撥水性良好で気に入りました。

ただ、ベンチレーション部分の生地が広げたとき少したるむので

そこから伝って雨水が一部入り込む、なんてトコはご愛嬌?

 

そんなわけで、使用は夏の晴れた日メインかな、という感じです。

蚊取りの季節です

この日は気温18℃前後でしたが、そろそろ山では蚊取り線香が必要な季節。

ゆったりとした静かな時間に蚊取り線香の香り、

あいにくの天気ですがココロが癒されます…

ヒトリキャンプは鍋に限る

いつものように涼しい時は鍋とビールで早めの夕飯。

雨なので楽しみにしていた焚火をあきらめ

向こうに見えるいやしの湯で温泉を満喫♪

 

会社からテント泊のスーパー銭湯へ直行?的な

非日常に満足しつつぐっすりと眠れました…

 

 

明けて翌朝も雨。

小雨の時を狙いテントを撤収します。

 

インナー吊り下げ式なのでテント本体は立てたまま、

そのなかで濡れずにすべての荷物のパッキングを完了し

最後にテント本体の片づけ。

 

このとき、着用していたのはフード付きのレインスーツ、

RR7808 デュアルテックスレインスーツ

雨だとキャンプに行かないって人も多いですが

このレインスーツ、雨のキャンプの時こそ

このフードが威力を発揮します♪

 

テント同様、荷物をコンパクトにしたい人には

最近新色が登場した RR5232 コンパクトレインスーツ がおススメです。

フードも捨てがたいですが荷物をもっとスリムにするため、

私、次はコレにしようかと思っています。

 

レインスーツにしろ、テントにしろ

こんな薄い生地であの雨をしのげるのは冷静に考えると

本当にスゴイことですよね。

 

テント撤収後は雨の中、

レトロな風情が味わい深い道志ダムを見て帰路につきました。

道志ダム

雨だからバイクに乗らない、キャンプをしない、

ってのは、もったいないですよね。

この雨のなかで木々の緑はますます青くなり

アジサイもしっとりと綺麗に咲いています。

アジサイの季節

豊かな自然の息吹を実感できるこの時期、

雨天装備 をしっかりとして雨でもバイク、楽しんじゃいましょう♪

RAIN Index

 

ラフ&ロードでは

Go for RIDE to enjoy !

Go for RIDE to enjoy ! 

合言葉に、

乗って楽しむ!

目的地で楽しむ!

をお伝えしていきます!!

 

そしてそしてお知らせです!

この Go for RIDE ステッカー(非売品)が完成しました。

直径50ミリとどこにでも貼れるサイズです♪

Go for RIDE sticker

Get したい方は好評連載中の

ラフロツーリング部 活動記 のロケ中に

ナビゲーターのネギ野岸さんに声をかけてもらうか、

今後ラフアンドロードが出店を予定しているイベント会場で

スタッフに声をかけてくださいね♪

ステッカー貼ってね~

ぜひこの Go for RIDE ステッカーをゲットして

あなたも ラフツー部 部員 になりましょう(笑)

 

以上、次回は晴れの日に

芝生が気持ちいところでキャンプ&焚火がしたい

ラフ広報 セキネ がお伝えしました♪

 

 

2019年 05月 14日 (火)

セローで行く春の掛川フットサル & 大井川ソロキャンプ で Go for RIDE to enjoy! そしてラフロジャケットの特徴的機能 「フロントVベント」誕生秘話

 

皆さまこんにちは。

 

先週は欧州チャンピオンズリーグ準決勝、

白熱しましたね~。

2夜連続で2ndレグでの奇跡の大逆転 により

決勝は6月2日、午前4時から

リバプール対トッテナムのイングランド勢対決に。

 

勝ち進んだチームのフレッシュな顔ぶれもさることながら

不可能と言われた大逆転勝利を連日見せつけられたことで

改めてサッカーに「絶対」はない、

監督やエースのメンバーへのコミュニケーションが

充実していたからこそ実現した当然の結果だった

と認識を新たにした ラフ広報 セキネ です。

 

さてさて、

GW中に世の中は令和にかわり、

新緑のまぶしいベストツーリングシーズンへ突入!

Touring season

 

私、このGWは昨年に続き

大学時代のサッカー仲間と掛川のフットサル大会へエントリー。

そして今回は万障繰り合わせの上、

そのあとヒトリキャンプも楽しんでまいりました♪

 

Go for RIDE to enjoy !

 

 

昨年はトリッカーでしたが

今年はセロー自走で会場へ向かいます。

KomakadoPA

FujikawaSA

大会当日の3日は今年も快晴!

富士山もバッチリ見えてテンション高め♪

 

朝6時前に鎌倉を出発し約束の9時半掛川、つま恋の会場到着。

Tsumagoi S gate

昨年は RR9402 AQA DRY ライドパック だけで参加しましたが

今年はキャンプ道具持参なので RR5612 AQA DRY カーゴ も積載。

サッカー道具があるのでキャンプイスは今回もナシ。

11月の三戸浜ソロキャンプ 同様、地べたスタイルです。

 

Futsal

肝心の大会は1勝2敗1分けのグループ3位という微妙な結果に。。

メンバーが全員46歳以上なのにオープンクラスはそろそろ厳しいですかね(汗)

 

とはいえ、サッカーに「絶対」はないわけで(笑)

まだ、1 勝出来るうちはオーバー35 参加はやめよう、

とお互いに確認しつつ夜はうまい酒で乾杯。

 

明けて翌日4日も朝から快晴!

Makinohara

 

GWなのですが敢えて予約をとらずに以前から気になっていた

大井川沿いの くのわき親水公園キャンプ場 にアタックしてみます。

Ooikawa

静岡の中部は5月でも日中はだいぶ暑くなります。

着用していった RR7241 ラフパーカー

両腕と両脇のベンチレーションを全開にしつつ

爽やかな5月の風を感じながら

川沿いの快適なワインディングを満喫。

RR7241 ラフパーカー イメージ

 

飛び込みで行ったにもかかわらず、

くのわき親水公園キャンプ場では

やさしいおばさんが快く受け入れてくれたので

無事、本日の野営地を確保!

バイク1台1泊で1400円でした。

Kunowaki camp site

芝生と木陰が気持ちいい♪

 

湿度も低く快晴だったので、

ちょっと薄着で大井川上流方面に買い出しがてら散策へ。

荷物をほとんどテントにおいて軽装で走り出したのですが…

Ooikawa 2

10分くらい走ったところで突然の雷鳴と雨雲がっ!

レインスーツをテントにおいてきたのでびしょ濡れになり、

山の天気は変わりやすいことを身をもって知るハメに(涙)

 

急ぎ買い出しして、

キャンプ場まで戻ってテントにこもります…

Drink time

前室に濡れモノを脱ぎ捨てテント内で乾杯!

外は激しい豪雨ですが寝袋に入りつつ飲みつつ至福のお昼寝タイム。。

ヒトリキャンプってやっぱり自由でいいですね~。

 

ほどなくしてまわりが静かになったので外に出てみると…

Suibotsu

局地的に降った激しい雨でテントのすぐ後ろの通路が水浸し(汗)

昼寝中に水没しなくてよかった。。

 

雨でバイクが濡れたので、

せっかくならと綺麗に拭き上げていると

西の空にはキレイな夕日が♪

生きててヨカッタ。。そんな気持ちになりました。

Sunset

日が陰るとあたりは少し肌寒くなります。

5月のキャンプはこの気温日格差をどう攻略するか。

まずはてっとり早く鍋&酒、ですね(笑)

Konabecchi

そして、陽が暮れたらおひとり様チビッコ焚火。

道中で拾った松ぼっくりをチマチマくべながら

チビチビ飲んでる時がホント幸せです~。

Takibi

 

そして翌朝。

6時半ごろ太陽が山影から顔を出しました♪

Sunrise

前日、道の駅で買った 「令和まんじゅう」 とコーヒーで朝食。

時代の変化をかみしめます(笑)

Breakfast

その後素早くパッキングして8時半にはチェックアウト。

途中で家族へのお土産も忘れずに入手し、

しっかりとヒトリキャンプを満喫してきました♪

Omiyage

 

前述のとおり、5月のキャンプやツーリングでは

気温の日格差の克服や、

ライディング時とそれ以外の時にジャケット内をどう快適に保つか、

ということが大切になってきます。

 

こんな時には

「ベンチレーションに特化したライディングジャケット」

を着ていくことで問題が解決

 

背中、腕、肩、脇などに配置されたベンチレーションで

吸気と排気をうまくコントロールし

ライディング時やバイクを降りたあとはもちろん、

キャンプ場滞在時なども快適にすごせます。

 

そしてこれは積載の限られたバイク旅での

荷物を減らすことにもつながります。

 

なかでもジャケットの前面から

大量のフレッシュエアを導入できる

「フロントVベント」

は非常に特徴的でわかりやすい機能。

RR7226ベンチレーション

メインファスナー横に収納されているメッシュ下前立てを広げ

ファスナーを普通に閉じるだけで

メッシュジャケットに匹敵する快適さが実現します♪

 

▽ 動画 BM神原の「フロントVベントのご紹介!!」 ▽

 

「ライディングジャケットって、暑い時ってどうしてます?」

「まずフロントファスナーあけるでしょ!

でも開けっ放しだとバタつくし危ないじゃん?」

「んー、ではこういう機能はどうでしょう?」

 

こんなライダーとのやり取りから  2003年 に生まれたのがこの

「フロントVベント」

V-vent

※2003年春夏カタログより

 

メッシュジャケットが活躍する真夏直前のこの時期や

朝夕が肌寒くなる秋口の何を着たらいいのか難しい時期の

ライディングジャケットとしてフロントVベント付ジャケット、おススメです。

 

フロントVベント搭載現行モデル

RR7003 ZLトリプルレイヤーツーリングジャケット

RR7102 ゴアテックスSSFツアラージャケットFP

RR7104 ゴアテックスSSFライディングジャケットFP

RR7226 ライディングジャケット

RA5031 ベンテッドライディングレザージャケット

RA5032 ベンテッドシングルレザージャケット

 

以上、キャンプ時のさらなる荷物小型化をめざし

新型ソロテント導入を 画策中の

ラフ広報 セキネ がお伝えしました。

 

 

2019年 04月 10日 (水)

令和元年の2019年春夏カタログ冊子版完成! オールカラー124ページの豪華版、巻頭フォトアルバムがツアラーの旅ゴコロを刺激すること間違いナシ!

 

みなさま、こんにちは!

ここのところ春の雨が続くヨコハマ…

会社裏の斜面に自生するタケノコが

日に日に大きくなっているとかいないとか(笑)

 

ココロ踊る新緑のツーリングシーズンを迎えるにあたって

必要不可欠な恵みの雨ですが

この時期は雨後に飛散増加する花粉に辟易する

ラフ広報 セキネ です(涙)

 

さてさて本題です。

 

既に商品の入荷は続々と完了し、

HP上でも都度ご案内していた2019年春夏新製品

オールカラー全124ページにまとめた…

 

2019年 春夏ツーリングギアカタログ

冊子版 入荷しました!

 

2019SSカタログ入荷

どこまでも続く北海道の一直線な道が

ツアラーのココロをわしづかみです♡

 

そしてそして今回は、

新元号 令和 決定記念ということで?

巻頭には平成のサポートツーリスト達から頂いたお写真による

ツーリングの風が感じられる

 

特別フォトアルバム付!

 

巻頭アルバム1

皆さんいい顔してますよね~。

 

前半は世界ツーリスト、

中盤は日本国内の美しい自然とツーリング風景、

そして後半はラフ&ロードの本拠地である

横浜や湘南を感じる風景を中心に集めてみました♪

 

巻頭アルバム2

 

つい先ほど入荷してきましたのでこれから週末にかけて

全国の用品販売店やラフアンドロード直営店店頭に並ぶ予定です。

 

じかにこの冊子版カタログを手に取って見たい!

という方はコチラからもお申込みいただけます。

 

今回も期間・部数限定無料配布いたしますのでご利用ください!

※下のバナークリックで申込み画面へ行けます。

 

また、サクサク素早くご覧になりたい方におススメの

デジタルカタログは下記バナーよりご利用いただけます。

 

今回の春夏シーズンもツーリストの皆さまに

ワクワクしていただけるような魅力的な商品を

多数ラインナップできたのでは?

と自負しております。

 

元号が「令和」に変わっても、

バイク乗りのために、ツーリストのために

私達ラフアンドロードがやれることは変わりません。

 

これからも

 

「旅のシーンにいつもある、十人十色のツーリングギア」

 

このコンセプトのもとにバイクに乗ること、バイクで旅をすることの楽しさを

ドンドン提案していきますのでご期待ください!

 

以上、今年最初のキャンプを

花粉に怯えつつ山方面に行くか

直射日光の強い海にするか、フツフツと悩む

ラフ広報 セキネ がお伝えしました。

 

 

 

 

 

2019年 04月 8日 (月)

シーズン開幕は伊豆の秘境から? ヴェルシスXで行く幻の大滝、冒険でこそ真価を発揮するゴアテックスウエア & ラフロツーリング部 活動記 次回予告

 

みなさま、こんにちは。

4月に入り、エイプリルフールジョークを言う前に

あっという間に一週間が過ぎました(汗)

 

ここヨコハマも今日は雨が降っていますが

新学期シーズンに合わせて?

やっとソメイヨシノが満開 ♡

 

会社の裏のサクラも見事なのですが今回最初の画像は

通勤経路で見つけた本郷台いたち川

ライトアップ夜桜スポット with セロー。

Yozakura

少し肌寒い中見る、凛とした夜桜に

繊細で儚いながらもどこか力強い生命力を感じ

この時期だけの特別な美しさにちょっとウットリしました。

 

さてさて。

昨年からバイク雑誌業界では休刊、廃刊がつづき

「紙媒体」という形にとらわれない

WebやSNSによる情報発信が

今後もより一層大切になっていく、

そんな時代になってきております。

 

そんななか、

カワサキの車両だけに特化した

超マニアックな雑誌 カワサキバイクマガジン

本当に貴重な存在であり、

逆にいうと「カワサキ」だからこそ成立している、

そんなコアなファンを多く持つ雑誌。

20190401KBM-1

 

最新号の巻末ツーリング企画、ジャパニーズロード。

20190401KBM-2

 

今回はライターの栗栖さんがヴェルシスX250ツアラーで

関東のライダーにはメジャーツーリングスポットである

伊豆半島の「マニアックな秘境をめぐる旅」を展開。

20190401KBM-3

20190401KBM-4

20190401KBM-5

 

バイクでも進入できない県道59号のさらに奥の山道を

自らの足で藪をかき分け進んだ、その先で見た大滝とはっ !?

と、ここから先は買ってみてくださいね(笑)

 

個人的にはこの59号線沿いの大沢里地区にある

西伊豆町営やまびこ荘、いつか行こう行こうと思って

まだ行けていないところだったので次は是非セローで!

キャンプは現在出来ないみたいですが…

 

この旅で栗栖さんが着用していたのは

RR7105 ゴアテックスSSFツーリングジャケットFP

※↑こちら現在廃番モデルとなり下記のモデルが後継となります↓

RR7102 ゴアテックスSSFツアラージャケットFP

RR7102

 

今回のような伊豆のアドベンチャーツーから

世界ツーリングまで対応できるトップモデルです。

マニアックな旅にこそ真価を発揮する、そんなウエアです。

 

マニアックな旅、といえば

ラフロスタッフとライターの野岸さんが行く

「ラフロツーリング部 活動記」

ラフロツーリング部 活動記

 

横浜、川崎、湘南などなど、

神奈川のマニアックなツーリングエリアをご紹介しつつ

各種使用アイテムのさらに詳しい情報をご案内していきます。

こちらは 2回に1回読プレつき の企画です。

※この読プレ、かなりの高確率で当選すると巷では話題です !?

 

次回は第3話 川崎店の名物スタッフ

Z馬鹿 佐々木 と行く インスタ映え間違いナシの

工場夜景&川崎名物 ニュータンタンメン とは?」

近日公開予定!お楽しみにっ!

 

ふだん店頭で接客させていただいている

あのスタッフは実はこんな人だったのか、

なんて新鮮な驚きもありますよ♪

是非、要チェックで!

 

以上、

今年のGWも旧友とサッカー&キャンプツー を

しっかり満喫する計画構想中の

ラフ広報 セキネ がお伝えしました。

 

 

 

2019年 03月 29日 (金)

本格バイクシーズン到来を告げる春の便り 「昭文社ツーリングマップル最新版発売」 と 「東京モーターサイクルショー2019」 で 「新型カタナ 」を堪能する!

 

みなさま、こんにちは。

3月も末になると本格バイクシーズン到来ですね~。

 

私、ラフ広報 セキネ の場合、仕事がら

昭文社さんからその年の最新版

ツーリングマップル & R

が登場するとシーズンのはじまりを感じます♪

MappleR2019

Mapple2019

2019年も関東甲信越エリアの取材に衣装協力させていただきました。

最近わたくしは、スマホ老眼が進み?

すっかり大きい判型と細かい文字が見やすいツーリングマップル R ユーザーです(汗)

 

今回もミニブックが付属していてエリア内の見どころを

カラーページで多数紹介していますが、

最後のページに今回ご使用いただいたアイテムをご紹介いただきました♪

Mapple minibook2

※掲載は昨年モデルもあるため最新モデルをご案内します▼

ウエア:RR7339 エアスルーメッシュパーカー

パンツ:RR7505LF メッシュカーゴパンツLF

グローブ:RR8423 ターマックエアーグローブ

シューズ:RR5847 ラフライディングスニーカーSL

ザック:RR9306 AQA DRY ラフデイパック

サイドバッグ:RR9114 テールフィンサイドバッグ

 

特筆すべきは最後のテールフィンサイドバッグ。

Photo S.suyama

タンデムシートの前後長が短く

アップマフラー気味のBMW G310GS にも

特徴的な縦長フォルム

ウインカーを隠すことなくジャストフィット。

その秀逸なパッケージは取材で実際に使用された

中村さんからも絶賛いただきました♪

 

自分のバイクにサイドバッグが付くかわからないんだよな~、

なんて方はぜひ一度チェックしてみてください。

 

 

さてさて。

バイク業界でもう一つ、春の風物詩と言えば

毎年3月末に開催される

東京モーターサイクルショー

今回は激混み必至の日曜昼にバイクで行ってきました♪

 

今回は3日で約15万人来場の超マンモスイベントです!

約30分並んでやっと駐輪できました(汗)

TMCS1

TMCS2

今回のお目当て、それはズバリ…

 

新型カタナ!

 

一応業界のヒトなので半分お仕事ですが今回はドップリと

新型カタナを愛でるつもりでやってまいりました♪

 

スズキブースのひときわ目立つところに

ドーン!

TMCS5

 

カッコエー!!!

TMCS6

TMCS7

旧型カタナに比べ、ショートボディーで

前のめりのデザインは賛否分かれるところですが

スズキのヒトをして

 

「そういう賛否あるところもカタナの伝統ですから!」

 

うーん、スゴイ 「カタナ愛」 ですね(笑)

 

懐かしの2000年式ファイナルエディション

TMCS8

↑コレ、持ってましたよ~♡

さすがに基本設計はすでに旧車の域に入っていますが

デザインはいまだ衰えず。

僕がバイクに乗るきっかけになったのも

初代カタナでしたから。。

 

普段は人混みが嫌いなのでそそくさと帰ってくるのですが

今回はまたがり体験コーナーの列にも並びました。

TMCS9

おー、マッチョ―!でもライポジは非常にコンパクト。

旧型の長いけれども理にかなった人馬一体のポジションに比べ

なんだか 「アドレナリンをバンバン出してくださいよーっ!」 と言われているようで

個人的には 「僕の知っているカタナとはちがうかなぁ?」 と思いつつ。。

 

そんな想いで降りた後も舐めるように見ていたら

スズキの人にインタビューされちゃったり(汗)

 

「タンクが12リットルしか入らないんですか? 前のは21リッターでしたよね?」

デザイン重視ですからねぇ~」

 

「おいくらくらいになるのですか?」

「まだ価格は未定なんですよ~」

 

「荷物あんまり積めなさそうですねー、前のカタナは意外と積めたんですよね」

ショートテールボディーはお嫌いですか?」

 

「250とか400とか1100は2台乗り継いで全部日本刀イメージで一緒だったんですけど

今回のはなんか西洋の剣とか中国の青龍刀みたいですよねー」

なんて好き勝手言ってたら例の決めゼリフ

 

「そういう賛否あるところもカタナの伝統ですから♪」

「ですよね~(爆)」

 

喧々諤々いろいろお話して

最後にステッカーもらっちゃいました(嬉)

TMCS10

うーん、今乗ってるのセローなんですよね(汗)

キャンプ道具にでも貼ろうっと♪

 

「カタナ」といえば「ヨシムラ」ってことで

つづいてヨシムラブースへ。

TMCS3

おーっ!バナナ管!! 懐かし-。

ファイナルの前に乗ってたフルパワーカタナにつけてました~!

 

そしてそして、伝説の1135R までありましたよ!

TMCS4

ファイナルベースに生産された5台のうちの1台。

素晴らし-! ワンダホー!

 

いやはや、最近はめっきりアドベンチャーやら

トレール系に魅力を感じていた私、

久々にカタナ一色だった昔を思い出しちゃいました。

 

ちなみに川崎店の Z馬鹿 佐々木

その昔は倒立のカタナ乗りだったんですよ~。

刀のこともいろいろ聞いてみてくださいね。

 

さてさて、最後にお約束の独断と偏見による

今回のキレイドコロナンバー1は…

しっとりキレイ系のこちらっ!

TMCS11

カメラマン担当のY先輩には目線が来てないじゃないか!

と言われましたが、あの日曜の混み方じゃ、ねえ。。

 

そんなこんなで出展されていた業界の皆さま、

来場者の皆さま、本当にお疲れさまでした。

ここから2019年のバイクシーズン本格スタートです。

今年もバイクにいっぱい乗って楽しみましょー!!

 

以上、花粉と人混み疲れで月曜からグッタリ、

ラフ広報 セキネ がお伝えしました。

大都会ってやつは疲れますね。。

次回はやっぱりツーリングマップル R 片手に

セローでキャンプ! ですかね(笑)

 

 

全国取扱い店
全国取扱い店
直営店舗
ラフ&ロードSHOP site
WEB SHOP
ラフ&ロードweb shop
ラフ&ロード楽天市場店

NEW!旬の特選アイテム

  • おすすめレイヤード術高機能インナーを効果的にレイヤードすると、相乗効果でナルホドなあったかさ!

▼カタログ▼

オススメ 特集

  • R&R MOVIE製品の取り扱い方法や、説明を動画でご覧いただけます。

最近の記事

ブックマーク/RSSリーダー

2020年2 月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29