« 継続は力なり 「国道全制覇」 ついに達成! タンデムスタイル8月号(6/24発売) 掲載記事 | メイン | RR8016プロテクションツアラーグローブで見るW杯ブラジル大会の今日現在 »

2014年 06月 28日 (土)

【圏央道ニュースまとめ】 圏央道の部分開通で東名・中央・関越道が直結で狭くなる日本。 

 

 

おはようございます。

生まれてこの方、

神奈川はおろか横浜からさえ本拠を移したことのない O です。

表題の件、地元神奈川の出来事。

なのでちょっとまとめてみました。

 

一般的なニュースは、

東名・中央・関越道が直結 圏央道、きょう部分開通 - 朝日新聞デジタル

圏央道便利に…相模原愛川-高尾山あす開通 : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

 

 

動画で理解するなら、

Reading:圏央道が開通へ 東名と中央道が接続 NHKニュース 

 

 

料金問題はコチラが詳しいようです。

東京新聞:つながる圏央道 割高料金ブレーキ?:社会(TOKYO Web)

 

 

地元民の関心事ニュースはこちら、

変わる街 圏央道「相模原区間」開通(中)地域活性化 | カナロコ

 

 

この会社で1996年から10年強営業マンとして

北は仙台から南は大分まで行脚していました。

その昔の四国は高松道、徳島道、高知道のどれもが

それぞれの中心部を結ぶ高速道が部分開通状態。

 

当然ですがスマホもなく、GPSナビもない時代。

紙のロードマップと首っ引きで通いました。

高知へ向かうには高速道に乗っては降りを繰り返し

一般道を併用していく最果ての地。

 

それもつかの間。

通うごとに開通部分が増え、あっという間に全線開通。

高知は高松から2時間ほどで着く地となりました。

 

また、大阪から四国へ渡るには瀬戸大橋か宇高国道フェリーで

四、五時間かかっていたものが

明石海峡大橋の開通で大阪から二時間かからず行ける場所になってしまいました。

「時間的」な日本の縮小を身を持って体験。

 

そしてこのたび、神奈川と山梨、埼玉の時間的距離がまたグッと近くなりました。

そのたびに上に挙げたニュースのようにいろんなことが大きく変化していきます。

最近は「時間的縮小」が手放しで喜ぶべきことなのかどうか考えてしまいます。

例えば「秘境」ということばがこの世からなくなるのではないか?

ということひとつをとっても。

 

 

 

 

全国取扱い店
全国取扱い店
直営店舗
ラフ&ロードSHOP site
WEB SHOP
ラフ&ロードYAHOO!店
ラフ&ロード楽天市場店

NEW!旬の特選アイテム

  • おすすめレイヤード術高機能インナーを効果的にレイヤードすると、相乗効果でナルホドなあったかさ!

▼カタログ▼

オススメ 特集

  • R&R MOVIE製品の取り扱い方法や、説明を動画でご覧いただけます。

最近の記事

ブックマーク/RSSリーダー

2020年2 月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29