防寒対策

2019年 09月 28日 (土)

冊子版 #2019-20秋冬カタログ入荷! 今冬イチオシは #プリマロフト&チタン 使用で軽くて暖かい #極寒パーカー と新色追加の #N-1ミリタリースタイル

 

皆さま、こんにちは。

 

巷ではラグビーワールドカップが開催され、

連日、熱い戦いが繰り広げられていますね!

日本アイルランド

まさに

今世紀最大のジャイアントキリング!

 

先日の女子バレーボールもそうですが

自国より世界ランキングの上位を破る

ジャイキリがちょいちょい起こって、

なんだか日本のスポーツ界が凄いことになっていますよね!

 

この勢いで来年のオリンピックは過去最高の成績になるのでは?

と今から期待とワクワクがとまりません。

 

そんなラグビーファンの皆さまが絶叫している?のをよそに

数年前に入手済のFCポルト

デポルティーボ・ラ・コルーニャのユニフォームを

いつ着ようかとチャンスをうかがっている

サッカーファンのラフ広報 セキネ です(汗)

 

どちらも中島選手や柴崎選手が移籍する前の

微妙にマニアックなモデルで

青白ストライプのやや派手なデザインなので

ちょっと日本で着るタイミングがなかったのですが

彼らが活躍している今だからこそ逆に アリ ですかね(笑)

 

 

さてさて、本題です。

今回は先日入荷してきた

冊子版 2019-20秋冬ツーリングギアカタログ 

完成のご案内。

19-20FWカタログ

表紙は九州在住のサポートカメラマン

綿屋兼一さんの秋らしい紅葉フォト♪

 

中身も秋冬のツーリングシーンがいっぱい、

そしてそんなツーリングに役立つ便利アイテムがいっぱいです!

全国の用品店へ随時発送中ですので是非ごらんくださいませ。

 

すでにHPの製品情報からはこの秋冬のラインナップはご覧いただけますが、

冊子版のカタログを手に入れたい方はコチラからどうぞ。

今回も期間・部数限定無料配布いたしますのでご利用ください。

 

 

今回の秋冬コレクションで

ワタクシが個人的におススメしたいのが

注目の下記 2アイテム↓

 

まずは軽量で抜群に暖かい高機能中綿 「プリマロフト」 

輻射熱で暖かさをキープする 「チタンスパッタリング起毛裏地」 を使った

新型着脱式インナージャケットを内蔵し、

極寒仕様にしてカジュアルツーリストスタイルの

RR7693 WSプリマロフトポーラージャケットFP

RR7693 WSポーラージャケットFP

ファー付きフードやアウターネックウォーマーも外せるので

シチュエーションに応じてスタイルを選べるあたりも

まさに「至れり尽くせり」の一着です。

 

 

そして、

実はレアな カタログ未掲載の新色カラー が存在する

カジュアルミリタリースタイルのコチラ↓もおススメ!

RR7691 N-1RボアウインタージャケットFP

昨年登場するやいなや

そのコストパフォーマンスの高さで大人気となり

早期完売御礼となったモデル。

新色のブラック投入は決まっていたのですが

↑写真のオリーブが急遽、

追加ラインナップされることになりましたっ♪

 

このあたり良いと思ったものは

すぐに製品化してしまう「ラフロのフットワークの軽さ」が出ている、

といったところでしょうか(笑)

 

 

今回ご案内した冊子版のほかにも

PCやスマホでも閲覧可能な PDFカタログ

コチラからご利用いただけます

※サクサク見たい!という方はコチラからもご覧いただけます。

 

やっと暑さも和らいできて

秋の味覚温泉、そしてキャンプツーリング

ベストなシーズンがやってきました。

秋だけじゃなく冬でも本気でバイクを楽しめる、

そんな装備とともに19-20シーズンもどんどんバイクで走りましょう♪

 

以上、

10月のグルキャンツーは西伊豆

11月のソロキャンツーは

久々に 紀伊半島 あたりを目指そうと

ひそかに計画中のラフ広報 セキネ がお伝えしました。

 

 

 

2019年 09月 17日 (火)

ポケモンGETしつつGSX-R125で日本全国1741市町村探訪!? ロングサポートツーリスト 多摩みそ八さん 来社! そして台風15号に セロー250 破れる!?

 

みなさま、こんにちは。

 

森保ジャパンは無事、W杯予選の開幕戦

対ミャンマー戦 2-0 勝利、

危なげなく船出が完了。

これから約3年、長い予選が続きます。

 

船出、といえば今年の初めごろに送り出した

ロングツーリスト、多摩みそ八さんが

先日、無事日本一周を終えてご挨拶にと

旅の最終日に来社くださいました!

 

Tama miso8 1

北海道出身の方で、朴訥な話し方とは裏腹に?

やってることはかなりハードでストイック!

「ロングツーリストサポート制度」に申し込んでくる方たちは

ホントにいろんな方がいらっしゃいます♪

 

出発前は東京在住だったので

東京出発後、まずは小笠原諸島、伊豆七島方面に向かい、

本州に戻った後は太平洋沿いにクネクネと進行、

四国、九州はもちろん、沖縄の離島まで走り切り、

今度は日本海側をジグザグに内陸に入ったり海沿いに出たり(汗)。

画像

日本海側をジグザグに北上したあとは地元北海道を攻め、

その後は東北の太平洋側をクネクネと南下し、北関東から山梨入り、

最終的には富士山に登頂した後、その足でこちらへまっすぐ訪問してくれました。

その後、出発の地、東京で無事ゴールを迎えた、とのこと。

 

上のtwitterに上がっていた地図を見ると

バイクで走った道がまるで毛細血管のよう。

 

彼の旅は日本全国の1741市町村をすべて巡って

それぞれの地でポケモンをGETしながら進み続けるというもの。

なのでこんなにもジグザグになってしまうのですね。。

 

離島などにも行くことを考え、あえて125ccをチョイス。

旅に向けて真っ白なGSX-R125を新車で手に入れたあと、

高速は使えないのでひたすら下道で動き続ける8か月…

 

やってることが 鉄人カソリさん 並みです…(笑)

総走行距離36000km以上!って

あとちょっとで地球一周ぢゃないっすかっ(爆)

 

Tama miso8 2

日本各地のご当地ステッカーによってチューンされた?

GSX-R125はある意味スゴイオーラを放っていました(笑)

 

東京でゴールした後、今度は急ぎ30時間ぶっ通しで

新潟経由で日本海沿いに北上し

また地元の北海道へ帰ったとかwww!

どんだけドMストイックなんですかっ(爆)

 

そんな 多摩みそ八さん の旅は

twitterのほか、ニコニコ動画からも

ご覧になれます。ぜひチェックしてみてください。

 

このヘビーな旅の間、ゴアテックスジャケットパンツ

チタンウォームインナージャケットパンツ

大活躍していたようですね♪

 

 

ラフアンドロードでは世界ツーリングのみならず、

多摩みそ八さんのような日本一周などにも

確かな製品を特別プライスで協力バックアップ。

 

旅の計画が決まったら、

TEL:045-840-6633 ロングツーリストサポート制度 

担当:セキネ までご一報ください。

旅先で撮ってきてくれたアナタのリアルな旅の情景、

旅の途中からのSNS発信が次のライダーを旅の空へいざないます♪

 

Go-for-ride

 

 

さてさて、話変わりますが

依然として千葉で大規模停電が続く

先日の台風15号、関東上陸直後の朝。

 

ここヨコハマ各地でも街路樹や電柱の倒壊により

停電や通行止めなどかなりの被害が出ました。

台風15号直後

電車が運航していないため各地で大渋滞がおこり、

路肩の倒木などにより通行困難な場所も多発。

 

そんな時でも私ラフ広報 セキネ はいつもと変わらずバイク通勤。

多少の悪路でも愛車のセロー250なら倒木や落葉のうえをズンズン進めるので

その日も今思えば、愛車のタフネスぶりに少し調子に乗っていたのかもしれません。

 

なかなか進まない鎌倉街道の渋滞を回避すべく

1本裏道にそれようと左折したところ

路肩に溜まっているたっぷりと雨水を含んだ落ち葉に前輪を取られ

ズリズリッ!と転倒っ!! orzガックシ

 

Left back

Left mirror

幸いなことに徐行程度の速度だったため、被害は最小限。

キャリアのアシストバーとミラー、フロントフェンダーが多少擦れましたがほぼ無傷。

キャリアを付けていたおかげでウインカーの割れもありませんでした。

 

トリッカーならウインカーやグリップエンド、

レバーやステップまで逝ったであろうことを思うと

転倒時の被害を少なくできるオフ車セローならではの

デザインや造り込みの良さに感動するとともに

約6年ぶりの転倒にすこしだけ無念さを覚えたのも事実…

 

路面凍結や台風後の落ち葉って… 

イレギュラーな時ほど平常心や初心を忘れない、

そんなライダーでありたいと思った朝でした。

 

また、今週末の3連休は関東各地で雨になるようですが

災害にあわれた地域の方たちが一日も早く

元の生活にもどれるよう願ってやまない

ラフ広報 セキネ がお伝えしました。

 

 

 

2018年 12月 8日 (土)

冬こそHOTに! 新型カタナ登場で沸く二輪業界 ・ 静岡温泉おでん旅 ・ そして サッカーJ1 入替戦 ! さらにラフロリーク!人気のスニーカーに新色追加!

 

みなさまこんにちは。

12月、年の瀬ですよ!

早いですねぇ、平成最後の年末です!

 

そんな師走のこの時期は

バイク業界は翌年登場する新型車両が

はじめてアンベールされる海外のショーの話題が中心。

 

ケルンやミラノショーで話題をさらっている新型カタナ

市販化され始めた超弩級3輪 NIKEN などいろいろ登場していますが

個人的にはずーっと出るよ出るよと言われていた T7 こと

TENERE700 が気になります。

 

モーターサイクリスト最新号

そのTENERE700の発売時期と予想価格が!

20181201MC-1

20181201MC-4

 

2020年冬、予想95万円…

 

小さすぎず大きすぎない、

ジャストサイズのミドルオフでこれくらいの車格って

ここしばらくなかったので旅バイクとしてのポテンシャルも気になります。

 

って、私ラフ広報 セキネ は現在

青いセローの納車待ちなので、今となっては単なる憧れですが(汗)

セローベースでこのデザインバランスの

 TENERE250 があったらよかったんですけどね。

セローにこのフロント周りつかないかな?(笑)

ブラジルのXTZ250TENEREよりカッコいいし。。

 

 

さて妄想はこれくらいにして、

12月も中盤になってやっと冬本番の寒さが到来。

今回のモーターサイクリストではそんな季節におススメの

冬のぬくもりを求める旅を巻頭でクローズアップ。

 

冬でも元気なライターの廣瀬さんが訪ねたのは

東伊豆から静岡へ向かう山あり、海あり、そして温泉有りのエリア。

 

最近、B級グルメでも知られるようになった

しぞーかおでんの赤提灯。

20181201MC-2

 

そして東伊豆の北川温泉、黒根岩

寒い時はホント暖かいモノが身に沁みますよね~。

 

20181201MC-3

 

この旅で廣瀬さんが着用していたウエアは

RR7691 N-1RボアウインタージャケットFP

無骨ながらもスタイリッシュなシルエットと

襟のボアが特徴的な水兵ミリタリー由来のウエアです。

 

最近はミリタリースタイルが流行で

同じボア襟付きでもよりカジュアルな

RR7690 B-15RボアウインタージャケットFP

などなど、バイクやスタイルに合わせて選べるように

多数ラインナップしていますのでコチラも要チェックで。

 

 

また、

今回のモーターサイクリストでは

これまたHOTな最新ライディングシューズの特集があり…

20181201MC-6

 

1、くるぶしをしっかりガードしている

2、シフトチェンジがしやすく靴が痛まない

3、ソールがしっかりしている

との基準より選定したフットウエアの中でご紹介いただいたのが

カジュアルさと機能を両立した

RR5847 ラフライディングスニーカーSL

 

20181201MC-7

 

このスニーカーの姉妹品でもある

RR5837 ラフライディングスニーカー には年明け早々より

3つの新色 が登場予定!

詳細はもう少々お待ちください♪

▼新色にはこんなワインというカラーもあります

Rr5837_wine2

最後に、

冬なのに熱い! つながりで?

サッカー J1 の残留争いより。

 

先日の最終節で5チームが勝ち点41で並ぶという

史上まれに見る大混戦のなか

王者川崎相手にロスタイム痛恨のオウンゴール負け、

得失点差で一気に13位から16位に転落し

J2とのプレーオフに回った我が愛しのジュビロ磐田

 

J2からは年間順位6位ながら

5位の大宮、3位の横浜FCをやぶって下剋上で勢いに乗る古豪の東京ベルディ

本来は5位までしかプレーオフに参加できないところ

4位の町田ゼルビアが競技場規定でJ1参戦できないための繰り上がり参加、

失うものは何もないチャレンジャーです。

 

そしてその両者によるJ1入替戦プレーオフ。

場所はヤマハスタジアム、満員のサポーターの応援を背に

勝利を勝ち取ったのは…

 

ボール支配率で上回ったベルディではなく

セットプレーを確実に得点したジュビロが2-0で勝利!

 

祝!ジュビロ磐田 J1 残留!

 

最後はレジェンド中村俊輔選手も

ピッチ上でタイムアップを迎えました!

 

来シーズンは元スペイン代表のダビド・ビジャ選手の神戸加入があるなど

最近のJリーグもなかなか話題性やドラマがあって面白いですね。

地元青森のヴァンラーレ八戸も来季から J3 昇格ですし♪

 

冬はサッカーが熱い。

来週からはクラブワールドカップ開幕

そして年末年始は高校サッカー選手権

各種情報チェックだけでも忙しいですね(爆)

↑仕事しろって!? (汗)

 

以上、ラフロ1のサッカー好きを自負する

ジュビリストの ラフ広報 セキネ がお伝えしました。

 

 

2018年 11月 20日 (火)

猫の楽園、三浦半島三戸浜でソロ野営-その1。 トリッカードナドナ決定記念、惜別の旅へいざいかん! そして次なる相棒は…!?

 

 

 

みなさま、

またまたお久しぶり登場の

ラフ広報 セキネ です。

最近、月イチペースの登場になってますね(汗)

 

先月の中ごろから業者様向け展示会や

棚卸などのイベントがいろいろ詰まっていたので

今回はちょっと息抜きで近場の三浦半島へ

ソロキャンプ(現実逃避?)に行ったお話です。

 

と、その前に…

この秋の初めにマイナーチェンジを受けて再登場した

セロー250の情報を網羅した

SEROW ONLY vol.4 の話題から。

20181109serow4-1

表紙はともにセロー225オーナーの栗栖さんと下川原さん。

今回誌面で新型セロー250に乗りそのツーリング性能の高さに感動したお二人。

 

栗栖さんが着用しているのは絶版モデルですが

RR4003 と RR7452LF のGTジャケット&パンツ。

セローにはハードツアラー系アイテムもお似合いですね。

 

登場から33年たったセローは225の時代から

本当に多くのライダーに愛されてきた日本の名車。

林道、ロングツーリング、街乗り…

あらゆるシチュエーション、どんなライダーにも対応できる

そんな柔軟さが名車たる所以ですよね。

 

今回セローオンリーの誌面ではそんなセローに

あえてカジュアルなラフロ的街乗りスタイルを提案してみました↓

20181109serow4-2

モデルさん着用のアイテムは

RR4010 SSFラフパーカーEX

RR7459LF ライディングカーゴストレッチコットンパンツLF

RR8646 コンフォートナックルウインターグローブ

RR9409 S-ワンショルダー

RR5847 ラフライディングスニーカーSL

 

そして新型セローへの取付が可能なアイテムとして

RR5927 HOTハンドウォーマー

RALLY490レバーRALLY690ミラー

RALLY591スーパーライトキャリア

RSV1213 RSVシリーズⅢサイレンサー

 

またハンドルまわりへの便利アイテムとして

HH022 HARDY サスペンションアクセサリーマウント

RR9970 PASマウントホルダー

RR9810 PASスマ・ホルダー6in

ご掲載いただきましたっ!

 

実はこの記事の撮影は弊社屋上で行われたのですが

その際、ちょこっとだけ新型セロー乗らせてもらいました。

雑誌や各種インプレでは「新型セロー、よくなってるよー」的論調がおおく

225セローから乗り換えるとき敢えてセロー250じゃなく

09トリッカーを選んだ私としましては

「見た目変わらないし、そんな違わないでしょ」

と思ったのですが…

 

いやはや、いい方向に裏切られましたね!

なんといいますか、

「深化熟成」ってこういうことか! と。

 

225から250、キャブからインジェクションと

セローも時代に合わせ進化してきましたが

排ガス規制に対応するための今回の作業が深化を促し

本当にエンジンのパフォーマンスを使い切ってる感、

それでいてガサツさやワイルドなところがさらに減り、

万人に乗りやすいバイクにしあがっている…

 

「こりゃ、買い時、今でしょ(古っ)」

ということで2014年YSP限定の青い車両に憧れていた私、

新型の青を早速発注しましたっ!

左側面

今からアレとコレと何をつけてー、とか

トリッカーからタンクデカくなったからあそこも走りに行けるじゃん!とか

はたまた憧れの林道キャンプも行けちゃう♪

などなど妄想が止まりません!

 

 

そんなこんなで12月の納車までハヤル気持ちをなだめるためにも?

今回は6年来の相棒、紺色のトリッカーと向き合う最後のキャンプツーリングへ。

場所は冒頭紹介の三浦半島は三戸浜

ここは夏に何度か下見に来て、海水浴客がいなくなったら

野営しようと目星をつけていた場所。

 

鎌倉の自宅を昼過ぎに出て

買い出しを済ませ、現地入りは3時過ぎ。

夏の喧騒がウソのように静かな平日の晩秋の海岸♪

 

三戸浜で野営の出来そうなポイントは大きく分けて3カ所あり

1、左手奥の崖下の浜、

2、右手の神社駐車場前付近の浜、

3、中央の駐車場前付近の芝生、と順番にチェック。

水場は使えませんが、どのポイントもトイレが近くにあるのが有難いですね。

 

最初の左奥のポイントは漁協が立ち入り禁止としていて

入口には目つきの悪い猫がニラみをきかせていました(汗)

1 三戸浜ボス猫

↑この目で見られたらすぐに退散しますよね(爆)

 

続いて右奥の神社前をチェックすると

先客で大きなモノポールテントを設営した家族連れが。。

ヒトリキャンプを目指してきたので当然ここもパス、

残るは中央の芝生エリアですね。。

 

ふむふむ、まずまずですね。

野営地、決定で!

2 野営地決定

 

軽量なトリッカーなので駐車場の端から浜へ静かに進入。

ビッグバイクやオンロードにはお勧めしません。

表通りから死角になるあたりにイソイソとテントを設営。

3 設営完了

どうやらこの季節、日没は海へというわけではなく

左端の崖の方になるみたいで(汗)

うーん、仕方ないですね。

 

設営が終わったころどこからともなく

このエリアを管理している茶色トラ猫がやってきて

それとなくこちらを監視してどこかへ行きました。

4 管理猫登場

 この浜にいる猫たちはどことなく人間的で、肉付きや毛並みが非常にいい。

この時も「そろそろ夕日がきれいだからにゃー」と言っていたとかいないとか(笑)

 

 

5 乾杯

4時を回ったあたりで夕食の鍋を火に掛けつつ、やっと乾杯!

 

私、地元は青森県の三戸町なのですが

今年の年末は娘の受験のため帰省しない予定で

そんなわけでここ三戸浜で?

三戸は三戸でも「さんのへ」ではなく「みとはま」でちょいと帰省気分。

地元のあたりで収穫されたホップを使用している

東北ホップ100%の黒ラベルで乾杯です(笑)

 

 

気が付くとあたりはすっかり夕闇で

刻々と空の色が変化するマジックアワー。

水平線に少し雲がかかっていますが快適快晴。

6 マジックアワー

 ふとうしろを見ると暮れなずむ空には月が。

7 月

鍋のシューシューいう音を聞きながらほろ酔いでいると

テント脇に置いてある漁船の持ち主らしい漁師のおじさんから

「焚火をやって火をひろげないようにな」

との注意が。了解でございます(汗)

 

そんなわけで出来るだけ今回は焚火を封印で、

と思ったのですが日が暮れた後は風も出てきてやはり寒い。。 

結局ミニマムサイズのテトラで少しだけ極小の焚火を楽しむことに。

8 ミニマム焚火

火があることだけで暖かく、安心して落ち着くのは

太古の昔から続く人間のDNAのなにかに訴えかけるからなのでしょうか…

 

なんて思いつつたそがれていたら、

すぐ横で夕方の茶トラも知った気な顔をして炎を見ていました(笑)

9 ふたたびアイツ

その夜はビール2本と鍋を食べたら眠くなり19時ごろ寝袋へ。

波の音と風の音、そして暖かなテント内でグッスリと眠りの世界へ…

 

朝4時ごろトイレに起きたとき見上げた満天の星空に

写真には撮れませんでしたが

三浦半島あたりでもこんな星空がみられるんだ、と新鮮な驚きを感じました。

そして再び暖かい寝袋のなかへ…

 

長くなりそうなので今回はここまでで。

次回、早朝の絶景編を近日アップ予定です。

現実逃避報告書、もうすこしお付き合いください(汗)

 

以上、年末のクラブワールドカップ

鹿島が初めてACL代表として参加できるのがとてもうれしい

ラフ広報 セキネ がお伝えしました。

 

 

 

2018年 09月 12日 (水)

「私はグローブになりたい」 そして「鳥獣二輪戯画のご案内!」 &ポケゴ通信 その95 ウルトライベントボーナスを迎えるにあたってやるべきことを整理整頓!

 

 

 

こんにちは。

永遠の輪島ファン、

尊敬するのは千代の富士、

大相撲横好きのナンデモヤ Oです。

 

稀勢の里が進退をかけた場所で三連勝(音でます)♪

際どい組取りが続いていますが、

勝ちは勝ち。

あと12番。

頑張れ!

 

この前までの猛暑が懐かしくさえ感じるほど

朝晩が過ごしやすくなりました。

日毎に日没が早くなり退社時はもう真っ暗。

 

今朝の最低気温は20度を下回り、

半袖では寒いぐらいでした。

秋の気配が日々濃くなっています。

 

そんな季節にタイムリーな 読者プレゼントを

「ちぱるに食わセロー」が侠気マックス過ぎて尊敬しか感じられない

記事が掲載中のGARRRR 10月号でさせていただいています。

 

協賛アイテムは

RR8643 ウインドガードプロテクショングローブ

 

当社の秋冬グローブは冬本番前の秋に最適な

防風グローブカテゴリーをご用意させていただいています。

RR8643 ウインドガードプロテクショングローブ ¥5,900 RR8637 ウインドガードグローブEX ¥4,500 RR8852 ゴア®ウインドストッパー®マルチグローブ ¥2,980

 

 その筆頭格がこのウインドガードプロテクショングローブで

保温機能、素材は使用していませんが

手の甲側に「防風(ウインドブロック)フィルム」を内蔵させてあります。

更に内装には吸汗速乾素材クールマックスをまるっと使用したので

残暑で汗ばんでも快適にご使用いただける高機能グローブ。

 

昔は、この時期ライディングギアは夏物が枯渇し

純粋な冬物しか店頭になく

売るもののない、買うもののない

9月、10月、11月でした。

しかし、気候の変動で秋が長くなり

冬が短くなりつつあります。

 

当社ではこの防風グローブを環境変化に対応した

重点商品と位置づけ商品の充実化に力を注いでいます。

といっても温暖化で単純に春物グローブの販売時期が伸びており

既存品で十分対応できるほど充実していますので

今季はカラバリに力を入れました!

 

ナント、新柄と新色で4色追加です!

Rr8643_rd Rr8643_n


Rr8643_rdカモ柄ベースが一気に三色投入されました♪

 

そして当社にもついにキャラクターが誕生です!!!

Rr8643_gc
RR8643_1803_spec2
鳥獣戯画をモチーフに

カエルとウサギさんがライドオン♪
 

 

そして

RR8020_gg
2019春夏グローブにはキツネさんが

当社の起源であるオフ車に乗って登場予定です♪

 

鳥獣人物戯画は日本最古の漫画とされている絵巻物語です。

その中で活き活きと活躍する動物たちに

オートバイにまたがってもらいその楽しさを伝える仕事を我々とともに

担っていただくことにしました。

 

ここでキャラクター設定秘話です。

当然バイクに跨ってもらうわけですから

ヘルメットをかぶってもらいました。

カエルとうさぎはすぐ馴染んでくれたものの

キツネくんがどうにもこうにも似合いませんwww

普通にかぶせると特徴のある耳が見えなくてキャラが微妙になるので

見せるためにヤンキー風に

かぶせてみるとそれが様になりすぎて・・・・

 

ということで彼?彼女?には潔く

ノーヘルでまたがってもらっうことにしましたwww

ということで

鳥獣人物戯画をモチーフに

 

鳥獣二輪戯画

 

として活躍していってもらいますのでお見知り置きくださいm(_ _)m

 

話戻ってガルルさんの読プレページなんですけれども、

ずるいですよねwww

「私はグローブになりたい」

そうおもってしまったのは私だけではないはず?

奮って?ご応募ください。

ガルル-10

 ぬくもりは冷めてしまっていると思いますがwww

ボカシが気になったあなたは本屋へGO!

ポケゴ通信 その95

ウルトラボーナスイベントが発表されましたね。

 

 狙うは

7km卵のケンタロス!

スタートダッシュできるよう2キロ卵を残しています。

そして、サンダー、ファイヤー、フリーザーのイロチガイ厳選。

最後はミュウツーの完全個体捕獲!

 

その前にミュウツーの現状を把握してみます!

 ミュウツーは20戦19捕獲。

Pokémon GO_ミュウツー図鑑一度逃げられてますね。

EXレイドバトルに当選して参加できなかったのは3回。

 あと、キラミュウツーも作らないとですね・・・

 

こいつは初捕獲のミュウツーです。

Pokémon GO_個体値二番手だけどはじめてのミュウツー

2017/11/11の捕獲騒動記はこちらの記事をご覧ください。

昨年の11月が初トライですからおよそ10ヶ月、月2回当選の計算ですね。

技は破壊力重視のゴリ押しにしています。

 初めてで96%でもうこれを上回ることはないだろうとアメとホシを突っ込みましたが、

 

 

ナント、春に攻撃値マックスの96%を捕獲。

Pokémon GO_カンストミュウツー
ということでこちらをカウンターストップさせてみました。

技は俊敏性で揃えています。

 

 

現在の手持ちミュウツー一覧

Pokémon GO_2018-09-12-13-37-58

19匹中 攻撃値マックスは3体のみwww

少ないです。。。

お気に入りにしていない下3体は

キラポケモンのトレード要員です。

 

肝心のミュウツーレイドは9/21スタートの10/23までと長丁場、

日一回ノルマで30戦して100%ゲットできるか勝負です!

 

なぜ100%にこだわるかというと・・・

ポケゴ仲間であり、

フレンドで一番の親密度になっている

物流パート、ミセスTさんは100%ミュウツーをすでに捕獲をしているので

追いつきたいからなのですよ!!!!

 

 

 

ではでは~

 

 

 

 

 


2018年 02月 21日 (水)

ラフロキャンプ同好会「スナフキン部」発足 !? トリッカーで初の冬キャンプへGO!

 

みなさま、こんにちは。

 

 2月も後半になりココ横浜はまだ寒いですが

そこかしこで梅の花が咲き始めました。

「冬季」オリンピックの熱戦をテレビ観戦しながら

確実に「春」は近づいているのを感じる今日この頃。

 

春と言えばそろそろ今年も飛んでませんか?

花粉

 

どうやらすでに神奈川では飛散しているようで

早速というか私はすでに RR7601 アレルキャッチャーマスク

2枚入手し洗濯しつつ交替でヘビロテ中です(涙)

RR7601 BLACK

 

▼本格的なシーズン前に花粉症ライダーはHPのコチラ、要チェックです▼

chemical Quick Index

 

 

 

さて、

「春の到来」といえば、

バイク乗りとしてはそろそろバイクも身体もココロも

本格始動にむけての準備開始、ですね♪

 

そんなわけでまずは 年初の思いつきより

日帰りツーリングから一歩進めたラフロキャンプ同好会、

通称 スナフキン部 を発足。

 

その第一回活動のため私ラフ広報 セキネ、

自宅より10数キロのとある湘南エリアのキャンプ場へ出撃。

2018-02-17 12.46.57

茅ヶ崎市 柳島キャンプ場

 

国道134号と海岸線の間にある近場の人気キャンプ場で

シーズン中はファミリーで賑わい、ほぼ予約不可。

今回はシーズンオフの冬ということで

何とか押さえることが出来ました。

 

このキャンプ場は松並木の保全林の中にあるため

基本テント横での焚火は出来ないのですが

冬のこのシーズン、限定2サイトだけ

焚火OKなサイトが出現します。

 

今回はこの1つを予約して、

冬でも焚火がやりたいという会社の物好きソロキャンプ好きに声をかけ

きたるべき本格バイクシーズンを前にまずは

冬季グループキャンプで肩慣らし、というわけです。

 

愛車のトリッカーはスリムな車体で

積載スペースが本当に限られるため

夏のキャンプなら通勤でも活躍中、容量20ℓほどで雨でも安心な

RR9402 AQA DRY ライドパック を 2つ使い

ひとつを車体へ、ひとつを背負うぐらいで大丈夫なのですが、

荷物がかさばる「冬キャンプ」ではそうもいきません。

RR9402 着用イメージ

 

冬キャンプ用の本格装備を持たない私は

あらかじめ容量50ℓの防水シートバッグ、RR5612 AQA DRYカーゴ を用意。

その中にかさばるテント本体と夏用シュラフ2個、

コンパクトエアマットとチビ毛布を収納しました。

 そして着替えと食器類はいつものRR9402 AQA DRY ライドパックへ収納。

スペースの関係上、残念ながらこのRR9402は「背負う」ではなく

前に回して「抱く」ような形で装着することになりましたが…

 

今回は防寒対策の要として

普段ファミキャンで使用中の大きめの焚火台も必要なため

まずそれをバイクにつけて、その上にRR5612のシートバッグ、

テントのフレーム類、キャンプ椅子を積載。

 

ラフアンドロードのバッグは付属の取付パーツ類が充実しているため

今回も全てバッグに付属しているコード類だけで取り付けが出来ました♪

 

 

各メンバー14時半ごろ現地集合し、15時にはベース設営完了。

2018-02-17 15.09.19

今回のメンバーは冬キャンプが実は初めてとなる私、セキネと

普段から趣味で野宿を嗜んでいるというCB750乗りの物流部イケメンK君、

ハーレーで様々なミーティングやフェスに参加する輸入担当女子のHさん、

そして土曜出勤してその足で夜に現地合流予定の 営業部紅一点のSさんの4名。

※ラフロキャンプ同好会「スナフキン部」の命名者。今回は普段のSV650ではなくXLR250BAJAで参戦。

サイト定員ジャスト4名で女子は1つのテントをシェアするという形式です。

 

今回のキャンプは「焚火メイン」

一晩じゅう楽しめるだけの薪は現地海岸の流木をアテにしていました。

海岸に出ると予想通り? 打ち上げられた流木が拾いたい放題♪

2018-02-17 14.48.11

ゴロゴロしている大物を持って帰りたい衝動をおさえ

とりあえず必要な分、持てるだけテントサイトに持って帰ります。

 

その後近所のスーパーで買い出しを終え、

もういちどHさんと薪拾いに海岸へ出たあたりで陽が沈みました。

2018-02-17 16.25.43

戻ると黙々と薪を切り出すK君が、ナタでバトニングまで始めてました(笑)

あたかもプチ炭焼き小屋状態。

2018-02-17 16.40.56

 

ほどなくして辺りは暗くなり、焚火台が本格稼働♪

2018-02-17 17.38.33
2018-02-17 18.07.09
焚火を囲んでうまい酒と、気の合う仲間との他愛のない会話。

 

20時ごろにRR7660 デュアルテックスウォームパーカー

完全防寒したSさんが無事合流し乾杯再開♪

非日常のゆったりとした幸せな時間に癒されました。

 

 

良く晴れた翌朝の日の出♪

2018-02-18 06.39.03

湘南の海の朝は早く、すでに釣りをする人や犬の散歩、

ジョギングをする人が多数。。

江の島のシルエット越しの朝陽にしばし見とれます。

 

普段そこまで冷え込むことのない湘南エリアですが

その晩は氷点下までいったようで朝方に何度か目を覚ましました。

やはり2月に夏物シュラフ二枚重ねだけでは厳しいですね。

 

冷える足先は RR5612 のなかに入れて寝たので暖かったのですが

さすが完全防水、発汗によって逆にバッグ内部が結露してました(汗)

シュラフ表面が濡れるのでこういう防寒はやめましょう(笑)

 

サイトに戻ると女子2人がすでに焚火をおこし朝食を作り始めていました。

2018-02-18 07.08.39

グルキャンは黙っていても分業で事が進むのでラクですね~。

また今回のようにソロキャンのベテランが多いと

初の冬キャンプでも不安なく楽しめました。

 

2018-02-18 08.10.55

自分はバイクへの積載も含め

撤収に一番時間がかかってしまいましたが

ほかの3人は慣れたものでサクサクっと作業完了。

 

吟味したつもりでしたが使わなかったものもあり、

ウエア類やキャンプアイテムの選定、収納や積載は

今後もっとスマートに洗練していく必要がありそうです。

 

都合まる一日に満たない活動でしたが

限られた時間を濃密に楽しめる

このスナフキン部の活動はちょっとハマりそうな予感。

 

 

帰り道、134号の海沿いを走ると子育てを終えた

ベテランサーファーたちが熱心にいい波を探し

仲間たちと談笑しているのを見かけます。

 

また道志あたりのキャンプ場では週末ごとに

気の合う仲間がそれぞれに集合して

互いに干渉しすぎるでもなく

思い思いに自由な時間を楽しんでいるとか。

 

これからの時代は休日の午前中だけとか、

泊まりがけでも朝には帰れるとか、

限られた時間でどう楽しめるか、

それがますます重要になってくるかと思います。

 

そんなとき我々ライダーは「バイク」という

その気になればすぐにでも「非日常」へと

没入できる手段を持っています。

 

今回のはじめての冬キャンプでは

いつものバイク生活からほんの少しの思いつきで

まだまだ未知の世界がある、ということを体験できました。

 

みなさんも今年は今までやっていなかった

「新しいバイクの楽しみ方」を探してみてはいかがでしょうか?

 

以上、さっそく次のスナフキン部の活動に向け

場所と装備の吟味を始めている

ラフ広報 セキネ がお伝えしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年 02月 6日 (火)

その手があったか! 雪道で3輪トリシティの走破性やいかに?  冬こそ妄想ツーリング 「日本の美景66」 プロの技を堪能すべし

 

 

 

皆さまこんばんは。

昼間は穏やかな晴れ間が広がるここヨコハマ。

 

先日、春物グローブの入荷があり

そろそろバイクシーズンが始まるなぁと

ワクワクしたものの、現実的にはまだ2月。

一年で一番寒い時期であります(汗)

 

先週末は雪でバイクやめておこう、

と大人の判断をしたものの、

毎日乗るのが当たり前の日常に乗れない日があるのは

非常にストレスを感じます。

 

そんなときには得意の妄想ツーリング! ということで?

格好の題材なのがモーターサイクリスト最新号

巻頭企画 「日本の美景66」

20180201 MC-1

雲海に消える高架や突端の灯台まで伸びる一本道…

最近はドローン撮影の迫力ある絵が誌面をにぎやかに彩り

もともと美しい風景がさらに際立ちますね。

 

20180201 MC-2

 テクニック的な部分はさておき

その時その場でしか出会えない一期一会の瞬間を自分のカメラに収めたい、

というのはツーリングライダーならずとも誰しも持ちうる欲求。

圧倒的な絶景写真と興味深いプロカメラマンの視点など

参考にしたい、じっくり読みたい情報満載の誌面となっております♪

 

 

そして、別企画、

廣瀬達也さんの人気旅連載 「J - Fun」

群馬県利根川源流の雪道&温泉三昧の旅!

雪道走破のためにセレクトしたのはなんと

スノータイヤ装着の3輪トリシティ125!

20180201 MC-3

前回ブログのモトツー神田さんの宗谷岬越年DVDでは

カブが雪道最強、という印象を受けたのですが

転ばない」 ということで考えると

まさに「3輪!その手があったか!」というカンジで目からウロコ(笑)

20180201 MC-4

いくつになってもやんちゃな 遊びの達人である

廣瀬さんの今回の防寒対策は

RR7660 デュアルテックスウォームパーカー

冷えやすい手元には

RR5921 コンパクトハンドウォーマーEX 

20180201MC2

 そしてシートには何かと便利に使える

RR9016 コンバーチブルエコバッグ

 RR9016

 誌面にもありましたがちょっと雪道を走ってコーヒーでも、

なんてツーリングにはちょうどいい装備ですね♪

毎度のことながら冬でも積極的にバイク&アウトドアを楽しむ

廣瀬さんのアクティブな姿勢にはほんと頭がさがります(笑)

 

巻頭の絶景企画に寄せて廣瀬さんは

「誌面で見た風景がどんなに素晴らしくても、その場の「生の世界」にはかなわない。

だから旅はステキなのだ」と結んでいます。

 

 

我々も「冬山」 とは言いませんが

まずは近場で有志を募り個人的には未経験の

冬キャンプなど楽しみたいなと考えています。

無事に帰還できたらその模様は次回ブログで。

 

以上、トリッカーへの冬のキャンプ道具積載を考え

毎晩ネットで先人たちの冬キャンプブログを検索、

装備の取捨選択をしている時がイチバン楽しい

ラフ広報 セキネ がお伝えしました。

 

 

 

 

2017年 12月 7日 (木)

「ヤバイよ!ヤバイよ!」の出川哲郎も走った小豆島(ショウドシマ)は 意外と知らない瀬戸内ツーリングスポットの穴場?

 

こんばんは。

寒くなりましたねwww

冷え込みが強烈です。

寒がりの東北人ライダー ラフ広報 セキネ です。

 

今回は名前は知っているけど

実はどんなところか意外と知らない、

そんなエリアの話。

 

もちろん、その近所に住んでいる方なら

なに言ってんだよってハナシですが

個人的に馴染があまりないエリアで

もしかして瀬戸内ツーリングの穴場なのでしょうか?

 

そこは小豆(アズキ)島と書いてショウドシマと読む島。

聞いたことあるけど香川県だったんですね(汗)

 

実はこの島、バイク乗りならみんな見ている?

テレビ東京系出川哲郎の充電させてくれませんか?

で少し前に出川さんたちも旅していたトコロ。

 

この番組は出川さんと番組プロデューサー、

そしてゲストの芸能人がヤマハの充電式 VINO 3台で

道すがら一般の人たちにお願いしつつ充電させてもらいながら

風光明媚な日本の下道をツーリングするという人気番組。

 

今回、カワサキバイクマガジン最新号内の旅企画

「ジャパニーズロード」 でライターの栗栖さんが

ヴェルシスX-250に乗り旅したのもこの島でした。

 

20171201 KBM-2

海沿いから山深い渓谷までがコンパクトにまとまっている秋の小豆島。

え?これが瀬戸内海の「島」なの? と疑うような絶景↓

20171201 KBM-3

 

個人的には映画「二十四の瞳」の舞台だとか

瀬戸内海にあって素麺や醤油を作っている島、くらいの認識だったため

ここまで急峻な山間部があって瀬戸内海で淡路島についで

二番目に大きい島だと知った時はちょっとした驚きでした。

20171201 KBM-4

ヴェルシスという車種のセレクトもあり

なんだかちょっとしたアドベンチャーツーリングも

十分楽しめたのでは? と感じる風情。

いつか行ってみたい未踏のエリアです。

 

この旅で栗栖さんが着用しているのは

エキスパートウインタースーツの絶版色。

現行モデルはRR7688となります。

 

もう定番モデルとして品番は変わりながらも

長い間 ロング&ベストセラーとなっているため

ご存知の方も多い上下セットの冬モデル。

現行モデルも高いコストパフォーマンスと幅広いサイズラインナップで

みなさまの冬の旅を暖かくサポートします♪

 

 

さて、

前回はロシアワールドカップとE-1大会の話をしましたが

今週から同時にクラブワールドカップも開催されています。

アジア王者として大会に臨む浦和レッズや

北中米カリブ王者パチューカの本田選手などは9日から登場します!

 

昨年の鹿島の柴崎選手(現ヘタフェ)のような

シンデレレラボーイが登場するのか?

楽しみですね~♪

 

年末年始は高校サッカー選手権や天皇杯など

サッカーネタが続く予感の

ラフ広報 セキネ がお伝えしました。

 

 

2017年 12月 5日 (火)

寒さ対策の基本は・・・「デッドエア」と「インナー」にあり!! そして気になるW杯情報とあのジーコジャパンのレジェンドストライカーは、今?

 

 

 

12月になりましたね。ハヤッ(汗)

通勤途中に見える富士山がすっかり冬バージョンになりました。

ここヨコハマも街路樹のイチョウの紅葉が見ごろとなっています。

 そんな師走の始まりは、またまたサッカーネタから(笑)

 

ついに

ロシアワールドカップ、予選グループ対戦国決定

グループH

[ 日本、ポーランド、セネガル、コロンビア ]

 

抽選会をみていて日本と韓国が最後まで呼ばれないので

ジリジリしましたが、韓国にくらべ比較的ラッキーなグループでした(汗)

 

初戦のコロンビアは前回大会で負けているので是非ともリベンジ!

今後まずは対戦国についての情報収集がはじまり、

最後に本大会へ向けてのメンバー発表、という流れになります。

 

先月のキリンチャレンジカップでは

世界との差をまざまざと見せつけられ

このままだとちょっと、ヤバいんじゃないか? と感じましたが

我らがハリルジャパンは、この9日から

国内組最後のアピールの場となるEAFF E-1大会を迎えます。

 

この大会はなでしこジャパンも同時開催で

日本、中国、韓国、北朝鮮の

極東アジアでのナンバーワンを決める大会。

以前は東アジア大会、と言ってました。

 

注目すべきは男子で金崎選手、清武選手の代表復帰。

とはいえ、今回選出されたメンバー

若手、ベテラン、当落線上?などなど多種多様。

ワールドカップ本大会に滑り込むサプライズ選出があるのかどうか。

ある意味、最終サバイバル決戦で

ニューヒーローが誕生するのか楽しみな大会です。

ガンバレ、ニッポン!

 

 

さて、ここからが本題。

 

今回はバイクジン最新号より、

冬の防寒対策企画から。

20171201bikejin-1

20171201bikejin-2

 

 

誌面にもあるとおり、冬の防寒の肝は

レイヤード(重ね着)による「デッドエアの備蓄」「アウターでの防風」が基本。

20171201bikejin-3

 

 

それに加えて「首、手首、足首」など

血管が集中する部分の防風、保温がポイントとなります。

20171201bikejin-4

 

 

そうした寒風の侵入経路を

便利な冬小物で防寒保温することが大切。

20171201bikejin-5

ご紹介いただいたアイテムはほんの一部。

▼多種多様、豊富なラインナップのなかから最適な防寒小物を Let's セレクト▼

バナー 

企画の結びにもありますが

とくに冬は夏以上に無理せず休む、ということも大切。

 

そのうえで走る時はハイテク素材&便利機能満載の

ラフアンドロード製品で暖かく快適なライディングをお楽しみください。

 

 今回は横浜店で取材を受け、ご紹介いただきましたが

ただいまラフアンドロード横浜店、川崎店では恒例の

ダイナミックウインターセール開催中!

魅力的な商品を多数取り揃え

スペシャルプライスにて販売中です。

クリスマスプレゼントに、自分へのご褒美に。

便利であったかい冬アイテムはいかがですか?

 

 

ところで、

ワールドカップメンバー選出にはさまざまなドラマがつきもの。

98年岡田ジャパン時のキングカズ、北澤豪氏、

02年トルシエジャパン時の中村俊輔選手の落選は有名なところです。

 

ヨコハマに馴染みのあるところでは、

06年ジーコジャパン時に

予選まで爆発的な活躍をみせ不動のエースと呼ばれたものの

怪我で最後の最後に落選した

ドラゴンこと久保竜彦氏は忘れられないものがあります。

 

 先日、そのドラゴン久保氏に子供のサッカークラブのイベントで遭遇!

Doragon1

子どもたちはシュートを見るまで誰??? でしたが、

現役を知る親世代は感激モノ!

現役を退き指導者となった今でも、あの強烈な左足は健在!

 

ひざ下の振りが早いッ!

Dragon2

いい音させてます♪

 

 

 現役時代の朴訥とした語り口調はそのままでしたが

子どもたちを見る目には柔和な人柄がにじみ出ていました。

 

同じ苗字の久保 裕也選手久保 建英選手

ロシアワールドカップや東京オリンピックで活躍すると思いますが

今回のようなサッカー教室でドラゴン久保氏から指導を受けた中から

いつか世界的なストライカーが誕生すればいいなぁと

遠い目をする ラフ広報 セキネ でした。

 

 

 

2017年 11月 15日 (水)

「壇蜜ロード」を行く、秋のヤビツ~宮ケ瀬~神之川ツーリング

 

 

 

みなさま、こんにちは。

今朝のサッカーベルギー戦、生で見ましたか?

ベルギー戦の前に、まずはナンデモヤOさんより振られた

先日のブラジル戦の感想から。

 

正直ネイマール選手とマルセロ選手以外はタレント的にも地味だし

今のブラジル代表ってホントに強いの?と思っていました。

が、蓋をあけてビックリ!

確かな技術をベースとした攻守の切替、

球際の判断の速さが尋常でなく

それでいて技やテクニックに溺れず

シンプルかつスピーディーに点を取る様は

しっかりチームとして意思統一され

まさに「ネオセレソン」という感じで唸ることしきりでした。

 

そして今朝のベルギー戦。

絶賛売出し中、超強力FWのルカク選手を

吉田選手、槙野選手がどう抑えるかがカギ。

前半からチーム全体で連動するハイプレッシャーからの守備が

まずまずの成果を見せる日本。

が、後半一瞬の隙をついてシャドリ選手の突破から

最後はルカク選手がキッチリ頭で決め

0-1敗戦。

 チャンスはあるけど決めるべきところを決められない、

いつもの「決定力不足」に今回も朝からガックリでした…

 

残念ながら我らが日本代表に関しては

本田選手の言うとおり世界との差は縮まるどころか

さらに開いている、と言わざるを得ません。

 

全盛期の遠藤保仁選手のように

試合の流れをコントロールしながら攻撃のスイッチを入れる

リズムに変化をつけられるようなベテランの存在が

本大会に向けて必要になってくるのかもしれません…

あ、遠藤選手ガンバから移籍するって情報がっ!

 

 

 

さてさて、本題です。 

今回は週末に行った、ラフロスタッフ有志による

晩秋の近場ツーリングのお話より。

 

待ち合わせ場所へ向かう国道246号沿い、

ひさびさに雲ひとつない青空&冠雪の富士山♪

246 fuji

待ち合わせ場所からヤビツ峠~宮ケ瀬湖付近までは

ナンデモヤOさんの前回ブログも参照ください。

 

ヤビツ峠にむかう県道70号は道幅こそ狭いですが

小排気量バイクでも十分楽しいワインディングで

神奈川のライダーならド定番のルートなんだとか。

青森県人の私、ラフ広報 セキネ、

実は今回がヤビツ峠 初体験♡ 

 

途中ポケモンGO関連でOさんはいろいろ止まりたかったようですが

今回のテーマは「紅葉を愛でるツーリング」なので先へ進みます(笑)

Yabitsu road

 

Tsuribashi2

紅葉は…イマイチ?

きれいに色づく前に前日の大風で路面には木の枝や落ち葉が堆積。

「鮮やかな錦秋のなかのワインディング」 

というのを体感できたのはごく一部でしたが

移ろいゆく季節をゆっくり堪能しながら走れたかと。

県道64号に入り宮ケ瀬湖を越えたコンビニで小休止。

ここでナンデモヤOさんは帰宅の途に。

お疲れ様でした~。。

 

残るメンバーは一旦道志みち(国道413号)に合流し

人混みを回避するため、すぐに県道518号へ。

Camp

橋の上から道志川沿いにあるキャンプ場を覗きます。

陽だまりのなか、ゆっくりキャンプしたいな~(。。)m

 

しばらく県道518号を進んだ後、県道517号を左折、

突き当りの県道76号をもう一度左折します。

 

この県道76号は相模湖方面から伸びてきて

道志ダムを経由してから道志みちと交差し、

道志川支流の神之川方面を通って車両通行止めの林道をはさみ

丹沢方面へ抜ける比較的交通量の少ない道。

 

大人のバイク時間 MOTORISE #166

「ライダー壇蜜ツーリングへ!」 

でも登場した道で通称 壇蜜ロード と呼ばれています(←ウソ)

↑勝手に僕が名づけました(汗)

 

 映像中で壇蜜さんが着用しているのは

すでに絶版になっていますがこちら↓

RR7675 デュアルテックスウォームパーカー

撮影当日はかなり寒かったようですが

しっかり暖かくサポート出来ていたようでよかったです♪

 

ちなみに現行モデルはコチラのRR7660になっています↓

 

 今回ツーリングに参加したメンバーでも歴代モデルを二人が愛用。

気軽に気負わず羽織れる冬カジュアルの主力モデルで、

こんな感じのツーリングにはちょうどよい具合です。

 

壇蜜さんたちはここから道志みち経由で山中湖へ抜け

山中湖パノラマ台でエンディングでしたが

我々は混んでいる道志みちをさけ、県道76号を直進。

神之川キャンプ場の先にあるエビラ沢の滝を目指します。

Ebirasawa1

到着するとちょうど山の切れ間から日が昇りました。

何ともいえず神々しい。。

橋の奥にエビラ沢の滝が見えます。

滝つぼに下りてみました。

Ebirasawa2

近づくと滝は思ったよりも大きく、清冽な流れが

あたりの空気をキンと引き締めています。

なんとなく神聖な場所のような感じでしたので

深入りせずにバイクまで戻ります。

 

ここから物流部イケメンK君の希望で宮ケ瀬湖まで戻り

鮎の塩焼きやら鹿肉のBBQ串を食べて休憩。

Miyagase1

Miyagase2

最後は七沢温泉まで戻ってきて

またまたK君希望のZUND-BARで昼ラーメンを食べて解散しました。

  Ramen

距離にして150㎞程度のツーリングでしたが

 快晴の秋の紅葉ツーリングはいいリフレッシュになりました♪

 

今回使用していたRR5837 ラフライディングスニーカー

バイクはもちろん、ちょっとした山歩きでも大活躍。

12月中旬ごろの入荷予定、もうしばらくお待ちください。

 

以上、神奈川では山道なのにビックリするほど人が多いことに

あらためて驚いたラフ広報 セキネ がお伝えしました。

 

 

全国取扱い店
全国取扱い店
直営店舗
ラフ&ロードSHOP site
WEB SHOP
ラフ&ロードweb shop
ラフ&ロード楽天市場店

NEW!旬の特選アイテム

  • おすすめレイヤード術高機能インナーを効果的にレイヤードすると、相乗効果でナルホドなあったかさ!

▼カタログ▼

オススメ 特集

  • R&R MOVIE製品の取り扱い方法や、説明を動画でご覧いただけます。

最近の記事

ブックマーク/RSSリーダー

2020年2 月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29