トリビアの泉

2015年 02月 26日 (木)

品番の謎についてのうんちくと新型ラフウエストバッグ入荷の案内

 

 

皆さんこんにちは。

先日ご紹介したラフウエストバッグが入荷しました♡

6900_hold

これからのご愛顧、重ねてお願い申し上げます。

 

商品についての説明は前回の記事に譲っておいて

ここで「品番」についてのうんちくを少しばかり。

 

今回入荷の新型ラフウエストバッグの品番は

「RR6900」

最初の「RR」はもちろんラフアンドロードのオリジナルであることを示しています。

つづく千の位の6は「BAG」であることを表しています。

 

実は最新のBAG類の千の位はすでに「9」に移行しています。

数が大きければ新しい商品であることを表し、

小さければ古いことと同時にベテランであることを表します。

アベレージヒッターであったり、レジェンドであったり。。。

 

では、なにゆえ「6900」なのか?

 

それはラフウエストバッグがこれまで我が社へ貢献した実績に敬意を表して

永久欠番的な意味を込めて、

前作の品番である「RR6700」の「6」を引き継ぐことで

レジェンド扱いにしたというのが真相です。

言ってしまえば中の人達の愛惜の念ということです。。。

 

我が社に取ってそれだけ重要な

「生ける伝説」的な商品であるという証なんです。

 

ちなみに現在バッグで一番古い品番はRR5527です。

なぜなのかは推し量ってみてください。。。

 

ついでに少し品番について話すと、

RR72◯◯であればレギューラージャケット、

RR73◯◯であればメッシュジャケット。

RR87◯◯はGORE TEXグローブ、

RR84◯◯はメッシュグローブなどなど。。。

 

また、サイズはSが1、Mが2、Lが3・・・・、

それがパーツであれば1はHONDA,2はYAMAHA、3はSUZUKI、4はKAWASAKIなど・・・・

 

この仕組を理解し、覚えると品番だけで商品の情報を推測できるようになります。

エンドユーザーの皆さんにはどーでもいい事ですが、

社内で在庫のお問い合わせに答えるときや

物流で商品のピッキングをするときは

知っているいないかでそのレスポンスに大きな差が歴然と出てきます。。。。

 

このはなし、きりがないのでいつかまた・・・

 

ラフウエストバッグとともに2015春の新作バッグ↓も入荷しましたので

 そちらもご贔屓に願います。

 

 

「冬来たりなば春遠からじ」

春はすぐそこですが、

この故事成語がイギリスの詩人シェリーの「西風に寄せる歌」の一節

「If winter comes, can spring be far behind?」が

元だと知ってビックリ中のO がお伝えしました。

 

・・・てっきり東洋の何処かのことばが起源だと思っていましたよ。。。

 

 

 

 

 

2015年 02月 3日 (火)

「ラフウエストバッグ今昔」 22年売れ続けるラフウエストバッグが今春マイナーチェンジ! その歴史とは・・・・

 

 

明日は立春。

ドオリデネコガサカリハジメルワケデスネ。

 

さて今日は、ロングセラー商品の歴史を振り返ってみたいと思います。

そのアイテムは 1993年にデビューしたラフウエストバッグ

 

ライディングウエストバッグの基本スタイルとして、

今の二輪業界の各メーカーのみなさんがこのスタイルを踏襲するみなもととなった

エポックメイキングな商品と自負しています。

※自分で言うなという話ですが、

客観的事実に基づいて書き記しているつもりですので予めご容赦の程を。

 

 この商品の歴史を紐解きますと、

RR2302ラフウエストバッグとして1993年に誕生。

(もしかすると92年?)

振り返って見るに今も引き継がれている基本コンセプトが

すでに出来上がっているということに驚きます。

 

当時はなんと材料も生産もメイドインジャパンという

今思い起こせば抜群のパフォーマンスを持ったバッグでした。

この小さな身なりの中にこれでもかという機能満載なこの商品が

当社の看板BAGとなるのにさほどの時を要さず、

瞬く間にヒット商品となりました。

20150202110133693

バブルの余韻を彷彿とさせる派手なカラーリング。

その他商品のこれ以前のカラーリングはもっと派手で蛍光色がメインカラーだったりしました。

希望小売価格¥3900はこの後、21年の長きに渡り維持されます。

 

 

 1995年に、RR5512へ。

  20150203105402342

バブルの余韻も消え少しおとなしいカラーラインナップに。

この品番限りの機能に終わりましたが容量アップ機能が追加。

また、バッグトップのスリットポケットがメッシュになり

収納物が外からわかるようになりました。

 

 

1997年に、RR5515へ。

  20150203105427051
この頃からBLACKが入り始めさらに地味に。

新機能としてバッグトップにグローブホルダーが装備されました。

これも業界初の機能だったかと。

コピーの文句に自信の程が現れています。

 

 

 

1998年に、RR5544へ。

  20150203105328766

ソリッド化が進み メインカラーが9割を占めるようになってきています。

この時まであったバイオレット。

一時は爆発的に売れたカラーでグローブ、ジャケットでも多用されていました。

 

 

2006年に、RR6700へ。

このときカーボン柄を新発売。

20150203105303078

カーボン柄のPVC素材をBAGに使うという、

これまたエポックメイキングなことをしたのも当社です。

この後カーボン柄が主力カラーの一つとなった起源もこの商品からでした。

 

今でこそ当たり前の「カーボン柄」ですが、

初めて企画担当者から試作を作ると言われたときの

「いけるのか???」

と、

出来上がってきたサンプルを初めて見たときの

「これは行ける!!!!!」

の、

興奮は昨日のことのように今でもはっきりと思い出せます。

 

また、この年一緒に発売されたのはRR6074 タンデムウエストバッグ

このバッグは前年春の高速道路バイク二人乗り解禁に合わせて発売され、

今日現在定番品となっています。

 

 

2008年に、派生モデルのRR9451F-styleとして誕生。 

20150203105234771

熟成を重ねるスタンダードなラインナップとは一線を画した

「所有欲」を満足させるシリーズをスタート。

おかげさまで今ではスタンダードタイプと人気を二分するシリーズ商品に成長。

 

 

そしてRR6700のBLACKが先日目出度く完売。

(マットレザーとコットンカーキがごくわずか残っていますが・・・)

 

22年目のこの春、

ラフウエストバッグはRR6900へと正常進化を遂げます。

6900_top2

6900_tab

ロゴを一新し、

スライダー引き手が新しくなりました。

新作はその他の春の新作バッグとともに今月末に入荷の予定です。

 

これまでこれだけのパフォーマンスを持つ商品を

¥3900で提供し続けてまいりました。

 

ここまで長い年月にわたって維持してきたこの価格ですが、

非常に残念ではありますが

昨今のグローバル化、円安に抗しきれずに

ついに値上げの決断をすることに。

・・・・無念です。

 

新価格は¥4500。

それでも充分安く提供出来てるのではないかと。。。

 

今後も30年50年とロングセラーとなっていくようしっかり作っていきたいと思います。

これからもこのバッグをご愛顧いただけると嬉しいです。

 

ラフウエストバッグとともに月日を重ねている O がご案内しました。

 


 

 

 

2013年 12月 25日 (水)

例年より少し遅目ですが今冬も本社に恒例のジャングル○○○が完成!

 

 

年の瀬ですねconfident

皆さま、クリスマスはいかがでしたか?

 

 

さて、弊社では

この時期になると恒例?

ラフ&ロードのシンボルツリー、

ヤシの木の大移動が始まりますflair

CIMG4517

このヤシの木は毎年初夏に植え替え。

夏は屋外で太陽の下、

スクスクと成長、

冬は日当たりのよい屋内に収納されます。

 

弊社が設立時に寄贈されたもので

以来弊社のシンボルツリーとして大切にされてきました。

その後、店舗が増えたり、本社移転時などにどんどん増え今に至ります。

CIMG4518

収納されたヤシの木は

社内で一番日当たりのいいトイレへupwardleft

こうして「ラフロ名物 ジャングルトイレ」が完成しますhappy02

 

ここは冬でも心地よい陽だまりがあり

窓辺にはシャコバ(蝦蛄葉)サボテンが

花を咲かせています。

(クリスマスシーズンに開花するのでクリスマスカクタスともいうらしい。)

CIMG4521

クリスマスカクタス

小用のたびに癒されますhappy01

 

でもさすがに30年選手は

天井に届いちゃうのでエントランスの天井の高いところへ。

CIMG4519

この行事が来ると冬本番の合図ですwink

 

 

本社もそうですが

直営店にあるヤシも同じように店舗スタッフが

大切に育ててきました。

 

私ラフ広報 セキネ も

植物係を仰せつかっておりますが

「植物を枯らす店は繁盛しない」

とは、常日頃より社長に言われる言葉ですconfident

 

「何事も普段からひとつひとつ丁寧に」

というこの姿勢は

お客様のバイクをお預かりするとき、

接客、相談をさせていただくとき、

あるいは商品開発をするときにも

スタッフ一同みなが

意識していること。

 

ヤシの木の成長をみるたびに

弊社はこの木と同じように成長できているか、

常日頃から丁寧な作業を心がけているか、

問い直すことができるわけです。

 

もし足りないところがあれば

どんどんご指摘ください。

もっと成長できるようさらなる精進を心がけますので。

 

 

さて今年も残すところあとわずか。

愛車をキレイにしてあげて年越しをしましょう。

来年も皆さまのライダーにとって

よい年でありますようにhappy01

 

 

興奮してなかなか寝ない子供に手を焼き

やや寝不足のサンタ。

ラフ広報 セキネ でした。

 

 

 

 

 

2012年 12月 20日 (木)

グッドライダー宣言 ~南明奈からのメッセージ~ 警視庁動画ライブラリーより

 

 

おはようございます。

寒い朝でした。

川崎から通勤している経理のO氏は大黒の凍結路面にヒヤッとしたそうです。

気をつけよ。

来週は何やらクリスマス寒波とやらが来襲するそうで・・・・

なんてググっていたら、検索画面に赤ずきんちゃん?

※12/20限定

きょうはグリム童話の初版出版から200周年だそうで。

ついつい紙芝居見ちゃった。。。

怖くないグリム童話になってますね♡

さー、仕事です!

 

意外と知られていないところにウチの製品が sign02

そんなマニアックな情報をお届けする

「えっ、こんなところにもラフロ?」

 をお届け。

 

今回は警視庁の動画ライブラリーよりsmile

Good rider

ここ数年、

映画館の本編が始まる前のCMや

街頭の大型モニターなどで

「グッドライダー宣言 ○○からのメッセージ」

という動画が盛んに流れていますeye

 

そしてその新作はアッキーナこと

南明奈さんからのメッセージlovely

Op

グッドライダー宣言!heart04

 

 

Akkina2

動画内ではヘルメットのあごヒモをしめることの大切さや

Akkina3

プロテクターを着用することの重要性を

笑顔のステキなアッキーナが説明♡

 

「うんうん、そうだよねぇ」

っていう動画なんですが

下の画面の矢印部分に注目!

Akkina 3

RR10061 ボディプロテクターベスト

こっそりひっそり

アッキーナと共演ですhappy02

10061

 

そしておととしは 哀川 翔さん と共演eye

Aikawa1

上の画像で哀川さんのジャケットの下から見えているのが

RR10065 ハードチェストベストAS

10065

一瞬ですが・・・

Aikawa2

RR5778 SFプロテクションベスト

RR5778

こちらも着用いただいていますwink

オトコギじゃんけん溢れる共演!

 

いやぁ、

マニアックですねぇcoldsweats01

 

まぁ、東京ディズニーランドで

隠れミッキーを探すような・・・

 

あるいは

三菱地所を見に行こう的な?

 

そんなマニアックな

超不定期シリーズ

「えっ、こんなところにラフ&ロード?」

 

次回は未定 smile

お楽しみにwink

 

私 ラフ広報 セキネ が

コッソリしこんだアレやコレ、

ちょっとずつご案内しちゃいますbleah

それでは

「サヨナラッ、サヨナラッ、サヨナラっ」

(古っcoldsweats02

 

 

2011年 01月 19日 (水)

ラフ&ロード トリビアの泉

 

〜素晴らしきムダ知識〜

vol.1

 

社内用語で

「ラフ椰子の木ロード」

   PalmLOGO
と呼ばれているこのロゴ。

真ん中にあるのはヤシの木

 

これ、当社の社長の趣味です。

植物が大好きなんです!

好きが高じてロゴに組み込んだってわけです。

 

ご来社、ご来店いただいた方は、

本社内、直営店舗の至る所に椰子の木があるのはご存知ですよね?

 

じつはこれ、観賞用のカナリーヤシというやつで、

日本では園芸用として通称フェニックスなんて呼ばれてます。

ちなみに椰子の木の根元にある花はハイビスカス

南が好きなんですよね。

 

夏がくる前の鉢替えは当社の恒例行事。

おかげで木々たちはスクスク♫

 

そして、さむい今時期、

本社の南に面した日当たりのよいトイレは・・・・・

トイレの温室

・・・椰子の木やその他のグリーンプランツの温室に変身。

 

先ほどトイレ行ったらとってもあったかい♫

これなら植物たちも安心して冬越しできます。

 

ところで、そろそろ天井につっかえそうなんですが社長。

屋上に温室でも作りますか?

 

ってことでvol.1は当社ロゴの由来でした~(^.^)/~~~

 

 

以上 Oがお伝え。

 

 

全国取扱い店
全国取扱い店
直営店舗
ラフ&ロードSHOP site
WEB SHOP
ラフ&ロードweb shop
ラフ&ロード楽天市場店

NEW!旬の特選アイテム

  • おすすめレイヤード術高機能インナーを効果的にレイヤードすると、相乗効果でナルホドなあったかさ!

▼カタログ▼

オススメ 特集

  • R&R MOVIE製品の取り扱い方法や、説明を動画でご覧いただけます。

最近の記事

ブックマーク/RSSリーダー

2020年2 月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29