ラフ&ロードな人々

2018年 04月 16日 (月)

新作ウエアをプロのモデルが着てみたら? その2 & 祝!なでしこジャパンフランスW杯出場決定!

 

 

 

皆さま、こんにちは。

 

先週は週初めから日本サッカー界は

様々なニュースが飛び交いましたね。

監督解任など男子サムライジャパンには

ここのところいいニュースがありませんでしたが

 やってくれました!

 

なでしこジャパン 2019フランスW杯出場決定!

 

先日行われた絶対に負けられない一戦、

アジア大会、対オーストラリア戦

日本は勝つか、1-1以上の引き分けでW杯出場が決まる試合。

 

オーストラリアの縦に早い攻撃になんどもピンチを迎えるも

熊谷、宇津木、鮫島、市瀬、清水各DF選手たちが

高い集中力と体を投げ出す気迫のプレーで前半0-0で凌ぎきると

後半早々、攻守にわたり奮闘していた岩渕選手からのスルーパスに

調子の上がってきた長谷川選手が抜け出し、冷静に折り返したところを

10番の坂口選手がニアサイドの狭い所へ落ち着いて蹴り込み先制!!

 

最後の最後、オーストラリアのカー選手に

フィジカル突破され失点するも

このままいけば両チームともW杯が決まるため

残り5分はDFのパス回しで終了。

 

なかなかこういう展開はアジアの女子で見ることはないので

多少の違和感を感じましたがそれもまた作戦。

見事8大会連続出場を勝ち取りました! 

次はアジアカップ連覇へ向けて17日深夜、

準決勝対中国戦です!

 

 

 ラフアンドロードでは なでしこジャパン

フランスワールドカップ出場記念?(←ウソです)

RR8019 プロテクションライディンググローブフランス

RR8020 タクティカルグローブトリコロールをラインナップ↓

 

もちろんどちらのアイテムにも「ジャパン」をラインナップしていますので

バイクに乗るときもココロは日本代表応援で、よろしくお願いします(笑)

 

 

 

さて、それでは本題です。

 

今回は大海原に浮かぶ伊豆七島は

神津島の夕景が旅情を誘う表紙の

モーターサイクリスト最新号から。

20180401MC-1

巻頭特集は

「1泊2日」を遊び尽くす!

 

忙しい現代のライダーにとって日帰りではなく

たまに実現できる1泊2日のツーリング。

どうせだったら思いっきり非日常なことをしませんか?

という提案企画。

 

そのなかでコレは面白そう!と思ったのは

表紙にも登場した船を利用した「離島旅」

20180401MC-2

ナビゲーターはこういう遊びを考えさせたら超一流?の廣瀬達也さん。

今回は東京から行くメジャーな東海汽船に船中泊して上陸、

さらに島でプラス1泊してゆっくり満喫した後

帰りは下田着の神新汽船を使うあたりがマニアック(笑)

20180401MC-3

よくよく考えると船を使う非日常と離島ならではの鮮やかな海の色を

一気に両方楽しめる贅沢なツーリング。

ロングツーリングは無理だけど、という人にもこれならアリ?かもですね。

船上でくつろぐ廣瀬さんはひと足先に南の島の夏を先取り、

UVケアアイテムをセレクトするあたりはサスガです。

 

 5月からの強い日差しに役立つアイテムはコチラ↓そろそろ要チェックで。

清涼ウェア・グッズ

 

 

さて、今回のモーターサイクリスト第二特集は

旅心ときめく“最旬”ウエア

 

そのなかで目元クールなモデルさんが

RR7331 フルメッシュジャケットFP

RR7509 ハーフメッシュストレッチブラックデニムパンツLF

RR8022 ツーリングアーマーグローブ

RR5837 ラフライディングスニーカーを着用中。

20180401MC-4

適度なカジュアルさを持ちながらプロテクションもしっかりと。

走りを楽しみたいライダー向けのコーディネイトですね。

 

以上、

そろそろ花粉症も落ち着いたので(…と思いたい)

えっ!こんな近場でキャンプできるの?というところを確保、

第二回スナフキン部活動を計画中の

ラフ広報 セキネ がお伝えしました。

 

 

 

2018年 02月 21日 (水)

ラフロキャンプ同好会「スナフキン部」発足 !? トリッカーで初の冬キャンプへGO!

 

みなさま、こんにちは。

 

 2月も後半になりココ横浜はまだ寒いですが

そこかしこで梅の花が咲き始めました。

「冬季」オリンピックの熱戦をテレビ観戦しながら

確実に「春」は近づいているのを感じる今日この頃。

 

春と言えばそろそろ今年も飛んでませんか?

花粉

 

どうやらすでに神奈川では飛散しているようで

早速というか私はすでに RR7601 アレルキャッチャーマスク

2枚入手し洗濯しつつ交替でヘビロテ中です(涙)

RR7601 BLACK

 

▼本格的なシーズン前に花粉症ライダーはHPのコチラ、要チェックです▼

chemical Quick Index

 

 

 

さて、

「春の到来」といえば、

バイク乗りとしてはそろそろバイクも身体もココロも

本格始動にむけての準備開始、ですね♪

 

そんなわけでまずは 年初の思いつきより

日帰りツーリングから一歩進めたラフロキャンプ同好会、

通称 スナフキン部 を発足。

 

その第一回活動のため私ラフ広報 セキネ、

自宅より10数キロのとある湘南エリアのキャンプ場へ出撃。

2018-02-17 12.46.57

茅ヶ崎市 柳島キャンプ場

 

国道134号と海岸線の間にある近場の人気キャンプ場で

シーズン中はファミリーで賑わい、ほぼ予約不可。

今回はシーズンオフの冬ということで

何とか押さえることが出来ました。

 

このキャンプ場は松並木の保全林の中にあるため

基本テント横での焚火は出来ないのですが

冬のこのシーズン、限定2サイトだけ

焚火OKなサイトが出現します。

 

今回はこの1つを予約して、

冬でも焚火がやりたいという会社の物好きソロキャンプ好きに声をかけ

きたるべき本格バイクシーズンを前にまずは

冬季グループキャンプで肩慣らし、というわけです。

 

愛車のトリッカーはスリムな車体で

積載スペースが本当に限られるため

夏のキャンプなら通勤でも活躍中、容量20ℓほどで雨でも安心な

RR9402 AQA DRY ライドパック を 2つ使い

ひとつを車体へ、ひとつを背負うぐらいで大丈夫なのですが、

荷物がかさばる「冬キャンプ」ではそうもいきません。

RR9402 着用イメージ

 

冬キャンプ用の本格装備を持たない私は

あらかじめ容量50ℓの防水シートバッグ、RR5612 AQA DRYカーゴ を用意。

その中にかさばるテント本体と夏用シュラフ2個、

コンパクトエアマットとチビ毛布を収納しました。

 そして着替えと食器類はいつものRR9402 AQA DRY ライドパックへ収納。

スペースの関係上、残念ながらこのRR9402は「背負う」ではなく

前に回して「抱く」ような形で装着することになりましたが…

 

今回は防寒対策の要として

普段ファミキャンで使用中の大きめの焚火台も必要なため

まずそれをバイクにつけて、その上にRR5612のシートバッグ、

テントのフレーム類、キャンプ椅子を積載。

 

ラフアンドロードのバッグは付属の取付パーツ類が充実しているため

今回も全てバッグに付属しているコード類だけで取り付けが出来ました♪

 

 

各メンバー14時半ごろ現地集合し、15時にはベース設営完了。

2018-02-17 15.09.19

今回のメンバーは冬キャンプが実は初めてとなる私、セキネと

普段から趣味で野宿を嗜んでいるというCB750乗りの物流部イケメンK君、

ハーレーで様々なミーティングやフェスに参加する輸入担当女子のHさん、

そして土曜出勤してその足で夜に現地合流予定の 営業部紅一点のSさんの4名。

※ラフロキャンプ同好会「スナフキン部」の命名者。今回は普段のSV650ではなくXLR250BAJAで参戦。

サイト定員ジャスト4名で女子は1つのテントをシェアするという形式です。

 

今回のキャンプは「焚火メイン」

一晩じゅう楽しめるだけの薪は現地海岸の流木をアテにしていました。

海岸に出ると予想通り? 打ち上げられた流木が拾いたい放題♪

2018-02-17 14.48.11

ゴロゴロしている大物を持って帰りたい衝動をおさえ

とりあえず必要な分、持てるだけテントサイトに持って帰ります。

 

その後近所のスーパーで買い出しを終え、

もういちどHさんと薪拾いに海岸へ出たあたりで陽が沈みました。

2018-02-17 16.25.43

戻ると黙々と薪を切り出すK君が、ナタでバトニングまで始めてました(笑)

あたかもプチ炭焼き小屋状態。

2018-02-17 16.40.56

 

ほどなくして辺りは暗くなり、焚火台が本格稼働♪

2018-02-17 17.38.33
2018-02-17 18.07.09
焚火を囲んでうまい酒と、気の合う仲間との他愛のない会話。

 

20時ごろにRR7660 デュアルテックスウォームパーカー

完全防寒したSさんが無事合流し乾杯再開♪

非日常のゆったりとした幸せな時間に癒されました。

 

 

良く晴れた翌朝の日の出♪

2018-02-18 06.39.03

湘南の海の朝は早く、すでに釣りをする人や犬の散歩、

ジョギングをする人が多数。。

江の島のシルエット越しの朝陽にしばし見とれます。

 

普段そこまで冷え込むことのない湘南エリアですが

その晩は氷点下までいったようで朝方に何度か目を覚ましました。

やはり2月に夏物シュラフ二枚重ねだけでは厳しいですね。

 

冷える足先は RR5612 のなかに入れて寝たので暖かったのですが

さすが完全防水、発汗によって逆にバッグ内部が結露してました(汗)

シュラフ表面が濡れるのでこういう防寒はやめましょう(笑)

 

サイトに戻ると女子2人がすでに焚火をおこし朝食を作り始めていました。

2018-02-18 07.08.39

グルキャンは黙っていても分業で事が進むのでラクですね~。

また今回のようにソロキャンのベテランが多いと

初の冬キャンプでも不安なく楽しめました。

 

2018-02-18 08.10.55

自分はバイクへの積載も含め

撤収に一番時間がかかってしまいましたが

ほかの3人は慣れたものでサクサクっと作業完了。

 

吟味したつもりでしたが使わなかったものもあり、

ウエア類やキャンプアイテムの選定、収納や積載は

今後もっとスマートに洗練していく必要がありそうです。

 

都合まる一日に満たない活動でしたが

限られた時間を濃密に楽しめる

このスナフキン部の活動はちょっとハマりそうな予感。

 

 

帰り道、134号の海沿いを走ると子育てを終えた

ベテランサーファーたちが熱心にいい波を探し

仲間たちと談笑しているのを見かけます。

 

また道志あたりのキャンプ場では週末ごとに

気の合う仲間がそれぞれに集合して

互いに干渉しすぎるでもなく

思い思いに自由な時間を楽しんでいるとか。

 

これからの時代は休日の午前中だけとか、

泊まりがけでも朝には帰れるとか、

限られた時間でどう楽しめるか、

それがますます重要になってくるかと思います。

 

そんなとき我々ライダーは「バイク」という

その気になればすぐにでも「非日常」へと

没入できる手段を持っています。

 

今回のはじめての冬キャンプでは

いつものバイク生活からほんの少しの思いつきで

まだまだ未知の世界がある、ということを体験できました。

 

みなさんも今年は今までやっていなかった

「新しいバイクの楽しみ方」を探してみてはいかがでしょうか?

 

以上、さっそく次のスナフキン部の活動に向け

場所と装備の吟味を始めている

ラフ広報 セキネ がお伝えしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年 02月 6日 (火)

その手があったか! 雪道で3輪トリシティの走破性やいかに?  冬こそ妄想ツーリング 「日本の美景66」 プロの技を堪能すべし

 

 

 

皆さまこんばんは。

昼間は穏やかな晴れ間が広がるここヨコハマ。

 

先日、春物グローブの入荷があり

そろそろバイクシーズンが始まるなぁと

ワクワクしたものの、現実的にはまだ2月。

一年で一番寒い時期であります(汗)

 

先週末は雪でバイクやめておこう、

と大人の判断をしたものの、

毎日乗るのが当たり前の日常に乗れない日があるのは

非常にストレスを感じます。

 

そんなときには得意の妄想ツーリング! ということで?

格好の題材なのがモーターサイクリスト最新号

巻頭企画 「日本の美景66」

20180201 MC-1

雲海に消える高架や突端の灯台まで伸びる一本道…

最近はドローン撮影の迫力ある絵が誌面をにぎやかに彩り

もともと美しい風景がさらに際立ちますね。

 

20180201 MC-2

 テクニック的な部分はさておき

その時その場でしか出会えない一期一会の瞬間を自分のカメラに収めたい、

というのはツーリングライダーならずとも誰しも持ちうる欲求。

圧倒的な絶景写真と興味深いプロカメラマンの視点など

参考にしたい、じっくり読みたい情報満載の誌面となっております♪

 

 

そして、別企画、

廣瀬達也さんの人気旅連載 「J - Fun」

群馬県利根川源流の雪道&温泉三昧の旅!

雪道走破のためにセレクトしたのはなんと

スノータイヤ装着の3輪トリシティ125!

20180201 MC-3

前回ブログのモトツー神田さんの宗谷岬越年DVDでは

カブが雪道最強、という印象を受けたのですが

転ばない」 ということで考えると

まさに「3輪!その手があったか!」というカンジで目からウロコ(笑)

20180201 MC-4

いくつになってもやんちゃな 遊びの達人である

廣瀬さんの今回の防寒対策は

RR7660 デュアルテックスウォームパーカー

冷えやすい手元には

RR5921 コンパクトハンドウォーマーEX 

20180201MC2

 そしてシートには何かと便利に使える

RR9016 コンバーチブルエコバッグ

 RR9016

 誌面にもありましたがちょっと雪道を走ってコーヒーでも、

なんてツーリングにはちょうどいい装備ですね♪

毎度のことながら冬でも積極的にバイク&アウトドアを楽しむ

廣瀬さんのアクティブな姿勢にはほんと頭がさがります(笑)

 

巻頭の絶景企画に寄せて廣瀬さんは

「誌面で見た風景がどんなに素晴らしくても、その場の「生の世界」にはかなわない。

だから旅はステキなのだ」と結んでいます。

 

 

我々も「冬山」 とは言いませんが

まずは近場で有志を募り個人的には未経験の

冬キャンプなど楽しみたいなと考えています。

無事に帰還できたらその模様は次回ブログで。

 

以上、トリッカーへの冬のキャンプ道具積載を考え

毎晩ネットで先人たちの冬キャンプブログを検索、

装備の取捨選択をしている時がイチバン楽しい

ラフ広報 セキネ がお伝えしました。

 

 

 

 

2018年 01月 27日 (土)

TT250Rで旅する世界ツーリスト 金本さん、ユーラシア大陸を横断しポルトガルの ロカ岬に到着!

 

 

皆さま、おはようございます。

寒い日が続きますがバイク、乗ってますか?

 

寒い時はついつい出不精で…

そんな時こそ愛車のメンテナンスを、ということで

現在ラフアンドロード直営店では

メンテナンスキャンペーン開催中!

 

週末ごとにバイクの洗車&メンテをして

気持ちよく走れるようにしてはいるものの

先日の雪のときにU字ロックが氷結&サビで固着して外れず

出勤前に大慌てしたラフ広報 セキネ です(汗)

バイク以外の用品も適宜メンテナンス&リニューアルが必要ですね…

 

 

さてさて今回は

ロングツーリストサポート制度を利用して旅にでた

世界ツーリスト 金本さん の続報です。

 

昨年8月に日本を出国、ロシア、モンゴル、西アジア各国、

そして東欧を経てヨーロッパ各地をめぐり、

ナント21カ国をめぐり

先週の17日にイベリア半島の最西端ポルトガルはロカ岬に到着、

ついにTT250Rでユーラシア大陸横断達成しました!

という報せがありました。

※以下写真は金本さんのブログより転載

 

かなりのヘビーユースながら

ハンドルカバーやサイドバッグカバーが

相変わらず活躍しているようで何よりです♪

 

そしてこのユーラシア大陸の西の端の看板に

ラフアンドロードの黄色いステッカーが!

目立ってますね~

金本さん、広報活動ありがとうございます!

 

金本さんはここから今度はアフリカ大陸を縦断し、最南端の喜望峰をめざします。

ここまでいい出会いに恵まれたようですが、これからの旅路にも幸多からんことを!

 

 

ところで金本さんはスペインで

バルセロナのホームスタジアム「カンプノウ」に立ち寄ったようですね。

うらやますぃ~ V(>o<)W !!

 

このときはじめて楽天がバルサのメインスポンサーになったことを

この看板で知ったようです。

海外に出て改めて気づくのは時間の流れが日本とは全く違うことと

こんなところにも日本製品や日本の会社の名前が !? ということ。

西欧でいきなり日本の「楽天」の文字を見たら

ちょっとビックリ。

 

ほかにもスペインでは

サグラダファミリアはじめ歴史的なガウディの建築の数々を

実際に自分の目で見てまわられたとか。

そのすべてが現在進行形で金本さんの血となり肉となっているのを

ブログを拝見しながら追体験できるという、なんとも便利な時代です。

 自らの発信力や行動力のある旅人にとっては

もはや現代の地球は小さく感じるものなのかもしれません。

 

 金本さんのような世界ツーリストを通じて

こちらもいろいろと勉強させられることが多いということを

最近とくに感じます。

客観的に俯瞰して物事を眺める、

人と人との繋がりが今の自分を生かしてくれている、

などなど。。

あらためてその人の人生に大きく影響する「旅」に

製品を通じてご協力できることを幸せに思います。

 

 

世界ツーリングには行けなくとも

日々の生活の中でちょっと自分一人で考え事をしたい、

なんていう時には焚火を眺めつつのキャンプや野営が一番。

2018-01-20 13.25.11

もう少し暖かくなったら

先日下見に行った三浦半島のこのあたりで↑

ヒトリキャンプを楽しもうと画策中の

ラフ広報 セキネ がお伝えしました。

 

 

 

2018年 01月 11日 (木)

手のひらのマメにお困りの方、握力のなさでバイクを楽しめていない方に朗報です!「ダートスポーツ18年2月号」 &ポケゴ通信 その57 「遂にトレーナーレベルが40に到達!」編

 

 

こんにちは。

 次男が先日の八日の晩、日付が変わってから

ゴソゴソしているので様子を窺っていたら

書き初めの宿題を冬休み明け当日にしてやがりますΣ(゚Д゚)

誰に似たのでしょうか?

 

さて今日の本題です。

 背景が白でシンプルベストな表紙がカッコイイ

最新号のダースポさん。

DS1802最近の情報過多で疲れ気味の現代人には、

コレでもかと情報を供給しようとする流れに棹をさし、

かえって潔く、目と脳に優しくいたわりを感じ高感度↑♪

 

 

「ダースポ的みんなのテスト」において

acerbis パームプロテクターをピックアップしていただきました

ありがとうございますm(_ _)m

DS1802

インプレッションをしてくださったのは

昨年、二度目のISDE、フランス大会にチャレンジしたばかりで、

予てよりacerbisをサポートさせていただいている滑川選手

結果は残念な形に終わりました

この得難い経験がさらなるステップアップに繋がらんことを祈ります。

 

こちらの商品は走る物流マンHが何度か紹介しておりますが

てのひらに出来るマメを予防してくれる心強い縁の下の力持ちなアイテム。

 

想像してみてください。

 

靴下をはかずに靴を履けば靴ずれになったり、

歩き辛いことにより疲れやすくなるように、

手のひらもマメが出来、握力が低下してしまうリスクを常に抱えているのは、

足元ほどではないにしても同じ状況にあるということを。

 

「布切れ一枚と侮ることなかれ」

 

足が起きている間、常に地面との摩擦を強いられているのとは違い

手のひらは常時摩擦が起きているわけではありません。

ただ、日帰りツーリング以上の時間、

グリップとの摩擦を強いられる場面ではその必要性は言わずもとなってきます。

特に手のひらが可憐、握力に自信がないという方にはおすすめです。

 

その使われるフィールドはモトクロス、エンデューロなどのオフロードレースはもとより、

オンロードバイクレース、ジムカーナなどのハードなシーンに最適なわけですが、

誌面でも一言添えていただけたように

ラフ&ロード流におすすめなフィールドはツーリング!

特に白魚のような可憐な手をお持ちの諸兄におすすめいたします!

 ポケゴ通信 その57

遂にトレーナーレベルが上限に達しました。

Pokémon GO_レベル

 

Pokémon GO_XP

捕まえたポケモンはもうすぐ4万
Pokémon GO_コレクター 

戦った数,11,462戦
Pokémon GO_バトルガール 

新ジム防衛時間、14,616時間
Pokémon GO_ジムリーダー

 

移動距離、3,864km
Pokémon GO_ジョギング

 

タマゴを割った数、千ヶ
Pokémon GO_ブリーダー

費やした日数

539日www

長い道のりでした。

ただ想定よりは早かったですね。

 

やろうと思えば進化マラソンで三ヶ日にでもできたんですけど 

リストのソートがいちいちリセットされるのがめんどいと思って

バグ修正を待っていましたが

さすがにポケモンボックスがパツパツでやむにやまれず着手www

 

いざ検索機能でソートしてやってみたら意外とやりやすかったりしましたΣ(゚Д゚)

バグではなく検索機能でやれという仕様変更なのでしょうか?

 

・・・さて

この先わたしは何を目指せばいいのでしょうか???

 

 ・・・そうですね。

この一年半で拡大し続けたポケモンGOへの投資時間を削り、

ペースダウンをし

その分を読書に割り当てることとしましょう!

 

出社後の15分と

晩ごはん後、あるいは就寝前の30分を最低限費やすこととし

昔のようにとはいかないまでも読書量を増やそう。

ウン!

そうしよう!

 

・・・年頭の誓いがどこまで続くものか、

皆様生暖かく見守ってやってくださいませm(_ _)m

 

 さて、先日本社裏の町内会館がジムになったといいましたが、

直営の横浜店裏の日野中央公園の北側入り口のポケストまでもがジムに昇格(゚Д゚)

それに伴い最近の昼休みの日課の近所パトロール先が日野中央公園になりました。

 

トレーナーのみなさん、お買い物ついでに是非バトってくださいねぇ~

青ジムだったらそのうちのどれかはわたしだったり、

走る物流マンHだったり、

パートのS姐さんだったりしますんで気の済むまでかわいがってくださーい。

 

そしてせっかくなのでジムバトルのついでに公園の遊具で筋トレもしています!

腹筋と懸垂。

健康遊具 腹筋

健康遊具 螺旋登り

懸垂の器具がすごくてですね、

支柱に横棒が螺旋状に10cm間隔で11本串刺しになっており

一段づつ上がっていくわけ。

つまり10段上がれということですね。

一番下が2mくらいの高さなので全部上がりきると

3mくらいの高さ!

 

初日はどうやっていいのか試しだめしやってやっとこ三段www

懸垂のつもりで肩幅で掴まったりしてたもんでその間に体力つきてしまいましたw

二日目は少しコツが分かり両手の幅は10cm位で良いとわかり

五段目までは上がれました。

そしてコツが分かった本日は八段目まで登れました。

全部で10段www

上まで登ってやるぞと年甲斐もなくはりきっています!

 

ただし、一番上まで上がると1mくらいの高さから飛び降りることになるので

チョット危険www

余力があれば逆回転で降りていけばいい話ですが

力尽きて落ちるので、

危ない・・・

 

そして

三日目にして早くも手のひらに豆できましたΣ(゚Д゚) (本日三度目)

今のわたくしにこそパームプロテクターが必要なのでしたwww

・・てことは筋トレマニアさんとかにもおすすめなんですねwww

 

使いなれない筋肉総動員で

腹筋、前腕、肩周り、広背筋の筋肉痛が心地よい

M気質のナンデモ屋 O でした。

 

ではでは~

 

 

 

 

 

 

 

2017年 12月 7日 (木)

「ヤバイよ!ヤバイよ!」の出川哲郎も走った小豆島(ショウドシマ)は 意外と知らない瀬戸内ツーリングスポットの穴場?

 

こんばんは。

寒くなりましたねwww

冷え込みが強烈です。

寒がりの東北人ライダー ラフ広報 セキネ です。

 

今回は名前は知っているけど

実はどんなところか意外と知らない、

そんなエリアの話。

 

もちろん、その近所に住んでいる方なら

なに言ってんだよってハナシですが

個人的に馴染があまりないエリアで

もしかして瀬戸内ツーリングの穴場なのでしょうか?

 

そこは小豆(アズキ)島と書いてショウドシマと読む島。

聞いたことあるけど香川県だったんですね(汗)

 

実はこの島、バイク乗りならみんな見ている?

テレビ東京系出川哲郎の充電させてくれませんか?

で少し前に出川さんたちも旅していたトコロ。

 

この番組は出川さんと番組プロデューサー、

そしてゲストの芸能人がヤマハの充電式 VINO 3台で

道すがら一般の人たちにお願いしつつ充電させてもらいながら

風光明媚な日本の下道をツーリングするという人気番組。

 

今回、カワサキバイクマガジン最新号内の旅企画

「ジャパニーズロード」 でライターの栗栖さんが

ヴェルシスX-250に乗り旅したのもこの島でした。

 

20171201 KBM-2

海沿いから山深い渓谷までがコンパクトにまとまっている秋の小豆島。

え?これが瀬戸内海の「島」なの? と疑うような絶景↓

20171201 KBM-3

 

個人的には映画「二十四の瞳」の舞台だとか

瀬戸内海にあって素麺や醤油を作っている島、くらいの認識だったため

ここまで急峻な山間部があって瀬戸内海で淡路島についで

二番目に大きい島だと知った時はちょっとした驚きでした。

20171201 KBM-4

ヴェルシスという車種のセレクトもあり

なんだかちょっとしたアドベンチャーツーリングも

十分楽しめたのでは? と感じる風情。

いつか行ってみたい未踏のエリアです。

 

この旅で栗栖さんが着用しているのは

エキスパートウインタースーツの絶版色。

現行モデルはRR7688となります。

 

もう定番モデルとして品番は変わりながらも

長い間 ロング&ベストセラーとなっているため

ご存知の方も多い上下セットの冬モデル。

現行モデルも高いコストパフォーマンスと幅広いサイズラインナップで

みなさまの冬の旅を暖かくサポートします♪

 

 

さて、

前回はロシアワールドカップとE-1大会の話をしましたが

今週から同時にクラブワールドカップも開催されています。

アジア王者として大会に臨む浦和レッズや

北中米カリブ王者パチューカの本田選手などは9日から登場します!

 

昨年の鹿島の柴崎選手(現ヘタフェ)のような

シンデレレラボーイが登場するのか?

楽しみですね~♪

 

年末年始は高校サッカー選手権や天皇杯など

サッカーネタが続く予感の

ラフ広報 セキネ がお伝えしました。

 

 

2017年 11月 15日 (水)

「壇蜜ロード」を行く、秋のヤビツ~宮ケ瀬~神之川ツーリング

 

 

 

みなさま、こんにちは。

今朝のサッカーベルギー戦、生で見ましたか?

ベルギー戦の前に、まずはナンデモヤOさんより振られた

先日のブラジル戦の感想から。

 

正直ネイマール選手とマルセロ選手以外はタレント的にも地味だし

今のブラジル代表ってホントに強いの?と思っていました。

が、蓋をあけてビックリ!

確かな技術をベースとした攻守の切替、

球際の判断の速さが尋常でなく

それでいて技やテクニックに溺れず

シンプルかつスピーディーに点を取る様は

しっかりチームとして意思統一され

まさに「ネオセレソン」という感じで唸ることしきりでした。

 

そして今朝のベルギー戦。

絶賛売出し中、超強力FWのルカク選手を

吉田選手、槙野選手がどう抑えるかがカギ。

前半からチーム全体で連動するハイプレッシャーからの守備が

まずまずの成果を見せる日本。

が、後半一瞬の隙をついてシャドリ選手の突破から

最後はルカク選手がキッチリ頭で決め

0-1敗戦。

 チャンスはあるけど決めるべきところを決められない、

いつもの「決定力不足」に今回も朝からガックリでした…

 

残念ながら我らが日本代表に関しては

本田選手の言うとおり世界との差は縮まるどころか

さらに開いている、と言わざるを得ません。

 

全盛期の遠藤保仁選手のように

試合の流れをコントロールしながら攻撃のスイッチを入れる

リズムに変化をつけられるようなベテランの存在が

本大会に向けて必要になってくるのかもしれません…

あ、遠藤選手ガンバから移籍するって情報がっ!

 

 

 

さてさて、本題です。 

今回は週末に行った、ラフロスタッフ有志による

晩秋の近場ツーリングのお話より。

 

待ち合わせ場所へ向かう国道246号沿い、

ひさびさに雲ひとつない青空&冠雪の富士山♪

246 fuji

待ち合わせ場所からヤビツ峠~宮ケ瀬湖付近までは

ナンデモヤOさんの前回ブログも参照ください。

 

ヤビツ峠にむかう県道70号は道幅こそ狭いですが

小排気量バイクでも十分楽しいワインディングで

神奈川のライダーならド定番のルートなんだとか。

青森県人の私、ラフ広報 セキネ、

実は今回がヤビツ峠 初体験♡ 

 

途中ポケモンGO関連でOさんはいろいろ止まりたかったようですが

今回のテーマは「紅葉を愛でるツーリング」なので先へ進みます(笑)

Yabitsu road

 

Tsuribashi2

紅葉は…イマイチ?

きれいに色づく前に前日の大風で路面には木の枝や落ち葉が堆積。

「鮮やかな錦秋のなかのワインディング」 

というのを体感できたのはごく一部でしたが

移ろいゆく季節をゆっくり堪能しながら走れたかと。

県道64号に入り宮ケ瀬湖を越えたコンビニで小休止。

ここでナンデモヤOさんは帰宅の途に。

お疲れ様でした~。。

 

残るメンバーは一旦道志みち(国道413号)に合流し

人混みを回避するため、すぐに県道518号へ。

Camp

橋の上から道志川沿いにあるキャンプ場を覗きます。

陽だまりのなか、ゆっくりキャンプしたいな~(。。)m

 

しばらく県道518号を進んだ後、県道517号を左折、

突き当りの県道76号をもう一度左折します。

 

この県道76号は相模湖方面から伸びてきて

道志ダムを経由してから道志みちと交差し、

道志川支流の神之川方面を通って車両通行止めの林道をはさみ

丹沢方面へ抜ける比較的交通量の少ない道。

 

大人のバイク時間 MOTORISE #166

「ライダー壇蜜ツーリングへ!」 

でも登場した道で通称 壇蜜ロード と呼ばれています(←ウソ)

↑勝手に僕が名づけました(汗)

 

 映像中で壇蜜さんが着用しているのは

すでに絶版になっていますがこちら↓

RR7675 デュアルテックスウォームパーカー

撮影当日はかなり寒かったようですが

しっかり暖かくサポート出来ていたようでよかったです♪

 

ちなみに現行モデルはコチラのRR7660になっています↓

 

 今回ツーリングに参加したメンバーでも歴代モデルを二人が愛用。

気軽に気負わず羽織れる冬カジュアルの主力モデルで、

こんな感じのツーリングにはちょうどよい具合です。

 

壇蜜さんたちはここから道志みち経由で山中湖へ抜け

山中湖パノラマ台でエンディングでしたが

我々は混んでいる道志みちをさけ、県道76号を直進。

神之川キャンプ場の先にあるエビラ沢の滝を目指します。

Ebirasawa1

到着するとちょうど山の切れ間から日が昇りました。

何ともいえず神々しい。。

橋の奥にエビラ沢の滝が見えます。

滝つぼに下りてみました。

Ebirasawa2

近づくと滝は思ったよりも大きく、清冽な流れが

あたりの空気をキンと引き締めています。

なんとなく神聖な場所のような感じでしたので

深入りせずにバイクまで戻ります。

 

ここから物流部イケメンK君の希望で宮ケ瀬湖まで戻り

鮎の塩焼きやら鹿肉のBBQ串を食べて休憩。

Miyagase1

Miyagase2

最後は七沢温泉まで戻ってきて

またまたK君希望のZUND-BARで昼ラーメンを食べて解散しました。

  Ramen

距離にして150㎞程度のツーリングでしたが

 快晴の秋の紅葉ツーリングはいいリフレッシュになりました♪

 

今回使用していたRR5837 ラフライディングスニーカー

バイクはもちろん、ちょっとした山歩きでも大活躍。

12月中旬ごろの入荷予定、もうしばらくお待ちください。

 

以上、神奈川では山道なのにビックリするほど人が多いことに

あらためて驚いたラフ広報 セキネ がお伝えしました。

 

 

2017年 10月 12日 (木)

W杯出場確定後のハリルジャパン、代表戦を見に日産スタジアムへ そして新作シューズ情報のラフロリークス!

 

 

 

みなさま、こんにちは。

 

FIFAランキング48位の

ハイチ代表とのキリンカップ前日会見で、

「是非スタジアムに応援に来てください!」

というハリホジッチ監督のサポーターへの異例の呼びかけ。

 

その呼びかけに応えるべく

仕事を終えたその足で新横浜までバイクを飛ばし

やって来たのは日産スタジアム。

2017-10-10 19.24.47

試合前に各選手もそれぞれのSNSで来場を呼び掛けるほど

今回のキリンカップは開催前から観客動員数が心配されていたようです。

 

そのおかげか?

親善試合とはいえファミリー席なら

4人一組で6000円という超お手頃プライス。

現地で家族と合流し早速入場。

 

たしかに空席が目立ちました。

7万2000人収容のスタジアムに4万3000人…

今回の日本代表、人気ないんですかね?

2017-10-10 19.25.56

国内組のテスト色が濃く、先発はなじみの薄い顔ばかり。

 

とはいえ、先日ニュージーランド戦で勝ち越しゴールを決めた倉田選手、

人とは違ったリズムと距離感で違いを生む小林選手、

3枚のFWはキレキレドリブラーの乾選手、

代表戦初ゴールを狙う杉本選手や快速ダッシュのジャガー浅野選手など

何かやってくれそうな気配はありました。

 

2017-10-10 19.35.04

前半、長友選手のクロスからまたしても

倉田選手がキーパーの頭上をフワリと超すヘッドで先制!

 

さらに攻め続けゴール前で倉田選手がダフッたところに

杉本選手が詰めて2点目を取ったあたりまではいいカンジでした。

 

嫌なニオイがしてきたのは前半も終わりごろの失点から…

 

吉田選手不在のディフェンスラインで

ボランチの底の遠藤選手が寄せきれず、

対応が後手に回った昌子選手が

躊躇している一瞬の隙に放たれたシュートが

GK東口選手の手をかすめ失点…

 

前半は2-1で折り返し。。

マジかっ…まぁ、後半もドンドン点取ってくれればヨシとしますか。。

 

 

ところが!

 

後半始まってみると落ち着きを取り戻してきたハイチ代表が攻勢に転じ

DFのマークの受け渡しミスの僅かな隙からさらに失点!

 

さらにさらに!

 

今度は勢いに乗ってきたハイチが

逆に鮮やかなミドルシュートで追加点を奪い2-3と逆転(滝汗)

今のはキーパー、取れないかね?

 

うわーっ!

久々に代表戦見に来たのに負け試合かよーっ!

 

追う側にまわった日本は

原口選手、香川選手、大迫選手、井手口選手、武藤選手と

攻撃の選手を集中的に投入。

 

DFで疲れの見えてきた長友選手に変わり車屋選手を投入するなど

あの手この手で追加点を取りに行きます。

 

攻め続けるものの決定力に欠く…

耳にタコができるほど言われ続ける

決定力不足

 

時計が90分をまわり帰り始める観客も出始めたころ

最後の最後に酒井選手が抑え気味に放ったシュートに

ゴール前で倒れていた香川選手がコースを変えて

やっと同点ゴール!

 

むむむぅ。。

頼むからワールドカップ行くんだから

スッキリ勝ってくれーっ!

 

この二試合で見えてきたのは

守備的ボランチからDFとGKの連携の悪さ。

このレベルで3失点しているようでは11月のベルギー、ブラジル戦では

本当に何点取られるかわかりません。。。

ましてやワールドカップ本大会ならなおさらです。

是非ともこれから修正していってほしい課題です。

 

川島選手、吉田選手がいないときに

こうも簡単に守備崩壊するようではヤバすぎます。

今度追加招集される内田選手に期待するのは酷でしょうか…

 

2017-10-10 21.32.50

いずれにしても本大会に向けて不安と不満ばかりが噴出したハイチ戦。

 

いわゆるハリルジャパン発足以来最悪の試合、

生で見るにはしのびないお粗末な内容でした。。

 

ただ、愚直なまでに素直すぎる

今回の日本代表の現在を生で見ることで

あらためて今回出ていなかった長谷部選手の危機管理能力やら

吉田選手、本田選手のメンタルの強さが浮き彫りになったかと。

 

世代交代がうまくいっていない、

若手とベテランの関係がうまくいっていないとか

今の日本代表にある問題は

普通に一般の会社などにも当てはまるようで

いろいろ考えさせられます。

 

何とも言えない不完全燃焼感を胸に帰路についた夜でした。

 

 

 

さてさて、

長い長い前置きの後に本題です(汗)

 

今回は金色に輝く秋の棚田の情景が印象的な

モーターサイクリスト最新号より

20171001MC-1

FIELD OF GOLD

日本の原風景を訪ねて

 

今回は秋の実り「お米」にまつわるツーリング特集号。

ページをめくるといろんなライターさんたちが

それぞれの「米:マイ」ベストツーリングを楽しんでいます。

 

バイク遊びの達人、廣瀬達也さんが

R ナインティ レーサー で巡ったのは

元祖 田んぼアート で有名な津軽地方。

20171001MC-2

20171001MC-3

 

稲刈り直前の一瞬にしか見られない金色に波打つ田園風景。

そしてその大切な秋の実りを

丁寧に刈り取る風景は日本人なら

なぜか幸せを感じる情景ではないでしょうか。

 

廣瀬さんは今回、そのお米をおいしく食べるため

別のページで青竹炊飯にもチャレンジ。

秋の味覚は創作意欲も刺激するようですね(笑)

20171001MC-4

 

廣瀬さんが着用しているのはラフロ直営店オリジナルTシャツ

年式によって色やロゴが変わります。

今回は金色の稲穂に合わせ黄色でコーディネイトでしょうか?(笑)

 

 

コーディネイトといえば

今回のモーターサイクリストでは、秋の最新バイクウエアコーディネイトを

モデルさん着用でご紹介いただきました。

20171001MC-5

 

モデルさんが着ているウエアは

シンプルなショート丈ジャケットに機能満載の

RR4008 SSFオールウェザージャケット

RR4008

RR7464 HOTウインドガードデニム

RR8644 プロテクションウインターグローブ

 

そして足元には今まで一般未公開だった新作で

この年末に入荷予定の

RR5837 ラフライディングスニーカー

 

見た目はこれぞ 「ザ・スニーカー」 というルックスですが

シフトガードやくるぶし部分のプロテクション、

かかと反射素材の採用などバイク用としての機能も抜かりナシ。

 

ファスナーを外側に大きくオフセットすることで

バイクを傷つけず脱ぎ履きラクラクを実現、

バイク以外のシーンでもヘビロテ間違いナシです!

 

ラフアンドロードではこの秋冬も

普段の生活にも気軽に使えるものから

ロングツーリングに対応する本格派まで

さまざまなアイテムをラインナップし

みなさまのバイクライフを強力にバックアップ。

 

10月に入り秋本番、

紅葉、温泉、そして 「実りの秋」 を探す旅の相棒に、

便利でおしゃれなラフロアイテム、いかがでしょうか?

 

 以上

先月末ソロツーリングに行った分?

三連休は家族サービスに精を出した

ラフ広報 セキネ がお伝えしました。

家族生活もサッカー同様?

攻守のバランスが大切ですよね(笑)

 

 

 

 

2017年 09月 26日 (火)

旅は人を間違いなく成長させる! 「いつかは日本一周」 から 「憧れの世界ツーリスト」 まで

 

 

 こんにちは。

先週末の連休は子どものサッカーのビーチトレーニング見学で

陽にあたる身体の左側だけ日焼けをしてしまったラフ広報 セキネ です(涙)

 

9月も間もなく終わりで空は秋っぽいですが、

湘南鵠沼海岸はサーファーが芋洗状態・・・

まだまだ夏は終わっていませんでした(汗)

2017-09-24 11.03.24

 

 

明日明後日、有休をいただき北へツーリング予定。

行き先予定の天気をにらみつつ、

到着しているタンデムスタイル最新号をチェック。

20170924 タンスタ-1

 旅人&ツアラーの神様

賀曽利さんが伊豆の海をバックに仁王立ち。

御年70歳で9回目の日本一周へ旅立ったとか。

あいかわらず活動的な旅の神様です(汗)

 

そして気になる第一特集は

「いつかは日本一周!」

いいですねぇ♪

 

ページをめくるとサポートツアラーの平塚さん

お気に入りのRR7224 ラフパーカーを着て取材を受けていました。

20170924 タンスタ-2

彼は最初にお会いした時から非常にシャイな方で

まさかここまでバイク旅一色の人生になるとは思いませんでした(笑)

 

彼に限らず、

旅とバイクは人生を変えるアイテム。

非日常が日常になる特別で貴重な時間の体験は

バイク乗りなら誰にでも平等に与えられたチャンスでもあります。

 

 

そういえば、春に日本一周に出発した

川崎店の常連オフローダーY君はどうしているかな?

と思っていたらちょうどつい先日連絡が。

約5カ月の日本中グルッとツーリングから先週やっと帰宅したようで(汗)

 

ゴルフの全英オープンを彷彿させるような、

北海道のこんな絶景の中を

RR9030 BWPラフクルージングバッグを積みながら走ったり

 

 

CIMG1401

RR9211 BWPテーパードタンクバッグ でルーティングしながら

はるばる沖縄まで行っちゃったり。

 

文字通り約5か月間、日本中を走りまくってました。

彼はきっとマグロみたいに動き回っていないと死んじゃうのかも(笑)

この週末も静岡でキャンプ中だったとのこと。

うらやまし~っ!

 

 

 

北海道から帰ったと言えば、

つい先日RR5612 AQA DRY カーゴを積んで

R1200GSで旅する北風さんからも、

北の大地の夏旅の一枚が届きました。

P_20170901_113900

海へ続く真っ白なシェルロード。

やっぱり北海道はいいですねぇ!

 

 

そして、8月に出発直前に来社していただいた

世界ツーリストの金本さんは順調に西へ向けて移動中。

言葉の壁もありますが、様々なバイク乗り、親切な人たちに巡り合い、

そして情報交換しながら現在「旅」という非日常の真っただ中。

寒い地域でRR5927 HOTハンドウォーマーの恩恵は絶大だとか。

お役にたてているようで何よりです♪

 

 

金本さんはじめ、世界ツーリストの皆さんは

旅に出たときと戻って来た時では顔つきが全然変わります。

 

多少のことでは慌てない逞しさが身に付き

「問題がおこっても何とかなる!」

という自信が深まるから、なのかもしれません。

そう、旅は人を成長させるのです。

 

ラフアンドロードには一年中ずっと

旅するライダーを応援する

ロングツーリストサポート制度があります。

 

国内、国外を問わず

ロングツーリングを目指すツーリストに

カタログ掲載品をスペシャルプライスにてサポート中。

あなたが旅で撮ってきたお写真が

カタログや店頭展示のタペストリーになり

次のツーリストを旅へといざないます♪

 

旅の計画がきまったら

TEL:045-840-6633

ロングツーリストサポート係

担当 セキネ までご相談ください。

 

 

なかなか日本一周、というわけにはいきませんが

久々の1泊ソロツーリングに向け着々と

新アイテムを導入し夜な夜なニヤニヤする毎日♪

  2017-09-23 11.41.44

残念ながら

折角ステッカーチューンしたアルミテーブルも即席コーヒーも

コンパクトにまとまる絶版サーマレストのエアマットも

今回は雨っぽいのでキャンプではなくビジホツーリングで出番なし(涙)

 

川崎店 雨キャンプ男の木本から買ったからかな?

まさか、僕が雨男…?

イヤイヤ、そんな訳はないハズ(汗)

 

いずれにしても焚火とキャンプは次回持越し、

秘湯とB級グルメツーをつなぐツーリングルートを

大至急組み直しているラフ広報 セキネ でした。

 

 

 

2017年 09月 9日 (土)

Booyah(ブーヤー)とは?采女 華 (うねめ はな)さんが説明にやって来た♪

 

 

みなさま、こんにちは。

先日のサッカーW杯最終予選サウジ戦は

久々に完全アウェーの異様な試合でしたね。

6万2000人収容のキングアブドゥラースタジアムは

5万7000人強がサウジ皇太子の座席買い占めで入場したサウジサポーター。

 

加えて風通しが悪く高温多湿なピッチ上で

サムライブルーは思うような試合運びが出来ず、

何度か川島選手のファインプレーもあったものの

相手の気合いにおされる形で後半に1失点…

その後杉本選手や久保選手などFWを続々投入するも

ハリルホジッチ監督の明確な意図が見えないまま試合終了。

 

先日のオーストラリア戦とは全く違う内容に

夜中眠い目をこすりライブで見ていたのに残念で仕方ありません(涙)

とはいえ、本大会までの9カ月でどこまで強くなれるか、

世代交代と若手の台頭もふくめ今後が楽しみです。

 

今日の本題です。

 

先日、バイク業界の女性ライター&タレントのなかでも

バイクジンやミスターバイクBGなどで活躍中のモデルでRQ、

ある時は4輪レーサーやカートイベント主催、

そして普段はイチバイク乗りの 采女 華(うねめ はな)さん

ご自身で制作されたフリーペーパーBooyah(ブーヤー)を手に

ご挨拶にいらっしゃいました。

2017-09-05 16.03.08

さすがモデルさん、

顔が小さい(驚)

 

聞くと彼女は鎌倉出身でラフロ本社や横浜店のある鎌倉街道は

しょっちゅうバイクで走り回っていたとか。

地元なだけに中学生頃からラフアンドロードのことはご存じだったようです♪

 

彼女は現在、モデル事務所には属さずに

今回もクラウドファンディングで資金を集め

仲間と一緒になってフリーペーパーをセルフプロデュースしてるのだとか。

モデルとしてのルックスもさることながら

若いのに将来を見据え、

今、自分にできることを確実に

そして時代に合わせたやり方で実践しているところ、

スゴイと思います。

 

普段からトライアンフ ストリートトリプルRを駆りそのアンバサダーとしてもご活躍。

そんな彼女の魅力満載のフリーペーパーは

現在、横浜店と川崎店で絶賛配布中。

 

ラフアンドロードでは

モータースポーツの魅力と楽しさを独自の方法で

みなさんへお伝えしようとする華さんの精力的な活動を応援します。

 

今回はラフロでお買い物をしてくれたお客様へ、ということで

特別に直筆サイン入りBooyahを各店5名様限定でご用意。

2017-09-05 15.00.33

一緒にいらしたのはこれまたバイクジンなどでおなじみの二輪ジャーナリスト栗栖さん。

本日は保護者枠?として同席いただきました(笑)

 

 

各店限定5部です!

配布方法はショップスタッフブログで高山店長から間もなく発表予定。

華さんファンの方、ぜひゲットしてください♪

 

以上、彼女と同じ年のころには将来のことなど

なーんにも考えていなかったような?

ラフ広報 セキネ がお伝えしました(汗)

 

 

全国取扱い店
全国取扱い店
直営店舗
ラフ&ロードSHOP site
WEB SHOP
ラフ&ロードweb shop
ラフ&ロード楽天市場店
ラフ&ロードロードアウトレット

NEW!旬の特選アイテム

  • おすすめレイヤード術高機能インナーを効果的にレイヤードすると、相乗効果でナルホドなあったかさ!

▼カタログ▼

オススメ 特集

  • R&R MOVIE製品の取り扱い方法や、説明を動画でご覧いただけます。

最近の記事

ブックマーク/RSSリーダー

2020年2 月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29