アパレル

2018年 01月 13日 (土)

「目指せ、生涯現役! あなたはバイクに何歳まで乗りますか?」 それと「高校サッカー選手権」ふり向くなよ~~編

 

 

 こんにちは。

新年が明けてから早くも二週間が過ぎようとしています。

激しくも感動的だった高校サッカー選手権決勝

もうすっかり昔のことのようです。

 

シルバーコレクターと揶揄されてきた

前橋育英 初優勝のドラマもさることながら

相手エースを徹底マークし続け、最後の最後ロスタイムに

身体を投げ出しても守りきれなかった

流通経済大柏の三本木選手のひたむきさにこそ

「高校サッカーの本質」を見た気がします。

 

たとえ敗者になろうとも 「君は美しい~」 という

高校サッカーのテーマソングが頭の中でリフレインしつづけ

いまだに正月ボケが抜けきらない

ラフ広報 セキネ です(汗)

 

 

さて、今回は年始からちょっと考えさせられた

バイクジン最新号より。

20180101bikejin-1

20180101bikejin-2

目指すは生涯現役!

 

近年ニュースでよく話題になるシニアドライバーの高速逆走や重大事故。

我々ライダーも例外ではなく確実に老いはやってきます。

 

そんななかいったい何歳までバイクに乗るのか

読者からのアンケート集計や実際に70歳近くになっても

まだまだ乗り続けているレジェンドライダーたちから

そのコツと注意していることなどをまとめています。

 

20180101bikejin-3

 

乗り続けるために一番必要なのはやはり

「バイクが好き」だということ。

そしてバイクのダウンサイジングも含め

今の自分の状況をよく知ること、だと。

 

そのうえで普段から乗る前に軽いストレッチをしたり

機能的なバイク用品で体力の衰えをカバーするなど

加齢とともに違った意識も必要でしょう。

 

クルマもバイクも一歩間違えれば凶器になるアイテム。

人に迷惑をかけない、子供たちに憧れられるような

そんなカッコいいシニアライダーを目指したいものです。

 

また、今回のバイクジンで掲載された最新商品は

そんな大人のライダーにも普段から使っていただきたい

RR5837 ラフライディングスニーカー

 

20180101bikejin-4

特筆すべきは着脱がラクラクで歩きやすく、

シーンを選ばないカジュアルなスニーカースタイル、

それでいてシフトパッドやくるぶしガードなど

バイク用機能が満載、というところ。

 

こちらの商品はカタログ未掲載ながら大好評で

さっそく新色追加の計画が進行中。

 新しい年は新しいシューズで。

今年もバイクライフをもっともっと楽しみましょう♪

 

 

さて、冒頭の話題ではないですが

自分は一体いくつまでバイクに乗(れ)るのか…

 

御歳70にして今現在も精力的に走り回っている「鉄人賀曽利さん」や

今も昔もかわらず「林道と野宿を愛する寺崎さん」などの

レジェンドライダーとまでは行かなくても

20年、30年先でもゆっくり自分のペースで温泉めぐりやキャンプ旅を続けている、

そんな理想的なバイクライフを夢見ています。

 

そのため?

今年は社内ツーリングを一歩進めて

社内キャンプツーにしようと計画中の

ラフ広報 セキネ がお伝えしました。

 

 

 

2017年 12月 27日 (水)

走れることに感謝する季節、冬こそ楽しむオートバイ♪ Z900RSで行く伊香保温泉ノスタルジー旅

 

 

 

みなさま、こんにちは。

週間天気予報によると大晦日は全国的に曇りか雨www

初日の出はスッキリ青空、

というわけにはいかないようですね。

 

今年の冬はいつもより寒いのか、

北陸から日本海側、東北、北海道では

爆弾低気圧の影響で降雪、積雪も多いようで。。

 

そういうニュースを聞くたびに

ここヨコハマを含めた関東、東海地域が

バイク乗りにとって本当に恵まれたエリアであることを実感します。

 

雪をまとった富士山や丹沢山系の山々を

バックミラー越しに見ながら

実家の青森はメチャクチャ寒いだろうなぁ、

などと思いつつ本日も通勤してきました♪

 

 

 

さて。

今回はZ900RSとたたずむ

編集の伊藤さんの表情で寒さが伝わる

タンデムスタイル最新号から。

20171224 タンスタ-1

 

「冬こそ楽しむオートバイ」

この感覚ってバイクに乗っている人にしかわからない、

ちょっと独特なモノだと思いませんか?

20171224 タンスタ-2

ハッキリ言って冬のバイクはツライです(笑)

でも冬にバイク旅をしたことのある人なら

そのツラさがあるからこその感動、感謝があるってこと、

共感いただけますよね?

 

平和な時代にあえて不便だったりツライことをすることで

逆に普段の幸せだったり生きることの意味を考える、

っていったら大袈裟でしょうか。

 

そんなわけで冬の旅はどちらかというと

自分に向き合う 「ひとり旅」 が似合うような気がします。

行き先はノスタルジックな温泉街なんかがいいわけで。

20171224 タンスタ-3

郷愁ただよう伊香保温泉の街並み、

ネオクラシックなZ900RSが似合います。

冬の温泉一人旅、最高ですね♪

 

今回の旅では

シートバッグにRA1031 HBラージシートバッグ をセレクト。

旅とバイクの雰囲気にベストマッチ、いい感じです♪

20171224 タンスタ-4

RA1031

また冬のバイク旅のつらさを軽減できる

便利な冬小物もおススメです♪

バナー

年末年始のお供にどうぞ。

 

 

さて、今年も残りあと数日。

年末はまだ見てないスターウォーズを見たり、

高校サッカー天皇杯などサッカー観戦三昧の予定。

 

と、その前に

年末大掃除やら年賀状がまだ終わらずかなり焦りつつも、

このまま現実逃避で逃げ切ろうか真剣に悩む

ラフ広報 セキネ がお伝えしました。

 

 

 

 

 

2017年 12月 11日 (月)

話題の 「Z900RS」 がラフロにやって来た! 「CRF1000Lアフリカツイン」、「Vストローム250」 も! 2018年 春物カタログ撮影、最終段階突入! そしてサッカー三昧の年末ライフ♪

 

 

こんばんは。

テレビやラジオからクリスマスソングが聞こえ始める

12月某日、ラフアンドロード本社屋上。

晴れてはいますが風がちべたいっ m(x _ x)w

 

そんななか Z馬鹿 こと 川崎店スタッフ佐々木の姿が?

Z baka 1

そうです。

 

今回はカタログのイメージカット撮影車両として

話題の新型Z900RSの展示広報車をお借りしたので

Zといえば彼でしょ、とモデルを依頼。

さすが、いい味出してます♪

 

今回のZは全体に丸みを帯びつつモノサス採用で

リア周りスッキリビュー。

Z900RS

ボリューム感はゼファー750並みにコンパクトで

各所LEDやらフロント倒立サスなどメカは最新。

でもZ2風ミラーやメッキテーパーハンドルバーを採用するなど

仕上がりは今ハヤリの 「ネオレトロ」 といった佇まい。

 

そのZ900RSに合わせたいのは冒頭の佐々木着用、

来春登場予定

RR7334 MA-1Rメッシュジャケット

 

なんやかんや言ってもオトコカワサキ、

ミリタリーテイストでまとめれば間違いないですね♪

 

 

こちらは大人気販売中の冬物ミリタリージャケット↓

RR7689 MA-1R FP 

RR7689

 

また、硬派なバイクには RR5669ホルスターウエストバッグ が良く似合います↓

  RR5669

今回はZ900RSでしたが

毎回できるだけ最新のバイクをお借りして

商品使用時のイメージを具体的につかんでいただけるよう

カッコよく撮れるよう工夫しています。

 

 

少し前には Vストローム250

来春登場予定の RR9114 テールフィンサイドバッグ

冬の定番アイテム RR5927 HOT ハンドウォーマー なども撮影。

RR5927

 

また、ツアラーに人気のCRF1000Lアフリカツインでも

RR9032 ラフシートバッグ などを撮影しました。

  RR9032

 こうして撮りためた写真はカタログやHPの

製品情報ページの個別商品ページに反映され

新しい情報が入るたびに日々更新されていきます。

 

 

出来るだけ様々なジャンルの車両を用意して撮影していますが

「○○っていうバイクだけど、このバッグ取付できる?」

という問い合わせもよくいただきます。

 

各スタッフ出来る限りの知識でお答えしておりますが

もし可能であれば実車で直営店までいらしてください。 

オリジナル製品フルストックの直営店では現物での

現車取付確認も随時で行っております。

 

スタッフはみなバイク好きですので

珍しいバイクやマニアックな問い合わせ大歓迎♪

お客様の疑問解決をご一緒にさせていただきます!

 

 冬はシーズンオフという方も

来シーズンに向けバイクの整備、積載可能バッグの吟味など

夏にやれなかったことをやれるシーズンです。

 直営店のダイナミックウインターセール、是非ご利用ください♪

 

 

 

さてさて、ここから話はサッカーネタへ。

先週の土曜は夕方からずーっとサッカー漬けで

濃密で幸せな時間を過ごしました(笑)

 

まずはE-1大会 日本対北朝鮮

小手先のテクニックよりデュエル重視の北朝鮮に対し、

普段のJリーグはまだまだ甘いと、

選手たち自身が一番感じたのではないでしょうか。

終盤、川又→今野→井手口選手と左右に揺さぶり

やっと得点、1-0勝利するもかなりギリギリな内容。

ジュビリストの私としては川又選手が在りし日のドラゴン久保選手のように

ここからワールドカップに向けて

覚醒&爆発してくれることを願うばかりです。

 

そしてお次はクラブワールドカップ 

パチューカ対ウィダードカサブランカ

ここで気になっていたのはパチューカの本田選手と他の選手との連携や関係性。

いろいろマスコミでは聞きますが試合を見れば一目瞭然。

走力こそ落ちてはいますが先発フル出場、ミランにいたときよりも

主力として他メンバーからも信頼を勝ち得ているように見え嬉しい限り。

チーム戦術にもフィットしているようでよかった。。

本田選手もワールドカップでは是非メンバー入りしてほしいですね。

試合も延長の末でしたが、1-0勝利で気分よく次の試合へ♪

 

と、ここで時計は25時をまわりソファで寝落ち zzz(_  _ )...

 

最後の アルジャジーラ対浦和レッズ は翌日録画でチェック!

予想通り、圧倒的な支配率のレッズ。

いつ点を取ってもおかしくない状況が続き、迎えた後半早々、

恐れていた事態がおこりました。

ロマリーニョ→マフブート選手のシンプルで強力なカウンター一発。

ただそれだけがキッチリきまり試合も0-1敗戦。。。

まさに、サッカーの「怖さ」を思い知る展開でした。

これによりレッズはウィダードカサブランカとの5位決定戦へ。

サッカーに「~たら、~れば」はありませんが

興梠選手やラファエルシルバ選手の決定的瞬間が悔やまれます。

 

「それも、サッカーの一部」

最近ではユーロでPKを外したあとのCロナウド選手の言葉が印象的ですが

選手もサポーターも結果を受け入れ次を見るしかありません。

次こそは勝利を!

がんばれレッズ!

 

 

さて、今日、明日はE-1大会第二戦、 男女とも 日本対中国

女子では今回も 岩渕選手 の得点なるか。

そして男子は川又選手のゴールが見たいっ!

どちらも落ち着きと風格の出てきた「エース」に期待です。

 

以上、連日のサッカー観戦で

すこし興奮&寝不足気味のラフ広報 セキネ がお伝えしました(汗)

 

 

 

 

2017年 12月 7日 (木)

「ヤバイよ!ヤバイよ!」の出川哲郎も走った小豆島(ショウドシマ)は 意外と知らない瀬戸内ツーリングスポットの穴場?

 

こんばんは。

寒くなりましたねwww

冷え込みが強烈です。

寒がりの東北人ライダー ラフ広報 セキネ です。

 

今回は名前は知っているけど

実はどんなところか意外と知らない、

そんなエリアの話。

 

もちろん、その近所に住んでいる方なら

なに言ってんだよってハナシですが

個人的に馴染があまりないエリアで

もしかして瀬戸内ツーリングの穴場なのでしょうか?

 

そこは小豆(アズキ)島と書いてショウドシマと読む島。

聞いたことあるけど香川県だったんですね(汗)

 

実はこの島、バイク乗りならみんな見ている?

テレビ東京系出川哲郎の充電させてくれませんか?

で少し前に出川さんたちも旅していたトコロ。

 

この番組は出川さんと番組プロデューサー、

そしてゲストの芸能人がヤマハの充電式 VINO 3台で

道すがら一般の人たちにお願いしつつ充電させてもらいながら

風光明媚な日本の下道をツーリングするという人気番組。

 

今回、カワサキバイクマガジン最新号内の旅企画

「ジャパニーズロード」 でライターの栗栖さんが

ヴェルシスX-250に乗り旅したのもこの島でした。

 

20171201 KBM-2

海沿いから山深い渓谷までがコンパクトにまとまっている秋の小豆島。

え?これが瀬戸内海の「島」なの? と疑うような絶景↓

20171201 KBM-3

 

個人的には映画「二十四の瞳」の舞台だとか

瀬戸内海にあって素麺や醤油を作っている島、くらいの認識だったため

ここまで急峻な山間部があって瀬戸内海で淡路島についで

二番目に大きい島だと知った時はちょっとした驚きでした。

20171201 KBM-4

ヴェルシスという車種のセレクトもあり

なんだかちょっとしたアドベンチャーツーリングも

十分楽しめたのでは? と感じる風情。

いつか行ってみたい未踏のエリアです。

 

この旅で栗栖さんが着用しているのは

エキスパートウインタースーツの絶版色。

現行モデルはRR7688となります。

 

もう定番モデルとして品番は変わりながらも

長い間 ロング&ベストセラーとなっているため

ご存知の方も多い上下セットの冬モデル。

現行モデルも高いコストパフォーマンスと幅広いサイズラインナップで

みなさまの冬の旅を暖かくサポートします♪

 

 

さて、

前回はロシアワールドカップとE-1大会の話をしましたが

今週から同時にクラブワールドカップも開催されています。

アジア王者として大会に臨む浦和レッズや

北中米カリブ王者パチューカの本田選手などは9日から登場します!

 

昨年の鹿島の柴崎選手(現ヘタフェ)のような

シンデレレラボーイが登場するのか?

楽しみですね~♪

 

年末年始は高校サッカー選手権や天皇杯など

サッカーネタが続く予感の

ラフ広報 セキネ がお伝えしました。

 

 

2017年 12月 5日 (火)

寒さ対策の基本は・・・「デッドエア」と「インナー」にあり!! そして気になるW杯情報とあのジーコジャパンのレジェンドストライカーは、今?

 

 

 

12月になりましたね。ハヤッ(汗)

通勤途中に見える富士山がすっかり冬バージョンになりました。

ここヨコハマも街路樹のイチョウの紅葉が見ごろとなっています。

 そんな師走の始まりは、またまたサッカーネタから(笑)

 

ついに

ロシアワールドカップ、予選グループ対戦国決定

グループH

[ 日本、ポーランド、セネガル、コロンビア ]

 

抽選会をみていて日本と韓国が最後まで呼ばれないので

ジリジリしましたが、韓国にくらべ比較的ラッキーなグループでした(汗)

 

初戦のコロンビアは前回大会で負けているので是非ともリベンジ!

今後まずは対戦国についての情報収集がはじまり、

最後に本大会へ向けてのメンバー発表、という流れになります。

 

先月のキリンチャレンジカップでは

世界との差をまざまざと見せつけられ

このままだとちょっと、ヤバいんじゃないか? と感じましたが

我らがハリルジャパンは、この9日から

国内組最後のアピールの場となるEAFF E-1大会を迎えます。

 

この大会はなでしこジャパンも同時開催で

日本、中国、韓国、北朝鮮の

極東アジアでのナンバーワンを決める大会。

以前は東アジア大会、と言ってました。

 

注目すべきは男子で金崎選手、清武選手の代表復帰。

とはいえ、今回選出されたメンバー

若手、ベテラン、当落線上?などなど多種多様。

ワールドカップ本大会に滑り込むサプライズ選出があるのかどうか。

ある意味、最終サバイバル決戦で

ニューヒーローが誕生するのか楽しみな大会です。

ガンバレ、ニッポン!

 

 

さて、ここからが本題。

 

今回はバイクジン最新号より、

冬の防寒対策企画から。

20171201bikejin-1

20171201bikejin-2

 

 

誌面にもあるとおり、冬の防寒の肝は

レイヤード(重ね着)による「デッドエアの備蓄」「アウターでの防風」が基本。

20171201bikejin-3

 

 

それに加えて「首、手首、足首」など

血管が集中する部分の防風、保温がポイントとなります。

20171201bikejin-4

 

 

そうした寒風の侵入経路を

便利な冬小物で防寒保温することが大切。

20171201bikejin-5

ご紹介いただいたアイテムはほんの一部。

▼多種多様、豊富なラインナップのなかから最適な防寒小物を Let's セレクト▼

バナー 

企画の結びにもありますが

とくに冬は夏以上に無理せず休む、ということも大切。

 

そのうえで走る時はハイテク素材&便利機能満載の

ラフアンドロード製品で暖かく快適なライディングをお楽しみください。

 

 今回は横浜店で取材を受け、ご紹介いただきましたが

ただいまラフアンドロード横浜店、川崎店では恒例の

ダイナミックウインターセール開催中!

魅力的な商品を多数取り揃え

スペシャルプライスにて販売中です。

クリスマスプレゼントに、自分へのご褒美に。

便利であったかい冬アイテムはいかがですか?

 

 

ところで、

ワールドカップメンバー選出にはさまざまなドラマがつきもの。

98年岡田ジャパン時のキングカズ、北澤豪氏、

02年トルシエジャパン時の中村俊輔選手の落選は有名なところです。

 

ヨコハマに馴染みのあるところでは、

06年ジーコジャパン時に

予選まで爆発的な活躍をみせ不動のエースと呼ばれたものの

怪我で最後の最後に落選した

ドラゴンこと久保竜彦氏は忘れられないものがあります。

 

 先日、そのドラゴン久保氏に子供のサッカークラブのイベントで遭遇!

Doragon1

子どもたちはシュートを見るまで誰??? でしたが、

現役を知る親世代は感激モノ!

現役を退き指導者となった今でも、あの強烈な左足は健在!

 

ひざ下の振りが早いッ!

Dragon2

いい音させてます♪

 

 

 現役時代の朴訥とした語り口調はそのままでしたが

子どもたちを見る目には柔和な人柄がにじみ出ていました。

 

同じ苗字の久保 裕也選手久保 建英選手

ロシアワールドカップや東京オリンピックで活躍すると思いますが

今回のようなサッカー教室でドラゴン久保氏から指導を受けた中から

いつか世界的なストライカーが誕生すればいいなぁと

遠い目をする ラフ広報 セキネ でした。

 

 

 

2017年 11月 15日 (水)

「壇蜜ロード」を行く、秋のヤビツ~宮ケ瀬~神之川ツーリング

 

 

 

みなさま、こんにちは。

今朝のサッカーベルギー戦、生で見ましたか?

ベルギー戦の前に、まずはナンデモヤOさんより振られた

先日のブラジル戦の感想から。

 

正直ネイマール選手とマルセロ選手以外はタレント的にも地味だし

今のブラジル代表ってホントに強いの?と思っていました。

が、蓋をあけてビックリ!

確かな技術をベースとした攻守の切替、

球際の判断の速さが尋常でなく

それでいて技やテクニックに溺れず

シンプルかつスピーディーに点を取る様は

しっかりチームとして意思統一され

まさに「ネオセレソン」という感じで唸ることしきりでした。

 

そして今朝のベルギー戦。

絶賛売出し中、超強力FWのルカク選手を

吉田選手、槙野選手がどう抑えるかがカギ。

前半からチーム全体で連動するハイプレッシャーからの守備が

まずまずの成果を見せる日本。

が、後半一瞬の隙をついてシャドリ選手の突破から

最後はルカク選手がキッチリ頭で決め

0-1敗戦。

 チャンスはあるけど決めるべきところを決められない、

いつもの「決定力不足」に今回も朝からガックリでした…

 

残念ながら我らが日本代表に関しては

本田選手の言うとおり世界との差は縮まるどころか

さらに開いている、と言わざるを得ません。

 

全盛期の遠藤保仁選手のように

試合の流れをコントロールしながら攻撃のスイッチを入れる

リズムに変化をつけられるようなベテランの存在が

本大会に向けて必要になってくるのかもしれません…

あ、遠藤選手ガンバから移籍するって情報がっ!

 

 

 

さてさて、本題です。 

今回は週末に行った、ラフロスタッフ有志による

晩秋の近場ツーリングのお話より。

 

待ち合わせ場所へ向かう国道246号沿い、

ひさびさに雲ひとつない青空&冠雪の富士山♪

246 fuji

待ち合わせ場所からヤビツ峠~宮ケ瀬湖付近までは

ナンデモヤOさんの前回ブログも参照ください。

 

ヤビツ峠にむかう県道70号は道幅こそ狭いですが

小排気量バイクでも十分楽しいワインディングで

神奈川のライダーならド定番のルートなんだとか。

青森県人の私、ラフ広報 セキネ、

実は今回がヤビツ峠 初体験♡ 

 

途中ポケモンGO関連でOさんはいろいろ止まりたかったようですが

今回のテーマは「紅葉を愛でるツーリング」なので先へ進みます(笑)

Yabitsu road

 

Tsuribashi2

紅葉は…イマイチ?

きれいに色づく前に前日の大風で路面には木の枝や落ち葉が堆積。

「鮮やかな錦秋のなかのワインディング」 

というのを体感できたのはごく一部でしたが

移ろいゆく季節をゆっくり堪能しながら走れたかと。

県道64号に入り宮ケ瀬湖を越えたコンビニで小休止。

ここでナンデモヤOさんは帰宅の途に。

お疲れ様でした~。。

 

残るメンバーは一旦道志みち(国道413号)に合流し

人混みを回避するため、すぐに県道518号へ。

Camp

橋の上から道志川沿いにあるキャンプ場を覗きます。

陽だまりのなか、ゆっくりキャンプしたいな~(。。)m

 

しばらく県道518号を進んだ後、県道517号を左折、

突き当りの県道76号をもう一度左折します。

 

この県道76号は相模湖方面から伸びてきて

道志ダムを経由してから道志みちと交差し、

道志川支流の神之川方面を通って車両通行止めの林道をはさみ

丹沢方面へ抜ける比較的交通量の少ない道。

 

大人のバイク時間 MOTORISE #166

「ライダー壇蜜ツーリングへ!」 

でも登場した道で通称 壇蜜ロード と呼ばれています(←ウソ)

↑勝手に僕が名づけました(汗)

 

 映像中で壇蜜さんが着用しているのは

すでに絶版になっていますがこちら↓

RR7675 デュアルテックスウォームパーカー

撮影当日はかなり寒かったようですが

しっかり暖かくサポート出来ていたようでよかったです♪

 

ちなみに現行モデルはコチラのRR7660になっています↓

 

 今回ツーリングに参加したメンバーでも歴代モデルを二人が愛用。

気軽に気負わず羽織れる冬カジュアルの主力モデルで、

こんな感じのツーリングにはちょうどよい具合です。

 

壇蜜さんたちはここから道志みち経由で山中湖へ抜け

山中湖パノラマ台でエンディングでしたが

我々は混んでいる道志みちをさけ、県道76号を直進。

神之川キャンプ場の先にあるエビラ沢の滝を目指します。

Ebirasawa1

到着するとちょうど山の切れ間から日が昇りました。

何ともいえず神々しい。。

橋の奥にエビラ沢の滝が見えます。

滝つぼに下りてみました。

Ebirasawa2

近づくと滝は思ったよりも大きく、清冽な流れが

あたりの空気をキンと引き締めています。

なんとなく神聖な場所のような感じでしたので

深入りせずにバイクまで戻ります。

 

ここから物流部イケメンK君の希望で宮ケ瀬湖まで戻り

鮎の塩焼きやら鹿肉のBBQ串を食べて休憩。

Miyagase1

Miyagase2

最後は七沢温泉まで戻ってきて

またまたK君希望のZUND-BARで昼ラーメンを食べて解散しました。

  Ramen

距離にして150㎞程度のツーリングでしたが

 快晴の秋の紅葉ツーリングはいいリフレッシュになりました♪

 

今回使用していたRR5837 ラフライディングスニーカー

バイクはもちろん、ちょっとした山歩きでも大活躍。

12月中旬ごろの入荷予定、もうしばらくお待ちください。

 

以上、神奈川では山道なのにビックリするほど人が多いことに

あらためて驚いたラフ広報 セキネ がお伝えしました。

 

 

2017年 11月 8日 (水)

「 バイク」も「ウエア」も「ユニフォーム」も? トレンドは「ネオレトロ!」

 

 

 

こんにちは。

ここのところ、バイク雑誌の巻頭では

モーターショー展示車両の詳細情報が賑わいを見せていますが

四輪ではハイブリッドから

「フル電化・AI 化へ」が主流になっているようですね。

 

バイクでも新型PCXで純エンジン、ハイブリッド、EVの3タイプが

同時に開発されるなどスクーターでは新時代が

もはや現実のものになりつつあります。

 

排ガス規制や動力構造の変化など

いろいろ難しいところもありますが

個人的にはやっぱり

パッと見のデザインがカッコいいかどうか

これがいちばん重要ではないかと。

 

そのデザインという点では

最近のバイクのトレンドのひとつは

「ネオレトロ」

 

ヤマハのXSRシリーズやDUCATI スクランブラ-

トライアンフのストリートツインや、ホンダのCB1100

BMWの R nine T シリーズはもちろん、

広い意味でいうと話題のカワサキ新型 Z900RS もネオレトロですよね…

 

モノが溢れている時代だからこそ

等身大でどこか懐かしいノスタルジックなものが再評価される、

そういう流れなのかもしれません。

 

 

風まかせ最新号では

そんな等身大のベテランライダーたちの「今」に注目。

表紙は圧倒的な目ヂカラの藤岡弘、さん

インパクトありすぎ(笑)

20171106 風まかせ-1

 

読み応えのある巻頭インタビューのあとは、

REBEL500を駆る斉藤編集長が初秋の戸隠をツーリング。

「葛飾北斎に触れる旅」より↓

20171106 風まかせ-2

20171106 風まかせ-5

20171106 風まかせ-3

 

この中で RR7983 フライトジャケット を着用いただきましたっ↓

REBELのワイルドな雰囲気にミリタリーテイストがジャストマッチ。

今年は新色のブラックエンボスカモも人気です♪

 

 

またネオレトロなスタイルが目を引く

R nine T Urban G/S のインプレ記事。

20171106 風まかせ-4

こちらで着用いただいているのは

RR7682 スムースストレッチシェルパーカー 

動きやすくシンプルだけどスポーティなイメージが

ネオレトロ系にもフィットしてますね。

逆に新鮮な組み合わせかも♪

 

 

 

そんななか、

伝統と革新を融合した、これまたネオレトロっぽいデザインが

ロシアワールドカップでの

日本代表ユニフォームに採用されました!

Japan national team

必勝を期してサムライがまとった藍色、勝色。

はじめ見たときは微妙~と思いましたが

その背景の物語やら特設インタビュー記事を見ていたら

だんだんかっこよく見えてきました(爆)

 

どうやらこの流れは日本だけではなく各国ユニフォームも

どことなくダサ… ネオレトロ調。

ま、強いチームのユニフォームはカッコいいわけで…(笑)

新しい価値観が生まれる直前の大きな過渡期なのかもしれませんね。

 

ともあれ、10日の対ブラジル戦は

新ユニフォーム10番の乾選手を応援しようと思う

ラフ広報 セキネ でした。

 

2017年 11月 1日 (水)

秋は紅葉ツーリング&キャンプに行きたい! 初秋におススメ、カジュアルバイクウエアのご案内

 

 

 

みなさま、こんにちは。

少しおしましたが無事棚卸終了。

現在、通常ルーティンに復旧しております。

 

先週末の台風以降、久々に雨のないヨコハマ。

ときおり見える太陽の光が本当にありがたい…

とは言いつつも風はすっかり冷たくなりました。

どうやら一昨日は木枯らし1号が吹いてたみたいです(汗)

 

思えばこの10月の週末はことごとく雨ばかり。

仕上げに2週連続週末台風上陸はホント、辛かったですね。

当ブログでお馴染み?

「ラフロのヤシの木」

台風対策でここのところの週末は屋内エントランスへ避難。

2017-10-28 11.13.08

あとひと月もすれば春まで室内保管となりますが

今年は台風避難、多かったですね。。

 

 

さてさて、

晴れ間が戻ってくると楽しみなのが

秋のツーリングや紅葉、うまいもの、温泉などなど。

暑い夏よりも秋こそバイク、という方も多いのでは?

 

そんななか

タンデムスタイル最新号では

一足早く紅葉の中でのキャンプを実現すべく

「秋キャンプ入門」なる巻頭企画。

20171024 タンスタ-1

 

20171024 タンスタ-2

うーん、いいですねぇ♪

ココのところの寒波で富士山の頂上も冠雪し、

空気が澄んで星がキレイ、

そして何よりも焚火がありがたい季節…

 

誌面では最新キャンプ用品カタログや

バイクへの積載ハウツー、

そして防寒対策と紅葉オシのキャンプ場案内まで網羅。

 

今年はまだ春と夏に1回ずつファミキャンに行っただけなので

個人的にはなんとか年内にもう1回、

バイクで秋キャンプを実現すべくいろいろ画策中。

 放浪キャンプ好きの物流部のK君を巻き込もうかな(笑)

 

 

また、今回のタンデムスタイルでは別企画で

「普段着感覚で使える! 秋冬ウエアカタログ」を特集。

その中でいの一番にご紹介いただけました。

掲載いただいたのは

RR7953 デュアルウォームジャケット

20171024 タンスタ-3

襟、手首や腰など要所をリブニットで優しく包み込み

気軽に羽織れるスタイルが使い勝手ヨシ。

 

 

実はこの商品、個人的に愛用中。

このジャケットのハイネックが

通勤時のジェッペルに最適で

すきま風を防ぎ

朝夕の冷気をシャットアウト。

真冬までの間しばらく活躍しそうです♪

 

 

今日から11月。

場所によってはもうバイクはシーズンオフ、

というところもあるかもしれません。

でも、関東近郊では木々が色づき、これからがまさにベストシーズン。

失った10月を取り戻すべく?

秋のツーリング、秋のキャンプへ繰り出してみませんか?

 

 以上、秋キャンプへ向けて

普段ファミキャンで使っている焚火台を

トリッカーにどう積み込むか検討中の

ラフ広報 セキネ がお伝えしました。

 

 

2017年 10月 13日 (金)

ロシアワールドカップ出場国続々決定! 我らがサムライブルーは大丈夫? 皆さんの冬支度も大丈夫ですか?

 

 

 

みなさま、こんばんは。

昨夜から雨が降り始め、今日から一気に寒くなりそうですね。。

2017年も残すところあと2カ月半…

 

早いもので来年はいよいよ

サッカーロシアワールドカップ2018が開幕。

前回に続き、今回もセキネブログはサッカーの前置きから(汗)

 

各エリアの最終予選も大詰めを迎え

もつれにもつれ最終節まで引っ張った

南米予選ではアルゼンチンのメッシがアウェイでエクアドル相手に

ハットトリックを決め何とか本戦出場を決定。

 

いっぽうで現南米王者のチリがブラジルに0-3で敗退し本戦出場を逃すなど

二年以上かけて戦ってきた予選順位が

最終節のたった90分で大幅に入れ替わるという

サッカーの怖さを再認識する結果となりました。

 

最激戦区の欧州予選では

ドイツ、スペインが危なげなく本戦出場。

強豪オランダが敗退した一方で

アイスランドなど新興国の快進撃が起こるなど

こちらもまた様々なドラマが見られました。

 

9連勝してグループ首位だったスイスは

最終戦で2位のポルトガルに破れ同じ9勝1敗ながら

得失点差で首位が入れ替わり、

グループ2位となってプレーオフへ。

あまりにも厳しい欧州予選の象徴のような結果です。

 

北中米予選でも最終節まで本戦出場権内だったアメリカが

最下位のトリニダードトバゴにまさかの敗戦、

5位に転落し予選敗退という波乱が起こっています。

 

10月の現時点で本戦出場32か国のうち

23か国までが決まりました。

 

ココから先は残された少ない切符をめざし

「プレーオフ」という名のさらに厳しい死闘が始まります。

 

アジアのプレーオフを制したオーストラリアは次は北中米のホンジュラスと、

何とか南米5位に滑り込んだペルーはオセアニア代表のニュージーランドと

それぞれこんどは大陸間プレーオフを戦います。

 

そんななか、我がサムライブルーは

本戦出場を決めてはいるものの選手層の薄さ、

世代交代やら監督と選手の距離感が

思いのほかうまくいってない気がします。

 

個人的に何ができるわけではないのですが

そういう状況を克服し結果を出した例として

仕事でも参考になるかと思い

青森山田高校を常勝軍団にした

黒田剛監督の本を読んだりしている今日この頃です…

 

 

さて!

 前置きはこれぐらいにして本題です(汗)

 

今回はインパクトのある火の国九州の空撮が表紙の

バイクジン最新号より。

  20171001 bikejin1

 

別冊付録で最新秋冬ファッション特集つき。

20171001 bikejin2

 

このなかでラフアンドロードも

いつものようにイケメンモデルさん着用で

新アイテムをご紹介いただきました♪

20171001 bikejin3

 

ジャケットは冬の人気ナンバーワン、

RR7660 デュアルテックスウォームパーカー

新色:シティーカモです。

パンツはRR7717LF HOTウインドガードストレッチパンツLF

新色:ブラックエンボスカモ

上下とも他とはちょっと違ったカモフラですが

シブい上級コーディネイトの参考に。

 

カモフラ尽くしではないですがグローブも

RR8646 コンフォートナックルウインターグローブ

こちらにもグレーカモあります(笑)

カモフラ好きのライダーは要チェックでお願いします(笑)

 

 

急に寒くなってきて慌てて冬物調達に走る、

そんなライダーに向けて

現在ラフアンドロード直営店では決算セール開催中です。

新色や端っこのサイズは足が早いので、お早めにご利用くださいませ♪

 

 

以上、

いちサッカーファンとして

子どものサッカーにはなるべく口出ししないよう

どう関わったらいいか逡巡する

ラフ広報 セキネ がおつたえしました。

 

 

 

2017年 10月 12日 (木)

W杯出場確定後のハリルジャパン、代表戦を見に日産スタジアムへ そして新作シューズ情報のラフロリークス!

 

 

 

みなさま、こんにちは。

 

FIFAランキング48位の

ハイチ代表とのキリンカップ前日会見で、

「是非スタジアムに応援に来てください!」

というハリホジッチ監督のサポーターへの異例の呼びかけ。

 

その呼びかけに応えるべく

仕事を終えたその足で新横浜までバイクを飛ばし

やって来たのは日産スタジアム。

2017-10-10 19.24.47

試合前に各選手もそれぞれのSNSで来場を呼び掛けるほど

今回のキリンカップは開催前から観客動員数が心配されていたようです。

 

そのおかげか?

親善試合とはいえファミリー席なら

4人一組で6000円という超お手頃プライス。

現地で家族と合流し早速入場。

 

たしかに空席が目立ちました。

7万2000人収容のスタジアムに4万3000人…

今回の日本代表、人気ないんですかね?

2017-10-10 19.25.56

国内組のテスト色が濃く、先発はなじみの薄い顔ばかり。

 

とはいえ、先日ニュージーランド戦で勝ち越しゴールを決めた倉田選手、

人とは違ったリズムと距離感で違いを生む小林選手、

3枚のFWはキレキレドリブラーの乾選手、

代表戦初ゴールを狙う杉本選手や快速ダッシュのジャガー浅野選手など

何かやってくれそうな気配はありました。

 

2017-10-10 19.35.04

前半、長友選手のクロスからまたしても

倉田選手がキーパーの頭上をフワリと超すヘッドで先制!

 

さらに攻め続けゴール前で倉田選手がダフッたところに

杉本選手が詰めて2点目を取ったあたりまではいいカンジでした。

 

嫌なニオイがしてきたのは前半も終わりごろの失点から…

 

吉田選手不在のディフェンスラインで

ボランチの底の遠藤選手が寄せきれず、

対応が後手に回った昌子選手が

躊躇している一瞬の隙に放たれたシュートが

GK東口選手の手をかすめ失点…

 

前半は2-1で折り返し。。

マジかっ…まぁ、後半もドンドン点取ってくれればヨシとしますか。。

 

 

ところが!

 

後半始まってみると落ち着きを取り戻してきたハイチ代表が攻勢に転じ

DFのマークの受け渡しミスの僅かな隙からさらに失点!

 

さらにさらに!

 

今度は勢いに乗ってきたハイチが

逆に鮮やかなミドルシュートで追加点を奪い2-3と逆転(滝汗)

今のはキーパー、取れないかね?

 

うわーっ!

久々に代表戦見に来たのに負け試合かよーっ!

 

追う側にまわった日本は

原口選手、香川選手、大迫選手、井手口選手、武藤選手と

攻撃の選手を集中的に投入。

 

DFで疲れの見えてきた長友選手に変わり車屋選手を投入するなど

あの手この手で追加点を取りに行きます。

 

攻め続けるものの決定力に欠く…

耳にタコができるほど言われ続ける

決定力不足

 

時計が90分をまわり帰り始める観客も出始めたころ

最後の最後に酒井選手が抑え気味に放ったシュートに

ゴール前で倒れていた香川選手がコースを変えて

やっと同点ゴール!

 

むむむぅ。。

頼むからワールドカップ行くんだから

スッキリ勝ってくれーっ!

 

この二試合で見えてきたのは

守備的ボランチからDFとGKの連携の悪さ。

このレベルで3失点しているようでは11月のベルギー、ブラジル戦では

本当に何点取られるかわかりません。。。

ましてやワールドカップ本大会ならなおさらです。

是非ともこれから修正していってほしい課題です。

 

川島選手、吉田選手がいないときに

こうも簡単に守備崩壊するようではヤバすぎます。

今度追加招集される内田選手に期待するのは酷でしょうか…

 

2017-10-10 21.32.50

いずれにしても本大会に向けて不安と不満ばかりが噴出したハイチ戦。

 

いわゆるハリルジャパン発足以来最悪の試合、

生で見るにはしのびないお粗末な内容でした。。

 

ただ、愚直なまでに素直すぎる

今回の日本代表の現在を生で見ることで

あらためて今回出ていなかった長谷部選手の危機管理能力やら

吉田選手、本田選手のメンタルの強さが浮き彫りになったかと。

 

世代交代がうまくいっていない、

若手とベテランの関係がうまくいっていないとか

今の日本代表にある問題は

普通に一般の会社などにも当てはまるようで

いろいろ考えさせられます。

 

何とも言えない不完全燃焼感を胸に帰路についた夜でした。

 

 

 

さてさて、

長い長い前置きの後に本題です(汗)

 

今回は金色に輝く秋の棚田の情景が印象的な

モーターサイクリスト最新号より

20171001MC-1

FIELD OF GOLD

日本の原風景を訪ねて

 

今回は秋の実り「お米」にまつわるツーリング特集号。

ページをめくるといろんなライターさんたちが

それぞれの「米:マイ」ベストツーリングを楽しんでいます。

 

バイク遊びの達人、廣瀬達也さんが

R ナインティ レーサー で巡ったのは

元祖 田んぼアート で有名な津軽地方。

20171001MC-2

20171001MC-3

 

稲刈り直前の一瞬にしか見られない金色に波打つ田園風景。

そしてその大切な秋の実りを

丁寧に刈り取る風景は日本人なら

なぜか幸せを感じる情景ではないでしょうか。

 

廣瀬さんは今回、そのお米をおいしく食べるため

別のページで青竹炊飯にもチャレンジ。

秋の味覚は創作意欲も刺激するようですね(笑)

20171001MC-4

 

廣瀬さんが着用しているのはラフロ直営店オリジナルTシャツ

年式によって色やロゴが変わります。

今回は金色の稲穂に合わせ黄色でコーディネイトでしょうか?(笑)

 

 

コーディネイトといえば

今回のモーターサイクリストでは、秋の最新バイクウエアコーディネイトを

モデルさん着用でご紹介いただきました。

20171001MC-5

 

モデルさんが着ているウエアは

シンプルなショート丈ジャケットに機能満載の

RR4008 SSFオールウェザージャケット

RR4008

RR7464 HOTウインドガードデニム

RR8644 プロテクションウインターグローブ

 

そして足元には今まで一般未公開だった新作で

この年末に入荷予定の

RR5837 ラフライディングスニーカー

 

見た目はこれぞ 「ザ・スニーカー」 というルックスですが

シフトガードやくるぶし部分のプロテクション、

かかと反射素材の採用などバイク用としての機能も抜かりナシ。

 

ファスナーを外側に大きくオフセットすることで

バイクを傷つけず脱ぎ履きラクラクを実現、

バイク以外のシーンでもヘビロテ間違いナシです!

 

ラフアンドロードではこの秋冬も

普段の生活にも気軽に使えるものから

ロングツーリングに対応する本格派まで

さまざまなアイテムをラインナップし

みなさまのバイクライフを強力にバックアップ。

 

10月に入り秋本番、

紅葉、温泉、そして 「実りの秋」 を探す旅の相棒に、

便利でおしゃれなラフロアイテム、いかがでしょうか?

 

 以上

先月末ソロツーリングに行った分?

三連休は家族サービスに精を出した

ラフ広報 セキネ がお伝えしました。

家族生活もサッカー同様?

攻守のバランスが大切ですよね(笑)

 

 

 

 

全国取扱い店
全国取扱い店
直営店舗
ラフ&ロードSHOP site
WEB SHOP
ラフ&ロードweb shop
ラフ&ロード楽天市場店
ラフ&ロードロードアウトレット

NEW!旬の特選アイテム

  • おすすめレイヤード術高機能インナーを効果的にレイヤードすると、相乗効果でナルホドなあったかさ!

▼カタログ▼

オススメ 特集

  • R&R MOVIE製品の取り扱い方法や、説明を動画でご覧いただけます。

ブックマーク/RSSリーダー

2020年2 月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29