防寒対策

2017年 11月 15日 (水)

「壇蜜ロード」を行く、秋のヤビツ~宮ケ瀬~神之川ツーリング

 

 

 

みなさま、こんにちは。

今朝のサッカーベルギー戦、生で見ましたか?

ベルギー戦の前に、まずはナンデモヤOさんより振られた

先日のブラジル戦の感想から。

 

正直ネイマール選手とマルセロ選手以外はタレント的にも地味だし

今のブラジル代表ってホントに強いの?と思っていました。

が、蓋をあけてビックリ!

確かな技術をベースとした攻守の切替、

球際の判断の速さが尋常でなく

それでいて技やテクニックに溺れず

シンプルかつスピーディーに点を取る様は

しっかりチームとして意思統一され

まさに「ネオセレソン」という感じで唸ることしきりでした。

 

そして今朝のベルギー戦。

絶賛売出し中、超強力FWのルカク選手を

吉田選手、槙野選手がどう抑えるかがカギ。

前半からチーム全体で連動するハイプレッシャーからの守備が

まずまずの成果を見せる日本。

が、後半一瞬の隙をついてシャドリ選手の突破から

最後はルカク選手がキッチリ頭で決め

0-1敗戦。

 チャンスはあるけど決めるべきところを決められない、

いつもの「決定力不足」に今回も朝からガックリでした…

 

残念ながら我らが日本代表に関しては

本田選手の言うとおり世界との差は縮まるどころか

さらに開いている、と言わざるを得ません。

 

全盛期の遠藤保仁選手のように

試合の流れをコントロールしながら攻撃のスイッチを入れる

リズムに変化をつけられるようなベテランの存在が

本大会に向けて必要になってくるのかもしれません…

あ、遠藤選手ガンバから移籍するって情報がっ!

 

 

 

さてさて、本題です。 

今回は週末に行った、ラフロスタッフ有志による

晩秋の近場ツーリングのお話より。

 

待ち合わせ場所へ向かう国道246号沿い、

ひさびさに雲ひとつない青空&冠雪の富士山♪

246 fuji

待ち合わせ場所からヤビツ峠~宮ケ瀬湖付近までは

ナンデモヤOさんの前回ブログも参照ください。

 

ヤビツ峠にむかう県道70号は道幅こそ狭いですが

小排気量バイクでも十分楽しいワインディングで

神奈川のライダーならド定番のルートなんだとか。

青森県人の私、ラフ広報 セキネ、

実は今回がヤビツ峠 初体験♡ 

 

途中ポケモンGO関連でOさんはいろいろ止まりたかったようですが

今回のテーマは「紅葉を愛でるツーリング」なので先へ進みます(笑)

Yabitsu road

 

Tsuribashi2

紅葉は…イマイチ?

きれいに色づく前に前日の大風で路面には木の枝や落ち葉が堆積。

「鮮やかな錦秋のなかのワインディング」 

というのを体感できたのはごく一部でしたが

移ろいゆく季節をゆっくり堪能しながら走れたかと。

県道64号に入り宮ケ瀬湖を越えたコンビニで小休止。

ここでナンデモヤOさんは帰宅の途に。

お疲れ様でした~。。

 

残るメンバーは一旦道志みち(国道413号)に合流し

人混みを回避するため、すぐに県道518号へ。

Camp

橋の上から道志川沿いにあるキャンプ場を覗きます。

陽だまりのなか、ゆっくりキャンプしたいな~(。。)m

 

しばらく県道518号を進んだ後、県道517号を左折、

突き当りの県道76号をもう一度左折します。

 

この県道76号は相模湖方面から伸びてきて

道志ダムを経由してから道志みちと交差し、

道志川支流の神之川方面を通って車両通行止めの林道をはさみ

丹沢方面へ抜ける比較的交通量の少ない道。

 

大人のバイク時間 MOTORISE #166

「ライダー壇蜜ツーリングへ!」 

でも登場した道で通称 壇蜜ロード と呼ばれています(←ウソ)

↑勝手に僕が名づけました(汗)

 

 映像中で壇蜜さんが着用しているのは

すでに絶版になっていますがこちら↓

RR7675 デュアルテックスウォームパーカー

撮影当日はかなり寒かったようですが

しっかり暖かくサポート出来ていたようでよかったです♪

 

ちなみに現行モデルはコチラのRR7660になっています↓

 

 今回ツーリングに参加したメンバーでも歴代モデルを二人が愛用。

気軽に気負わず羽織れる冬カジュアルの主力モデルで、

こんな感じのツーリングにはちょうどよい具合です。

 

壇蜜さんたちはここから道志みち経由で山中湖へ抜け

山中湖パノラマ台でエンディングでしたが

我々は混んでいる道志みちをさけ、県道76号を直進。

神之川キャンプ場の先にあるエビラ沢の滝を目指します。

Ebirasawa1

到着するとちょうど山の切れ間から日が昇りました。

何ともいえず神々しい。。

橋の奥にエビラ沢の滝が見えます。

滝つぼに下りてみました。

Ebirasawa2

近づくと滝は思ったよりも大きく、清冽な流れが

あたりの空気をキンと引き締めています。

なんとなく神聖な場所のような感じでしたので

深入りせずにバイクまで戻ります。

 

ここから物流部イケメンK君の希望で宮ケ瀬湖まで戻り

鮎の塩焼きやら鹿肉のBBQ串を食べて休憩。

Miyagase1

Miyagase2

最後は七沢温泉まで戻ってきて

またまたK君希望のZUND-BARで昼ラーメンを食べて解散しました。

  Ramen

距離にして150㎞程度のツーリングでしたが

 快晴の秋の紅葉ツーリングはいいリフレッシュになりました♪

 

今回使用していたRR5837 ラフライディングスニーカー

バイクはもちろん、ちょっとした山歩きでも大活躍。

12月中旬ごろの入荷予定、もうしばらくお待ちください。

 

以上、神奈川では山道なのにビックリするほど人が多いことに

あらためて驚いたラフ広報 セキネ がお伝えしました。

 

 

2017年 11月 6日 (月)

12月に発売予定の新作ハイカットライディングスニーカーのはき方のコツ教えます! &ポケゴ通信 その46 EXレイド招待状キターーーーー!

 

おはようございます。

 日本シリーズはソフトバンクのサヨナラ勝ちで幕を閉じてしまいました。

九回裏のワンアウトまではベイスターズファンは

誰しもが翌日の第七戦へと気持ちが飛んでいたかと思います。

浮かれていたのはナンデモヤ O家も一緒で次男は最終戦をハマスタで応援しようと

状況をググっていましたが・・・・

残念無念。

 

楽しみにしていた横浜の新旧四番打者対決、

内川vs筒香はともにファイナルでは本塁打一本づつに終わりましたが、

内川はここぞという所での起死回生の価値ある一発。

格の違いを見せつけてくれましたね。

 

筒香はこの光景とこの悔しさを忘れることなく

今後につなげていければ本物のホームランバッターへと

進化できるのではないでしょうか?

 

そうなっていけるのかいけないのか?

来季の筒香、

そしてその格の違いの洗礼を直に受けた

失投とはいえないいい球を放ったにもかかわらず打たれてしまった山崎が、

どう成長し変貌していくのか?

楽しみに見守っていきたいと思います。

 

さて、本題です。

造形社の発行する二輪誌についてくる

「Begin the Bike vol.13」

ツーリングデビューへの特集ページで

旅のベテラン、栗栖さんが優しく指南。

Begin-1

さすがベテランと唸ってしまうポイントを押さえたアドバイスはさすが!

是非とも本誌を購入の上ごらんください。 

 

本体のガールズバイカー12月号では

「自分へ買いたいご褒美はコレできまり!」特集の

ブーツ編に

RR5837 ラフライディングスニーカー
Begin-1

ただいま、わたしも最終サンプルひとつ前のサンプルをテスト中です。

さらにひとつ前のサンプルではファスナーが10mm短かったものを

140mmへと長くしたモデルです。

その効果はテキメンで脱ぎ履きの作業が大幅に改善されました。

ファスナーを開けるときのコツはバレリーナのように足首をピンと伸ばすこと。

こうすることで湾曲しているファスナーがストレートに近づき

スムースにスライダーが動きます。

 

季節的にも風が冷たくなり靴とズボンのスキマが寒くなってきたので、

ハイカットのこのスニーカーの恩恵を感じています。

 

また外側にあつらえたファスナーの威力は

玄関での脱ぎ履きに絶大な威力を発揮するだけでなく、

椅子に座っているときなどの休憩中、

ファスナーをオープンにすることで靴内の湿気を排出させるともに

足先の締め付けをリリースすることで簡単にリラックスモードにできます。

 

 入荷は12月上旬です。

もうしばらくお待ち下さいm(_ _)m

 

 

読プレコーナーには

acherbisの新柄ネックゲーターを提供させていただきました。

Begin-1

 

新柄はアースカラーを基調とした場所を選ばないシックな風合いとなっています。

AC-22618_t

今朝の横浜は危うく10度を下回りそうな10.3度と冷え込みました!

もはや待ったなしでウインターグッズの出番です。

 

ネックゲーターを使うときは是非とも

「ツイストW」を利用してみて下さい。

はめ心地抜群になることを保証します。


 ・

ポケゴ通信 その46

土曜の朝、昨晩配置のポケモンがコインを持って帰って

来たか確認のためポケゴを起動。

 

 

 

なにやら見慣れぬ画面???

 

 

キターーーーーー!!!!!

招待状

テストレイドではもう来ぬものと

実装はいつ?な気持ちでいたので

藤井流にいわせてもらえれば

「僥倖」

 

あとは、しっかりゲットできるように

少しでもカーブボールに磨きをかけるとしましょう!

 

月が変わって登場した炎帝。

破竹の6連続確保と絶好調でしたが、

低個体値に萎えてスローイングが雑になる悪い癖が始まり

三連続逃げられと、

9戦6勝です。

MAXはcp1910が獲れましたが、

コレでも89%www

先は長いのでのんびり高個体値を狙います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年 11月 1日 (水)

秋は紅葉ツーリング&キャンプに行きたい! 初秋におススメ、カジュアルバイクウエアのご案内

 

 

 

みなさま、こんにちは。

少しおしましたが無事棚卸終了。

現在、通常ルーティンに復旧しております。

 

先週末の台風以降、久々に雨のないヨコハマ。

ときおり見える太陽の光が本当にありがたい…

とは言いつつも風はすっかり冷たくなりました。

どうやら一昨日は木枯らし1号が吹いてたみたいです(汗)

 

思えばこの10月の週末はことごとく雨ばかり。

仕上げに2週連続週末台風上陸はホント、辛かったですね。

当ブログでお馴染み?

「ラフロのヤシの木」

台風対策でここのところの週末は屋内エントランスへ避難。

2017-10-28 11.13.08

あとひと月もすれば春まで室内保管となりますが

今年は台風避難、多かったですね。。

 

 

さてさて、

晴れ間が戻ってくると楽しみなのが

秋のツーリングや紅葉、うまいもの、温泉などなど。

暑い夏よりも秋こそバイク、という方も多いのでは?

 

そんななか

タンデムスタイル最新号では

一足早く紅葉の中でのキャンプを実現すべく

「秋キャンプ入門」なる巻頭企画。

20171024 タンスタ-1

 

20171024 タンスタ-2

うーん、いいですねぇ♪

ココのところの寒波で富士山の頂上も冠雪し、

空気が澄んで星がキレイ、

そして何よりも焚火がありがたい季節…

 

誌面では最新キャンプ用品カタログや

バイクへの積載ハウツー、

そして防寒対策と紅葉オシのキャンプ場案内まで網羅。

 

今年はまだ春と夏に1回ずつファミキャンに行っただけなので

個人的にはなんとか年内にもう1回、

バイクで秋キャンプを実現すべくいろいろ画策中。

 放浪キャンプ好きの物流部のK君を巻き込もうかな(笑)

 

 

また、今回のタンデムスタイルでは別企画で

「普段着感覚で使える! 秋冬ウエアカタログ」を特集。

その中でいの一番にご紹介いただけました。

掲載いただいたのは

RR7953 デュアルウォームジャケット

20171024 タンスタ-3

襟、手首や腰など要所をリブニットで優しく包み込み

気軽に羽織れるスタイルが使い勝手ヨシ。

 

 

実はこの商品、個人的に愛用中。

このジャケットのハイネックが

通勤時のジェッペルに最適で

すきま風を防ぎ

朝夕の冷気をシャットアウト。

真冬までの間しばらく活躍しそうです♪

 

 

今日から11月。

場所によってはもうバイクはシーズンオフ、

というところもあるかもしれません。

でも、関東近郊では木々が色づき、これからがまさにベストシーズン。

失った10月を取り戻すべく?

秋のツーリング、秋のキャンプへ繰り出してみませんか?

 

 以上、秋キャンプへ向けて

普段ファミキャンで使っている焚火台を

トリッカーにどう積み込むか検討中の

ラフ広報 セキネ がお伝えしました。

 

 

2017年 10月 13日 (金)

ロシアワールドカップ出場国続々決定! 我らがサムライブルーは大丈夫? 皆さんの冬支度も大丈夫ですか?

 

 

 

みなさま、こんばんは。

昨夜から雨が降り始め、今日から一気に寒くなりそうですね。。

2017年も残すところあと2カ月半…

 

早いもので来年はいよいよ

サッカーロシアワールドカップ2018が開幕。

前回に続き、今回もセキネブログはサッカーの前置きから(汗)

 

各エリアの最終予選も大詰めを迎え

もつれにもつれ最終節まで引っ張った

南米予選ではアルゼンチンのメッシがアウェイでエクアドル相手に

ハットトリックを決め何とか本戦出場を決定。

 

いっぽうで現南米王者のチリがブラジルに0-3で敗退し本戦出場を逃すなど

二年以上かけて戦ってきた予選順位が

最終節のたった90分で大幅に入れ替わるという

サッカーの怖さを再認識する結果となりました。

 

最激戦区の欧州予選では

ドイツ、スペインが危なげなく本戦出場。

強豪オランダが敗退した一方で

アイスランドなど新興国の快進撃が起こるなど

こちらもまた様々なドラマが見られました。

 

9連勝してグループ首位だったスイスは

最終戦で2位のポルトガルに破れ同じ9勝1敗ながら

得失点差で首位が入れ替わり、

グループ2位となってプレーオフへ。

あまりにも厳しい欧州予選の象徴のような結果です。

 

北中米予選でも最終節まで本戦出場権内だったアメリカが

最下位のトリニダードトバゴにまさかの敗戦、

5位に転落し予選敗退という波乱が起こっています。

 

10月の現時点で本戦出場32か国のうち

23か国までが決まりました。

 

ココから先は残された少ない切符をめざし

「プレーオフ」という名のさらに厳しい死闘が始まります。

 

アジアのプレーオフを制したオーストラリアは次は北中米のホンジュラスと、

何とか南米5位に滑り込んだペルーはオセアニア代表のニュージーランドと

それぞれこんどは大陸間プレーオフを戦います。

 

そんななか、我がサムライブルーは

本戦出場を決めてはいるものの選手層の薄さ、

世代交代やら監督と選手の距離感が

思いのほかうまくいってない気がします。

 

個人的に何ができるわけではないのですが

そういう状況を克服し結果を出した例として

仕事でも参考になるかと思い

青森山田高校を常勝軍団にした

黒田剛監督の本を読んだりしている今日この頃です…

 

 

さて!

 前置きはこれぐらいにして本題です(汗)

 

今回はインパクトのある火の国九州の空撮が表紙の

バイクジン最新号より。

  20171001 bikejin1

 

別冊付録で最新秋冬ファッション特集つき。

20171001 bikejin2

 

このなかでラフアンドロードも

いつものようにイケメンモデルさん着用で

新アイテムをご紹介いただきました♪

20171001 bikejin3

 

ジャケットは冬の人気ナンバーワン、

RR7660 デュアルテックスウォームパーカー

新色:シティーカモです。

パンツはRR7717LF HOTウインドガードストレッチパンツLF

新色:ブラックエンボスカモ

上下とも他とはちょっと違ったカモフラですが

シブい上級コーディネイトの参考に。

 

カモフラ尽くしではないですがグローブも

RR8646 コンフォートナックルウインターグローブ

こちらにもグレーカモあります(笑)

カモフラ好きのライダーは要チェックでお願いします(笑)

 

 

急に寒くなってきて慌てて冬物調達に走る、

そんなライダーに向けて

現在ラフアンドロード直営店では決算セール開催中です。

新色や端っこのサイズは足が早いので、お早めにご利用くださいませ♪

 

 

以上、

いちサッカーファンとして

子どものサッカーにはなるべく口出ししないよう

どう関わったらいいか逡巡する

ラフ広報 セキネ がおつたえしました。

 

 

 

2017年 10月 6日 (金)

V-Strom 250 に試乗。徹底プロファイリング! ジャストフィットなハンドルカバーあります!!! &ポケゴ通信 その42 トレーナーレベル上がっちゃった編

 

 こんにちは。

今年はほんとうに秋の進行が早いですね。

会社前の銀杏の実は落ちまくり、金木犀はもう峠を過ぎた感。

今朝はジーパン一枚では寒いだろうと

はやくもオーバーパンツを穿いて出社したナンデモヤ O です。

こんなありていで冬を乗り越えることが出来るのか一抹の不安。

 

今週の初め、来春カタログ撮影のために

SUZUKIさんからお借りしたV-ストローム250が会社に入庫。

 

 カタログ撮影の移動でまたがる機会がありました。

こー言ったら借りた身で大変失礼なんですが

何の期待もなく乗車。

  

お借りしたのはフルパニア装着車両です。

ハンドルに手を添えサイドスタンドをあげた途端

「グラリ」とふらついてしまいました。

重心の高さに戸惑う。

不安だ。。。

 

しかしその不安も、

いざ、

またがり、

エンジンを始動し、

クラッチが繋がった瞬間解消されました!

変速、ハンドリングどちらもとても滑らか♡

 

会社を出て鎌倉街道を左折。

ヨコハマ店の手前を洋光台に向かって上がる上り坂を

水冷・SOHC・248cm3 2気筒エンジンは、

低中速域トルクを重点的に向上させてくれているとのことで、

非力さなど、一切感じることなく、

加えてウインドスクリーンのお陰で無風。

体への負荷もほぼ感じることなく

実に軽やかに駆け上がります。

総じて「冒険心が湧いてくる」非常に楽しい味付けでした。

 

250ccの身にアドベンチャーツアラーの重責が背負得るのだろうかとの先入観は

見事なまでに良い方へ覆されました。

 

このバイクは

「アドベンチャーツアラーモデルは大排気量車限定のカテゴリーでは決してない!」

とわたしの認識を上書きしてくれました!

 

だもので、これはもっと乗りたいなと

わざわざ遠回りして現場へ。

 

RR9308 

こちらは来春の新作バッグRR9308 AQA DRY ミドルシートバッグの撮影より

仕事もちゃんとしてきましたwww

 

 わたくしナンデモヤ O の初バイクはsuzukiのRG50ガンマ

以来、スズキ車にはご無沙汰しています。

ただいま、WR250Xオーナーなわたしですが、

十分に乗り換え候補となるなぁ。

 

これは久々にオーナーになってもいいかなと心がゆさぶられました。

物欲などとうになくなっていたと思っていた

わが身にまだそのような煩悩が宿っていたことにも驚きwww

 

アマチュアのインプレなどはこれくらいにして以下にプロのインプレを勝手に紹介しておきます。

 

 <試乗インプレ>SUZUKI V-STROM 250(2017年) - オートバイ & RIDE#試乗インプレ #SUZUKI

 

さて、この車両にはとても立派なナックルカバーが付いています。

20171005_171834
 奥行き 200mm

幅 290mm

ACERBISのハンドガードもビックリなごっついBIGサイズ。

 

 

Vst

しかし、心配は無用です。

数あるハンドルカバーの中でも

RR5927 HOTハンドウォーマーならご覧の通り♪

難なくついちゃいます♪

グリップヒーター付きなら冬を無双できること確定ですね♪

 

ハンドルカバー自体、大振りなんですが

アドベンチャーツアラーモデル、しかもフル装備の車体には

その大きさを感じさせないどころか、

まるで純正品のような違和感のなさ。

 

ハンドルカバーの出番はもう始まっています。

オーナーのみなさん、是非ご検討下さいませ。

 

 

ポケゴ通信 その42

ライコウレイド

5戦目までは冴えないチャレンジが続きました。

捕獲できた二体はどちらも個体値80%以下www

高個体値もでてきません・・・

 

しかし、6戦目でCP1908のゲットチャレンジに遭遇。

 

ライコウは100%個体がCP1913ということは確認していたので

とりあえず1890越え、あわよくば1900越えの個体との遭遇を

心待ちにしていましたが、

半ば諦め気分で挑んだらまさかの超高個体が目の前に現れたもので、

しばし狼狽。

一気にアドレナリンがドバドバwww

深呼吸して平常心を心がけてスローした結果、

無事捕獲♪

Pokémon GO_ライコウFFF

 こうげき 15

ぼうぎょ 15

 HP 14

個体値 98%

今回から16進法表記にしてFFEに。

 

 

これに気をよくして

晩ごはん後、秋のイベント特別延長最終日だし

「チョットがんばろう!」と砂2倍を目当てに近所を徘徊し、

ラストスパート~~~~。 

 

・・・狩りをしすぎてボールが枯渇してきたので

さ~切り上げようと最後のジムディスクを回した途端、

ランクアップ。

  Pokémon GO_レベル39 

35 3月中旬

36 4月下旬

37 6月上旬

38 8月上旬?

39 10/3

 開始から439日目。

日割り 34169xp。

レベル40まで残すは500万xp。

このペースであと146日。

あと5ヶ月弱ですね。

レベル40は来早春くらいですかねwww

 

それまでにレベル解放しないかなぁ?

 

そして、その直後今度は孵ったたまごから、

100%個体のイーブイが飛び出してきました♡

Pokémon GO_イーブイFFF

いいこと三連発!

 いい日過ぎて怖いwww

 

 

・・・ただ、進化させるの勇気がいりますねぇ。

シャワーズになればいいけれどねぇ。

このまましばらく寝かしますかね?

ブイズジム専用置物ってのもいいかなぁ。。。

どうしましょう?

 

 

2017年 09月 7日 (木)

希望小売価格にまつわる謎をHOTハンドウォーマーを例に紐解く!それにかこつけ新作マルチグローブも紹介しちゃいます。 &ポケゴ通信37 スイクン捕獲絶好調!レイドバトルで100%カ

 

こんにちは。

 週の初めの朝礼時、窓の外の黄色いものが目の端にとまりました。

よく見るとサクラの葉っぱ。

通りで寒いわけです。

風邪引かぬよう長袖着て寝ているナンデモヤ Oです。

 

わたくしこの夏、リトルカブにつけているハンドルカバー

昨冬につけたものを外さずに過ごしてみました。

 

 カッコつけて言えば製品テストのため。

 

耐紫外線性、

夏場の使用がどれほどのものか、

夏つけることのメリット、デメリットの検証、

改良点の洗い出し、

さらに踏み込んで新製品の発案などなど・・・

 といいつつも

ホンネは我慢できなくなったら外そうと思っていたが

気づいたら初秋が始まっていたですww

 

実際のところは暑くて付けているのが厳しかった時期はほんのひと時で

概ねはついていても問題はなく、

日差しによる退色も冬と比べてもとりたてて大きいいこともありませんでした。

 その成果はいつかどこかでひっそり反映されることと思います。

 

今日はそのハンドウォーマーの話題です。

この秋、長く親しまれたRR5917 HOTハンドウォーマー

RR5927 HOTハンドウォーマーへと改番されました。

 

変更点は

① 価格 

② ロゴマーク

 

①の価格変更は¥5,695から¥5,980へ¥285の値上げ。

②は刺繍ネームからシリコンネームへの変更です。

その他は何ら変更がございません。

つまり現状、改善の必要がない完成品です。

 

そもそもRR5917の希望小売価格の一円単位が

5円という中途半端な設定になっている理由をこれを機会に少々述べたいと思います。

つまりは価格の変遷の歴史です。

 

日本に消費税が導入されたのが1989年の平成元年のことで、

導入当初は3%でした。

 

それが5%に増税されたのが1997年の春のことでしたが、

それから7年後の2004年春、

店頭での価格表示を税抜価格ではない税額を含めた「総額表示」をすることが義務付けられました。

 

ちょうどハンドルカバーは国内生産であったRR5907の¥6800から、

競合他社との価格競争などを鑑みて

海外生産へ移行するタイミングとも重なり

RR5914としてカタログ表示時に¥5,980となるよう税抜価格¥5,695という

実に見栄えの良くない本体価格へと値下げが断行されたという経緯によって誕生しました。

 

以来、この価格が昨年まで続いてきました。

 

その間の2013年秋、

2014年春より消費税が8%にさらに増税されることが決まり、

消費税増税による混乱を防ぐため、下記の朝令暮改が施行され、

 

 

総額表示義務に関する特例の適用を受けるために必要となる

誤認防止措置に関する考え方

消費税の円滑かつ適正な転嫁の確保及び事業者による値札の貼り替え等の事務負担に配慮する観点から、本法の施行日(平成25年10月1日)から、本法が失効する平成33年3月31日までの間、消費税法(昭和63年法律第108号)第63条に規定する総額表示義務の特例として、税込価格を表示することを要しないものとしている

 

 

つまり時限立法として総額表示をせずに税抜価格であることが明記されればいいという措置が

平成33年までの期限で許されることになりました。

これを受け当社では業務簡素化を主たる理由に

「税抜価格」で表示する方針を採択。

 

ややこしいのでまとめますと、

このHOTハンドウォーマーは、原付き車両用しか当時存在していなかった20有余年前の市場に

中型車両にもつけられるものを世に送り出すというパイオニア精神で開発をリードし続けてきましたが、

他メーカーさんがその開拓した市場に少しずつ参入され、

やむなく市場原理に従い値下げを断行する事となったのと、消費税増税とが重なり、

 品番RR5917は従来品のRR5907(RR5914を間に挟み)の¥6800から

値下げする際に総額表示に対応して中途半端な¥5695という価格設定がなされました。

 

2つの要因が絡み合って誕生した中途半端な価格だったのです。

 

価格改定以来、無風状態でしたが、

この秋より

切りの良い?\5,980へと値上げをさせて頂く事になりましたm(_ _)m

便乗値上げではありませんw

昨今流行りの値上げと同様な理由が主たる原因ですのでご了承下さい。

 

ところで廃盤となった、

RR5917は実はまだ在庫があります。

残りわずかですが。。。

このブログを目にされた方で、ハンドウォーマー購入を検討されていた方は

約五%安く手に入れるチャンスです!

 

 

そしてこの秋冬にすっかり市民権を得たハンドルカバーに

最適なインナーグローブをご紹介させて下さい。

それは

RR8852  ゴア®ウインドストッパー®マルチグローブ

 です。

  Rr8852_g

商品概要

防風・透湿素材薄手の裏起毛ゴア®ウインドストッパー®ファブリクスを使用したマルチグローブ。

指先が出せるのでグローブを外すことなくダイレクトにスマホ操作が可能。

また指先はスマートタッチレザーを施している為、グローブをしたままの操作も可能です。

掌側にはグリップ操作時の擦れ対策に合皮を叩き縫い。

ハンドルカバー用インナーグローブやバイク以外のタウンユース、釣りなどマルチに活躍する防風グローブです。

 

一番のセールスポイントは指が剥き出しに出来ること!

8852_s

8852_i2
同様機能(防風であること)を持つ従来品のRR5416ゴア®ウインドストッパー®インナーグローブがあったり、

最近のグローブはほぼスマホ対応化が進んでいますが、

やはりそれぞれ物足りない部分が存在しています。

 

 その不足しているところを解消する

指先をむき出しに出来ることで可能となる圧倒的操作性優位の実現と

指先を出し入れする仕組みと耐久性の両立と言う課題を克服し皆様に披露することができました。

 

正直、製品化する自信がない状態からのスタートでしたので

 今季に商品化できたのは望外の出来事で喜んでいます。

 

このプロトタイプの使用モニターを昨冬進んでやらせていただきましたが

ポケゴに最適でしたwww

先にも触れたカブにつけているRR5921コンパクトハンドウォーマーEXとの相性も抜群で

原付きの制限速度以内で、暖冬化が進むヨコハマという地域での使用環境下では

十分に寒さをしのぎ快適にスマホを操作できる優れたギアであると断言し推奨いたします。

 

・・・ただ

便利になることでさらなる要求、ニーズがとめどなく生じるわけで、

果たしてそれが正しいのかなどと逡巡することがあります。

しかし立ち止まることなく

動くことで現実化し、使いながら、かつ、使っていただきながら

検証し、商品としての役割を昇華させていくという姿勢は

この先も崩さずにいろんな提案をさせていただこうと思います。

 

という話の流れでラフロリーク!

来春商品でスマホ対応の割り切り商品を1アイテム投入する予定です。

楽しみにお待ちいただければうれしいです!

 

今後も懲りずにおつきあいお願い致します。

 ・

 ポケゴ通信 その37

スイクン6体ゲットしました♡

すべて未強化のCPです。

Pokémon GO_2017-09-04-06-11-11

初日金曜 初日だからと住宅街のジムを訪れましたが集まり悪くチャレンジできませんでした・・・

二日目土曜 三回で一体捕獲もCP1563とトホホ・・

CP1604に逃げられたときは・・・

三日目日曜 気合一発みなとみらいへ。

運良く同色ジムばかりで5回チャレンジでき、すべて捕獲という僥倖に恵まれました♪♪

 

しかも一体はCP1602と93%個体で大満足。

捕獲率脅威の75%です。

運使い果たしたでしょw

おかげ?でその後はチャレンッジしていませんw

 

で、ここのところはレイドパス無駄にせぬよう

一日一回行き当たりばったりにレイド戦をこなしていたら昨夜!

Pokémon GO_2017-09-06-23-55-55

 カイリキーの100%個体捕まえました♡

 

レイドバトル、38回目の捕獲にして初の100パーでした。

わざも素敵な組み合わせ!

 

EXレイド本日よりテスト始まっているようですね。

タノシミ!

 

そー言えば前回、伝説ポケモン収支を発表しましたが、

あのあと二回チャレンジでき二回とも捕獲に成功!

TOTAL   15/38  39.5%

から

17/40

となり、捕獲率は4割2分5厘となりましたw

ここまで来ると捕獲率とかより、ふしぎのアメとワザマシーン、10000XPの獲得が主たる目的ですよねぇ。

 

 

 

 

2017年 01月 17日 (火)

冬に目指すは半島! CRF250Lで行く夜明けの絶景ポイント

 

 

みなさま、おはようございます。

すっかり寒くなってきましたね。

今朝は会社の前の水たまりに氷が(汗)

1月も中旬となると

ここヨコハマあたりでも本格的な寒さを迎えます。

 

この頃になるとさすがに遠出する気が減るのが

普通のライダーなのですが

この寒さがゆえに

普段より景色が美しく見えるということで

あえて早起きして日の出を見に行くライダーも

意外に多いとか。

 

今回オレンジの表紙がまぶしい

モーターサイクリスト最新号

20170101 MC-1

人気ツーリング企画J-FUNのなかで

伊豆半島の河津、稲取、下田あたりを散策していた

廣瀬さんもその一人。

 

20170101 MC-2

稲取といえば

ススキ野原の細野高原が最近有名ですが、

廣瀬さんが朝日を見るために登ったのは

そのすぐ近くの風車が目印の場所、

東伊豆町風力発電所。

 

ココはまだ行ったことがないのですが

最近林道ツーリングにも目覚めた経理部O君が

少し前に行ってきたそうで素敵な画をゲットしていました。

Higasiizu wind

↑晴れていれば日中でもご機嫌な場所なんだとか♪

今度暖かくなったら行こうっと♡

 

この季節、関東旅好きライダーは内陸よりも暖かい

房総半島や三浦半島、伊豆半島などの

○○半島を目指します。

 

海沿いは雪の心配もありません。

なかでも伊豆半島は日帰りにもちょうどいいので

季節を問わず人気があります。

 

アクセスがしやすい東伊豆側は

時代を反映した最新施設から

ワケあって閉鎖された廃墟的なものまで

怪しいスポットの宝庫。

 

今回廣瀬さんは下田のペリーロード界隈まで

足を延ばしたようですね。

20170101 MC-3

20170101 MC-4

伝統的ななまこ壁の商店から

イグアナ、ワニ肉の串焼きまで…

怪しいオジサマのまわりには

怪しいものがいっぱいです(笑)

 

東伊豆の街角散策に廣瀬さんがチョイスした旅ギアは

RR7686 ラフウインターパーカー

RR7600 マルチネックゲーター

RR9452 F-ホルスター

RR8637 ウインドガードグローブEX

そして1泊旅だったということでCRFのシートには

RRR9402 AQA DRY ライドパック が括られています。

 

河津桜の伊豆半島、菜の花一杯の房総半島、

週末ちょっと一周の三浦半島。

関東のライダーは恵まれていますね。

もう少ししたら梅を求めて早春のツーリングシーズンです。

その際はちゃんと防寒対策をお忘れなく。

 

以上、そろそろ花粉症?で過敏になってきたので

RR7601 アレルキャッチャーネックゲーターが手放せない

ラフ広報 セキネ でした。

 

 

 

2017年 01月 12日 (木)

週末は今冬一番の寒波が襲来します。万全の対策はコレ!&ポケゴ通信其の7 帰省編@天竜峡

 

 

 こんにちは。

週末は大寒波がくるようで、

この冬の体調管理の佳境を迎えることになるようです。

 

ジャケット、パンツ、グローブが揃っているから大丈夫と侮っていると、

寒さにやられます。

これからの寒さ本番には「つなぎ目の首をケアする」ことで

万全の冬対策をすることをおすすめします。

 

どういうことかを以下説明します。

首と名のつく部位は血管が皮膚表面近くにあるため、

ラジエーターの役割を果たします。

 

首、手首、足首を外気に晒すと体内で暖められた血液が冷却され冷たい血液が循環するため、

体が冷えてしまいます。

せっかく温まった体が冷却され、

冷却が発熱に勝りはじめると体温を維持できなくなります。

 

夏であればその効果を利用するため、外気に晒すべきですが、

 冬は、

首はネックウォーマー、

手首はリストウォーマー、

足首はアンクルウォーマーで

外気から遮断することで体熱の放熱を防ぐことが肝要となります。

 

当社には優秀な冬小物が多数ありますので、

Ba-04

ニーズに合わせたチョイスが可能です。

 

かく言うわたくしめ ナンデモヤ O は通勤時、

首にRR7600 マルチネックゲーター、

足首にはRR5816 ゴアテックス®ストレッチオーバーソックスを使用しています。

7978_hole

手首はジャケットインナーのサムホールつき手首でしっかりガード。

万全の対策で寒さを感じずに快適な通勤をすることができています。

ツーリーングとなれば上級グレードのものにスイッチすればいいわけです。

 

寒さ本番を迎えました、

これで寒さ対策は万全!

大寒波を乗りきりましょう!

 ・

ポケゴ通信其の7

 

この正月三ヶ日は

妻の故郷、飯田で過ごしました。

横浜も暖かったようですが、飯田に通い始めて20年経ちましたが、

こんなに暖かい冬は初めて。。。

 

さて、飯田市は人口十万人と横浜の37分の一の規模。

ポケスト、ジムもそれに比例。。。

コイン集めどうしようかが悩みでしたが、

調べてみるとどうやら天竜峡がそこそこまとまってあるようなので、

通い始めて初めての天竜峡へレッツGO!

 

まずは一人で行ってみたんですが天竜峡のツツジ橋がなかなかにスリリング♡

両端のワイヤーの高さが腰の高さくらいしか無いため

「万一コケたら簡単に転落しそう」で鼓動が早くなります。

また早朝のため地元の散歩されている方と同じ目的の地元の方が数名で

観光客が誰一人いないのもあって不安が増幅。。。

IMG_2017-01-02-07165321

揺れて怖いつつじ橋をベロリンガが通せんぼ。。。

 

・・・ で橋を渡りきった先の断崖を九十九折に登った先に

ポケストが2ケあることをポケゴの地図が示しています。

 

いままででの観光であれば仰ぎ見る断崖に恐れおののき

あっさりUターンするところを迷わず登ります。

えっちらおっちら登る原動力になるポケゴが凄いのか?

はたまた自分が愚かなのか。。。

 

IMG_2017-01-02-07202987

龍角峯

53メートル絶壁の岩肌に天竜峡十勝のひとつ「龍角峯」の文字が

書道家の日下部鳴鶴(くさかべめいかく)によって刻まれています!

 

家族みんなにもこの自然のアミューズメントを是非体験させようと昼間に再訪。

6a0120a850207b970b01b8d250416e970c

ポケットモンスター達と記念写真をとってみたり♪

ポケゴのカメラ機能初体験でしたがポケモンがぴょんぴょんして

タイミング合わせるのが難しいいんですね。

 

IMG_2017-01-03-10441804

さー帰ろうと戻りかけたそのとき

聞いたことのない得体のしれぬ大きな音がどこからともなくするので

音源を探ると川面の天龍ライン下りの船からの櫓を漕ぐ音でした。

正体が知れれば「あ~。」なんだけど

場所が場所なだけに的な未知の生物を想像して少し怖かった・・・

ポケゴのやりすぎでしょうか???

 

地元の方が気さくに声をかけてくださり天竜峡のいろいろを教えてくださったり。。

みなさんも是非飯田に「おいでなんしょ!

 

新しい観光の仕方をこの歳で体験。

正直楽しかった。

ポケゴしてなければ天竜峡を訪れたかも定かでないし、

ポケストップがあるおかげで、

「行くか行かまいか」迷ったときに

「行く」が圧倒的に多くなりました。。。

 

そして妻の実家に戻ってから妻からのひとこと。

「昔わたしが誘ったときは行かなかったのに・・・」

 

脳天カチ割られましたorz

 

新年早々「妻のことを大切にせねば」と心新たにする

いい機会にも恵まれたというおまけ。

 

そう言えば元旦の夜、最寄りのジムが青色に9階建てに聳え立っているのを見つけたので

これ幸いと早速駆けつけ最後の枠を作って10階建てにし、9階の住人に収まれたので

「こいつぁ春から縁起がいいわい」

思ったのも翌日の朝まででした。。。

あっという間にインスティンクトさんに追い出されたので、

地方のトレーナーさんもあなどれないなと言うより熱いなと。。。

 

それでは皆さん週末風邪を召されぬようにお気をつけ下さい。

 

ポケゴの軌跡

其の一

其の二

其の三

其の四

其の五

番外編1

其の六

 

 

2016年 12月 16日 (金)

冬だからこそ寒いトコ派? 冬はやっぱりあったかいトコ派? あなたの旅はどっち?

 

 

 

こんにちは。

いやぁ~、鹿島アントラーズやりましたね!

歴史的快挙です!

祝!クラブワールドカップ決勝進出!

Jリーグ勢はもちろん、アジア勢初!

 

ってまた、のっけからサッカーネタでいつもすみません(汗)

でもホント嬉しかったもんで♪

 

個人的には

小笠原選手(岩手県)や柴崎選手(青森県)など東北出身の選手が多く

シンパシーを感じるチームだというのはありますが、

何といってもジーコ以来脈々と受け継がれる

勝利への貪欲さとメンタルの強さ、そこに魅かれます。

 

いまでこそべガルタ仙台やモンテディオ山形などもありますが

93年Jリーグ発足時、東北のチームはなくて、

まずファンになったのが鹿島だったんです。

その後、全盛期のジュビロ磐田、

というよりゴン中山選手のがむしゃらさが好きだったのですが

今の金崎選手をみていると

当時のゴン選手の姿がオーバーラップします♪

 

ベテランGK曽ヶ端選手をはじめ

鹿島の他の選手もみな

確実な仕事をチーム単位で遂行できる

玄人職人的なプレーが光ります。

きっと総合力で白い巨人レアルマドリッド相手にも

いい勝負ができると信じております。

 

開催国チャンピオン枠参加ですが

「ルール」を最大限に活用できるのもまた強い証拠。

18日(日)19時、横浜で再び歴史が動くかもしれませんよッ!

ゼヒ、みなさま要チェックで!

 

って、だいぶ興奮して取り乱してしまいました(汗)

 

さて、ここからが本題です。。

 

 

今年もあと2週間ほど、だいぶ寒くなってきましたね。

ラフアンドロードのお客様の中には

この時期にあえて寒さの厳しい山間部や

極寒の北海道ツーリングに行く人などもいますが

こう寒くなってくると、

ここヨコハマでさえバイクに乗らない人が増え、

あったかい時だけ走りに行く、という人が多数派となります。

 

そういう方たちにとっては

ラフ&ロード得意の極寒仕様のウエアは

オーバースペックで必要のないもの。

となると、 コストパフォーマンスが良くて

もっと軽くて気軽に着られるものはないの?

ということになりますが

おまかせください、たくさんありますよ♪

 

たとえばロング丈のウエアならば

RR7685 デュアルテックスウインタートレイルツーリングジャケット

あるいはショート丈ならば

RR7680 ウインターライダースジャケット

以上2つはいずれも1万円台中盤、中綿内蔵タイプで

着心地も軽く普段使いにおススメ。

 

パンツはコストパフォーマンスが高くサイズ豊富な

RR7716 クイックオープンオーバーパンツ

コレで間違いナシ!

 

あとはインナー類で適切なレイヤードさえしていれば

積雪のないバイクで走れる

大概のエリアならば問題ないハズです。

 

 

 ところで、この時期のバイク雑誌では

冬ならではのツーリングの素晴らしさをいろいろ

アピールするものが多く見られます。

とはいえ

冬季でも走れるエリアは限られるわけで、

だからこそそのエリアの最新情報が気になります。

 

モーターサイクリスト最新号では

そんな冬旅の情報がエリアごとにまとめられています。

20161201 MC-1

冬旅の浪漫、寒風を突け!

20161201 MC-2

先日ツーリングで訪れた忠ちゃん牧場の草原も

ススキが終わり一面の枯れ野原。

記事内にもありますが走り出すときの勇気さえあれば

たとえ同じ場所でも

夏とは違った景色を見られるのが冬ツーならではの楽しみ。

 

記事内のこの時期でも走りやすい

日本列島南側の

沿岸部や半島部の紹介を見ていると

年明けのツーリング初めはどこに行こうか、

どっぷり考えている自分がいました(汗)

 

 

 

 神奈川と同様、僕が学生時代を過ごした静岡も

冬でも暖かくバイクで過ごせる期間が長い地域でした。

モーターサイクリストで好評連載中の

廣瀬さんのツーリング企画 J-FAN では、

その静岡の内陸部、冬直前の大井川上流エリアを探索。

20161201 MC-3

20161201 MC-4

茶畑の広がるなかSLが走る、

THE 日本の原風景 がそこにはあります。

静かでやさしい時間の流れが誌面から伝わり

何とも言えぬ懐かしさを感じるのは僕だけではないはず。

 

小春日和の日射しの中で廣瀬さんが着用しているのは

春物の RR7224 ラフパーカー

静岡あたりだと冬でも暖かい日は

春物にインナーレイヤードで十分対応できるんですね。

ちなみにバッグはRR9016 コンバーチブルエコバッグ

RR9452 F-ホルスターでコンパクトにまとめています。

 

こういう気軽に着られるウエアの時こそ、

冬小物をうまく活用したいもの。

手首、足首、首など

「首」と名の付く狭い場所は血管が集中するため

冷えやすいので

しっかりカバーして体温低下を防ぐようにするのが大切です。

 

RR7600 マルチネックゲーターなどは生地が薄手で

着膨れすることなく、うまく隙間をふさぎ、

なおかつワンポイントでカラーを加え

スタイリッシュにまとめることもできるので

無粋になりがちな装いのアクセントに最適♡

 

適度な通気性があるので

逆にシールド内側やメガネがくもりにくいのもGood。

 

 

以上、ジェットへルメットにしてから顎部分が冷えるので

ネックゲーター類がマストアイテムな

ラフ広報 セキネ でした。

 

 

 

 

 

2016年 12月 6日 (火)

「冬の究極ウエア」は意外と少ない?

 

 

 こんにちは。

今晩から寒気が南下し明日からまた寒くなりそうですね。。。

ここヨコハマは

街路樹のイチョウも見頃を過ぎ

毎朝落ち葉掃除が忙しい師走です。

 

 

毎日バイクで走っていると

そろそろショート丈のジャケットは厳しいかな、

と感じる気温。

いくら地球温暖化と言えども

身体をむき出しで走っているライダーには

やはり冬は寒いことに変わりありません。

 

 

ところで、

ラフアンドロードは他のバイク用品メーカーにくらべ

ロング丈ジャケットのラインナップが多いとよく言われます。

 

それは決して見た目だけのカッコよさだけではなく

実際に毎日バイクに乗っているスタッフが

「で、実際はどうなのよ?」

といろいろなアイテムをためしてみて

「本当に使える機能とスタイル」を追求した結果。

 

 

その一方たとえ少数派であったとしても

様々なお客様の要望に応える形で

製品化することも

ラフアンドロードの役割だと思っています。

 

それは時として

真冬の北海道のアイスバーンを

最北端を目指して旅する

極限の状況を楽しむライダーからの要求にこたえるため

市街地ではオーバースペック?

とも思えるようなアイテムをもラインアップする。

ラフアンドロードは

そんなマニアックなメーカーでもあります。

 

いずれにしても

「真冬に温かく安全快適に走れるウエア」

これを作っているメーカーは

実はそんなに多くはありません。

 

 

そんななか今回の培倶人最新号では

冬こそ楽しい快適なツーリングを

安全に楽しむためのノウハウを特集。

20161201 bikejin-1

 

特集の冒頭でもある通り

実は「冬こそ楽しい」という側面が

バイクツーリングにはあります。

20161201 bikejin-2

 

ただ、真夏と比べて適切なアイテムを

正しく使用しなくてはライダーのうけるダメージが

ハンパないのもまた、冬のツーリング。

 

そのためには基本的なレイヤードはもちろん

襟まわりや袖口、メインファスナー、

各種前立てや調整ベルトなど

きちんと正しく利用することが大切です。

20161201 bikejin-3

さまざまなノウハウをきちんと守ってこそ

安全快適な極上の冬ツーリングを堪能できる、

というわけですね♪

 

 

これからますます寒くなっていく季節、

ハードに走るツアラーにピッタリなウエアを

「買いたい新書」のコーナーにてご紹介いただきました。

20161201 bikejin-4

文字通り、冬の極寒厳冬期にも対応する

RR7656 ハードウインタージャケットFP

は、ラフアンドロードの伝統の冬の1着です。

 

まぁ、そこまで頻繁に冬ツーリングはしないよ、という方。

そんなアナタにも自分のライフスタイルに合わせ、

たとえ小物だとしても冬のバイクライフを豊かにするものがきっとあるハズ。

 

願わくば多くのライダーがそんなアイテムを通じて

冬ツーの魅力に気づきますように♪

 

そんなことをサンタクロースにお願いしてみた

ラフ広報 セキネ でした。

↑サンタもどうすりゃいいかわからない?(汗)

 

 

 

全国取扱い店
全国取扱い店
直営店舗
ラフ&ロードSHOP site
WEB SHOP
ラフ&ロードweb shop
ラフ&ロード楽天市場店
ラフ&ロードロードアウトレット

NEW!旬の特選アイテム

  • おすすめレイヤード術高機能インナーを効果的にレイヤードすると、相乗効果でナルホドなあったかさ!

▼カタログ▼

オススメ 特集

  • R&R MOVIE製品の取り扱い方法や、説明を動画でご覧いただけます。

ブックマーク/RSSリーダー

2020年2 月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29