広報 セキネの記事

2018年 07月 12日 (木)

無くなって実感する「大切な存在」。 「バイクに乗り続ける」という幸せを満喫する夏。

 

 

皆さま、こんにちは。

ラフ広報 セキネ です。

 

関東では暑い夏が本番を迎えておりますが

今回の西日本豪雨によりお亡くなりになられた方々とご家族、

いまなお懸命に救助活動されている皆さまや被災された方々、

そしていまだ避難所生活をされている皆さまに

一日でも早く「安らかな日常」が戻りますよう心より祈念申し上げます。

 

・・・さて、今回は無くなって初めて実感する

「大切な存在」について。

 

我々バイク乗りは日々バイクに乗れることを当たり前のように感じ、

ともするとその「ありがたさ」や

「精神的肉体的な恩恵」についても忘れがちなもの。

 

ところが事故で怪我をしたり、

諸所の事情でバイクを手放したり、

あるいは天災に見舞われたりして

「バイク」や「バイク生活」を失った時はじめて

その存在の大切さを再認識します。

 

「孝行したい時に親はナシ」とはよく言いますが

普段から身近で当たりまえな存在ほど

本当は貴重でかけがえのない存在なのです。

 

この夏は「いつものバイクライフ」ではなく

「かけがえのない夏のバイクライフ」を

噛みしめながら満喫したいですね。

 

 

そんな夏に創刊より12年たつ

風まかせ」が突然、

今回の号をもって定期発行を休止するとのこと。。

20180706風まかせ-1

創刊当時、まだ30代前半だった僕は久々に読み応えのある

丁寧な造り方をするバイク雑誌が登場したなぁと思いつつ

そうは言ってもどちらかというと先輩方向けの雑誌、と認識しておりました。

 

12年たち、内容的にも毎号楽しみになる連載があったり

自分たちの世代にもピッタリしてきたなぁと感じていたところだったので

まさに「無くなって初めて」その貴重さに気付く一冊でした。

 

今回はその集大成ともいうべく

巻頭で関東ライダーのツーリング先の王道ともいうべき

「伊豆半島」を栗栖さんがかみしめつつ旅しています。

20180706風まかせ-2

20180706風まかせ-3

これまでの伊豆ツーリングを振り返りつつ

これからの伊豆ツーリングにも思いを馳せる感慨深い記事でした。

 

また第二特集では「カッコいいオヤジの矜持」としてこの夏、

スタイリッシュに着こなすためのウエア類を紹介いただきました。

※写真クリックで詳細情報へ飛べます↓

20180706風まかせ-4

20180706風まかせ-5

20180706風まかせ-5-

「オヤジ」とはいっても颯爽とカジュアルにバイクを乗りこなす、

そんな存在でありたいと再認識させられたセレクトです。

 

まもなく入荷してくる RR5847 ラフライディングスニーカーSL

そんな大人のライダーの足元に

更にアダルトな雰囲気を醸し出すこと間違いナシ。

▼ 8月上旬ごろ、入荷予定です ▼

巻末では武田カメラマン12年の珠玉の作品の数々を一挙掲載。

あらためて、四季折々、

日本のバイク乗りであることの幸せを感じる

そんな旅情たっぷりの誌面で締めくくられていました。

20180706風まかせ-6

20180706風まかせ-7

20180706風まかせ-8

なんでもない毎日、いつものバイクライフがかけがえのないもの…

いろいろ考えさせられる出来事が多い今夏ですが、

しっかりと楽しみましょう! 日本のバイク乗りとして!

 

 

以上、4年に一度のワールドカップも残すところあと

14日23時~3位決定戦:ベルギー対イングランド

15日24時~決勝:フランス対クロアチア

の2戦だけになりなんだか妙に感傷的な

ラフ広報 セキネ がお伝えしました。

 

 

あ、

セキネ希望は2-1 クロアチア逆転で初優勝、

3位 3-2 ベルギー で(笑)

やっぱり最後はスターたちのゴールラッシュ、

見たいですよねぇ♪

 

 

 

2018年 07月 3日 (火)

ネオレトロスタイル 「BMW R nine T アーバンGS」 で行く信州林道出会い旅。 そしてサッカーも新旧スタイルの移行過渡期? ロシアW杯で日本ベスト8ならずも…

 

 

 

みなさま、こんにちは。

ここ半月ばかりワールドカップ観戦で

常に寝不足のラフ広報セキネです(汗)

あれ、眠すぎて前回と書き出しが被ってますか?

 

ところで、今朝の日本対ベルギー

ホント凄い試合でした。

 

日本は試合の入りから素晴らしい集中力を維持しつつ

前半を計画通りの0-0で折り返し。

後半開始早々から

原口選手、乾選手のスーパーゴールで

一時2-0とリードしていたころまでは

本当に夢見心地でした。

 

ところがベルギーは身長194センチのフェライニ選手を投入したあたりから

なりふり構わぬパワープレー織り交ぜの本気を出し始め

身体能力を生かしたヘディングシュートで連続ゴールを奪い同点とすると、

アディショナルタイムの最後に日本のコーナーキックを

GKクルトワ選手がキャッチし、すぐさま逆襲の高速カウンターへ!

一瞬の集中の途切れを突かれた日本は陣形を立て直す暇もなくあっという間に失点。

そのまま無情なタイムアップの笛…

 

サッカーの神様は「日本にはまだ早い」といったのかもしれません。

試合後の西野監督の「何が足りなかったんでしょうかね…」というコメント、

そして香川選手の「これがサッカーです…」という言葉。

いろいろな想いが、胸に刺さりました。

 

直前監督解任などいろいろありましたがやはり

いちサッカーファンとして今回の「日本代表」を誇りに思います。

サムライジャパン2018、本当に本当にお疲れ様でした。

 

ここまでのW杯を中間総括すると

メッシやCロナウド、レバンドフスキといった強烈な個に頼るチームはもとより

ここ数年栄華を誇ってきたスペインのポゼッションサッカー、

そして高次元でバランスされたドイツのサッカーなどが

綿密に研究され十分な対策と決定的な高速カウンターにより

たったの一撃で沈められてしまう、そんな異常な、

というよりもこれまでの価値観が覆される大会であるように思います。

 

いまベスト8に残っているベルギー、フランス、ウルグアイ、

そしてブラジルですら一昔前のように無駄なテクニックに溺れることなく

ここぞという時のカウンターの速さと鋭さは超一級で

絶対に得点まで持っていきます。

そんな強豪ですらソリッドでシンプルな戦い方をしているのです。

 

賛否両論はあるかもしれませんが

ハリルホジッチが目指したデュエルの強さとタテに早いカウンターが

ある意味今現在の世界基準だとすると

日本の戦い方はそれプラス柴崎選手や乾選手、香川選手に見るように

足元の正確な技術とあうんの呼吸による3人目、4人目の連動、

これが次期サムライジャパンの目指すべき方向なのかもしれません。

 

4年後、

おそらく主力の大部分が入れ替わる日本代表は

今回の代表が見せてくれた戦い方を深化させ、

日本らしい俊敏性と各局面で常に数的優位をつくる統率された動き、

これに途切れることのない集中力と個の強さ、

絶対にブレない強いメンタルをもって臨んでくれると思います。

4年後、カタールで今度こそベスト8、

期待してます!

 

 

 

さてさて、前置きが長くなりましたが

ここからが本題です。

 

今回は初夏の気持ちいいツーリングスポット

「走りの楽園=信州」 にフォーカスした

モーターサイクリスト最新号から。

20180701MC-1

 何本か巻頭特集がある中で

廣瀬達也さんが今回旅の相棒に選んだのは

BMW R nine T アーバンGS。

20180701MC-2

昨今のバイク業界のネオレトロブームのなかでも

もっともオーセンティックな雰囲気を感じさせる1台。

程よくレトロなデザインにコダワリの空冷ボクサーエンジン、いい雰囲気です。

20180701MC-3

20180701MC-4

地元の人だから知りうる未知の林道、そして懐かしい人たちへの再開。

ディープな信州の魅力を満喫したようですね♪

 

 ここで広瀬さんがこのアーバンGSに合わせたアイテム類は

RR7314 ラフメッシュパーカー

RR7501LF バイカーZIPメッシュパンツLF

RR8420 タクティカルグローブ

RR9021 SHMバリアブルシートバッグ

RR9508 S-ヒップパック

全体的に柔らかくカジュアルなイメージのアイテムがアーバンGSにもお似合いです。

スタイル重視で思ったほど積載力がないバイクなので

小型シートバッグとボディーバッグの組み合わせも有効ですね。

 

 サッカーもバイクもそしてバイクに乗るスタイルも、

急激な変化がここ数年で一気におこっているように感じます。

そうした変化にちょっとしたノスタルジーを感じているのは

やはり今朝の敗戦のショックがあるからでしょうか…

 変化を受け入れ、この夏はその先へ進化したいものです。

 

 

 さて! 

7月に入りました!

関東は梅雨明け、本格ロングツーリングシーズンスタートです。

きちんとUV対策をしてこの夏もバイク生活を満喫しましょう!

 

夏のお役立ちアイテムはコチラからどうぞ▼

清涼ウェア・グッズ

 

以上、月末はW杯で疲れた体を焚火で癒そうと

キャンプの計画を考え中の

ラフ広報 セキネ がお伝えしました。

あ~、眠い。。。

 

 

 

2018年 06月 23日 (土)

全世界へ配信 「大迫ハンパないって!」  祝!コロンビア戦 勝利! この夏、旅をバックアップする 「ラフロの○○○も ハンパないって!」

 

 

 

皆さま、こんにちは。

ここのところ連日W杯観戦で常に眠い、

ラフ広報 セキネ です(笑)

 

今大会は王者ドイツがメキシコに負けたり、

アルゼンチンがグループリーグ敗退の危機を迎えるなど

波乱が多い大会ですが、そんななか、

いやあ、やりましたね、日本初戦勝利!

 

祝!日本 2-1 コロンビア!

 

開始早々のPK、数的有利、相手監督の采配ミスなど

いくつかの条件が重なって得た勝利とはいえ

すべての選手、監督、スタッフ全員で勝ち取った貴重な勝ち点3。

 

なかでも攻守にわたって大活躍の大迫選手は

ホント、ハンパないです(笑)

 

 次は24日24時~の対セネガル戦

驚異の身体能力とスピードで先日の欧州CL決勝でも得点

今回はH組最強と言われたポーランドを撃破した

好調のマネ選手をいかに抑えるか。

 

また、セネガルはこれまで2回しかW杯には出ていないものの

前回初出場の2002年日韓大会では

開幕戦でいきなり98年王者フランスを破り

最終的にはベスト8に入るなど

文字通りジャイアントキリングを得意とするチーム。

そして今大会でセネガルを率いるのは

その2002年の時キャプテンだったシセ監督

 

むこうも決勝トーナメント進出に向け全力で来る

好勝負間違いナシの一戦、是が非でもライブで見るしかないっ!

 

そしてそれを日テレで見るかNHKで見るか(笑)

結果以外に解説のキャラクターで楽しむ、

そんなマニアックなW杯も楽しいですよ。

 

 

 

さてさて、本題です。

 

今回はロングツーリング特集のタンデムスタイル最新号より。

20180624 タンスタ-1

20180624 タンスタ-2

千里浜を駆け抜けるVストローム250。

今回のタンスタはスタッフが文字通り足で稼いだロングツーリング企画が満載。

夏を目前に参考になる情報がたっぷりです。

 

その中でロングツーリング向けにシートバッグ特集があり

ラフロードオリジナルバッグを多数ご紹介いただきました。

※画像クリックで対応アイテムの詳細へ飛びます。

20180624 タンスタ-3-1

20180624 タンスタ-3-2

20180624 タンスタ-3-3

20180624 タンスタ-3-4

20180624 タンスタ-3-5

20180624 タンスタ-3-6

 

20180624 タンスタ-4-1

20180624 タンスタ-4-2

20180624 タンスタ-4-3RR9022RR9032へモデルチェンジしています。

 

20180624 タンスタ-5-1

20180624 タンスタ-5-2

 

以上、8アイテムを各種サイズ、タイプごとにご掲載いただきました♪

サッカーでいうと先発の半分をうちの選手が占めている、

そんな状況でしょうか(笑)

 

それもそのはず、

ツーリングバッグの選手層の厚さときたら、

まさに

 「ラフのツーリングバッグのラインナップ、ハンパないって!」


20180624 タンスタ-6

 

ひとつのメーカーでここまでラインナップがあるのは

おそらく業界イチかと(笑)

 

さまざまなバイクや旅のスタイルお客様の要望におこたえしていったら

ラインナップ、ハンパないって! という状態です(爆)

 

▼見やすくまとまった早見表はこちらからご覧になれます▼

2013 バッグコレクション



この夏は自分のチーム (バイク)、戦術 (旅のスタイル) に合わせ

選手 (バッグ) を選びピッチ (ツーリング) に立たせましょう!

ご不明な点があればダイナミックセール絶賛開催中のラフ直営店へGO!




いいスキルを持ったコーチ (ショップスタッフ) が

決勝ラウンドへのアドバイス (旅のアイテム選びのノウハウ) をしてくれますよ!

ん~、

たとえがサッカーばっかりでわかりにくいですかね(汗)

 

以上、25日もサッカー観戦できっと眠いハズの

ラフ広報 セキネ がお伝えしました!

 

何とかセネガル戦で決めてくれ~

ガンバレ、サムライジャパン!

 


 

2018年 06月 9日 (土)

スイス代表の強さは基礎力の高い個々が黒子に徹する平常心の賜物? そして2018年 夏、BMW GSシリーズやS1000RRに似合うメッシュジャケットはコレだ!  

 

 

みなさま、こんにちは。

梅雨入りして降ったり晴れたりはっきりしない天気にも関わらず?

4年に1度のサッカーの祭典を前に

テンション高めのラフ広報 セキネ です!

 

早速ですがW杯直前強化試合のスイス戦について。

世界ランキング6位のスイス

これといったスター選手がいるわけではないものの

欧州主要リーグのチームで主力級の選手がほとんどで

チーム全体のアベレージが非常に高いチーム。

それだけにスター選手の調子に左右されるといったこともなく

現在の地位を着実に築いてきた良いチームでした。

 

試合開始早々から非常に早いペースで

個々の選手のトラップやパスの精度はもちろん、スピード、

球際のデュエルが高いレベルでぶつかり合う展開。

 

序盤こそ日本も何とか対応、大島選手が左右に展開し

宇佐美選手、原口選手が駆け上がることで幾度かチャンスを作るものの

結局はいつもの「決定力不足」が露呈。

中盤からのプレスが甘くなったところ後手に回ったDFがファウルでPK、失点…

 

後半はタッチライン際を精力的に動き回るシャキリ選手に付ききれず

左右に振られ失点し0-2敗戦…

小さな差の積み重ねが決定的な結果として現れた、そんな試合でした。

 

ここ数試合DFやGKのミスが目立ちますが、

依然として点の取れないオフェンスは

ちょっとバラバラで重症な感じです。

 

何かきっかけがつかめれば急に爆発する、

なんてこともFWにはあるのですが…

今はそのきっかけすら見えない状況。

最後の強化試合、

12日のパラグアイ戦で間に合ってくれるといいのですが。。

 

 

先日の天皇杯2回戦ではガンバ大阪が関西学院大に、

名古屋グランパスエイトが奈良クラブに敗れる波乱がありましたが

サッカーとは時に気持ちが結果を左右する競技だとあらためて感じました。

 

スイス代表の選手たちは自分たちのプレーに対する自信はもちろんですが、

どんな不利な状況でも慌てず落ち着き、

ここぞというところでしたたかに結果を出す、

メンタルのコントロールが非常にうまい選手がそろっているのだと思います。

 

W杯本番で、

予選突破は圧倒的に不利と思われている日本だからこそ

逆に余計なプレッシャーを感じずに、心と頭を冷静に保ち

しっかりとした「強い気持ち」を持つことによって、化けるのではないか?

そんな期待を胸に19日は初戦、対コロンビア戦を迎えたいと思います!!

 

ガンバレ!ニッポン!

 

 

 

さて、ここからが本題です(汗)

 

今回はBMWオーナー、ビーマー必読の書

BMW BIKES 2018夏号 より。

2018夏BMW BIKES-1

残雪の残る志賀草津道路から、万座道路入口のヘアピンですね~。

春先の気持ちいい青空と空気感に

「あ~、走り行きてぇ~!」

ってなりますよね♪

これから夏にかけても絶景の連続間違いナシのエリアです。

 

櫻井編集長になってから、

より 「BMW=旅バイク」 的な色が濃くなって

ビーマーの皆さんもきれいな絶景写真を毎号楽しみにしているかと思います。

今回のメイン企画はその名も

BMWで走りたい日本の絶景道50選

2018夏BMW BIKES-2

読んでいるとつい 「やっぱりGS欲しい病」 がはじまっちゃいますね(汗)

もっとも最近気になるGSは R1200GS や F800GS ではなく

ちょっと亜流な? R nine T urban GS とか G310GS ですが(笑)

 

また、今回のBMW BIKESで2018年の夏、

ビーマーへおススメのメッシュジャケットとしてご紹介いただいたのは

RR7319 ライディングメッシュジャケット

2018夏BMW BIKES-3

RR7319

RR7319

このジャケットは旅バイクの代名詞、GSシリーズはもちろん

S1000RRなど前傾のきついスーパースポーツにも似合うよう

キレイなシルエットで、肩まわりは動きやすく

ジャストフィットする新型パターンを採用しています。

 

もちろん、旅ウエアを得意とするラフロ製ですので

要所に配置したポケットや反射素材による高い被視認性など

機能、安全面でも抜かりはありません。

暑い夏をクールに乗り切れること間違いナシです♪

 

BMWだったら純正ウエアがいい、

という方も多いかと思いますが

一度先入観を取っ払って袖をとおしてみると

「あ、コレいいんじゃない?」

となると思いますよ♪

 

メッシュジャケット同様、梅雨が終わって走り出すまえに

ぜひ下記の快適清涼アイテムINDEXも要チェックで▼

清涼ウェア・グッズ

夏の本格ツーリングシーズンが待ち遠しいですね…

ロングキャンプツーリング、行きたいです。。(←心の声が漏れててスイマセン)

  

以上、

スイス戦リアルタイム観戦でやや寝不足気味の

ラフ広報 セキネ がお伝えしました。

 

 

 

 

2018年 06月 5日 (火)

バイク用プロテクター選びも攻撃的3バックを採用したサッカー日本代表も、大人の守りで突破せよ! 

 

 

 

みなさま、こんにちは。

ラフ広報 セキネ です。

今回もまたまたサッカーネタから失礼します(汗)

 

さっそくですが

先週の西野ジャパンの初陣

ガーナ戦を皆さんは見ました?

 

ベテランで固めたはずの日本代表で

およそベテランらしくない守備の乱れからの2失点。

ロシアW杯にはでませんがFIFAランキング上位を相手に

流れから崩されてはいないのがせめてもの救いでしょうか…

 

実は今回の先発フォーメーションを見たとき

個人的にはちょっとおもしろいな、と感じました。

 

まず長谷部選手のセンターバックコンバートによる3バック。

所属しているフランクフルトでは実証済のシステムですが

運動量の多い長友選手、原口選手のウイングバックと

サッカーIQの高い長谷部選手がいてはじめて成立する、

実は「攻撃的」なスタイル。

 

もちろん最初に点が取れれば

対戦相手に応じて試合中にこれまでの「守備的」な4バックに

途中変更するというのもアリだと思います。

 

限られた時間と戦力のなかで

最大限の結果を出そうと思った時

「ハートは熱く頭はクールに。出来ることを確実にやる」

という西野監督の想いは見えた試合だったかと。

 

攻めもやりつつ守備も抜かりなくやる、

そういう細かな修正や調整をやりとりするときこそ

同じ日本人監督だからやりやすい、ということもあるかと思います。

 

 

とはいえ「なでしこジャパン」然り、

抜群に得点能力の高い選手がいない日本は

やはりギリギリまで個々の連携を研ぎ澄まさないと

世界とは戦えないのかもしれません。

 

残り8日の対スイス戦、12日の対パラグアイ戦の強化試合で

スタッフと選手たちの意思統一が極限まで高まれば

本番ではサプライズが起こるかもしれませんね。

まずはグループリーグ突破、頑張ってほしいものです…

 

 

さてさて、本題です。

 

今回は新緑の中「一生ライダー宣言」のタイトルが印象的な

バイクジン最新号から。

20180601 bikejin-1

一生現役ライダーでいるために

大先輩たちのバイク選びと意識の持ち方、

そして備えるべき装備について考察した号です。

 

そのなかでイザという時の備えに

大人のプロテクター選びなる特集が↓

20180601 bikejin-2

20180601 bikejin-3

この中で部位別に下記のアイテムをご紹介いただきました。

RR10060 フルボディーガード

RR10062 ダイレクトチェストプロテクター

RR10061 ボディープロテクターベスト

RR10071 ハードエルボーガード

RR10035 ニーシンガードオーバーニー

 

ラフアンドロードでは上記以外にも

用途にあわせて多数の商品をラインナップしています。

▼下のバナーから全プロテクターラインナップをチェックできます▼

プロテクター 早見表 Quick Index

 

最近のトレンドはいかにもゴツいプロテクター、というものから

取り外しが簡単で必要最低限のスマートなモノへと需要が変化しています。

 

みなさんご存知のように

プロテクターを付けたからといって「バイクは絶対安全」ではありません。

大切なのは自制心、「大人の守り」が出来るココロのプロテクター、

 リスク管理の出来る大人の理性です。

 

冒頭の長谷部選手のように最終ラインを統率し、

どんなときにも慌てない 「心を整える」 術をもった大人のライダー、

 そんなゆとりある気持ちと心で愛車や装備を選び、

一生現役ライダーでいられたら最高ですよね。

 

以上、中学時代をパラグアイで過ごしたので

12日は両国国歌斉唱から全力応援予定の

ラフ広報 セキネ がお伝えしました。

 

あ、もちろん今回は、日本を応援しますよ(笑)

 

 

 

 

2018年 05月 26日 (土)

この夏イニエスタがやってくる! の前に梅雨が来る…レイン対策は大丈夫ですか? 人気のスニーカーに新色「ブラック98」登場! その名の由来とは? 

 

 

 

みなさま、こんにちは。

前回ブログ冒頭でもありましたが

大事なことなのでもう一度言います。

 

イニエスタ、日本に来ちゃいましたね!

 


 ※ヴィッセル神戸HPより転載

 

一流選手がキャリア終盤で来日することは

これまでもあったわけですが

まだまだトップレベルの超一流がJリーグに来ることは

本当に、本当にスゴイこと!

 

今年はW杯が終わった後、

毎回やってくるW杯ロスがなくて済みそうです(笑)

今後この「イニエスタ効果」により

日本がワンランク上のレベルに上がる契機になればと願います。

非常に楽しみですね!

 

 

さてさて。

ここのところの気持ちいい陽気で忘れてましたが

まもなく今年も 梅雨 がやってきます。

今年は気温が高く雨が多い予想がでていますね…

 

ニッポンのライダーである以上

この梅雨や雨対策は避けて通られないのはご存じのとおり。

 

梅雨直前のこの時期、

単車倶楽部最新号の別冊付録で

レインスーツの最新事情がまとめられていました。

20180524 単車倶楽部-1

20180524 単車倶楽部-4

その中でご紹介いただいたのはいずれもロング&ベストセラーアイテム。

RR7806 デュアルテックスBIBレインスーツ

RR7917 OutDryストレッチオーバーソックス

RR5826 コンパクトブーツカバーロング

 

20180524 単車倶楽部-3

RR8762 OutDry EGプロテクショングローブ

RR8912 ラフレイングローブ

 

レインアイテムは他のライディングギアと比べても

使用環境が厳しいわりに雨の日以外ではなかなか登場しないため

いざ使おう、と思った時シームが劣化していた!なんてことも。

使用後の乾燥、メンテ、保管も抜かりなく。

 

あ!新しいの買っておかなきゃ!

という方はお早めに決算セール開催中のラフ直営店へGO▼

 

 

そして、夏を目前に人気の

RR5837 ラフライディングスニーカー に

新色のブラック98が追加ラインナップ!

早速入荷してまいりました♪

 

従来からあるブラックと何が違うのか?

上が新色ブラック98、下がブラック。

BK98-BK

ソール、つま先、シューレース、サイドファスナーのテープ部分がすべてブラックに。

ブラック98は、より大人の雰囲気をお楽しみいただけます。

 

靴底を見てみると…

ブラック98は底もブラックにする徹底ぶり!

BK98sole

ちなみに他の従来色はこげ茶色↓

BKsole

ここまで黒にコダワったのに

なぜ「オールブラック」ではなく「ブラック98」なのか?

 

それは98年のフランスワールドカップまでさかのぼります…

当時母国を優勝に導いたフランス代表の絶対的エース、

現レアルマドリッド監督のジネディーヌ・ジダンが

普段ことのほか愛したのが漆黒のスニーカーだった!

 

なんてことはなくて(笑)

 

ソールサイド部分に見える白い線が2本、

100%ブラックからマイナス2本で98?

ん~、じゃブラック98で!

というやり取りが企画段階であったとかなかったとか…

 

いずれにしても意味深な数字で

ちょっと気になりますよね。

ということで採用されたのがココロに残る色名

「ブラック98」

他色ともども引き続きご贔屓くださいませ♪

 

 

以上、さわやかな陽気に誘われて休日は

午後からぶらり三浦半島1周ツー、

次回キャンプ候補地下見をしている

ラフ広報 セキネ がお伝えしました。

Miura1

Miura2

スナフキン部の第3回活動は梅雨の隙を狙って

三戸浜(みとはま)あたりにしようかな…

 

 

 

2018年 05月 19日 (土)

5月終盤は SSTR に YBC、ライダー主役のイベントが目白押し!  そしてラフロリークス! 秋冬新作撮影に BOLT が初登場!

 

みなさま、こんにちは。

 

日に日に気温が暑くなり日本各地で

5月から夏日を記録する今日この頃、

いかがお過ごしですか?

 

本格ツーリングシーズンを迎え、この5月末は

各地でツーリングやキャンプイベントが目白押し。

近年ではSNSによる情報拡散で参加者が爆発的に増え

募集してすぐに定員になってしまうイベントも多くなってきましたね。

 

 

たとえば今回で7回目を迎える

 

SSTR(サンライズ・サンセット・ツーリング・ラリー)

 

ご存知、カリスマ冒険家こと風間深志さんがプロデュースするツーリングラリーイベント。

今回は 5月26日、27日 にかけて開催されます。

日の出とともに太平洋側を出発し一定のミッションをクリアしつつ

日没までに日本海側の千里浜に集結するイベントで

今年は3000台の参加があるそうです(汗)

 

ラフアンドロードでも草創期からステージイベントへの商品協賛など

ご協力させていただいております。

先日は俳優でラリーライダー、SSTRスタッフでもある風間晋之介さん

ご挨拶にいらしてくれました!

S.kazama
非常に物静かな語り口でしっかりと自分の意見を持ったナイスガイ。

情熱的なお父さんとはまた違った、しなやかな力強さを感じました♪

晋之介さんももちろん千里浜でのゴール後のイベントに参加されるとのことです。

豪華なゲストによるトークショーやライブも見どころですね。

 

 

さてさて、

ラフアンドロードが協力するイベントは他にも

もっと一般ライダーに近いイベントもあります。

 

YBC(ゆっくりブートキャンプ)

 

もともとは同好の士であるソロキャンパーの集いだったものが

年々規模を拡大していき

現在は毎回 500名以上の参加があるとか。。

第11次の今回は 5月19日、20日ふもとっぱら

26日、27日 かわせみ河原キャンプ場 で開催するとのこと。

 

ラフアンドロードからは下記の商品とカナロゴステッカーを

 ビンゴ大会用に協賛させていただきました。

このように、最近のイベントには

もともと発端はオフ会レベルだったものが

ニコ動やSNSによる情報のリアルタイム拡散で

一気に規模が拡大する、という特徴があります。

 

いずれにしても非常に多くのバイクが集まるので参加者の皆さまは、

それぞれがバイク乗りの代表だという意識をもって

開催地域の皆さまに歓迎されるよう

節度ある行動のもとお楽しみください♪

 

 

 

こうしたツーリング好きなライダーに向けて

ラフアンドロードでは早くも新作秋冬商品のカタログ撮影が始まっています。

 

今回撮影車両としてヤマハさんからお借りしたのは…

BOLT

2018-05-14 11.14.19

いまでは数少なくなってきた国産アメリカンの代表格。

個人的に今までこの手のバイクになじみが薄かっったのですが

独特のライディングポジションと大柄な車体を今回初体験。

 

首都高湾岸線をゆったりと80km/hで 気持ちよくクルージングしていると

頭の中で「Born to be wild」が流れます♪

ズバリこれはこれでアリだな、という好印象。

 

それ以上のスピードを出したいとは思わせない

絶妙なポジションとエンジン特性。

たとえば北海道や九州などの地平線を感じさせる大地が

良く似合うバイクだと思いました。

 

2018-05-16 11.23.07

2018-05-16 11.27.13

早速、新作のクラシックシリーズのバッグを装着して撮影。

いい雰囲気の商品詳細情報はもう少々お待ちください。

 

このバイクに合わせたような?

ミリタリーテイストの新作冬物もスタンバイしています♪

RR7691

RR7687

こちらも詳細はもう少しお待ちください m(_  _)m

 

カタログ撮影は一足先に秋冬物ですが

まずはこの夏、便利でスタイリッシュなツーリングアイテムをお供に

海に山に、キャンプにフェスに

ステキなバイクライフをお楽しみください♪

 

 

ところで…

西野ジャパンの初陣、

30日のガーナ戦登録メンバーが発表されましたね。

土壇場で監督交代という混乱に影響されにくい

ベテランを中心にセレクトしたのでは? という第一印象。。

Twitterで画像を見る 

 

ロシアワールドカップに行けるのはこの中の23人!

個人的にはポルトガルでブレイクした

中島翔哉選手がいないのが残念でしたが

残っているのはバランスを考えると現状のベストメンバー、

精一杯の声援を送りたいと思います!

 

ガンバレ!ニッポン!

 

以上、6月は寝不足必至の

ラフ広報 セキネ がお伝えしました。

 

 

2018年 05月 16日 (水)

ロシアワールドカップ目前、聖地巡礼中に静岡でトライアンフの秘密工場発見 !?エコパ、蓬莱橋、富士山空港からB級スポットをつなぐ初夏の濃密ソロツーへ。

 

 

サッカー好きのライダーのみなさま、こんにちは。

GWはいかがお過ごしでしたか?

  

私、ラフ広報セキネ、

個人的ライフワークでもあるサッカーの聖地巡礼、

2002年日韓ワールドカップ開催スタジアム巡りソロツーを堪能し

W杯直前の気分をさらに盛り上げてまいりました♪

 

 

と、その前にバイクジン最新号

ソロツーリングに関する興味深い記事があったのでご紹介。

20180501 bikejin-1

20180501 bikejin-2

記事によるとライダーの多くはソロツー自体は好きなものの、

距離が300kmを越えると不安を感じる、とあります。

 

もちろんこれは装備面だったり、プランニングだったり、

ライダー自身のスキルや体力面など理由はさまざま。

ともあれ、この「300km」というのは

気軽に行けるソロツーのひとつの目安になりそうですね。

 

今回のバイクジンでは第二特集で

キャンプで使える大容量ツーリングバッグ特集なる記事も。

その中でこれぞ北海道ロングツーリングスペシャルバッグ、という

RR9030 BWPラフクルージングバッグ

ご紹介いただきました♪

20180501 bikejin-3

 

本気の積載となった時は75ℓの大容量でヘビーツアラーの旅をサポート。

↓ホクレンフラッグ差込スリットがホッカイダーの心をくすぐります(笑)

RR9030

300km以上のソロロングツーリングでも

こうした充実装備があれば意外と普通に行けちゃいます。

来たるべき夏のロングツーリングに向けて

十分なプランニングと旅具のご確認もお忘れなく。

 

 

さてさて、冒頭のスタジアム巡りソロツーですが

今まで日産横浜スタジアムデンカビッグスワンスタジアム

記事にはしてませんがカシマスタジアムなど訪問しています。

 

今回は数年ぶりに大学時代の友人らと

掛川のつま恋リゾートでフットサル大会に出場したあと

じっくりと袋井のエコパスタジアムを見学しようと計画。

また、折角バイクでのソロツーなので

掛川から島田、清水あたりの定番からB級スポット巡りもする予定。

一日の最大移動距離を200㎞程度におさえ

サッカーや散策をメインにツーリングしてきました。

 

 

一日目は大会で8時半現地集合なので

朝5時過ぎに起きて西へ高速で移動。

装備は前回ブログ同様、新型パーカーサンプルの下に

RR7987 ウインドガードスリムインナージャケット

一枚着こんでちょうどいいくらい。

朝から快晴で富士山が見えテンションあがります♪

2018-05-04 07.17.04

 

いかにも静岡、という茶畑の中を抜け…

2018-05-04 08.31.44

 

つま恋リゾート主催のフットサル大会で、まずはサッカーをプレーするほうを楽しみました♪

2018-05-04 10.01.04

ひさびさの集合ですが20年来のメンバーなので

お互いのプレーのクセを熟知しており、平均46歳近いオジサンチームでしたが

それなりに好成績を残し、夜はうまい酒で乾杯、旧交を温めてきました。

 

 

明けて翌日。

目指すは袋井のエコパスタジアム

2018-05-05 09.27.27

 

親切な地元ライダーに駐輪場所を聞きつつたどり着きます。

エコパは以前、現ジュビロ磐田監督の名波選手の引退試合を見に来たスタジアム。

ここでも2002年日韓W杯の数試合が開催されました。

お目当ては無料で楽しめるスタジアムツアー!

2018-05-05 09.26.18

 

2019年にはここでラグビーのワールドカップが開催されるようで

五郎丸選手関係の展示物もありました。

2018-05-05 09.34.49

が、私の目的はサッカーモノですのでそちらをチェック。

 

おぉっ!現ジュビロのサイン入りユニフォームと

名波選手の引退試合の時のユニフォームですな!

2018-05-05 09.36.23

 

2002年、W杯当時のブラジル代表のサイン。

当時若手だったカカが23番!懐かし~!

2018-05-05 09.39.18

 

 そして大会ごとに新作が発表されるボール標本も。

一番下に2018年ロシア大会のテルスター18もありますね。

2018-05-05 09.38.01

 ほかにもスタジアムの屋根に使われている素材の見本やら

なかなかマニアックな展示物に興奮しまくりでしたが…

 

残念ながら訪問した日は自転車の大会イベントがあり

スタジアムツアーは中止になっていました(涙)

2018-05-05 09.50.08

まあ仕方ありませんがエコパはこれで見た、ということにします。

 

関東圏であとじっくり見たいのは埼玉スタジアム2002

当時 イングランド対スウェーデン を見に行った会場です。

 そのほか札幌、大分、宮城、長居は遠方なのでいつか機会があれば。。

興味のない人にはどうでもいいスタジアムツアーですが、意外と楽しいですよ(笑)

 

さてさて、エコパツアーが中止となり予定時間よりも早く終了したため

エコパの近所でちょっと気になる工場へ行ってきました。

「TRIUMPH静岡センター」

静岡の内陸にトライアンフの工場が !? 知らなかった!

バイク乗りとしてこれは是非とも行くべきでしょう!

というわけで到着後さっそく工場の入り口で記念撮影♪

2018-05-05 08.59.19

 

GW中なので工場は稼働していませんがなんかちょっと違うような…?

ん?あのロゴって、

トライアンフじゃなくてトリンプじゃね?

2018-05-05 08.56.33

 

そういえば、僕が立っている小高い二つの丘は…?

2018-05-05 09.00.07

ハイ、

そこは黄色い天使のブラの谷間でした(爆)

ツーリングのプランニング時によく調べましょう、

ってやつですね(汗)

 

 

気をとりなおしてそこから島田市の蓬莱橋へ。

2018-05-05 11.34.44

2018-05-05 11.36.00

ここはずっと来たいと思っていながらなかなか来られなかった場所。

世界一長い木製の橋は手すりが低く、風が強いと意外にスリリング(汗)

徒歩のみで渡河可能、通行料大人100円。

 

そのあと見に行ったのは牧ノ原台地の上にある富士山静岡空港

建設当時、地主と県知事が立ち木問題で争ったことで有名になった空港です。

2018-05-05 13.09.38

こちらは現在、国内線やアジアに向けた航路が就航しており

空港までの道のりは静岡県民の

ちょっとしたドライブコースにもなっているようです。

GW中は飛行機利用者よりも見学者が多いようでした。

 

空港を後に海沿いに下りてきてから150号線をつないで静岡市へ。

久々に下道でいろいろ寄り道しながら走ると

学生時代によく走っていた道や情景が大きく変化していて

気ままなソロツーならではの発見が多く意外と楽しめました。

2018-05-05 16.04.52

日本平から三保、富士山を眺めます。

このあたりも旧道が立派になっていたりいろいろ変わっていました。

 

最後に清水エスパルスの本拠地 IAI スタジアム日本平の遠景で

今回のスタジアム巡りソロツーを締めくくります。

2018-05-05 16.15.48

 

サッカーにまつわるポイントを巡るなど、

マニアックな趣味を堪能できるのもまたソロツーリングの魅力。

トリッカーの機動力を生かしてテーマをもって楽しめたソロツーでした。

  2018-05-06 16.23.54

帰路は天候がこれから崩れるのがハッキリとわかるような雲が富士山の横に出現、

うまく雨雲と渋滞をかわすように246号の裏道をつなぎながら帰宅しました。

 

以上、

イチサッカーファンとして是非今夏

イニエスタの神戸移籍が実現してほしいと思う、

ラフ広報 セキネ がお伝えしました。

 

 

 

 

 

 

 

2018年 05月 1日 (火)

街でもアウトドアでもヘビロテ必至の新作パーカーをラフロリークス!  & スナフキン部が行く 「えっ! ヨコハマでキャンプできるの?」 編

 

 

 

みなさま、こんにちは。

GW真っ只中、バイクライフ楽しんでますか?

忘れたころにやってくるぎっくり腰が心配でどこに行くにも

常にウエストベルトを携行しているラフ広報 セキネ です(汗)

 

この4月末の数週間、バイク用品業界では

18-19秋冬モデルのバイヤー様向け展示会が開催され

ラフアンドロードも大阪、横浜で出展させていただきました。

2018-04-24 10.54.20

2018-04-25 12.47.40

この場を借りて各会場へご来場いただきました方々へ

あらためて御礼申し上げます。

 

最近のバイク用品は

バイク以外のシーンでも使い勝手のいい、カジュアルなモノだったり

ミリタリーテイストのアイテムがトレンド。

 

それらのトレンドを取り入れつつ、

いかにコストパフォーマンスに優れていて、

なおかつラフロらしい機能を盛り込めるかどうかがポイント。

 

その中で私ラフ広報 セキネ のおすすめの一品はコチラ↓

RR7229 ウインドガードストレッチライドZIPパーカーFP

2018-04-23 08.30.16

発売は秋ごろなのですが通年アイテムで

軽くしなやかな防風ストレッチ生地、反射素材やフードストッパー、

肩-肘-脊椎-胸にはワッフルタイプのプロテクターを標準装備。

オールシーズ対応インナーも取り付け可能と機能拡張性も高く、

価格は1万2800円(税別)を予定しております!

 

製品化を前に私もサンプル実走テストを重ね、

通勤、キャンプ、ツーリング、街着としてフルに活用中。

そのうえで太鼓判をおせるコストパフォーマンスの高さは

今後の主力アイテムとなる予感ビンビンです!

 

これに人気のRR5837 ラフライディングスニーカー

RR8762 OutDryEGプロテクショングローブ

RR9402 AQA DRY ライドパック を合わせるのが

最近の私のスタンダードスタイル♪

 

 

さてさて、今回はそんなスタイルで

展示会の合間を縫って近場でいいから

なんとか焚火キャンプがしたいと思い突発的に

第二回 ラフロキャンプ同好会(通称スナフキン部)の活動をしたお話。

 

場所はラフアンドロード横浜店が面している鎌倉街道を

大船方面へ公田交差点まで進み右折、

そこから国道1号の原宿交差点方面へ向かい

途中の田谷交差点から金谷方面へ右折。

2018-04-21 12.42.15

右折後2つ目の信号をスーパー銭湯湯快爽快を右手に見つつ左折。

2018-04-21 12.45.29

一つ目のカーブ左手にある千秀公園が今回のサイト。

横浜店から約25分ほどで到着、正真正銘、横浜市内の公園です。

2018-04-21 15.51.09

閑静な住宅地の中にある決して広くはない普通の公園ですが

地元では知る人ぞ知る日帰りBBQで有名な公園。

 

公園内にはザリガニが釣れるという小さな池?や遊具があり

その時も約50名ほどのファミリーデイキャンパーで大賑わい。

正直テントを張れる状況ではありません(汗)

 

やや場違いな視線を感じつつも

管理棟の影にテントを仮設し園内に落ちている枝を集めて

薪を作りながらデイキャンパーが減るのを待ちます…

2018-04-21 15.22.36

この公園、地域のボランティアによる自治公園なので

予約の方法や受付時間などいろいろルールは細かいですが

冷蔵庫も完備、大人1泊600円と格安。

何よりも横浜市内にあるのでとにかく近い、

いわゆる穴場のキャンプ場です♪

2018-04-21 17.35.33

ほどなくして物流部イケメンK君が合流、

買い出しや焚火道具のチェックをして夕刻を待ちます。

6時半過ぎにデイキャンパーがいなくなり

かまど付近にテントを移動しやっと乾杯&焚火スタート♪

 

7時半ごろ土曜出勤後の営業部紅一点のSさんが合流し

焼き鳥とビールでもう一度カンパーイ!

シイタケやシシトウを焼き、焚火を眺めつつ

ゆったりまったりとした時間に気持ちもほぐれ

楽しすぎて焚火風景の写真を撮るのを忘れてしまいました(爆)

 

夜10時ごろ地元のやんちゃな高校生が花火をしたり

朝早く中学生のバトミントン部が自主トレしたりと

都市部ならではの?光景はありますが

基本キャンパーには害はありません(笑)

 

翌朝も良く晴れて暑くなりそうです。

初夏の新緑が目に優しい…癒されます。

2018-04-22 06.21.00

2018-04-22 06.20.05

2018-04-22 06.10.13

2018-04-22 06.30.32

受付をした人は「野外リーダー」の札をもらい提示の義務が発生します。

チェックアウトの時間は受付の人が来てくれる時間次第、

それまでにかまど周りやトイレなどを掃除してチェックしてもらってから解散。

ところどころボーイスカウト的な要素が入るのはご愛敬?

 

とは言っても横浜市内からキャンプツーリングのメッカでもある

道志や御殿場、伊豆、房総などに向かうより全然近いので

すぐに帰って日常生活に復帰できるというメリットは大きいかと。

今回の千秀公園は極端に近いので

個人的にはバイクでもう少し走りたかった、というのはありましたが(笑)

日常のなかの「非日常」を体験するにはおススメの場所でした。

 

 

キャンプを 「非日常」 の初期体験とすれば

究極の非日常は 「サバイバル」

この「サバイバル」をテーマにした

マニアックなアウトドア雑誌「Fielder」最新号

「裏山探索装備サンプル」なる企画の中で

ラフロ的コーディネイトをご紹介いただきました。

20180501 Fielder-1

20180501 Fielder-2

こちらではバイク用品のプロテクション性と

派手すぎないアウトドアテイストのアイテムがセレクトされています。

RR7240 ブレッサブルフィールドジャケット

RR7465 ストレッチケブラーデニムパンツ

RR8515 コンフォートナックルパンチングレザーグローブ

それと私も愛用中のRR9402など。

 

Fielderの川崎編集長はバイク乗りでもあり

要所に装備されるプロテクターなどに、かねてから

アウトドアとバイク用品の親和性の高さを感じていたようですね。

こうしたバイク用品を通じた異業種交流は

今後もますます増えるだろうなと感じた記事でした。

 

以上、今回の近場キャンプに不参加だった

輸入担当女子のH姉さんから

「次回はトイレを掘るぐらいもっとサバイバルなところで!」

との希望を出されキャンプ場所の選定にやや戸惑っている

ラフ広報 セキネ がお伝えしました(汗)

 

 

 

 

2018年 04月 16日 (月)

新作ウエアをプロのモデルが着てみたら? その2 & 祝!なでしこジャパンフランスW杯出場決定!

 

 

 

皆さま、こんにちは。

 

先週は週初めから日本サッカー界は

様々なニュースが飛び交いましたね。

監督解任など男子サムライジャパンには

ここのところいいニュースがありませんでしたが

 やってくれました!

 

なでしこジャパン 2019フランスW杯出場決定!

 

先日行われた絶対に負けられない一戦、

アジア大会、対オーストラリア戦

日本は勝つか、1-1以上の引き分けでW杯出場が決まる試合。

 

オーストラリアの縦に早い攻撃になんどもピンチを迎えるも

熊谷、宇津木、鮫島、市瀬、清水各DF選手たちが

高い集中力と体を投げ出す気迫のプレーで前半0-0で凌ぎきると

後半早々、攻守にわたり奮闘していた岩渕選手からのスルーパスに

調子の上がってきた長谷川選手が抜け出し、冷静に折り返したところを

10番の坂口選手がニアサイドの狭い所へ落ち着いて蹴り込み先制!!

 

最後の最後、オーストラリアのカー選手に

フィジカル突破され失点するも

このままいけば両チームともW杯が決まるため

残り5分はDFのパス回しで終了。

 

なかなかこういう展開はアジアの女子で見ることはないので

多少の違和感を感じましたがそれもまた作戦。

見事8大会連続出場を勝ち取りました! 

次はアジアカップ連覇へ向けて17日深夜、

準決勝対中国戦です!

 

 

 ラフアンドロードでは なでしこジャパン

フランスワールドカップ出場記念?(←ウソです)

RR8019 プロテクションライディンググローブフランス

RR8020 タクティカルグローブトリコロールをラインナップ↓

 

もちろんどちらのアイテムにも「ジャパン」をラインナップしていますので

バイクに乗るときもココロは日本代表応援で、よろしくお願いします(笑)

 

 

 

さて、それでは本題です。

 

今回は大海原に浮かぶ伊豆七島は

神津島の夕景が旅情を誘う表紙の

モーターサイクリスト最新号から。

20180401MC-1

巻頭特集は

「1泊2日」を遊び尽くす!

 

忙しい現代のライダーにとって日帰りではなく

たまに実現できる1泊2日のツーリング。

どうせだったら思いっきり非日常なことをしませんか?

という提案企画。

 

そのなかでコレは面白そう!と思ったのは

表紙にも登場した船を利用した「離島旅」

20180401MC-2

ナビゲーターはこういう遊びを考えさせたら超一流?の廣瀬達也さん。

今回は東京から行くメジャーな東海汽船に船中泊して上陸、

さらに島でプラス1泊してゆっくり満喫した後

帰りは下田着の神新汽船を使うあたりがマニアック(笑)

20180401MC-3

よくよく考えると船を使う非日常と離島ならではの鮮やかな海の色を

一気に両方楽しめる贅沢なツーリング。

ロングツーリングは無理だけど、という人にもこれならアリ?かもですね。

船上でくつろぐ廣瀬さんはひと足先に南の島の夏を先取り、

UVケアアイテムをセレクトするあたりはサスガです。

 

 5月からの強い日差しに役立つアイテムはコチラ↓そろそろ要チェックで。

清涼ウェア・グッズ

 

 

さて、今回のモーターサイクリスト第二特集は

旅心ときめく“最旬”ウエア

 

そのなかで目元クールなモデルさんが

RR7331 フルメッシュジャケットFP

RR7509 ハーフメッシュストレッチブラックデニムパンツLF

RR8022 ツーリングアーマーグローブ

RR5837 ラフライディングスニーカーを着用中。

20180401MC-4

適度なカジュアルさを持ちながらプロテクションもしっかりと。

走りを楽しみたいライダー向けのコーディネイトですね。

 

以上、

そろそろ花粉症も落ち着いたので(…と思いたい)

えっ!こんな近場でキャンプできるの?というところを確保、

第二回スナフキン部活動を計画中の

ラフ広報 セキネ がお伝えしました。

 

 

 

全国取扱い店
全国取扱い店
直営店舗
ラフ&ロードSHOP site
WEB SHOP
ラフ&ロードweb shop
ラフ&ロード楽天市場店
ラフ&ロードロードアウトレット

NEW!旬の特選アイテム

  • おすすめレイヤード術高機能インナーを効果的にレイヤードすると、相乗効果でナルホドなあったかさ!

▼カタログ▼

オススメ 特集

  • R&R MOVIE製品の取り扱い方法や、説明を動画でご覧いただけます。

最近の記事

ブックマーク/RSSリーダー

2020年2 月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29