広報 セキネの記事

2018年 09月 5日 (水)

ハスクバーナの「VITPILEN 401」 でクールに決めるか、KTM 「RC390」 をカジュアルに合わせるか?女性用のカワイイアイテムの秋の新作紹介です♪ 9月はバイクイベントが盛り沢山ですね!

 

 

 

みなさま、こんにちは。

ジャカルタで開催されたアジア大会2018、終わっちゃいましたね。

 

男子サッカー決勝は

2020東京五輪を見据え U21で戦った日本代表と

勝てば兵役免除、オーバーエイジフル活用のU23韓国代表との対戦。

 

地上波でのリアルタイム放送はなく、

BSでディレイ放送(録画を少し遅れて放送)のみということに

「むむぅ、A代表とはまだまだ扱いが違うなぁ…」

と思いつつスマホの速報を見てしまわないように時間差観戦。

 

90分戦い0-0だったものの、延長に入ると

韓国はオーバーエイジのエース、

ソンフンミン選手の左サイドからカットインしたボールを

韓国のメッシことイスンウ選手が左足を一閃、韓国先制!

終盤さらにセットプレイからのクロスをヘディングで決められ0-2に。

日本はコーナーキックからやっと1点をかえすものの、結果は1-2敗戦の銀メダル。。

未来のタレントたちにとって最後はほろ苦い大会となりました。

 

 

それに対し、女子の決勝は

準決勝で韓国に逆転勝利した、なでしこジャパン対中国。

中国に圧倒され続ける試合展開のなか終盤ロスタイム、

岩渕選手から右サイドの職人中島選手へのタテパスがはいり

中島選手からのピンポイントクロスに頭で合わせたのは菅澤選手!

魂の得点、1-0で逃げ切り、見事、金メダル獲得

 

 

日本女子初のアジア大会MVPを獲得した

水泳の池江 璃花子選手もそうですが

最近の日本のスポーツ界は女子がホントに強い! 

バイク業界でも活躍している女性は

一昔前にくらべだいぶ増えましたもんねぇ。

 

今回はそんな活動的バイク女子向け専門誌

ガールズバイカー最新号より。

20180901GB-1

スパルタンなイメージのハスクバーナ VITPILEN401 にまたがり

ニッコリほほえみかけるモデルさん♡

 

すらりと伸びた脚に着用いただいたのは

Ugly BROS TON-UP girl

裏起毛タイプの冬のオシャレバイカー女子用デニムです♪

 

誌面では秋の新作ウエア企画のなかで

今度はレーシーなKTM RC390

あえてかわいいシルエットのパーカースタイルを合わせてもらいました♪

20180901GB-2

 

ウエアは防寒ベスト標準装備のSSFシリーズ初のパーカー

RR4010 SSF ラフパーカーEX

rr4010

こちらのジャケットはヘリンボーン生地を使用しており

着る人によってかわいく見えたり落ち着いて見えたり、

カジュアルなデニムスタイルにも合わせやすい1着となっております。

 

その他、左右非対称なプリントデザインの防風グローブのベストセラー

RR8643 ウインドガードプロテクショングローブ ギガキャラ

RR8643

 

大人なライダーにお似合いの

RR5847 ラフライディングスニーカーSL

 

カジュアルにショルダーポーチとしても使える

RR9461 F-ウエスタブルタンクポーチEX

などなど、多数ご紹介いただきました。

RRRR9461 UMBER

 

いずれも意識高い系のバイク女子はもちろん、

メンズサイズもありますので要チェックで♪

※グローブ:ギガキャラはウィメンズ専用色です

 

 

最後に。

9月は連休も多くいろいろなバイクイベントが目白押し♪

 

●15日~17日 

ツーリングラリーSouthern500

画像: Southern500ツーリングラリー

 

●22日

カシオペアライダーズミーティング

 

●29日~30日

SEROW ONLY ミーティング

20180901GB-3

などなど…

南から北へ、そして富士山へと

バッチリ旅装備を充実させて日本中イベントのハシゴ、

なんてのもアリかもしれませんよ(笑)

 

イベントハシゴツーリングの前に

セプテンバーキャンペーン開催中のラフアンドロードで

装備の補充確認もお忘れなく♪

 

以上、新型トリッカーの登場に乗り味はそのままで

タンク容量12ℓ くらいで大型キャリア付の「ツーリングトリッカー」の登場を夢想した

ラフ広報 セキネ がお伝えしました(汗)

↑キャラ的矛盾はわかりますが、本気で欲しいです、ヤマハさん…

 

 

2018年 08月 30日 (木)

「アウトライダー休刊」…絶滅から復活したクニマスのように再び蘇ることを願って。 第2回 「戸」エリアフォトコン開催、秋の連休は北東北へGO!

 

 

 

みなさま、こんにちは。。

夏の終わりにショッキングなニュースが相次いでもたらされました。。。

 

まずは

ちびまるこちゃんの作者 さくらももこさん 逝去…

53歳、乳がんでの早すぎる旅立ちに

「ちびまる子ちゃんランド」のある清水出身の僕の奥さんやさくらももこファンの娘は

かなりのショックを受けていました。

 

子どもたちはもちろん、

親世代もお世話になってきた「ちびまるこワールド」。

今までも、そしてこれからもさくらさんの作品は生き続け

世界中の子供たちに影響を与え続けていくことでしょう。

つつしんでご冥福をお祈りします。

 

 

そして

我々、旅好きライダーにとってもっとも

ショッキングだったニュースが

 

「アウトライダー、定期発行休止!」

 

急な話ですが現在店頭に並んでいる最新号をもって

隔月発行という定期発行を休止する

ということのようです…

 

20180824 outrider-1

今回のアウトライダーには

創刊以来の林道野宿旅のレジェンド、寺崎さんの企画を

ダイジェストでまとめた文庫本もついていて

まさに永久保存版の一冊。

 

また誌面ではスタッフが気になる新商品を紹介する

PICK UP!NEW ARRIVAL のコーナーで最後に

RR5847 ラフライディングスニーカーSL

ご紹介いただきました↓

20180824 outrider-2

大人の秋のツーリングに活躍する

さり気ない旅の相棒として

最適な1足に仕上げていますのでコチラも要チェックで♪

 

 

先日の「風まかせ」休刊につづき

大人の旅ライダーの雑誌がまたひとつ減ることに。

とくにアウトライダー誌は学生時代からずっと読んできて

ラフアンドロードというメーカーも

アウトライダー誌の広告で知ったくらいなので

個人的には非常に残念です…

 

とはいえ、

「変わらないモノ」 とは世の中にはないわけで

常に世の流れに応じて柔軟に変化=進化(深化)しなくてはと、

自戒の念も持ちつつ

巻頭の特集ではないですが

絶滅したと思われたクニマスが西湖で発見されたように

いつかまたどこかで形を変えて

あのアウトライダーの世界観に出会えること、

強く願ってやみません。

 

誌面巻末の挨拶文にもあるとおり、

バイク旅のレジェンド、菅生編集長のことなので

きっとこれまで以上に精力的に

バイク乗りの皆さんと触れあえる機会をもとめて活動し、

Webになるのか、ムックになるのか、

はたまた全く違った形になるのか、次回登場の際は

さらにパワーアップすることと期待しています!

 

 

そのひとつの活動として菅生さんはさっそく

私、ラフ広報 セキネ の地元、青森県三戸町近く

岩手県北エリアのイベントへの参加を表明!

スペシャルゲストにはホッカイダーのクマさんこと

カメラマンの小原さんも来るようです!

20180824 outrider-3

 

そして、岩手県北から青森にかけて広がるこのエリアのイベントで

 第二回 「戸」エリア おすすめスポット発掘フォトコンテスト

がまた開催されます!

 

これは「戸」エリアの魅力をライダーの機動力をもって撮影し

ドンドン県外へも発信していきたい! というイベントで

好評につきこのたび第二回を開催、というもの。

※ラフアンドロードはこちらのイベントへ商品協賛させていただいております♪

 

またこうしたフォトコンを通じて発掘されたスポットを盛り込んだ

「ロードマップ2018」

は菅生さんや小原さんが取材、監修しており、

9月から東北のSAなどを中心に配布予定とのこと。

 

このロードマップ2018、関東エリアでは

ラフアンドロード直営店のみで入手可能予定

ですのでもう少々お待ちください!

  

9月末の連休はラフロでロードマップをゲットして

秋風の気持ちいい北東北へ。

フォトコンに参加して豪華景品もゲット! というプランはいかがですか?

 

紅葉には少し早いかもしれませんが

いい温泉とうまい食べ物、そしてあったかい人情が

旅のライダーを待ってますよ~♪

 

 以上、

岩手県盛岡市出身の菅生さんを

県は違えど同じ南部藩つながりで方言が同じなので

勝手に 「同郷の大先輩」 だとおもって尊敬している

ラフ広報 セキネ がお伝えしました。

 

 

2018年 08月 25日 (土)

地元ライダーおすすめツーリングスポット !? 2018年秋、ラフ広報セキネのおススメは 福島の穴場的激熱「飯坂温泉」とライダーズピット「まるせい果樹園」のスペシャルパフェ、そして…

 

 

 

みなさま、こんばんは。

8月も終盤、社会人はすでに夏季休業も終わり通常モードへ、

学生の皆さんはそろそろ宿題ヤバい(汗)って頃ですね。

 

まだまだ残暑が厳しいですが

今度は9月の連休のキャンプツーを楽しみに

お仕事、ガンバロウ!

と思っているラフ広報 セキネ です。

 

9月は台風も多い季節ではありますが

そろそろ朝夕は涼しくなり(←涼しくなってほしい…)

バイクツーリングにはピッタリのシーズン。

 

そんな季節にちょうど参考になりそうなのが

単車倶楽部最新号

20180824単車倶楽部-1

 

ワタクシ、東北出身だから?

すぐにこの表紙が秋田の角館武者屋敷とわかるのですが

ページをめくると巻頭の秋田のダンディなライダーのおススメからはじまり

全国各地のご当地ライダーならではのマニアックなイチオシツーリングスポットが満載!

20180824単車倶楽部-2

 最近、自分たちで発信力をもったライダーが多くなり

雑誌誌面もこうした影響力のあるライダーが登場してくることが増えましたね。

 

僕もツーリングやキャンプに行くときは

関連地域のライダーブログなど見て参考にするのですが

動画や写真、文章の表現力などプロのライターさん顔負けの方も多く

日々勉強させていただいております。

 

そんなブログやSNSを拝見していて

「あ、この人いいなぁ」と思った方が偶然にもラフロユーザーだったりすると

ちょっと嬉しかったりして(笑)

 

 

 

また、

単車倶楽部の別特集ではそんな旅ライダーに向けて

「激推しライディングシューズ20選」

なる記事が。

 

そのなかで

RR5837 ラフライディングスニーカー

RR5847 ラフライディングスニーカーSL

の2アイテムを 「カジュアルさも兼ね備えた高機能モデル」 として

ご紹介いただきましたっ↓

 

20180824単車倶楽部-3

 

いずれも街に旅に、普段の生活にとヘビロテ必至のアイテムです。

お手頃価格、カラーバリも豊富なので気分に合わせて複数持ちってもアリですよ♪

 

 

さてさて、

単車倶楽部の巻頭企画ではないですが

私 ラフ広報 セキネ 、

この夏、青森へ帰省した際に帰路で立ち寄った

福島の穴場的おススメスポットを

秋のツーリング先候補としていくつかご紹介いたします。

 

まずは

飯坂温泉:鯖湖湯

2018-08-15 07.04.32

ここは東北自動車道からもアクセスが良く、

牧歌的な風景のなか程よくひなびていて、昔ながらの地元の方に愛される温泉街。

この鯖湖湯は地域内に複数点在する共同浴場のひとつで料金200円と格安ですが

県外の人には意外と知られていない穴場。

 

朝6時から開店、朝イチは

地元の一番風呂を目指すオジサマたちで一杯も

 6時半ごろからうまくいけば貸切状態に。

 

この飯坂温泉地域の他の共同浴場にも言えますが

湯船の湯温が平均50℃前後と極端に高いため入浴の際は要注意。

浴室の端にある水道からホースを使って浴槽内では

自分の体のほうにだけ向かうように水をいれないと

地元の熱湯愛好家に注意されます(汗)

 

鯖湖湯は観光客向けに比較的低めの45℃前後でしたが

それでも慣れていないとヤバい温度です。

是非、話のタネに入湯してみてください♪

 

 

そして湯上りにおススメなのが

福島県ライダーズピットにもなっている

「まるせい果樹園 農家カフェ 森のガーデン」 

の季節のフルーツパフェ。

 

今回は桃パフェ レギュラー600円をいただきました↓

2018-08-15 10.06.49

このパフェ、さすが果樹園直営のカフェだけあって

レギュラーでも桃を丸ごと1~1.5個使用しています!

季節ごとに使用するフルーツが変わり、

収穫の秋には「まるせいスペシャル」が登場すると評判のカフェです。

 

10時開店ですがこちらはかなりの人気で開店前に行列ができます。

ちなみに自分たちは朝風呂のあと8時半から並んだのですが3組目。

開店前には50組以上が並んでました…(汗)

ただ、並ぶ価値のある大きさと美味しさは保証します!

 

 

今回の帰省で、

全国のご朱印集めを趣味にしている宇都宮の姉から

栃木県真岡市のバイク神社として有名な

大前神社内・足尾山神社

リアルバイク絵馬を土産でもらいました。各500円ナリ↓

2018-08-16 17.19.17

国産4メーカーの代表的な車種セレクトに

「なかなかわかってますね~、ライダーのココロを 」 

と感じたので、自分は行ってませんが敢えてコチラを

最後のおすすめスポットにしたいと思います(笑)

 

さあ、みなさまも残り少ない夏の思い出づくりに、

あるいは9月、秋の連休ツーリングに

便利なラフの旅具とともにでかけましょう♪

 

以上、夏の終わりに復活した青いツーリングセロー

深緑のVersys-X 250 が気になるトリッカー乗り、

ラフ広報 セキネ がお伝えしました。

 

 

 

2018年 08月 15日 (水)

日本を守るために戦った先人達に想いを馳せる夏の旅、「Z900RS CAFE」 でめぐる 「霞ヶ浦」

 

 

 

みなさん、こんばんは。

実家の青森へ家族と車で帰省中の

ラフ広報 セキネ です。

 

地方出身者にとって8月と言えば「お盆の帰省」。

一年のなかのひとつの節目として故郷へ帰省し

先祖の墓前に両手をあわせることは

個人的には大切なことだと考えています。

 

今日は終戦記念日。 

今から73年前の夏、

広島と長崎に原爆が投下され

日本は天皇陛下の玉音放送とともに敗戦を受け入れました。

お盆は終戦記念日ということもあり

なんだかちょっと自分のルーツを遡ってしまう

センチメンタルな気分になるのは

僕だけでしょうか?

 

 

今回はそんな気持ちを

カワサキバイクマガジン

ツーリング記事 「ジャパニーズロード」

斉藤さんがうまく表現してくれていたのでご紹介。

20180801 KBM-1

斉藤さんは先日紹介した「風まかせ」の編集長で、

実はこの記事を読んだ後、

彼のブログでつい最近、退社されたということを知りました。

 

広い知識に基づいた独特の雰囲気と

物腰の柔らかい性格がにじみ出た丁寧な文章を

好感を持って拝読していたので非常に残念です…

 

今回はその斉藤さんが寄稿した霞ヶ浦ぐるっとひと巡りの旅より。

霞ヶ浦は琵琶湖に次いで日本で二番目に大きい湖なんですね。

20180801 KBM-2

 

真夏の生命感あふれる青々とした水田のなかに

ライムグリーンのZ900RS CAFE。

20180801 KBM-3

 

そして訪れた予科練平和記念館

20180801 KBM-4

斉藤さんが以前取材で訪れた

特攻基地のあった知覧や鹿屋から、

飛び立ったであろう少年兵たちはこの地で飛行訓練をして

日本の国を守るためにその若い命を南の空へ散らしていきました。

 

施設内にはそんな少年兵たちの訓練の様子が数多く展示され

屋外展示されたゼロ戦や回天とあわせ、

胸が締め付けられるような感覚になったことでしょう。

 

この部分を読んでいて

20年ほど前、まだ祖母が生きていたころ東京の靖国神社の中で

戦地から生きて帰ってきた人たちや

遺族の方たちとの慰霊祭に参加したことを思い出しました。

 

まわりにいる人たちはみな老人で自分より背が小さい、

そんな中で若いのは自分一人だけだったのですが

こんなにも小さい人たちが昔、自分たちの家族や国を守るために

必至に戦っていたのか。。と胸が熱くなったことがありました。

 

戦争を始めた人たちのことはわかりませんが

少なくとも一般人レベルではそうした「家族を守る」という大義名分がなければ

あんな戦争はしなかったと思います。。

 

僕の祖父も日本海軍所属の戦闘機乗りでした。

三沢基地から木更津をへてさまざま地へ出征し

最終的には26歳の若さでラバウルで戦死した、ということになっています。

 

なのでうちの母親は父親である祖父のことを知りません。

亡くなった祖母も生前は祖父がどういう状況で戦死したのか

それを調べたり供養することをライフワークとしていました。

 

少し前に話題になった「永遠の0」ではないですが

当時の日本ではそういう話が当たり前にあちこちにあり

ほんの70数年前の壮絶な歴史のうえに

今の日本の平和があるのだと思うと

やはり先祖の墓前に一族が集まり

先人たちに想いを馳せる「お盆」というのは

大切にしたい瞬間だと思います。

 

斉藤さんは時代が違えば戦闘機に憧れた少年兵たちも

自分たちと同じようにビッグバイクに憧れたのではないか、と言っています。

バイクに乗って一人で走っている時、

僕も祖父のことを考えながら斉藤さんと同じように思ったことがあります。

当時が平和な時代で存命だったら今頃は

祖父とツーリングやキャンプをしていたかもしれないな、と。

 

夏はそんなセンチメンタルな気分になる季節。

そして、先人達の分もしっかり頑張って生き抜いて

家族を、日本を守らなきゃ、と思う季節であります。

 

 

20180801 KBM-5

そんな想いで眺めると

霞ヶ浦の夕日もまた、心に沁みますね…

 

 

この旅で斉藤さんが Z900RS CAFE にコーディネイトしたのは

夏のバイク乗りの正装、メッシュジャケットのベストセラー

RR7331フルメッシュジャケットFP

夏のバイク旅の相棒に、おススメです♪

 

 

さてさて、今回の帰省は20数年ぶりに

高校時代のサッカー部のみんなと飲み会です♪

久々に会うみんながどんなふうに変わっているのか、

ワクワクとドキドキが止まらない夏になりそうな

ラフ広報 セキネ でした。

 

 

 

 

 

2018年 08月 2日 (木)

台風一過、「三戸浜」・「黒崎の鼻」で夏を取り戻すツーリング !?  そして夏は「 アフリカツイン」に似合いすぎる「一生モノ」 のでっかいバッグで旅をしよう!

 

 

 

みなさま、こんにちは。

 

迷走する台風12号が関東へ上陸するという土曜の朝、

「これまでの経験則が通用しない台風」

テレビのニュースが大騒ぎするので

バイクではなく自転車で通勤してみた

ラフ広報 セキネ です。

 

2018-07-28 08.11.20

フード付きのRR7808 デュアルテックスレインスーツ

こんな時にも活躍する一着♪

 

バイク用品は高い防水性を基準にしているので

日常生活レベルの雨なら全く問題ナシ。

生地一枚で雨風を遮断するって冷静に考えるとスゴいことですよね。

 

ライダーは雨の中レインスーツで移動するのが当たり前ですが

一般の人からするとバイク用レインスーツはちょっと考えられないレベルの

専門性の高いアイテムなのかもしれません。

 

 

同じようにバイク専用の大型シートバッグというのは

ロングツーリングをしない人にはピンとこないアイテムかもしれません。

ましてや、バイクに乗らない人には本当に縁のないアイテムかも…

 

とはいえ、

バイク乗りが長旅をするときには必須のアイテムでもあり

各社とも自分たちのバイク旅に対する考えを最も反映した

看板アイテム的な存在でもあります。

 

今回はその大型シートバッグについて

ヤングマシン最新号にあったマニアックな特集記事より。

20180724 YM-1

▲表紙のCB1300SFはスペシャル仕様の新型ですが

ナントそのお値段ほぼ、ほぼほぼ200万円っ

厳選されたパーツ群を採用した、初めからカスタムマシンのCBは

名実ともに「ニッポンの名車」、素直にかっちょいいですよね!

 

 

記事内では

ラフアンドロード大型シートバッグの最終形態ともいうべき

RR9030 BWPラフクルージングバッグ

ご紹介いただきました▼

20180724 YM-2

 

現代のバイク旅のスタイルについて

熟考し尽くされた容量アップ機能や底面防水BWPなど

北海道連泊キャンプツーリングにも過不足なく対応可能。

RR9030

旅人の証、ホクレンフラッグが挿せるギミックなど

わかる人にはわかるマニアックな造り込みも満載(笑)

 

20180724 YM-3

アフリカツインくらいのバイクには

まるで純正のような美しい取付が可能ですね。

旅好きなバイク乗りなら 「一生モノのシートバッグ」 として

おススメできるアイテムです♪

 

 

さてさて話変わりまして

ここからはヨコハマ散策ネタ。

 

前回のブログでも触れましたが

この台風で週末のキャンプは断念したものの

台風一過の日曜は昼頃から一気に夏本番!

 

あまりにも悔しかったのでラフロキャンプ部メンバーを緊急招集(笑)

野営予定地だった三戸浜付近の下見散策へ。

2018-07-29 13.00.28

物流部イケメンK君が大切にしているCB750は冒頭のCB1300SFのご先祖さま。

確かお値段ももっと懐に優しかったような?いい時代のバイクです(笑)

そして営業部紅一点サクライさんのSV650もほぼハタチのかなりのベテラン。

何気に僕のトリッカー2009年式が一番新しいってのはご愛嬌。

 

三戸浜をチェックした後はそこからすぐ北側にある、

知る人ぞ知る三浦の秘境、黒崎の鼻へ。

2018-07-29 13.26.34

中トトロが走っていそうな藪の小道を抜けると。。。

 

2018-07-29 13.33.09

ドーン!と広がる絶景。

 

こんな青空を見た日にはやっぱりカンパイ!

バイクなのでノンアルですが(笑)

2018-07-29 13.43.18

 

そしてこんな海を見たからにはちょっと日光浴でも…

岩陰に即席の秘密基地をつくり束の間のキャンプ気分♪

2018-07-29 14.11.16

 

おじさんライダー的には人が少ない秘境の浜辺で

もっとゆっくり日焼けしたかったのですが

若手メンバーが暑さに参ってきたので早めに切り上げ

またまたご近所、K君おすすめの関口牧場へ。

2018-07-29 15.03.14

絶品ソフトクリームでリフレッシュして現地解散、

突発的半日ツーリングでしたが十分満喫しました♪

 

今回のツーリングはラフアンドロード横浜店から

横横道で一時間圏内。

お店でお買い物がてらフラッと走りに行く、

そんなアナタにもオススメです。

 

そして直営店のダイナミックサマーセールは今週末まで!

この夏はラフの旅具で快適なバイク旅をお楽しみください。

 

以上、次は夏の終わりに会社から

キャンプ(野営)へ直行する計画を画策中の

ラフ広報 セキネ がお伝えしました。

 

 

 

2018年 07月 27日 (金)

「Z」や「W」で行くストバイ的「観光」、必須アイテムはズバリ「本物のレインギア」

 

 

みなさま、こんにちは。

W杯ロスと寝不足から最近ようやく復活し始めた

ラフ広報 セキネ です(汗)

 

今大会、決勝はフランスの勢いの前に

連日の延長戦で疲弊したクロアチアが力尽きたものの

日本がベルギーにロスタイムで逆転された試合のように

近年まれに見る「ドラマ」の多い大会だったと思います。

 

W杯じゃないですが、ここ数週間日本も、ホント暑かった…

4年後のカタールワールドカップも心配ですが

その前に 2020年 東京オリンピック

この「暑さ対策」がかなり心配になってきましたね。

 

新しく発足した森保ジャパンはオリンピック代表監督も兼任。

つまり、2020年オリンピックからのカタールW杯まで

一貫した指導、監督ができるわけです。

ここで是非とも明確な「日本のサッカー」を完成し

純日本人スタッフでロシア以上の結果を勝ち取ってほしいですね!

 

 

そんななか、この週末には先日突然発生した

台風12号 ジョンダリ が日本列島を横断しそうです。

こちらもまた大規模な被害をおこさなければいいのですが…

 

またこの週末は隅田川をはじめ全国で花火大会や

鈴鹿8耐などバイク関連イベントも数多く開催されるので

こちらへの影響も心配です。

 

裏8耐へ参戦する 物流マンH経理のオノザト

そして横浜店オフロード担当タカミ は無事帰ってくることが出来るのでしょうか !?

彼らの運命やいかにっ !?  後日ブログをお楽しみに(笑)

 

 

 

さてさて本題です。

今回はCool なバイカー達に支持される

ストリートバイカーズ最新号より。

20180724 ストバイ-1

普段はカスタム情報やファッション系情報が多いストバイですが

表紙にいきなり「観光」の文字とテントの写真。

 

ん?  編集スタイル変更? 観光って?

 

見ていくと

どうやらストバイ的「観光」とは、Theme-Seeing、

「テーマを決めて巡る夏のロングツーリング」

のようですね↓

20180724 ストバイ-2

安田編集長や編集の芝原さんが荷物満載の愛車、

WやZといった往年の名車にまたがり、あるテーマを持って

北海道や大阪・奈良を 「観光」 しています。

20180724 ストバイ-3

バイクの種類はさまざまですが結論として

好きなバイクに一日中乗っていられる「観光=ツーリング」は

やっぱりバイク乗りとして幸せだよね~♪

 ってことですね(笑)

 

そんなストバイ的 「観光」 で

ここだけは押さえておきたいバイク用品として特集された記事が

「長く使いたい本物のレインアイテム」

 

この中で

 RR7802 ゴアテックスライダーススーツ

20180724 ストバイ-4-2

 

RR8909 オーバーグローブ

20180724 ストバイ-4-4

 

 RR8907 マルチグローブワイパー

20180724 ストバイ-4-3

 

RR5563 デュアルテックススタッフバッグ

20180724 ストバイ-4-5

以上4点ご紹介いただきました。

愛車同様、実力派をそろえたシブい商品セレクトです♪

記事内にもあったとおり消耗品と思われがちなレインスーツも

適宜メンテナンスしてあげることで寿命を延ばすことができます。

 

特にRR7802 ゴアテックスライダーススーツ

各所にオプションのパッド類をセットすることもでき、

オールシーズン対応インナーを合体することで

冬でも通常のジャケット&パンツとして使用することが可能な本格派。

バイク旅を熟知したエキスパートライダーにこそ支持されているアイテムです。

 

皆さまも、夏のロングツーリングに向け

装備の最終点検、お忘れなく。

旅立つ前にラフロ直営店セール情報、要チェックで♪

 

 

以上、今週末行く予定だった海辺キャンプが

台風でキャンセルになったので

安全な室内で引きこもりつつビールでも楽しむ予定の

ラフ広報 セキネ がお伝えしました♪

 

 

 

 

2018年 07月 12日 (木)

無くなって実感する「大切な存在」。 「バイクに乗り続ける」という幸せを満喫する夏。

 

 

皆さま、こんにちは。

ラフ広報 セキネ です。

 

関東では暑い夏が本番を迎えておりますが

今回の西日本豪雨によりお亡くなりになられた方々とご家族、

いまなお懸命に救助活動されている皆さまや被災された方々、

そしていまだ避難所生活をされている皆さまに

一日でも早く「安らかな日常」が戻りますよう心より祈念申し上げます。

 

・・・さて、今回は無くなって初めて実感する

「大切な存在」について。

 

我々バイク乗りは日々バイクに乗れることを当たり前のように感じ、

ともするとその「ありがたさ」や

「精神的肉体的な恩恵」についても忘れがちなもの。

 

ところが事故で怪我をしたり、

諸所の事情でバイクを手放したり、

あるいは天災に見舞われたりして

「バイク」や「バイク生活」を失った時はじめて

その存在の大切さを再認識します。

 

「孝行したい時に親はナシ」とはよく言いますが

普段から身近で当たりまえな存在ほど

本当は貴重でかけがえのない存在なのです。

 

この夏は「いつものバイクライフ」ではなく

「かけがえのない夏のバイクライフ」を

噛みしめながら満喫したいですね。

 

 

そんな夏に創刊より12年たつ

風まかせ」が突然、

今回の号をもって定期発行を休止するとのこと。。

20180706風まかせ-1

創刊当時、まだ30代前半だった僕は久々に読み応えのある

丁寧な造り方をするバイク雑誌が登場したなぁと思いつつ

そうは言ってもどちらかというと先輩方向けの雑誌、と認識しておりました。

 

12年たち、内容的にも毎号楽しみになる連載があったり

自分たちの世代にもピッタリしてきたなぁと感じていたところだったので

まさに「無くなって初めて」その貴重さに気付く一冊でした。

 

今回はその集大成ともいうべく

巻頭で関東ライダーのツーリング先の王道ともいうべき

「伊豆半島」を栗栖さんがかみしめつつ旅しています。

20180706風まかせ-2

20180706風まかせ-3

これまでの伊豆ツーリングを振り返りつつ

これからの伊豆ツーリングにも思いを馳せる感慨深い記事でした。

 

また第二特集では「カッコいいオヤジの矜持」としてこの夏、

スタイリッシュに着こなすためのウエア類を紹介いただきました。

※写真クリックで詳細情報へ飛べます↓

20180706風まかせ-4

20180706風まかせ-5

20180706風まかせ-5-

「オヤジ」とはいっても颯爽とカジュアルにバイクを乗りこなす、

そんな存在でありたいと再認識させられたセレクトです。

 

まもなく入荷してくる RR5847 ラフライディングスニーカーSL

そんな大人のライダーの足元に

更にアダルトな雰囲気を醸し出すこと間違いナシ。

▼ 8月上旬ごろ、入荷予定です ▼

巻末では武田カメラマン12年の珠玉の作品の数々を一挙掲載。

あらためて、四季折々、

日本のバイク乗りであることの幸せを感じる

そんな旅情たっぷりの誌面で締めくくられていました。

20180706風まかせ-6

20180706風まかせ-7

20180706風まかせ-8

なんでもない毎日、いつものバイクライフがかけがえのないもの…

いろいろ考えさせられる出来事が多い今夏ですが、

しっかりと楽しみましょう! 日本のバイク乗りとして!

 

 

以上、4年に一度のワールドカップも残すところあと

14日23時~3位決定戦:ベルギー対イングランド

15日24時~決勝:フランス対クロアチア

の2戦だけになりなんだか妙に感傷的な

ラフ広報 セキネ がお伝えしました。

 

 

あ、

セキネ希望は2-1 クロアチア逆転で初優勝、

3位 3-2 ベルギー で(笑)

やっぱり最後はスターたちのゴールラッシュ、

見たいですよねぇ♪

 

 

 

2018年 07月 3日 (火)

ネオレトロスタイル 「BMW R nine T アーバンGS」 で行く信州林道出会い旅。 そしてサッカーも新旧スタイルの移行過渡期? ロシアW杯で日本ベスト8ならずも…

 

 

 

みなさま、こんにちは。

ここ半月ばかりワールドカップ観戦で

常に寝不足のラフ広報セキネです(汗)

あれ、眠すぎて前回と書き出しが被ってますか?

 

ところで、今朝の日本対ベルギー

ホント凄い試合でした。

 

日本は試合の入りから素晴らしい集中力を維持しつつ

前半を計画通りの0-0で折り返し。

後半開始早々から

原口選手、乾選手のスーパーゴールで

一時2-0とリードしていたころまでは

本当に夢見心地でした。

 

ところがベルギーは身長194センチのフェライニ選手を投入したあたりから

なりふり構わぬパワープレー織り交ぜの本気を出し始め

身体能力を生かしたヘディングシュートで連続ゴールを奪い同点とすると、

アディショナルタイムの最後に日本のコーナーキックを

GKクルトワ選手がキャッチし、すぐさま逆襲の高速カウンターへ!

一瞬の集中の途切れを突かれた日本は陣形を立て直す暇もなくあっという間に失点。

そのまま無情なタイムアップの笛…

 

サッカーの神様は「日本にはまだ早い」といったのかもしれません。

試合後の西野監督の「何が足りなかったんでしょうかね…」というコメント、

そして香川選手の「これがサッカーです…」という言葉。

いろいろな想いが、胸に刺さりました。

 

直前監督解任などいろいろありましたがやはり

いちサッカーファンとして今回の「日本代表」を誇りに思います。

サムライジャパン2018、本当に本当にお疲れ様でした。

 

ここまでのW杯を中間総括すると

メッシやCロナウド、レバンドフスキといった強烈な個に頼るチームはもとより

ここ数年栄華を誇ってきたスペインのポゼッションサッカー、

そして高次元でバランスされたドイツのサッカーなどが

綿密に研究され十分な対策と決定的な高速カウンターにより

たったの一撃で沈められてしまう、そんな異常な、

というよりもこれまでの価値観が覆される大会であるように思います。

 

いまベスト8に残っているベルギー、フランス、ウルグアイ、

そしてブラジルですら一昔前のように無駄なテクニックに溺れることなく

ここぞという時のカウンターの速さと鋭さは超一級で

絶対に得点まで持っていきます。

そんな強豪ですらソリッドでシンプルな戦い方をしているのです。

 

賛否両論はあるかもしれませんが

ハリルホジッチが目指したデュエルの強さとタテに早いカウンターが

ある意味今現在の世界基準だとすると

日本の戦い方はそれプラス柴崎選手や乾選手、香川選手に見るように

足元の正確な技術とあうんの呼吸による3人目、4人目の連動、

これが次期サムライジャパンの目指すべき方向なのかもしれません。

 

4年後、

おそらく主力の大部分が入れ替わる日本代表は

今回の代表が見せてくれた戦い方を深化させ、

日本らしい俊敏性と各局面で常に数的優位をつくる統率された動き、

これに途切れることのない集中力と個の強さ、

絶対にブレない強いメンタルをもって臨んでくれると思います。

4年後、カタールで今度こそベスト8、

期待してます!

 

 

 

さてさて、前置きが長くなりましたが

ここからが本題です。

 

今回は初夏の気持ちいいツーリングスポット

「走りの楽園=信州」 にフォーカスした

モーターサイクリスト最新号から。

20180701MC-1

 何本か巻頭特集がある中で

廣瀬達也さんが今回旅の相棒に選んだのは

BMW R nine T アーバンGS。

20180701MC-2

昨今のバイク業界のネオレトロブームのなかでも

もっともオーセンティックな雰囲気を感じさせる1台。

程よくレトロなデザインにコダワリの空冷ボクサーエンジン、いい雰囲気です。

20180701MC-3

20180701MC-4

地元の人だから知りうる未知の林道、そして懐かしい人たちへの再開。

ディープな信州の魅力を満喫したようですね♪

 

 ここで広瀬さんがこのアーバンGSに合わせたアイテム類は

RR7314 ラフメッシュパーカー

RR7501LF バイカーZIPメッシュパンツLF

RR8420 タクティカルグローブ

RR9021 SHMバリアブルシートバッグ

RR9508 S-ヒップパック

全体的に柔らかくカジュアルなイメージのアイテムがアーバンGSにもお似合いです。

スタイル重視で思ったほど積載力がないバイクなので

小型シートバッグとボディーバッグの組み合わせも有効ですね。

 

 サッカーもバイクもそしてバイクに乗るスタイルも、

急激な変化がここ数年で一気におこっているように感じます。

そうした変化にちょっとしたノスタルジーを感じているのは

やはり今朝の敗戦のショックがあるからでしょうか…

 変化を受け入れ、この夏はその先へ進化したいものです。

 

 

 さて! 

7月に入りました!

関東は梅雨明け、本格ロングツーリングシーズンスタートです。

きちんとUV対策をしてこの夏もバイク生活を満喫しましょう!

 

夏のお役立ちアイテムはコチラからどうぞ▼

清涼ウェア・グッズ

 

以上、月末はW杯で疲れた体を焚火で癒そうと

キャンプの計画を考え中の

ラフ広報 セキネ がお伝えしました。

あ~、眠い。。。

 

 

 

2018年 06月 23日 (土)

全世界へ配信 「大迫ハンパないって!」  祝!コロンビア戦 勝利! この夏、旅をバックアップする 「ラフロの○○○も ハンパないって!」

 

 

 

皆さま、こんにちは。

ここのところ連日W杯観戦で常に眠い、

ラフ広報 セキネ です(笑)

 

今大会は王者ドイツがメキシコに負けたり、

アルゼンチンがグループリーグ敗退の危機を迎えるなど

波乱が多い大会ですが、そんななか、

いやあ、やりましたね、日本初戦勝利!

 

祝!日本 2-1 コロンビア!

 

開始早々のPK、数的有利、相手監督の采配ミスなど

いくつかの条件が重なって得た勝利とはいえ

すべての選手、監督、スタッフ全員で勝ち取った貴重な勝ち点3。

 

なかでも攻守にわたって大活躍の大迫選手は

ホント、ハンパないです(笑)

 

 次は24日24時~の対セネガル戦

驚異の身体能力とスピードで先日の欧州CL決勝でも得点

今回はH組最強と言われたポーランドを撃破した

好調のマネ選手をいかに抑えるか。

 

また、セネガルはこれまで2回しかW杯には出ていないものの

前回初出場の2002年日韓大会では

開幕戦でいきなり98年王者フランスを破り

最終的にはベスト8に入るなど

文字通りジャイアントキリングを得意とするチーム。

そして今大会でセネガルを率いるのは

その2002年の時キャプテンだったシセ監督

 

むこうも決勝トーナメント進出に向け全力で来る

好勝負間違いナシの一戦、是が非でもライブで見るしかないっ!

 

そしてそれを日テレで見るかNHKで見るか(笑)

結果以外に解説のキャラクターで楽しむ、

そんなマニアックなW杯も楽しいですよ。

 

 

 

さてさて、本題です。

 

今回はロングツーリング特集のタンデムスタイル最新号より。

20180624 タンスタ-1

20180624 タンスタ-2

千里浜を駆け抜けるVストローム250。

今回のタンスタはスタッフが文字通り足で稼いだロングツーリング企画が満載。

夏を目前に参考になる情報がたっぷりです。

 

その中でロングツーリング向けにシートバッグ特集があり

ラフロードオリジナルバッグを多数ご紹介いただきました。

※画像クリックで対応アイテムの詳細へ飛びます。

20180624 タンスタ-3-1

20180624 タンスタ-3-2

20180624 タンスタ-3-3

20180624 タンスタ-3-4

20180624 タンスタ-3-5

20180624 タンスタ-3-6

 

20180624 タンスタ-4-1

20180624 タンスタ-4-2

20180624 タンスタ-4-3RR9022RR9032へモデルチェンジしています。

 

20180624 タンスタ-5-1

20180624 タンスタ-5-2

 

以上、8アイテムを各種サイズ、タイプごとにご掲載いただきました♪

サッカーでいうと先発の半分をうちの選手が占めている、

そんな状況でしょうか(笑)

 

それもそのはず、

ツーリングバッグの選手層の厚さときたら、

まさに

 「ラフのツーリングバッグのラインナップ、ハンパないって!」


20180624 タンスタ-6

 

ひとつのメーカーでここまでラインナップがあるのは

おそらく業界イチかと(笑)

 

さまざまなバイクや旅のスタイルお客様の要望におこたえしていったら

ラインナップ、ハンパないって! という状態です(爆)

 

▼見やすくまとまった早見表はこちらからご覧になれます▼

2013 バッグコレクション



この夏は自分のチーム (バイク)、戦術 (旅のスタイル) に合わせ

選手 (バッグ) を選びピッチ (ツーリング) に立たせましょう!

ご不明な点があればダイナミックセール絶賛開催中のラフ直営店へGO!




いいスキルを持ったコーチ (ショップスタッフ) が

決勝ラウンドへのアドバイス (旅のアイテム選びのノウハウ) をしてくれますよ!

ん~、

たとえがサッカーばっかりでわかりにくいですかね(汗)

 

以上、25日もサッカー観戦できっと眠いハズの

ラフ広報 セキネ がお伝えしました!

 

何とかセネガル戦で決めてくれ~

ガンバレ、サムライジャパン!

 


 

2018年 06月 9日 (土)

スイス代表の強さは基礎力の高い個々が黒子に徹する平常心の賜物? そして2018年 夏、BMW GSシリーズやS1000RRに似合うメッシュジャケットはコレだ!  

 

 

みなさま、こんにちは。

梅雨入りして降ったり晴れたりはっきりしない天気にも関わらず?

4年に1度のサッカーの祭典を前に

テンション高めのラフ広報 セキネ です!

 

早速ですがW杯直前強化試合のスイス戦について。

世界ランキング6位のスイス

これといったスター選手がいるわけではないものの

欧州主要リーグのチームで主力級の選手がほとんどで

チーム全体のアベレージが非常に高いチーム。

それだけにスター選手の調子に左右されるといったこともなく

現在の地位を着実に築いてきた良いチームでした。

 

試合開始早々から非常に早いペースで

個々の選手のトラップやパスの精度はもちろん、スピード、

球際のデュエルが高いレベルでぶつかり合う展開。

 

序盤こそ日本も何とか対応、大島選手が左右に展開し

宇佐美選手、原口選手が駆け上がることで幾度かチャンスを作るものの

結局はいつもの「決定力不足」が露呈。

中盤からのプレスが甘くなったところ後手に回ったDFがファウルでPK、失点…

 

後半はタッチライン際を精力的に動き回るシャキリ選手に付ききれず

左右に振られ失点し0-2敗戦…

小さな差の積み重ねが決定的な結果として現れた、そんな試合でした。

 

ここ数試合DFやGKのミスが目立ちますが、

依然として点の取れないオフェンスは

ちょっとバラバラで重症な感じです。

 

何かきっかけがつかめれば急に爆発する、

なんてこともFWにはあるのですが…

今はそのきっかけすら見えない状況。

最後の強化試合、

12日のパラグアイ戦で間に合ってくれるといいのですが。。

 

 

先日の天皇杯2回戦ではガンバ大阪が関西学院大に、

名古屋グランパスエイトが奈良クラブに敗れる波乱がありましたが

サッカーとは時に気持ちが結果を左右する競技だとあらためて感じました。

 

スイス代表の選手たちは自分たちのプレーに対する自信はもちろんですが、

どんな不利な状況でも慌てず落ち着き、

ここぞというところでしたたかに結果を出す、

メンタルのコントロールが非常にうまい選手がそろっているのだと思います。

 

W杯本番で、

予選突破は圧倒的に不利と思われている日本だからこそ

逆に余計なプレッシャーを感じずに、心と頭を冷静に保ち

しっかりとした「強い気持ち」を持つことによって、化けるのではないか?

そんな期待を胸に19日は初戦、対コロンビア戦を迎えたいと思います!!

 

ガンバレ!ニッポン!

 

 

 

さて、ここからが本題です(汗)

 

今回はBMWオーナー、ビーマー必読の書

BMW BIKES 2018夏号 より。

2018夏BMW BIKES-1

残雪の残る志賀草津道路から、万座道路入口のヘアピンですね~。

春先の気持ちいい青空と空気感に

「あ~、走り行きてぇ~!」

ってなりますよね♪

これから夏にかけても絶景の連続間違いナシのエリアです。

 

櫻井編集長になってから、

より 「BMW=旅バイク」 的な色が濃くなって

ビーマーの皆さんもきれいな絶景写真を毎号楽しみにしているかと思います。

今回のメイン企画はその名も

BMWで走りたい日本の絶景道50選

2018夏BMW BIKES-2

読んでいるとつい 「やっぱりGS欲しい病」 がはじまっちゃいますね(汗)

もっとも最近気になるGSは R1200GS や F800GS ではなく

ちょっと亜流な? R nine T urban GS とか G310GS ですが(笑)

 

また、今回のBMW BIKESで2018年の夏、

ビーマーへおススメのメッシュジャケットとしてご紹介いただいたのは

RR7319 ライディングメッシュジャケット

2018夏BMW BIKES-3

RR7319

RR7319

このジャケットは旅バイクの代名詞、GSシリーズはもちろん

S1000RRなど前傾のきついスーパースポーツにも似合うよう

キレイなシルエットで、肩まわりは動きやすく

ジャストフィットする新型パターンを採用しています。

 

もちろん、旅ウエアを得意とするラフロ製ですので

要所に配置したポケットや反射素材による高い被視認性など

機能、安全面でも抜かりはありません。

暑い夏をクールに乗り切れること間違いナシです♪

 

BMWだったら純正ウエアがいい、

という方も多いかと思いますが

一度先入観を取っ払って袖をとおしてみると

「あ、コレいいんじゃない?」

となると思いますよ♪

 

メッシュジャケット同様、梅雨が終わって走り出すまえに

ぜひ下記の快適清涼アイテムINDEXも要チェックで▼

清涼ウェア・グッズ

夏の本格ツーリングシーズンが待ち遠しいですね…

ロングキャンプツーリング、行きたいです。。(←心の声が漏れててスイマセン)

  

以上、

スイス戦リアルタイム観戦でやや寝不足気味の

ラフ広報 セキネ がお伝えしました。

 

 

 

 

全国取扱い店
全国取扱い店
直営店舗
ラフ&ロードSHOP site
WEB SHOP
ラフ&ロードweb shop
ラフ&ロード楽天市場店
ラフ&ロードロードアウトレット

NEW!旬の特選アイテム

  • おすすめレイヤード術高機能インナーを効果的にレイヤードすると、相乗効果でナルホドなあったかさ!

▼カタログ▼

オススメ 特集

  • R&R MOVIE製品の取り扱い方法や、説明を動画でご覧いただけます。

最近の記事

ブックマーク/RSSリーダー

2020年2 月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29