ラフロリークス

2017年 12月 11日 (月)

話題の 「Z900RS」 がラフロにやって来た! 「CRF1000Lアフリカツイン」、「Vストローム250」 も! 2018年 春物カタログ撮影、最終段階突入! そしてサッカー三昧の年末ライフ♪

 

 

こんばんは。

テレビやラジオからクリスマスソングが聞こえ始める

12月某日、ラフアンドロード本社屋上。

晴れてはいますが風がちべたいっ m(x _ x)w

 

そんななか Z馬鹿 こと 川崎店スタッフ佐々木の姿が?

Z baka 1

そうです。

 

今回はカタログのイメージカット撮影車両として

話題の新型Z900RSの展示広報車をお借りしたので

Zといえば彼でしょ、とモデルを依頼。

さすが、いい味出してます♪

 

今回のZは全体に丸みを帯びつつモノサス採用で

リア周りスッキリビュー。

Z900RS

ボリューム感はゼファー750並みにコンパクトで

各所LEDやらフロント倒立サスなどメカは最新。

でもZ2風ミラーやメッキテーパーハンドルバーを採用するなど

仕上がりは今ハヤリの 「ネオレトロ」 といった佇まい。

 

そのZ900RSに合わせたいのは冒頭の佐々木着用、

来春登場予定

RR7334 MA-1Rメッシュジャケット

 

なんやかんや言ってもオトコカワサキ、

ミリタリーテイストでまとめれば間違いないですね♪

 

 

こちらは大人気販売中の冬物ミリタリージャケット↓

RR7689 MA-1R FP 

RR7689

 

また、硬派なバイクには RR5669ホルスターウエストバッグ が良く似合います↓

  RR5669

今回はZ900RSでしたが

毎回できるだけ最新のバイクをお借りして

商品使用時のイメージを具体的につかんでいただけるよう

カッコよく撮れるよう工夫しています。

 

 

少し前には Vストローム250

来春登場予定の RR9114 テールフィンサイドバッグ

冬の定番アイテム RR5927 HOT ハンドウォーマー なども撮影。

RR5927

 

また、ツアラーに人気のCRF1000Lアフリカツインでも

RR9032 ラフシートバッグ などを撮影しました。

  RR9032

 こうして撮りためた写真はカタログやHPの

製品情報ページの個別商品ページに反映され

新しい情報が入るたびに日々更新されていきます。

 

 

出来るだけ様々なジャンルの車両を用意して撮影していますが

「○○っていうバイクだけど、このバッグ取付できる?」

という問い合わせもよくいただきます。

 

各スタッフ出来る限りの知識でお答えしておりますが

もし可能であれば実車で直営店までいらしてください。 

オリジナル製品フルストックの直営店では現物での

現車取付確認も随時で行っております。

 

スタッフはみなバイク好きですので

珍しいバイクやマニアックな問い合わせ大歓迎♪

お客様の疑問解決をご一緒にさせていただきます!

 

 冬はシーズンオフという方も

来シーズンに向けバイクの整備、積載可能バッグの吟味など

夏にやれなかったことをやれるシーズンです。

 直営店のダイナミックウインターセール、是非ご利用ください♪

 

 

 

さてさて、ここから話はサッカーネタへ。

先週の土曜は夕方からずーっとサッカー漬けで

濃密で幸せな時間を過ごしました(笑)

 

まずはE-1大会 日本対北朝鮮

小手先のテクニックよりデュエル重視の北朝鮮に対し、

普段のJリーグはまだまだ甘いと、

選手たち自身が一番感じたのではないでしょうか。

終盤、川又→今野→井手口選手と左右に揺さぶり

やっと得点、1-0勝利するもかなりギリギリな内容。

ジュビリストの私としては川又選手が在りし日のドラゴン久保選手のように

ここからワールドカップに向けて

覚醒&爆発してくれることを願うばかりです。

 

そしてお次はクラブワールドカップ 

パチューカ対ウィダードカサブランカ

ここで気になっていたのはパチューカの本田選手と他の選手との連携や関係性。

いろいろマスコミでは聞きますが試合を見れば一目瞭然。

走力こそ落ちてはいますが先発フル出場、ミランにいたときよりも

主力として他メンバーからも信頼を勝ち得ているように見え嬉しい限り。

チーム戦術にもフィットしているようでよかった。。

本田選手もワールドカップでは是非メンバー入りしてほしいですね。

試合も延長の末でしたが、1-0勝利で気分よく次の試合へ♪

 

と、ここで時計は25時をまわりソファで寝落ち zzz(_  _ )...

 

最後の アルジャジーラ対浦和レッズ は翌日録画でチェック!

予想通り、圧倒的な支配率のレッズ。

いつ点を取ってもおかしくない状況が続き、迎えた後半早々、

恐れていた事態がおこりました。

ロマリーニョ→マフブート選手のシンプルで強力なカウンター一発。

ただそれだけがキッチリきまり試合も0-1敗戦。。。

まさに、サッカーの「怖さ」を思い知る展開でした。

これによりレッズはウィダードカサブランカとの5位決定戦へ。

サッカーに「~たら、~れば」はありませんが

興梠選手やラファエルシルバ選手の決定的瞬間が悔やまれます。

 

「それも、サッカーの一部」

最近ではユーロでPKを外したあとのCロナウド選手の言葉が印象的ですが

選手もサポーターも結果を受け入れ次を見るしかありません。

次こそは勝利を!

がんばれレッズ!

 

 

さて、今日、明日はE-1大会第二戦、 男女とも 日本対中国

女子では今回も 岩渕選手 の得点なるか。

そして男子は川又選手のゴールが見たいっ!

どちらも落ち着きと風格の出てきた「エース」に期待です。

 

以上、連日のサッカー観戦で

すこし興奮&寝不足気味のラフ広報 セキネ がお伝えしました(汗)

 

 

 

 

2017年 10月 12日 (木)

W杯出場確定後のハリルジャパン、代表戦を見に日産スタジアムへ そして新作シューズ情報のラフロリークス!

 

 

 

みなさま、こんにちは。

 

FIFAランキング48位の

ハイチ代表とのキリンカップ前日会見で、

「是非スタジアムに応援に来てください!」

というハリホジッチ監督のサポーターへの異例の呼びかけ。

 

その呼びかけに応えるべく

仕事を終えたその足で新横浜までバイクを飛ばし

やって来たのは日産スタジアム。

2017-10-10 19.24.47

試合前に各選手もそれぞれのSNSで来場を呼び掛けるほど

今回のキリンカップは開催前から観客動員数が心配されていたようです。

 

そのおかげか?

親善試合とはいえファミリー席なら

4人一組で6000円という超お手頃プライス。

現地で家族と合流し早速入場。

 

たしかに空席が目立ちました。

7万2000人収容のスタジアムに4万3000人…

今回の日本代表、人気ないんですかね?

2017-10-10 19.25.56

国内組のテスト色が濃く、先発はなじみの薄い顔ばかり。

 

とはいえ、先日ニュージーランド戦で勝ち越しゴールを決めた倉田選手、

人とは違ったリズムと距離感で違いを生む小林選手、

3枚のFWはキレキレドリブラーの乾選手、

代表戦初ゴールを狙う杉本選手や快速ダッシュのジャガー浅野選手など

何かやってくれそうな気配はありました。

 

2017-10-10 19.35.04

前半、長友選手のクロスからまたしても

倉田選手がキーパーの頭上をフワリと超すヘッドで先制!

 

さらに攻め続けゴール前で倉田選手がダフッたところに

杉本選手が詰めて2点目を取ったあたりまではいいカンジでした。

 

嫌なニオイがしてきたのは前半も終わりごろの失点から…

 

吉田選手不在のディフェンスラインで

ボランチの底の遠藤選手が寄せきれず、

対応が後手に回った昌子選手が

躊躇している一瞬の隙に放たれたシュートが

GK東口選手の手をかすめ失点…

 

前半は2-1で折り返し。。

マジかっ…まぁ、後半もドンドン点取ってくれればヨシとしますか。。

 

 

ところが!

 

後半始まってみると落ち着きを取り戻してきたハイチ代表が攻勢に転じ

DFのマークの受け渡しミスの僅かな隙からさらに失点!

 

さらにさらに!

 

今度は勢いに乗ってきたハイチが

逆に鮮やかなミドルシュートで追加点を奪い2-3と逆転(滝汗)

今のはキーパー、取れないかね?

 

うわーっ!

久々に代表戦見に来たのに負け試合かよーっ!

 

追う側にまわった日本は

原口選手、香川選手、大迫選手、井手口選手、武藤選手と

攻撃の選手を集中的に投入。

 

DFで疲れの見えてきた長友選手に変わり車屋選手を投入するなど

あの手この手で追加点を取りに行きます。

 

攻め続けるものの決定力に欠く…

耳にタコができるほど言われ続ける

決定力不足

 

時計が90分をまわり帰り始める観客も出始めたころ

最後の最後に酒井選手が抑え気味に放ったシュートに

ゴール前で倒れていた香川選手がコースを変えて

やっと同点ゴール!

 

むむむぅ。。

頼むからワールドカップ行くんだから

スッキリ勝ってくれーっ!

 

この二試合で見えてきたのは

守備的ボランチからDFとGKの連携の悪さ。

このレベルで3失点しているようでは11月のベルギー、ブラジル戦では

本当に何点取られるかわかりません。。。

ましてやワールドカップ本大会ならなおさらです。

是非ともこれから修正していってほしい課題です。

 

川島選手、吉田選手がいないときに

こうも簡単に守備崩壊するようではヤバすぎます。

今度追加招集される内田選手に期待するのは酷でしょうか…

 

2017-10-10 21.32.50

いずれにしても本大会に向けて不安と不満ばかりが噴出したハイチ戦。

 

いわゆるハリルジャパン発足以来最悪の試合、

生で見るにはしのびないお粗末な内容でした。。

 

ただ、愚直なまでに素直すぎる

今回の日本代表の現在を生で見ることで

あらためて今回出ていなかった長谷部選手の危機管理能力やら

吉田選手、本田選手のメンタルの強さが浮き彫りになったかと。

 

世代交代がうまくいっていない、

若手とベテランの関係がうまくいっていないとか

今の日本代表にある問題は

普通に一般の会社などにも当てはまるようで

いろいろ考えさせられます。

 

何とも言えない不完全燃焼感を胸に帰路についた夜でした。

 

 

 

さてさて、

長い長い前置きの後に本題です(汗)

 

今回は金色に輝く秋の棚田の情景が印象的な

モーターサイクリスト最新号より

20171001MC-1

FIELD OF GOLD

日本の原風景を訪ねて

 

今回は秋の実り「お米」にまつわるツーリング特集号。

ページをめくるといろんなライターさんたちが

それぞれの「米:マイ」ベストツーリングを楽しんでいます。

 

バイク遊びの達人、廣瀬達也さんが

R ナインティ レーサー で巡ったのは

元祖 田んぼアート で有名な津軽地方。

20171001MC-2

20171001MC-3

 

稲刈り直前の一瞬にしか見られない金色に波打つ田園風景。

そしてその大切な秋の実りを

丁寧に刈り取る風景は日本人なら

なぜか幸せを感じる情景ではないでしょうか。

 

廣瀬さんは今回、そのお米をおいしく食べるため

別のページで青竹炊飯にもチャレンジ。

秋の味覚は創作意欲も刺激するようですね(笑)

20171001MC-4

 

廣瀬さんが着用しているのはラフロ直営店オリジナルTシャツ

年式によって色やロゴが変わります。

今回は金色の稲穂に合わせ黄色でコーディネイトでしょうか?(笑)

 

 

コーディネイトといえば

今回のモーターサイクリストでは、秋の最新バイクウエアコーディネイトを

モデルさん着用でご紹介いただきました。

20171001MC-5

 

モデルさんが着ているウエアは

シンプルなショート丈ジャケットに機能満載の

RR4008 SSFオールウェザージャケット

RR4008

RR7464 HOTウインドガードデニム

RR8644 プロテクションウインターグローブ

 

そして足元には今まで一般未公開だった新作で

この年末に入荷予定の

RR5837 ラフライディングスニーカー

 

見た目はこれぞ 「ザ・スニーカー」 というルックスですが

シフトガードやくるぶし部分のプロテクション、

かかと反射素材の採用などバイク用としての機能も抜かりナシ。

 

ファスナーを外側に大きくオフセットすることで

バイクを傷つけず脱ぎ履きラクラクを実現、

バイク以外のシーンでもヘビロテ間違いナシです!

 

ラフアンドロードではこの秋冬も

普段の生活にも気軽に使えるものから

ロングツーリングに対応する本格派まで

さまざまなアイテムをラインナップし

みなさまのバイクライフを強力にバックアップ。

 

10月に入り秋本番、

紅葉、温泉、そして 「実りの秋」 を探す旅の相棒に、

便利でおしゃれなラフロアイテム、いかがでしょうか?

 

 以上

先月末ソロツーリングに行った分?

三連休は家族サービスに精を出した

ラフ広報 セキネ がお伝えしました。

家族生活もサッカー同様?

攻守のバランスが大切ですよね(笑)

 

 

 

 

2017年 10月 4日 (水)

トリッカーで行くソロツー 「夜のドカベンロード徘徊と雨の長岡柿の種を求めて」後編

 

 

おはようございます。

ラフ広報 セキネ です。

 

前回ブログではトリッカーで平日にソロツーに出発。

 

シャワー後に寝落ちしたところで終わりました。

 

自分にとってはかなりヘビーな昼食だったので

目を覚ました時にはまだ胸やけ。。

 

腹ごなしに新潟市内のB級スポットを散歩したあと、

これまた新潟県民熱愛のB級グルメ

みかづきのイタリアン

を目指します。

 

新潟市といえば「ドカベン」でおなじみ、

野球漫画家水島新司先生の出身地。

繁華街の古町通には通称ドカベンロードというB級スポット?があり、

水島作品登場キャラクターの銅像が並んでいます。

 

個人的にはドンピシャ世代よりちょっと下の年齢なので

「あぶさん」とか「野球狂の詩」とかになるとちょっとついていけません。

 

ナンデモヤOさんはドンピシャ世代だということで

喜んでもらえるかなと思い撮影してきました。

 

まずは静かな夜の商店街で

力強いそのスイングの速さを表現すべく

バットの先端が曲がってるドカベンこと山田太郎

2017-09-27 19.06.06

 

こちらは天才打者でもあり飄々とした曲者キャラの殿馬一人

2017-09-27 21.30.54

 

アイドル顔で人気があったアンダースロー、明訓エースの里中智

2017-09-27 21.33.19

 

セブンイレブンの前で吠えるのは、

咥えた葉っぱがトレードマークの豪快キャラ、岩鬼正美

2017-09-27 21.31.15

トレードマークの葉っぱは盗難対策で取り外し式(笑)

夜は付いてませんでしたwww

 

そしてドカベンキャラだと思っていた女性ピッチャーの水原勇気

2017-09-27 21.33.32

それは野球狂の詩のキャラ! 

とドンピシャ世代に指摘されました(汗)

 

フラフラと夜の新潟市内を徘徊し、

だいぶお腹がこなれてきたので古町から

萬代橋を渡って新潟駅方面に歩いて戻ります。

2017-09-27 21.55.33

うーん、暗くてスマホ撮影だとこれが限界ですね(涙)

 

途中のバスセンタービル2Fにあるみかづき万代店で仕上げにイタリアンを!

と思ったのですが残念ながらすでに夜遅く閉店(涙)

2017-09-27 22.03.53

夕方の寝落ちが悔やまれます…

 

 

夜半からポツポツと降り始めた雨は

朝起きるとすでに本降り。

外にはカサをさした人が歩いています。

2017-09-28 06.41.11

  

今日は海沿い402号で寺泊の海鮮をお昼に、

と思っていたのですが

テレビを見ていると海沿いは特に雨風が強く、

とても無理ということが判明…

 

チェックアウト直前までルート変更を検討し、

まずは内陸寄り8号から長岡市郊外の

柿の種発祥 「浪花屋製菓」 を目指すことに。

  2017-09-28 20.50.20

 

この日は全国的に激しい雨が降り

神奈川も三浦市では浸水被害が出ていたようです。

長岡までの道のりも正直、撮影する余裕もないほどの激しい雨でした。

 

前日から着用しているRR8762 OutDry EG プロテクショングローブ

本日も快適で手の冷えもほとんどありません。

 

今回は逆にいうと格好のレインテスト日和ということで

今年の春に登場したフード付きの RR7808 デュアルテックスレインスーツ

来年の春にラフアンドロードから登場予定の

世界初 OutDry ストレッチオーバーソックス

のサンプルテストをしながら高架下で雨宿りしつつ、

スマホで道を確認しつつ浪花屋製菓を目指します。

 

この新型ソックスが秀逸で履き心地もよく、靴はもちろん濡れるのですが

その内側のソックスや足はまったく濡れずにサラリと快適、

濡れ・蒸れ・冷え知らず。

 

最後まで外側の靴が濡れていることを感じることもないまま

雨天走行が出来ました。

発売までもう少々、詳細情報はお待ちください m(_ _ )m

 

 

11時半ごろ雨のなか浪花屋製菓へ到着。

2017-09-28 11.43.23

2017-09-28 11.43.20

 

歴史のありそうな建物の工場と立派な建物の営業部があり、

小売販売もしているとのことなので

とりあえず雨具の水を処理したあと営業部のほうへ。

 

「あの~、お店ってこちらでしょうか?」

 

平日でお仕事中のスーツ姿のビジネスマンが一斉にこちらを見ます。

 

一瞬、あれ、違ったかな? と思ったら事務の女性スタッフが

「あ、お客さんですね。こちらですよ。」

と笑顔で傘を貸してくれながら

工場の一角にある販売スペースまで案内してくれました。

2017-09-28 11.41.23

 

販売スペースで対応してくれた工場の女性スタッフも

雨の平日に急にバイクで現れた珍客にたいしてイヤな顔一つせず

とても心地よい対応をしてくれました。

 

ここでは来場した人のみ限定でアウトレット柿の種が買えます。

2017-09-28 19.43.04

ビニール袋入りのアウトレットは大粒1キロ600円、小粒1キロ500円。

新作の長岡生姜醤油ラーメン味も人気があるとのことで各1で購入。

 

お土産に柿の種だけで2キロ強を完全防水の RR9402 に仕舞い込み

雨の中、再び帰路につきました。

 

 関越道に乗ると高度が上がるにつれ気温がグングン下がります。

関越トンネルの手前の塩沢石打SAであまりの寒さのため休憩。

9月末とはいえ今年はいつもより寒いなと思いつつ

温かいお茶とカレーを食べて気合を入れ直し再スタート。

 

関越トンネル手前の土樽PA付近では外気温12℃の表示(爆)

雨の中、80㎞/hで外気温12℃ってことは

体感はもちろんマイナスですよねぇ(汗)

 

こんな天候の時はトンネルの中の生暖かい空気がありがたいもの。

長い長い関越トンネルの中で体温回復を図ります。

 

 

トンネルを抜けると驚いたことに青空が見えます。

ところが今度は強風で沿道の木々の枝が散乱中。

さすが上州からっ風というか、風、強すぎません?

2017-09-28 15.00.50

15時ごろ快晴、強風の赤城高原SA。

 

こちらでも群馬のB級グルメ 焼きまんじゅう で休憩♪

2017-09-28 14.40.37

疲れた体に味噌の甘じょっぱさがいい感じです。

 

群馬県内はちょうど雨雲の切れ目だったのか青空のもと

気温もだいぶ回復し20℃前後の中、レインスーツを乾かしながら南下。

日没後、最後の最後に圏央道でもう一度雨に降られましたが

なんとか無事に帰宅することが出来ました。

 

風呂上がりのビールにカラッと乾いた柿の種。

ツーリングでの防水バッグの重要性を再確認した瞬間でしょうか(笑)

 

トータル約820㎞ほどの1泊2日のソロツーを終え、

体は疲れたけれど、いいリフレッシュができたなと

ひとりほくそ笑む、ラフ広報 セキネ でした。

 

 さてさて、次はいつ、どこに行こうかな…

 

 

 

2017年 05月 12日 (金)

可愛い未来のラフ&ロード伝道者?が2017-18秋冬展示会のために来日♡ そして来秋冬新作を少しばかりラフロリークス! &ポケゴ通信 其の25 やっちまった編

 

 

おはようございます。

ただいまラフ&ロード本社展示場では

2017-18秋冬物の販売代理店様向け展示会を開催中。

連日ご来場いただき盛況です。

 

そんなGWの真っ只中、5/2に可愛いお客様が来社。

DSC01656

クワン

わたしの孫ではありませんので勘違いしないでくださいね。

この子は以前にも登場してもらった台湾代理店のデービット夫妻の第一子、クワンくん♡

 

 

彼は今回、初の海外旅行。

しかも空港からダイレクトに来た先が当社の展示場!

ようこそ日本へ。

そしてバイクの世界へ♡

 

それにしても愛想のいい子で長距離移動の疲れもみせずに展示場を縦横無尽に探検♪

短い滞在時間でしたが一度もぐずることなく

終始ニコニコ。

若いエキスをたっぷりいただけたひとときでした。

 

奥さんはバイクを運転しないものの旦那の後ろに同乗し走り回る、

デービットの仕事の良き相談相手。

2017-18の冬物新作を吟味するデービットはこれはと思ったものがあるとすぐ相談。

それに応える奥さんの真摯な眼差しを見て、

いい関係が築けているなと感心するとともに頼もしく感じました。

 

春夏物の量産品の現物の説明のリクエストももらい

RR7459 ライディングカーゴストレッチパンツLF

Rr7459lf_main

 

RR7550 アーマージャケット

Main

上記二点をその場で受注。

台湾はもう暑いですからね・・・

秋冬モノは台湾の気候に合ったものを帰ってから吟味するようです。

 

そんな新作の中から

今回の秋冬展示会で大変好評なジャケットを皆さんにラフロリークス

MA-1スタイルのウインタージャケットをご紹介。

秋冬ものでミリタリー系のものと言えば、

RR7683 フライトジャケットが定番品としてすでにあるわけですが、

今回新たに正統派ミリタリーも追加。

 

Ma-1r_bk2 Ma-1r_bk2


Ma-1r_bk2 Ma-1r_bk2

 

 価格はナント大台を切る予定でいます!

バイク用にプロテクションも装備した街着としても使用できる

着回し度、コスパに優れた商品としてリリースさせて頂く予定です。

ご期待下さい!!

 

当社ではミリタリー系のものとしてはカモフラ柄が広く展開されていますが、

この春夏モノだとRR8019 プロテクションライディンググローブ

8019_mgr 8019_msd

M-グレー、M-サンドというミリタリー系カラーを取り入れ大好評。

ここまで書けばおわかりの通り「M」はミリタリーのエムでございます。

バッグなどでもカーキ、オリーブなどは人気のカラーです。

 

このようにミリタリー系は人気です♪

 ポケゴ通信 其の25

 

 ポケゴあるある

アメにするつもりが・・・・

進化させちまったorz

 

先日、近所にヨーギラスが湧きました。

早速捕獲に向かい、逃げられることもなく無事捕獲。

個体値が低いことがわかっていたので

捕獲と同時にアメ化。

ボタンをポチッと・・・

なんと進化のアニメーションが始まっとるでないの!

やっちまった!

よりによってなぜにヨーギラスでするのよ吾。

無駄とわかっていながら「戻るボタン」を連打し無駄な抵抗を試みましたよ。

使いみちのないサナギラスくんは変身と同時に今度こそアメ化してやりました!

 

 意気消沈しトボトボ自宅の階段を上っていると、

「バンギラス出現!」の報。

もちろん躊躇なく向かいましたとも。

 

こちらも無事捕獲、パイルの実でアメ20個確保できましたが、

アメ25個の喪失は覆るわけでもありません。

進化に必要だった25個のためには

相棒にして125km歩かねばならないわけで・・

それを思うとめまいがします。

 

なのでその憂さ晴らし気分転換に10階建てのジムを更地にしてきました。。。

我ながら大人げないなと思いながらも

少し気分は晴れました♪

 

 

 

 

 

 

2017年 04月 13日 (木)

急増中? トリッカーをセロー250パーツでバージョンアップする方法

 

 

 

みなさま、こんにちは。

肌寒いながらそのおかげで桜の花が散らずにキレイなここヨコハマ。

2017-04-13 08.05.09

通勤途中の公園でパチリ。

全体的にパステルカラーの淡い色合いが

なんだか優しい気持ちにさせる春の朝。

2017-04-13 08.06.38

遠くから聞こえる通学児童の声とともに見るサクラ。

今週末が見頃でしょうか、癒されますね♪

 

 

さて、冒頭の写真にもあるとおり

私 ラフ広報 セキネ の愛車は

ヤマハのトリッカー 2009年モデル。

昨今バイクの新車価格が高騰していく中

あらためてその存在価値が見直されているトリッカー、

今回はそのトリッカーのお話です。

 

それまで乗っていた02年型セロー225WEからの乗り換えで

2013年にセロー250と迷った末に

大きくなったセロー250より

乗り味が225に近かったトリッカーを選択、

人生初のインジェクションバイクライフが始まりました(笑)

 

タンクが小さくツーリングの度に

給油タイミングに神経を使いますが

普段使いを考えると、どんなに疲れていても

自転車代わりに乗れてしまう「取っつきやすさ」が最大の魅力。

そんな気軽さに惚れて気が付けば約4年で45000㎞。

 

先月にはフロントフォークも

横浜店PITスタッフのススメでオーバーホール。

ますます快調で、目下トリッカーのキャンプツーリング性能を上げるため

何をすればいいか日々関連ブログやら雑誌をチェックする毎日。

 

そんな中アンダー400最新号で

Under50万円モデルの実力

なる企画で久々にトリッカーの紹介が♪

20170406 U400-1

20170406 U400-2

セロー250やXT250Xに先駆けて誕生したトリッカーは

多くの基本パーツを共用しながらも

独自のタイヤサイズや短いホイールベースと

その軽量スリムな車体で足つきもよく

WR250Rやセロー250とはまた違った

自由な世界観を形成しています。

 

ベーシックでシンプルな車体構成はメンテが苦手な僕ですら

億劫がらずに最低限のことが自分でできるくらい、

ビギナーにもオススメできるバイクです。

 

現行のトリッカーはスポーティーなイメージの白×オレンジと

定番のブラックの2色ラインナップ。

個人的には2009年カラーの横から見るとメタルっぽくて

上から見ると微妙に落ち着いた緑っぽいブルーってのが気に入ってます。

初期型のサイドカバーがアイボリーでネイビーのタンクも

スタイリッシュな印象で好きでしたが(笑)

 

いずれにしてもMADE IN JAPANで50万円を切る250ccのバイク、

ってだけでも存在価値は大アリなのです。

 

 

ただし、そのボーダレスなキャラクターが故に

ついつい入り込んでしまうダートでは

ハンドルまわりの剛性と車体下のガードがやや不安に…

 

そこでセローパーツをうまく使って

ダート走行性能をバージョンアップ開始♪

Tricker side

RSVコンペEXシリーズⅢ+Cサイレンサーはセロー250用と共通、

また、エンジン下回りにまもなく登場のアルミアンダーガード

これもセロー250用がドンピシャです♪

AG2202-RSV

セローもそうですが

トリッカーやXT250Xのスチール製ノーマルエキパイは

錆びですぐにボロボロになるので多くのオーナーが、

当社直営店セールの展示即売でもお世話になっているSP忠男さん

ステンレス製パワーボックスエキパイを付けていることが多いと思います。

参考までに新しいアルミアンダーガードとのクリアランスはこの通り↓

AG2202-SPT

こちらもいいカンジですね☆

 

ハンドル剛性UP&ガジェット取付ベースには

HH07 HARDY EZアタッチハンドルブレース がおススメ。

ちなみにトリッカーのノーマルハンドルにはミディアムがジャスト。

Hh07bsv

これだけでも普段の走りはだいぶカチッとするハズ。

これ以上を求めるならばトリッカーの場合、

パワービームをいれたりリアサスを交換したり、

セロー250の足回りを移植したり…

って折角車体が安くてコスパがいいのに

キリがなくなりますのでご注意ください(汗)

 

おなじくトリッカー(キャブ車)オーナーの経理部 O君は

アルミアンダーガードを早速購入予定だそうです♪

彼はグルメツーと林道アタックが最近マイブームなので(笑)

 

僕も将来の林道キャンプに備えて?

これまた近日登場予定のスキッドプレートにしようか考え中(笑)

XT-250-skidplate

バイクは乗って走って、足りないところをイジって、

そのパーツを検討妄想するときもまた楽しいですよね♪

 

以上、ツーリングセローのアドベンチャーキャリアとタンクが

なんとかトリッカーに付かないか考えたり(←セロー買えってハナシ?)

ブラジルで売っているセローの兄弟車 XTZ250Z TENERE

日本で発売しないかなぁなどと妄想している

ラフ広報 セキネ がお伝えしました。

 

 

 

 

 

2017年 04月 10日 (月)

「ラフロ流 SEROW250 ツーリングエディションの作り方 」 普段使いも考えよう! の巻

 

 

 

皆さま、こんにちは。

いつもどおり?週明けはサッカーネタ(笑)、

昨日の新生なでしこジャパンの対コスタリカ戦から。

 

澤選手や宮間選手が代表引退し、

監督も佐々木監督から高倉監督へスイッチ、

かつて世界一になったチームから若手が大幅に増えた新生なでしこ。

 

FIFAランキングでは日本6位 対 コスタリカ30位 の対戦ですが

監督交代と世代交代がもろに重なって

ここ数年は男子高校生(←もちろん全国トップレベル)にも負けるなど

混迷のシーズンがありました。

 

男子と比べ圧倒的にプロ契約選手が少ないなでしこジャパンですが

昨日の試合はエースの横山選手、田中選手が結果を出せば

20歳前後の長谷川選手、籾木選手など現役大学生コンビも躍動、

熊谷選手、宇津木選手、坂口選手などのベテランが要所を引き締め、

上野選手などの新星も登場し、終わってみれば圧巻の3-0勝利。

 

個人的には猶本選手にもうひと踏ん張りしてほしかったですが

足元の技術に基づいた新しいパスサッカーで

もう一回世界のテッペンを目指してほしいですね。

 

 

春は新しい物事が始まる季節。

なでしこベテラン勢のプロ意識の高さを見習いつつ

あらためてベテランの域の我が身を省みお仕事をがんばろうと思う

今日この頃であります(汗)

 

ようやく会社の裏のサクラも満開、見頃を迎えました。

2017-04-10 09.53.35

 

 

さて、

少し前の公式ブログでパーツカタログの撮影が絶賛進行中!

KLX250 ライトカスタムをご案内しました。

 

その際、次回ラフロリークスは

SEROW250 ライトカスタム! とお伝えし

ご期待いただいていた方?お待たせしました♪

今回のセロー250はアウトドアシーンにピッタリな

アーガイル調のベージュカラーで作成してみました。

 

 

あなたがもしヘビーツアラーなら

いきなりツーリングセローでもいいですが、

街中で使うことを考えるとなかなか

フロントヘビーだし、ちょっと…という方へ。

 

普段の街乗りにちょうど良く

ちょっとしたツーリングならすぐ行けて、

なおかつロングツーリング仕様にも簡単に変身できる、

そんなライトカスタムの提案です。

Serow250 front

Serow250 side

  Serow250 rear

ライトカスタム、とはいえ

セローオーナーはいろんな方がいますので

多少ベースからオフロード走行を意識したパーツをチョイス。

 

定番のRSVコンペEXパイプシリーズⅢ+Cサイレンサー

RALLY690ミラーRALLY591スーパーライトキャリア

そしてエンデューロライクなACERBISの新型ハンドガード、

AC-22397 X-FACTORYハンドガードをセット。

AC-22397

フレーム入りの本格ハンドガードで林道ツーリングも安心、

比較的大きめで防風効果もあり。

それでいて冬場には

定番のRR5917 HOT ハンドウォーマー の 中に

すっぽりと収納できるサイズ↓

RR5917 with AC-22397

 

これだけでも通年活躍できますが

今回は間もなく登場予定のアルミアンダーガードもラフロリーク!

AG2202-1

純性オプションよりもエッジの効いたカスタムテイストを持たせ、

最低地上高に影響が出ないよう出来るだけスッキリした外観。

底部にはドレンボルトにアクセスしやすい穴あけ加工済。

AG2202-2

お値段も純正以下の15000円(税別)の予定です♪

 

と、ここまでがベースの 「普段使い抜群スペシャル」 ですが、

ここからお手軽にヘビーツアラー仕様に変身するために

ラフアンドロードの豊富なツーリングバッグをどう積載するか…

 

ライトカスタムの時点でRALLY591キャリアがついているので

さらに積載性を上げるには

「サイドバッグをどう綺麗に取り付けるか」

ポイントはそこになります。

ちなみに純正キャリア専用のサイドバッグサポートは

お値段も1万円オーバーで取り外しも少し大変(汗)

 

そこでおススメしたいのが

RY59192 トライアングルサイドバッグサポート ダブル

RY59192-1

RY59192-2

ご覧のようにキャリアの取付ボルトをφ8×45㎜(市販別売品)に変更し

サポートに付属のアダプターナシで取り付けると、ちょうど大袈裟すぎず

スッキリとRSVサイレンサーからのクリアランスも確保できます♪

RY59192-3

ココにサイドバッグを取り付けるとこんなカンジ↓

RY59192-4

もちろん車体による個体差や荷物の重さによって

そのクリアランス幅や熱対策は調整していただくことが前提ですが

セローに関してはベースがシンプルなので

簡単にロングツアラー化できますね♪

 

ちなみにこちらは純性サイレンサーへの装着イメージ↓

RY59192-5

ノーマルのサイレンサーはRSVにくらべ太さがあるため

こちらはサポートに付属のアダプターを使います。

RY59192-6

この時アダプターとキャリア側はφ8×40㎜(市販別売品)のボルトで連結するとスマートです※

※こちらも車体個体差や荷物の状況により個人の責任で

カラーを追加するなど加工、熱対策などしてください。

 

これでシートバッグとサイドバッグがきれいに積載可能になりましたので

あとはタンクに RR9211 BWPテーパードタンクバッグ をつければOK♪

あっという間にセローロングツアラーバージョンの完成です。

Long touring

シートにはお好みでMINERVAシートカバーを付けると

さらに快適度が増します。

 

ここまでまとめてみてあらためて

セローというバイクの汎用性の高さと

素材としての素性の良さを実感します。

さすが最後のMADE IN JAPAN トレール車、ですね。

 

今回のセローの撮影ではトリッカーオーナーの

私ラフ広報 セキネ と経理部 O君 が

トリッカーに共用できるパーツについても確認しましたので

次回のラフロリークスでは

番外編:トリッカーにもいいカンジ!の巻

をお伝えする予定です。

 

以上、依然として

セローとCRFラリーのツアラー性能が気になりつつ

でもやっぱりトリッカーの身軽さもいいんだよなぁ、

と堂々巡りをしている

ラフ広報 セキネ がお伝えしました(笑)

 

 

 

 

2017年 04月 3日 (月)

KLX250 Final Editionを ライトカスタム! オリジナルを生かして綺麗に乗れ! の巻

 

 

 こんにちは!

4月になりましたね!

ここヨコハマもひと雨ごとに春に近づき、

会社の裏のサクラもポチポチ開花し始めました♪

20170403sakura
 

さて、4月になると我が社では

衣替え?というわけではありませんが

冬のあいだ室内に収納していたヤシの木を

屋外の定位置へ設置、春を迎える準備をします。

20170403yashi

 

またその頃になるとパーツカタログの撮影も大詰めを迎え

日々様々なバイクが入庫しては撮影を繰り返します。

 

今回はそんな撮影現場から

いち早くパーツカタログ掲載予定の

KLX250ファイナルエディション

ライトカスタムをラフロリーク!

Front klx250

Side klx250

Rear klx250

フレームはもちろん、スタンドまでライムグリーンをまとう、

このファイナルエディションは「闘う、4スト」のキャッチフレーズで登場した

初期型同様のカラーリングで、ブラッシュカラーロゴなど

40代以上のライダーには懐かしのテイスト満載。

 

そのオリジナルの雰囲気を損なわないライトなカスタムは

RALLY690ミラーRALLY591キャリアスキッドプレート

RSVコンペティションEXRSV+Cサイレンサーなどの定番パーツに

レーシーなイメージを演出する最新ハンドガード、

 AC-22115 ULTIMATEハンドガード を装着。

 

このハンドガードですが装着してみて

そのステーの秀逸な取り回しにちょっと感動したのでご紹介。

クラッチ側はミラーホルダーをよけながら

Ac-22115 left

そしてブレーキ側はマスターをキレイによけながらの取り回し。

Ac-22115 right

車種によってはショートレバーに替えたほうが

より相性がいいかもしれませんが

KLXだとポン付でいいカンジです♪

 

コチラの最大の特徴はスポイラーとの組み合わせで

カラーバリエーションが驚くほど多いこと。

仕入れも担当する走る物流マンHのブログによると

今後も新色が増えるとか !?

Ac-22115

要チェックでお願いします♪

 

また、フレーム内蔵の AC-13054 ラリーブッシュPRO X-STRONG を装着すると

これまた本気具合がグッと増して

90年代のエンデューロテイストがより強くなりますね♪

Ac-13054

 

いずれにしてもこれから先は減る一方の絶版トレール

KLX250ですのでオーナーの皆さんは

大事にきれいに乗ってくださいね~。

 

以上KLX250オーナー、ビックリマーク営業カンバラにかわり

ラフロリークの セキネ がお伝えしました!

 

次回は最後の日本産トレール、

名車セロー250のライトカスタムをラフロリーク !!!!

ご期待ください !!!!

 

あれ?

今回はビックリマークが多いな(笑)

 

 

 

2017年 03月 27日 (月)

ラフロ “走る物流マンH”の「ラフロリークス ACERBIS編」  +ポケゴ通信外伝⑤~

 

 

こんにちは。

桜の枝先もほんのりピンク色に色づき始めましたが

ここ横浜は昨日今日と寒の戻りで寒い日が続いております。

先日会社帰りに近くの大岡川沿いを歩いていたら

花見に向けてもう屋台の準備が

「気が早いなー。でもこれもお客さんをもてなす準備と言えば準備。

我々もいつでもお客さんをもてなすことができるよう常に準備をしておかなければ。」と

 川沿いを一人でトボトボ。

 

「でも週末は天気悪いんだよな...。」なんて思っていたら

 

にぎやかな声が聞こえてきました。

ピクニックシート敷いて花見?酒盛り?しているグループがすでに居ましたよ。

気が早いなと思いつつも

その若さと、行動力とおバカさがうらやましくなる年頃。

 

 

 

ラフロリークス ACERBIS編

先日担当のACERBIS、PROGRIPの発注をかけました。

というのも期待の新人「ビックリマーク営業カンバラ!!!」が

営業活動で力を発揮しはじめ

在庫が少なくなってきちゃったんです(*'▽')

うれしい悲鳴ですが自分の見積もりも甘かったと反省。

 

 

ということで、

新製品、在庫品のカラーラインナップも見直し発注したのでご案内。

 

こちらは新製品

AC-21750 アッパーフォークプロテクター

00217500021750_110 0021750_010

0021750_0400021750_060 0021750_090

カラーラインナップは

ブラック、レッド、ブルー、イエロー、グリーン、オレンジの全6色

カーボン調ラバーでベルクロ取り付け使用です。

 

装着すると

Securedownload (1)

こんなにカッチョ良くなるみたいです。

 

 

AC-22115 ULTIMATEハンドガード 

現在9色の在庫から3色増やし全12色のラインナップ。

0022115_344 0022115_232 0022115_234

レッド/ブルー、ホワイト/ブルー、ホワイト/イエローと 

LUCAS OIL、Husqvarna系を追加しました。

 

 

X-GRIP FRAME PROTECTOR

こちらは2017年式対応車種とHusqvarna用を追加しました。

 

YAMAHA

00224440022444_020 0022444_040

・ YZF250 2017 •・YZF450 2016/2017・ WRF450 2017 (AC-22444)

 

KAWASAKI

00225740022574293 0022574297

KXF 250 2017 (AC-22574)

 

Husqvarna

0021726030

 TC 125 16-17/ FC250/350/450 16-17

 

 

 

 

PROGRIPからは

PG791 デュオデンシティーグリップ に新色

YELLOW FLUO / BLUEが追加されました。

791a

ヤマハ Husqvarnaに似合いそうですね。

 

 

あっと、次回入荷は5月連休前後の予定になりますので

もう少々お待ちください。

 

 

店舗ではベテランスタッフのトダ、タカミチョイスによる

マニアックなこんな商品も在庫していますよ♡

 

フロントゼッケンプレート

Thumbnail 0022312_241
0022298_2320022313_229
HONDA CRF 250 R 14-16/CRF 450 R 13-16 はWHITE/RED

YAMAHA YZ 125/250 05-17/YZF 250/450 10-17 はWHITE/BLUE

KTM  SX 250 2017/SXF 16-17 はWHITE/ORANGE

KAWASAKI  KXF 450/250 16-17 はWHITE/GREEN

 

 

X-SEAT

001756500169520016952_110 0017589

0017444_090_7000021878_130_700
HONDA  CRF 250 14-16 AC-16952RD

YAMAHA YZF 250 14-17/ WRF 250 15-17 AC-17589BL 

KTM  SX 125/150 16-17 AC-17444OR/BK

KAWASAKI KXF 450 16-17 AC-21878GR/BK

などなど他在庫多数。

 

 

フロントディスクカバー

0021614
HONDA XR250 07/16 (AC-21647)

HONDA XR400 07-16 (AC-21614)

なども店頭在庫しています。

車種年式、カラー、お値段は店舗へお問合せもしくはご来店で確認してくださいね。

 

 

 

YZ250F/450F(’14-’17)用のFLO YELLOW外装

C3koU3gUMAAyvAr

(ハンドガード・ディスクガード・シートは別売り)

横浜店限定在庫です。

 

ぜひお店に足を運んでみてください。

 

 

 ~~~~~~ポケゴ外伝⑤~~~~~~

雨の日はバス、電車通勤な“走る物流マンH”

帰りはバス1本で帰れるのでバスの中でポケモン中。

何回かやっているうちに

何時発のバスの運転手さんはアクセル踏むから1本遅らすか?

どちら側に座ったら回せるポケストが多いか?

と要らぬ思案が増えました。

 

バス移動だと歩くのより断然早いので

ポケスト回すかポケモンとるかを瞬時に判断しなければならないし

「私は運転手ではありません。」などが出てきて歩いた距離もなかなか増えない。

(座っているだけなので文句言えませんが)

 

と、ある日思いついちゃいました。

「ん?歩いて帰れば良いんじゃね??」

 

が、しかし。

オートバイで通勤距離約10km

「10km歩くのきついな~。 1時間半から2時間かかるぞ。」と思っていましたが

よく考えると

帰り寄り道して公園で1時間半ポケモンやったり

いったん帰ってからポケスト回しに2時間とか歩いてるのに気づく...。

この前実際に歩いて帰りました。

 結果 

歩いた時間2時間15分(食事休憩含む)

ポケモン105匹ゲット(レアなし)

コイン3個GET

 10km卵孵化 クヌギダマ

特に目立った戦果もなく

 でした。

10km卵があと3個あるから今度はルート変えて挑まねば。

 

 

 

 

 

 

そういえば

ウグイスの鳴き方がスムースになってきたような?と感じつつ

鳥の鳴き方を思い浮かべていたら

脳内で「チュチュンがチュン、チュチュンがチュン♪」が再生されてしまい

さらに「カラスの勝手でしょ~!」と続き

挙句「シ~ラケドリ~とんでいく~」と

とんでもない方向へ飛んでいった“走る物流マンH”でした。

 

でわでわ

チャオチャオheart04

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年 07月 13日 (水)

真夏の「ラフロ流バイク乗り専用アンダーウエア」男女モデル着用イメージ& 真夏に冬物?カタログ撮影も絶賛進行中!

 

おはようございます♪

いやぁ、7月の声を聞くや夏本番!

暑いですね(汗)

みなさん夏バテしてませんか?

 

こう暑いと涼しいメッシュジャケットの下に、

あるいはデニムの下にも

汗で貼り付かないように、

あえてのアンダー着用がオススメ。

 

最近は雑誌でも夏のアンダーの特集をしているので

こうした考え方がライダーの間でも

だいぶ一般的になってきましたよね。

 

 

今回はそのなかでも

プロテクションに特化したアンダー、

RR10091 プロテクションアーマーシャツ

RR10092 プロテクションアーマーパンツ

を下記の雑誌で

プロのモデルさん着用にて

ご紹介いただきましたのでご案内。

 

 

まずは夏らしく

華さんの水着姿がまぶしい培倶人最新号より。

20160701 bikejin-1

こちらの「厳選クールインナーカタログ」にて

男性プロモデルによる着用イメージ。

20160701 bikejin-2

男性プロモデルさんが着用すると、たくましさ 5割 増しです(笑)

ところどころ段差になっているのはプロテクターを入れるための外付けポケットの入り口です。

 

 

そしてそして、

こちらは初夏の絶景峠に心躍る

ガルル最新号

20160706 GARRR-1

「最新インナーウエア特集」

ちぱるさんによる女性着用のイメージがこちら↓

20160706 GARRR-2

女性が着用するとセクシーさが 7割 増しです♡

ガルルではメンズMサイズを上下セットでプレゼント付♪

 

 

プロテクションの理想から言えば

守りたいところからずれない様にフィットさせたい。

そしてアンダーウエアの面から言えば

UVカット、吸汗速乾、抗菌防臭、接触冷感が欲しい。

 

今回ご紹介した RR10091、RR10092は

こうしたライダーのわがままを形にした言わば

夏のバイク乗り専用アンダーの究極形

というわけですね。

 

 

さらに!

発汗量がハンパなく

こうしたアンダーでも張り付きが気になる酷暑の状況、

あるいは

モトクロス、エンデューロレースでの川渡り、雨天レースなど

不快なジャージの張り付きを軽減したいエキスパートには

素肌の一番近いところに

MILLET DRYNAMIC MESH アンダー

追加着用がおススメです。

 

JNCC COMP GPクラス 2年連続チャンピオン

渡辺 学選手のMILLETインプレはコチラから。

MIV01356

アンダーだけをとってみても

いろいろと奥が深いですね…

 

プロテクション性はそこまでいらないよ、

という方もこちらからご自分にあったアイテムをチョイス、

暑い夏を快適に乗りきってください♪

 

 

そして最後に、

冬物先取り情報!

 

 

現在、冬物カタログの撮影が追い込み中。

先日も35℃以上の炎天下、

RR7551 UVカットストレッチアンダーシャツ

RR7552 UVカットストレッチアンダーパンツ

上下で着用しつつハードでHOTな冬物の撮影ロケへ。

今回の広報車はヤマハXSR900です♪

 

湘南秋庭海岸 (RR7684 フライトジャケットEM)

Akiba coast

 

ヴェルニー公園 (RR7953 デュアルウォームジャケット)

Wernny park

 

NISSANスタジアム付近 (RR7686 ラフウインターパーカー)

Nissan stadium

 

新作アイテムの詳細はまた後日!

今回は着用イメージのチラ見せでした(笑)

 

以上、

晴れたのはよかったのですが

撮影中さすがに暑くて

ずっと滝汗状態だった

ラフ広報 セキネ でした(汗)

 

 

2015年 12月 11日 (金)

ラフロリークス! アウトライダー30周年を記念して、共同制作のツーリングバッグがたくさんのこだわりを詰め込んで来春登場します!

 

 

こんばんは。

季節外れの大嵐が抜け平穏を取り戻したヨコハマです。

地球温暖化と

過去最大規模と言われるエルニーニョの影響なんでしょうか?

 

暖冬と大雪の長期予報を気にしつつ

ラフの植物係 セキネ としては

雪が降る前、恒例の季節行事、

ヤシの木 屋内収納 がそろそろかなと思い

過去ブログを振り返ってみました。

 

昨年は例年より少し早く12月17日

一昨年は12月25日でしたね。

早め早めの準備で

気持ちよく年越しを迎えたいものです。

 

 

さて、話題かわります。

 

前回のセキネのブログでも少し触れましたが

バイクツーリング専門誌の

「アウトライダー」

2016年で創刊30周年を迎えます。

20151111 outrider-1

 

その30周年記念プロジェクトのひとつとして

ラフアンドロードと

コラボレーションバッグを開発中!

という記事をご覧いただけたでしょうか?

20151111 outrider-5

 

 

 

この試作品をバイクブロスのイベントなどでご覧になった方も多いかと思います。

Ra1031_kk

容量34ℓ、必要にして十分、

違いのわかる大人に捧げる逸品

 

RA1031 HBラージシートバッグ

Img_kk2

Img_01

アウトライダープロデュースの

旅具屋とのダブルネームコラボアイテムです。

Ra1031_logo2

詳細はコチラよりご覧いただけます。

 

 

 

アウトライダーの菅生編集長からは

「ラフさんと何か一緒につくりたいねぇ」

と以前から言われていたのですが

今回30周年というまことにめでたいこの機会にお声掛けをいただき

プロジェクトスタート。

 

スタイル、素材、容量、ポケットの仕様やベルトの数など

何度も打合せ。

IMG_8093

IMG_8105

IMG_8119

IMG_8129

 

サンプルアップ、

修正、

取付確認を繰り返し、

お互いの「こだわり」をたくさん詰め込んで形にしました。

IMG_0344

入荷は来年2月末を予定しています。

 

 

このようなタイミングでアウトライダー誌の

記念プロジェクトにご協力させていただけて

大変光栄に思います♪

 

 

あらためて振り返ると30年前の1986年、

創刊当時はまさにバイクブーム真っ只中。

国内4メーカーは競い合って新型車を発表し、

バイク用品も今よりもずっと派手なカラーのものが

あたりまえだった時代です。

 

アウトライダーはそんな時代に生まれ

バイク自体の情報よりも

圧倒的に美しい写真と詳細なツーリング情報で

「バイクツーリング専門誌」

というジャンルを確立した異色の存在です。

Outrider logo

 あれから30年、

時代は昭和から平成へ。

バブル崩壊後の長引く不況、

そして東日本大震災…

 

アウトライダー誌も版元をかえ、

屋号のロゴが4回かわり、

間に1年間の休刊をはさみ2003年に復活、

そして現在に至ります…

 

そんなアウトライダーは

僕らライダーに旅の素晴らしさと

尽きない好奇心の大切さを

毎号毎号、再認識させてくれた

教科書のような存在でもあります。

 

かくいう私も学生時代から25年来の読者で

「ラフアンドロード」

というメーカーをはじめて知ったのも

実はアウトライダー誌でした。

 

そういう意味で

個人的にも非常に感慨深い

今回のコラボアイテム、

3月頃からデリバリー開始です!

 

「ライダー」を「旅人」に変える雑誌、「アウトライダー」

これからもずっとそういう存在であり続けてほしい!

そう願ってやまない

ラフ広報 セキネ でした。

 

 

■ ■ お知らせ ■ ■

ラフアンドロードでは

今回のアウトライダー誌コラボアイテムのように

OEM生産、コラボ生産の受付もいたしております。

 

ベースアイテムや数量などある程度決まったら

コチラまで気軽にご相談ください。

ご連絡お待ちしております。

 

 

 

 

全国取扱い店
全国取扱い店
直営店舗
ラフ&ロードSHOP site
WEB SHOP
ラフ&ロードweb shop
ラフ&ロード楽天市場店
ラフ&ロードロードアウトレット

NEW!旬の特選アイテム

  • おすすめレイヤード術高機能インナーを効果的にレイヤードすると、相乗効果でナルホドなあったかさ!

▼カタログ▼

オススメ 特集

  • R&R MOVIE製品の取り扱い方法や、説明を動画でご覧いただけます。

ブックマーク/RSSリーダー

2020年2 月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29