ツーリング

2018年 08月 2日 (木)

台風一過、「三戸浜」・「黒崎の鼻」で夏を取り戻すツーリング !?  そして夏は「 アフリカツイン」に似合いすぎる「一生モノ」 のでっかいバッグで旅をしよう!

 

 

 

みなさま、こんにちは。

 

迷走する台風12号が関東へ上陸するという土曜の朝、

「これまでの経験則が通用しない台風」

テレビのニュースが大騒ぎするので

バイクではなく自転車で通勤してみた

ラフ広報 セキネ です。

 

2018-07-28 08.11.20

フード付きのRR7808 デュアルテックスレインスーツ

こんな時にも活躍する一着♪

 

バイク用品は高い防水性を基準にしているので

日常生活レベルの雨なら全く問題ナシ。

生地一枚で雨風を遮断するって冷静に考えるとスゴいことですよね。

 

ライダーは雨の中レインスーツで移動するのが当たり前ですが

一般の人からするとバイク用レインスーツはちょっと考えられないレベルの

専門性の高いアイテムなのかもしれません。

 

 

同じようにバイク専用の大型シートバッグというのは

ロングツーリングをしない人にはピンとこないアイテムかもしれません。

ましてや、バイクに乗らない人には本当に縁のないアイテムかも…

 

とはいえ、

バイク乗りが長旅をするときには必須のアイテムでもあり

各社とも自分たちのバイク旅に対する考えを最も反映した

看板アイテム的な存在でもあります。

 

今回はその大型シートバッグについて

ヤングマシン最新号にあったマニアックな特集記事より。

20180724 YM-1

▲表紙のCB1300SFはスペシャル仕様の新型ですが

ナントそのお値段ほぼ、ほぼほぼ200万円っ

厳選されたパーツ群を採用した、初めからカスタムマシンのCBは

名実ともに「ニッポンの名車」、素直にかっちょいいですよね!

 

 

記事内では

ラフアンドロード大型シートバッグの最終形態ともいうべき

RR9030 BWPラフクルージングバッグ

ご紹介いただきました▼

20180724 YM-2

 

現代のバイク旅のスタイルについて

熟考し尽くされた容量アップ機能や底面防水BWPなど

北海道連泊キャンプツーリングにも過不足なく対応可能。

RR9030

旅人の証、ホクレンフラッグが挿せるギミックなど

わかる人にはわかるマニアックな造り込みも満載(笑)

 

20180724 YM-3

アフリカツインくらいのバイクには

まるで純正のような美しい取付が可能ですね。

旅好きなバイク乗りなら 「一生モノのシートバッグ」 として

おススメできるアイテムです♪

 

 

さてさて話変わりまして

ここからはヨコハマ散策ネタ。

 

前回のブログでも触れましたが

この台風で週末のキャンプは断念したものの

台風一過の日曜は昼頃から一気に夏本番!

 

あまりにも悔しかったのでラフロキャンプ部メンバーを緊急招集(笑)

野営予定地だった三戸浜付近の下見散策へ。

2018-07-29 13.00.28

物流部イケメンK君が大切にしているCB750は冒頭のCB1300SFのご先祖さま。

確かお値段ももっと懐に優しかったような?いい時代のバイクです(笑)

そして営業部紅一点サクライさんのSV650もほぼハタチのかなりのベテラン。

何気に僕のトリッカー2009年式が一番新しいってのはご愛嬌。

 

三戸浜をチェックした後はそこからすぐ北側にある、

知る人ぞ知る三浦の秘境、黒崎の鼻へ。

2018-07-29 13.26.34

中トトロが走っていそうな藪の小道を抜けると。。。

 

2018-07-29 13.33.09

ドーン!と広がる絶景。

 

こんな青空を見た日にはやっぱりカンパイ!

バイクなのでノンアルですが(笑)

2018-07-29 13.43.18

 

そしてこんな海を見たからにはちょっと日光浴でも…

岩陰に即席の秘密基地をつくり束の間のキャンプ気分♪

2018-07-29 14.11.16

 

おじさんライダー的には人が少ない秘境の浜辺で

もっとゆっくり日焼けしたかったのですが

若手メンバーが暑さに参ってきたので早めに切り上げ

またまたご近所、K君おすすめの関口牧場へ。

2018-07-29 15.03.14

絶品ソフトクリームでリフレッシュして現地解散、

突発的半日ツーリングでしたが十分満喫しました♪

 

今回のツーリングはラフアンドロード横浜店から

横横道で一時間圏内。

お店でお買い物がてらフラッと走りに行く、

そんなアナタにもオススメです。

 

そして直営店のダイナミックサマーセールは今週末まで!

この夏はラフの旅具で快適なバイク旅をお楽しみください。

 

以上、次は夏の終わりに会社から

キャンプ(野営)へ直行する計画を画策中の

ラフ広報 セキネ がお伝えしました。

 

 

 

2018年 05月 16日 (水)

ロシアワールドカップ目前、聖地巡礼中に静岡でトライアンフの秘密工場発見 !?エコパ、蓬莱橋、富士山空港からB級スポットをつなぐ初夏の濃密ソロツーへ。

 

 

サッカー好きのライダーのみなさま、こんにちは。

GWはいかがお過ごしでしたか?

  

私、ラフ広報セキネ、

個人的ライフワークでもあるサッカーの聖地巡礼、

2002年日韓ワールドカップ開催スタジアム巡りソロツーを堪能し

W杯直前の気分をさらに盛り上げてまいりました♪

 

 

と、その前にバイクジン最新号

ソロツーリングに関する興味深い記事があったのでご紹介。

20180501 bikejin-1

20180501 bikejin-2

記事によるとライダーの多くはソロツー自体は好きなものの、

距離が300kmを越えると不安を感じる、とあります。

 

もちろんこれは装備面だったり、プランニングだったり、

ライダー自身のスキルや体力面など理由はさまざま。

ともあれ、この「300km」というのは

気軽に行けるソロツーのひとつの目安になりそうですね。

 

今回のバイクジンでは第二特集で

キャンプで使える大容量ツーリングバッグ特集なる記事も。

その中でこれぞ北海道ロングツーリングスペシャルバッグ、という

RR9030 BWPラフクルージングバッグ

ご紹介いただきました♪

20180501 bikejin-3

 

本気の積載となった時は75ℓの大容量でヘビーツアラーの旅をサポート。

↓ホクレンフラッグ差込スリットがホッカイダーの心をくすぐります(笑)

RR9030

300km以上のソロロングツーリングでも

こうした充実装備があれば意外と普通に行けちゃいます。

来たるべき夏のロングツーリングに向けて

十分なプランニングと旅具のご確認もお忘れなく。

 

 

さてさて、冒頭のスタジアム巡りソロツーですが

今まで日産横浜スタジアムデンカビッグスワンスタジアム

記事にはしてませんがカシマスタジアムなど訪問しています。

 

今回は数年ぶりに大学時代の友人らと

掛川のつま恋リゾートでフットサル大会に出場したあと

じっくりと袋井のエコパスタジアムを見学しようと計画。

また、折角バイクでのソロツーなので

掛川から島田、清水あたりの定番からB級スポット巡りもする予定。

一日の最大移動距離を200㎞程度におさえ

サッカーや散策をメインにツーリングしてきました。

 

 

一日目は大会で8時半現地集合なので

朝5時過ぎに起きて西へ高速で移動。

装備は前回ブログ同様、新型パーカーサンプルの下に

RR7987 ウインドガードスリムインナージャケット

一枚着こんでちょうどいいくらい。

朝から快晴で富士山が見えテンションあがります♪

2018-05-04 07.17.04

 

いかにも静岡、という茶畑の中を抜け…

2018-05-04 08.31.44

 

つま恋リゾート主催のフットサル大会で、まずはサッカーをプレーするほうを楽しみました♪

2018-05-04 10.01.04

ひさびさの集合ですが20年来のメンバーなので

お互いのプレーのクセを熟知しており、平均46歳近いオジサンチームでしたが

それなりに好成績を残し、夜はうまい酒で乾杯、旧交を温めてきました。

 

 

明けて翌日。

目指すは袋井のエコパスタジアム

2018-05-05 09.27.27

 

親切な地元ライダーに駐輪場所を聞きつつたどり着きます。

エコパは以前、現ジュビロ磐田監督の名波選手の引退試合を見に来たスタジアム。

ここでも2002年日韓W杯の数試合が開催されました。

お目当ては無料で楽しめるスタジアムツアー!

2018-05-05 09.26.18

 

2019年にはここでラグビーのワールドカップが開催されるようで

五郎丸選手関係の展示物もありました。

2018-05-05 09.34.49

が、私の目的はサッカーモノですのでそちらをチェック。

 

おぉっ!現ジュビロのサイン入りユニフォームと

名波選手の引退試合の時のユニフォームですな!

2018-05-05 09.36.23

 

2002年、W杯当時のブラジル代表のサイン。

当時若手だったカカが23番!懐かし~!

2018-05-05 09.39.18

 

 そして大会ごとに新作が発表されるボール標本も。

一番下に2018年ロシア大会のテルスター18もありますね。

2018-05-05 09.38.01

 ほかにもスタジアムの屋根に使われている素材の見本やら

なかなかマニアックな展示物に興奮しまくりでしたが…

 

残念ながら訪問した日は自転車の大会イベントがあり

スタジアムツアーは中止になっていました(涙)

2018-05-05 09.50.08

まあ仕方ありませんがエコパはこれで見た、ということにします。

 

関東圏であとじっくり見たいのは埼玉スタジアム2002

当時 イングランド対スウェーデン を見に行った会場です。

 そのほか札幌、大分、宮城、長居は遠方なのでいつか機会があれば。。

興味のない人にはどうでもいいスタジアムツアーですが、意外と楽しいですよ(笑)

 

さてさて、エコパツアーが中止となり予定時間よりも早く終了したため

エコパの近所でちょっと気になる工場へ行ってきました。

「TRIUMPH静岡センター」

静岡の内陸にトライアンフの工場が !? 知らなかった!

バイク乗りとしてこれは是非とも行くべきでしょう!

というわけで到着後さっそく工場の入り口で記念撮影♪

2018-05-05 08.59.19

 

GW中なので工場は稼働していませんがなんかちょっと違うような…?

ん?あのロゴって、

トライアンフじゃなくてトリンプじゃね?

2018-05-05 08.56.33

 

そういえば、僕が立っている小高い二つの丘は…?

2018-05-05 09.00.07

ハイ、

そこは黄色い天使のブラの谷間でした(爆)

ツーリングのプランニング時によく調べましょう、

ってやつですね(汗)

 

 

気をとりなおしてそこから島田市の蓬莱橋へ。

2018-05-05 11.34.44

2018-05-05 11.36.00

ここはずっと来たいと思っていながらなかなか来られなかった場所。

世界一長い木製の橋は手すりが低く、風が強いと意外にスリリング(汗)

徒歩のみで渡河可能、通行料大人100円。

 

そのあと見に行ったのは牧ノ原台地の上にある富士山静岡空港

建設当時、地主と県知事が立ち木問題で争ったことで有名になった空港です。

2018-05-05 13.09.38

こちらは現在、国内線やアジアに向けた航路が就航しており

空港までの道のりは静岡県民の

ちょっとしたドライブコースにもなっているようです。

GW中は飛行機利用者よりも見学者が多いようでした。

 

空港を後に海沿いに下りてきてから150号線をつないで静岡市へ。

久々に下道でいろいろ寄り道しながら走ると

学生時代によく走っていた道や情景が大きく変化していて

気ままなソロツーならではの発見が多く意外と楽しめました。

2018-05-05 16.04.52

日本平から三保、富士山を眺めます。

このあたりも旧道が立派になっていたりいろいろ変わっていました。

 

最後に清水エスパルスの本拠地 IAI スタジアム日本平の遠景で

今回のスタジアム巡りソロツーを締めくくります。

2018-05-05 16.15.48

 

サッカーにまつわるポイントを巡るなど、

マニアックな趣味を堪能できるのもまたソロツーリングの魅力。

トリッカーの機動力を生かしてテーマをもって楽しめたソロツーでした。

  2018-05-06 16.23.54

帰路は天候がこれから崩れるのがハッキリとわかるような雲が富士山の横に出現、

うまく雨雲と渋滞をかわすように246号の裏道をつなぎながら帰宅しました。

 

以上、

イチサッカーファンとして是非今夏

イニエスタの神戸移籍が実現してほしいと思う、

ラフ広報 セキネ がお伝えしました。

 

 

 

 

 

 

 

2018年 05月 1日 (火)

街でもアウトドアでもヘビロテ必至の新作パーカーをラフロリークス!  & スナフキン部が行く 「えっ! ヨコハマでキャンプできるの?」 編

 

 

 

みなさま、こんにちは。

GW真っ只中、バイクライフ楽しんでますか?

忘れたころにやってくるぎっくり腰が心配でどこに行くにも

常にウエストベルトを携行しているラフ広報 セキネ です(汗)

 

この4月末の数週間、バイク用品業界では

18-19秋冬モデルのバイヤー様向け展示会が開催され

ラフアンドロードも大阪、横浜で出展させていただきました。

2018-04-24 10.54.20

2018-04-25 12.47.40

この場を借りて各会場へご来場いただきました方々へ

あらためて御礼申し上げます。

 

最近のバイク用品は

バイク以外のシーンでも使い勝手のいい、カジュアルなモノだったり

ミリタリーテイストのアイテムがトレンド。

 

それらのトレンドを取り入れつつ、

いかにコストパフォーマンスに優れていて、

なおかつラフロらしい機能を盛り込めるかどうかがポイント。

 

その中で私ラフ広報 セキネ のおすすめの一品はコチラ↓

RR7229 ウインドガードストレッチライドZIPパーカーFP

2018-04-23 08.30.16

発売は秋ごろなのですが通年アイテムで

軽くしなやかな防風ストレッチ生地、反射素材やフードストッパー、

肩-肘-脊椎-胸にはワッフルタイプのプロテクターを標準装備。

オールシーズ対応インナーも取り付け可能と機能拡張性も高く、

価格は1万2800円(税別)を予定しております!

 

製品化を前に私もサンプル実走テストを重ね、

通勤、キャンプ、ツーリング、街着としてフルに活用中。

そのうえで太鼓判をおせるコストパフォーマンスの高さは

今後の主力アイテムとなる予感ビンビンです!

 

これに人気のRR5837 ラフライディングスニーカー

RR8762 OutDryEGプロテクショングローブ

RR9402 AQA DRY ライドパック を合わせるのが

最近の私のスタンダードスタイル♪

 

 

さてさて、今回はそんなスタイルで

展示会の合間を縫って近場でいいから

なんとか焚火キャンプがしたいと思い突発的に

第二回 ラフロキャンプ同好会(通称スナフキン部)の活動をしたお話。

 

場所はラフアンドロード横浜店が面している鎌倉街道を

大船方面へ公田交差点まで進み右折、

そこから国道1号の原宿交差点方面へ向かい

途中の田谷交差点から金谷方面へ右折。

2018-04-21 12.42.15

右折後2つ目の信号をスーパー銭湯湯快爽快を右手に見つつ左折。

2018-04-21 12.45.29

一つ目のカーブ左手にある千秀公園が今回のサイト。

横浜店から約25分ほどで到着、正真正銘、横浜市内の公園です。

2018-04-21 15.51.09

閑静な住宅地の中にある決して広くはない普通の公園ですが

地元では知る人ぞ知る日帰りBBQで有名な公園。

 

公園内にはザリガニが釣れるという小さな池?や遊具があり

その時も約50名ほどのファミリーデイキャンパーで大賑わい。

正直テントを張れる状況ではありません(汗)

 

やや場違いな視線を感じつつも

管理棟の影にテントを仮設し園内に落ちている枝を集めて

薪を作りながらデイキャンパーが減るのを待ちます…

2018-04-21 15.22.36

この公園、地域のボランティアによる自治公園なので

予約の方法や受付時間などいろいろルールは細かいですが

冷蔵庫も完備、大人1泊600円と格安。

何よりも横浜市内にあるのでとにかく近い、

いわゆる穴場のキャンプ場です♪

2018-04-21 17.35.33

ほどなくして物流部イケメンK君が合流、

買い出しや焚火道具のチェックをして夕刻を待ちます。

6時半過ぎにデイキャンパーがいなくなり

かまど付近にテントを移動しやっと乾杯&焚火スタート♪

 

7時半ごろ土曜出勤後の営業部紅一点のSさんが合流し

焼き鳥とビールでもう一度カンパーイ!

シイタケやシシトウを焼き、焚火を眺めつつ

ゆったりまったりとした時間に気持ちもほぐれ

楽しすぎて焚火風景の写真を撮るのを忘れてしまいました(爆)

 

夜10時ごろ地元のやんちゃな高校生が花火をしたり

朝早く中学生のバトミントン部が自主トレしたりと

都市部ならではの?光景はありますが

基本キャンパーには害はありません(笑)

 

翌朝も良く晴れて暑くなりそうです。

初夏の新緑が目に優しい…癒されます。

2018-04-22 06.21.00

2018-04-22 06.20.05

2018-04-22 06.10.13

2018-04-22 06.30.32

受付をした人は「野外リーダー」の札をもらい提示の義務が発生します。

チェックアウトの時間は受付の人が来てくれる時間次第、

それまでにかまど周りやトイレなどを掃除してチェックしてもらってから解散。

ところどころボーイスカウト的な要素が入るのはご愛敬?

 

とは言っても横浜市内からキャンプツーリングのメッカでもある

道志や御殿場、伊豆、房総などに向かうより全然近いので

すぐに帰って日常生活に復帰できるというメリットは大きいかと。

今回の千秀公園は極端に近いので

個人的にはバイクでもう少し走りたかった、というのはありましたが(笑)

日常のなかの「非日常」を体験するにはおススメの場所でした。

 

 

キャンプを 「非日常」 の初期体験とすれば

究極の非日常は 「サバイバル」

この「サバイバル」をテーマにした

マニアックなアウトドア雑誌「Fielder」最新号

「裏山探索装備サンプル」なる企画の中で

ラフロ的コーディネイトをご紹介いただきました。

20180501 Fielder-1

20180501 Fielder-2

こちらではバイク用品のプロテクション性と

派手すぎないアウトドアテイストのアイテムがセレクトされています。

RR7240 ブレッサブルフィールドジャケット

RR7465 ストレッチケブラーデニムパンツ

RR8515 コンフォートナックルパンチングレザーグローブ

それと私も愛用中のRR9402など。

 

Fielderの川崎編集長はバイク乗りでもあり

要所に装備されるプロテクターなどに、かねてから

アウトドアとバイク用品の親和性の高さを感じていたようですね。

こうしたバイク用品を通じた異業種交流は

今後もますます増えるだろうなと感じた記事でした。

 

以上、今回の近場キャンプに不参加だった

輸入担当女子のH姉さんから

「次回はトイレを掘るぐらいもっとサバイバルなところで!」

との希望を出されキャンプ場所の選定にやや戸惑っている

ラフ広報 セキネ がお伝えしました(汗)

 

 

 

 

2018年 04月 11日 (水)

新作ウエアをプロのモデルが着てみたら? その1 & ハリル監督解任! 後任は西野朗氏! なでしこ、最終決戦は金曜日!

 

 

 

みなさん、こんにちは。

4月に入って物流部からの出荷量が増えてきました。

全国の販売店様からのお問い合わせやご注文も多くなり

本格シーズンインを実感する今日この頃…

 

そんななか見本誌が到着した

バイクジン最新号の第一特集は

「日帰りキャンプ」

20180401bikejin-1

記事内データによるとバイク乗りの多くが

潜在的にキャンプをしたい、と思っているようで。

 

ただ、泊りとなるとけっこうハードルが上がるため

今回は日帰りからどうでしょう?

というわけですね。

 

まずは自然の中でゆったりしてみる、

そしてお得なキャンプセットを買って

ぜひ次回は泊まりキャンプも楽しんでね♪

という流れです。

20180401bikejin-2

このキャンプスターティングセット

文字通りほんとのお買い得セットで

各キャンプアイテムを収納し、バイクへ積載するために選ばれたバッグが

RR5612 AQA DRYカーゴ

 

このバッグ、私もキャンプやロングツーリングで10年以上愛用中。

2018-02-17 12.46.57

防水仕様で取り付けパーツ標準装備、

バッグ本体のターポリン素材も厚くしなやか、耐久性は業界イチ♪

 

バイクジン編集部では今年、

バイクジン祭のかわりにキャンプイベントを多く開催し

より読者やライダーに近い時間と感覚を共有する予定だとか。

そんなイベントに商品を通じてご協力できるのはうれしい限りです。

今まで二の足を踏んでいたみなさんも

今年こそキャンツーデビュー(リターン)してみませんか?

 

 

さて、

今回のバイクジン第二特集はプロのモデルさん着用による

2018春夏ライディングウエアコレクション

 

 

やさしい笑顔のイケメンモデルさんがZ900RSのまえで着用しているのは

RR7334 MA-1Rメッシュジャケット

足元ではRR5837 ラフライディングスニーカーのアイボリー×ブルーが涼しげです♪

20180401bikejin-3

 

近年、ラフ&ロードのラインナップではこうした

カジュアルで街なかでも違和感の少ないモデルが多くなりました。

 

コチラ↓のバナーからそんなアイテムがご覧いただけます。

カジュアルなウエアで街に馴染むもヨシ、

そのままキャンツーへ出かけてアウトドアを楽しむもヨシ。

春は新しいウエアでアクティブに行きましょう♪

 

 

 と、最後にサッカーネタにも触れておきましょう、

「ハリルホジッチ監督、解任」

あ、やっぱり…という感もありますが

今頃? その判断、遅くね? という気もします。

 

女子のなでしこジャパンは佐々木則夫氏のあと

さんざん叩かれても高倉監督でとおし、

やっとこのアジアカップ兼ワールドカップ最終予選

結果が出始めたところ。

そんななか男子サッカーではこの4年間、

サッカー協会は何をしていたのか、という話です。

 

とはいえ、こういうプロの世界は結果がすべて。

いい時はチヤホヤされ、悪い時には罵倒される、

監督や代表選手とはつくづくシビアな世界ですね…

 

世界的にもW杯直前の解任劇は衝撃的だったようで、

ある意味変な注目のされ方をしている日本代表。

次の西野監督には相当な重圧がかかりそうです。

 

これまでのデータによると

W杯本番の年に監督の交代があった代表チームでは

予選突破の前例はない、とのこと。

 

かなりハードルの高いミッションではありますが

西野監督と日本代表にはぜひ予選突破、

初のベスト16越えを実現してもらいたいですね…

願わくば「マイアミの奇跡」再び…

 

以上、

昨夜のなでしこジャパンの対韓国戦を見て、

むしろ女子の方がデュエル強くなったなぁと感心しつつ

13日豪州戦でフランス行き絶対に決めてほしいと思う

ラフ広報 セキネ がお伝えしました。

 

 

 

2018年 02月 21日 (水)

ラフロキャンプ同好会「スナフキン部」発足 !? トリッカーで初の冬キャンプへGO!

 

みなさま、こんにちは。

 

 2月も後半になりココ横浜はまだ寒いですが

そこかしこで梅の花が咲き始めました。

「冬季」オリンピックの熱戦をテレビ観戦しながら

確実に「春」は近づいているのを感じる今日この頃。

 

春と言えばそろそろ今年も飛んでませんか?

花粉

 

どうやらすでに神奈川では飛散しているようで

早速というか私はすでに RR7601 アレルキャッチャーマスク

2枚入手し洗濯しつつ交替でヘビロテ中です(涙)

RR7601 BLACK

 

▼本格的なシーズン前に花粉症ライダーはHPのコチラ、要チェックです▼

chemical Quick Index

 

 

 

さて、

「春の到来」といえば、

バイク乗りとしてはそろそろバイクも身体もココロも

本格始動にむけての準備開始、ですね♪

 

そんなわけでまずは 年初の思いつきより

日帰りツーリングから一歩進めたラフロキャンプ同好会、

通称 スナフキン部 を発足。

 

その第一回活動のため私ラフ広報 セキネ、

自宅より10数キロのとある湘南エリアのキャンプ場へ出撃。

2018-02-17 12.46.57

茅ヶ崎市 柳島キャンプ場

 

国道134号と海岸線の間にある近場の人気キャンプ場で

シーズン中はファミリーで賑わい、ほぼ予約不可。

今回はシーズンオフの冬ということで

何とか押さえることが出来ました。

 

このキャンプ場は松並木の保全林の中にあるため

基本テント横での焚火は出来ないのですが

冬のこのシーズン、限定2サイトだけ

焚火OKなサイトが出現します。

 

今回はこの1つを予約して、

冬でも焚火がやりたいという会社の物好きソロキャンプ好きに声をかけ

きたるべき本格バイクシーズンを前にまずは

冬季グループキャンプで肩慣らし、というわけです。

 

愛車のトリッカーはスリムな車体で

積載スペースが本当に限られるため

夏のキャンプなら通勤でも活躍中、容量20ℓほどで雨でも安心な

RR9402 AQA DRY ライドパック を 2つ使い

ひとつを車体へ、ひとつを背負うぐらいで大丈夫なのですが、

荷物がかさばる「冬キャンプ」ではそうもいきません。

RR9402 着用イメージ

 

冬キャンプ用の本格装備を持たない私は

あらかじめ容量50ℓの防水シートバッグ、RR5612 AQA DRYカーゴ を用意。

その中にかさばるテント本体と夏用シュラフ2個、

コンパクトエアマットとチビ毛布を収納しました。

 そして着替えと食器類はいつものRR9402 AQA DRY ライドパックへ収納。

スペースの関係上、残念ながらこのRR9402は「背負う」ではなく

前に回して「抱く」ような形で装着することになりましたが…

 

今回は防寒対策の要として

普段ファミキャンで使用中の大きめの焚火台も必要なため

まずそれをバイクにつけて、その上にRR5612のシートバッグ、

テントのフレーム類、キャンプ椅子を積載。

 

ラフアンドロードのバッグは付属の取付パーツ類が充実しているため

今回も全てバッグに付属しているコード類だけで取り付けが出来ました♪

 

 

各メンバー14時半ごろ現地集合し、15時にはベース設営完了。

2018-02-17 15.09.19

今回のメンバーは冬キャンプが実は初めてとなる私、セキネと

普段から趣味で野宿を嗜んでいるというCB750乗りの物流部イケメンK君、

ハーレーで様々なミーティングやフェスに参加する輸入担当女子のHさん、

そして土曜出勤してその足で夜に現地合流予定の 営業部紅一点のSさんの4名。

※ラフロキャンプ同好会「スナフキン部」の命名者。今回は普段のSV650ではなくXLR250BAJAで参戦。

サイト定員ジャスト4名で女子は1つのテントをシェアするという形式です。

 

今回のキャンプは「焚火メイン」

一晩じゅう楽しめるだけの薪は現地海岸の流木をアテにしていました。

海岸に出ると予想通り? 打ち上げられた流木が拾いたい放題♪

2018-02-17 14.48.11

ゴロゴロしている大物を持って帰りたい衝動をおさえ

とりあえず必要な分、持てるだけテントサイトに持って帰ります。

 

その後近所のスーパーで買い出しを終え、

もういちどHさんと薪拾いに海岸へ出たあたりで陽が沈みました。

2018-02-17 16.25.43

戻ると黙々と薪を切り出すK君が、ナタでバトニングまで始めてました(笑)

あたかもプチ炭焼き小屋状態。

2018-02-17 16.40.56

 

ほどなくして辺りは暗くなり、焚火台が本格稼働♪

2018-02-17 17.38.33
2018-02-17 18.07.09
焚火を囲んでうまい酒と、気の合う仲間との他愛のない会話。

 

20時ごろにRR7660 デュアルテックスウォームパーカー

完全防寒したSさんが無事合流し乾杯再開♪

非日常のゆったりとした幸せな時間に癒されました。

 

 

良く晴れた翌朝の日の出♪

2018-02-18 06.39.03

湘南の海の朝は早く、すでに釣りをする人や犬の散歩、

ジョギングをする人が多数。。

江の島のシルエット越しの朝陽にしばし見とれます。

 

普段そこまで冷え込むことのない湘南エリアですが

その晩は氷点下までいったようで朝方に何度か目を覚ましました。

やはり2月に夏物シュラフ二枚重ねだけでは厳しいですね。

 

冷える足先は RR5612 のなかに入れて寝たので暖かったのですが

さすが完全防水、発汗によって逆にバッグ内部が結露してました(汗)

シュラフ表面が濡れるのでこういう防寒はやめましょう(笑)

 

サイトに戻ると女子2人がすでに焚火をおこし朝食を作り始めていました。

2018-02-18 07.08.39

グルキャンは黙っていても分業で事が進むのでラクですね~。

また今回のようにソロキャンのベテランが多いと

初の冬キャンプでも不安なく楽しめました。

 

2018-02-18 08.10.55

自分はバイクへの積載も含め

撤収に一番時間がかかってしまいましたが

ほかの3人は慣れたものでサクサクっと作業完了。

 

吟味したつもりでしたが使わなかったものもあり、

ウエア類やキャンプアイテムの選定、収納や積載は

今後もっとスマートに洗練していく必要がありそうです。

 

都合まる一日に満たない活動でしたが

限られた時間を濃密に楽しめる

このスナフキン部の活動はちょっとハマりそうな予感。

 

 

帰り道、134号の海沿いを走ると子育てを終えた

ベテランサーファーたちが熱心にいい波を探し

仲間たちと談笑しているのを見かけます。

 

また道志あたりのキャンプ場では週末ごとに

気の合う仲間がそれぞれに集合して

互いに干渉しすぎるでもなく

思い思いに自由な時間を楽しんでいるとか。

 

これからの時代は休日の午前中だけとか、

泊まりがけでも朝には帰れるとか、

限られた時間でどう楽しめるか、

それがますます重要になってくるかと思います。

 

そんなとき我々ライダーは「バイク」という

その気になればすぐにでも「非日常」へと

没入できる手段を持っています。

 

今回のはじめての冬キャンプでは

いつものバイク生活からほんの少しの思いつきで

まだまだ未知の世界がある、ということを体験できました。

 

みなさんも今年は今までやっていなかった

「新しいバイクの楽しみ方」を探してみてはいかがでしょうか?

 

以上、さっそく次のスナフキン部の活動に向け

場所と装備の吟味を始めている

ラフ広報 セキネ がお伝えしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年 01月 31日 (水)

雪山になってる房総半島で林道ツーリングしてきました! アーンド、激うまピザ屋発見! ~石窯焼き手作りピザだよ~

 

おはようございます!

(o^―^o)ニコ

 

”二刀流ライダー オノザト” です m(_ _)m

 

ここ横浜、先週は数年に一回の大雪・・・

 

今週も雪予報・・・

 

寒波の影響は凄まじいですね!

 

 

そんな中、大人の雪遊びをしてきましたよw

大人の雪遊びと言ったら、

スキーやスノボが一般的だと思いますが、

  

・ ・ ・ ・ ・

・ ・ ・

  

雪山林道ツーリングですwww

Σ(゚д゚ノ)ノ エェ!?

 

まずはこちら

\ ででで-ん /

CIMG2791

初の雪山林道アタックですwww

 

といってもすべてが雪道ではなく、所々雪が残っていた状況ですw

しかもアイスバーンではなく、”フワフワ” ”サクサク”のコンデションでした。

この状態だとしっかりグリップしてくれると体感www

 

「楽しかったなぁ!」

の一言に尽きますwww

 

・トリッカー

・KLX250

・WR250R

生産終了トレール3車種で、

房総半島で遊んできました!

3枚合体_edited-1

こんなに楽しめる車輌達が

生産中止に追い込まれてしまった、

排ガス規制・・・

悔やまれます・・・

 

 

そして今回林道の怖さも味わいました・・・

雪の影響か、土砂崩れが発生していて倒木が道をふさいでました。

 DSC_1674

即ギブアップ・・・

 

道幅も狭く、Uターンするのも一苦労。

・・(≧0≦)・・ウェーン

 

3人で協力してなんとか、引き返せました。

Σ(=∇=ノノヒィッッー!!

 

危険予測をしっかりして、

安全に楽しく走ろうと再確認です!!!

 

 

ツーリングの醍醐味と言えば、走ることはもちろんですが、

 

温泉に入ろう!

とか

美味しいもの食べよう!

 

これらも大事なテーマですよね?

 

今回、お昼ご飯を食べる場所決めで、

 

あるチャレンジをしました!(笑)

 

・ ・ ・ ・ ・ ・

・ ・ ・ ・

・ ・

 午前中雪山を十分堪能し、山から降り

一番最初に通りかかったお店(チェーン店は除く等)にする!

 

これが大成功www

 

休憩処 たむら さん

ピザ_edited-1
気さくなマスターが迎えてくれる、石窯焼きの手作りピザ屋さんです!

ピザ2_edited-1左 ミックスピザ  右 シーフードピザ

共にLサイズです。

 

生地は分厚く、具も盛りだくさんwww

大人3人で食べてもお腹いっぱいです!

 

 

オンツーリングで来てもよし!

”石窯焼きピザ食べようツーリング”と

食事メインにしても良さそうwww

 

 

BINGO ビンゴハンバーガーも捨てがたいですが、

新たなツーリングスポットになる予感www

 

大自然の中で食べるピザは激うまぁです!

 

 

 

 

最後に商品のCMになります。

RR7856 エマジェンシーパンツ

パンツ 本体と袋

実はオフロード走行は結構な運動量なんです!

林道走行すると、雪の中であっても、

ぜぇーぜぇー はぁーはぁー

汗だくになってしまいます・・・

 

だけど目的地の房総の林道に着くまでのいわゆる移動区間、

オノザトの場合は、

首都高、アクアライン、館山道を使います。

 

その移動時はやはり防寒対策が肝!

上半身はプロテクターのお陰か防風効果で案外耐えられるんですが、

無防備なオフロードウエアでは下半身が寒い・・・

 

 ガクガク ブルブル

 

アクアラインのトンネルが温かく感じるだけで、

それ以外絶えず震えています。

 

 こんな時、ウインドブレーカーパンツとして使用すると冬の房総なら十分耐えられます。

目的地に着いたら、コンパクトに収納できじゃまにならず

スポーツライディングに徹することができます。

値段も¥1,900と超お買い得。

まさに「モッテッテヨカッタパンツ」です。

 

 

 それではっ!!!

 

 

 

2018年 01月 27日 (土)

TT250Rで旅する世界ツーリスト 金本さん、ユーラシア大陸を横断しポルトガルの ロカ岬に到着!

 

 

皆さま、おはようございます。

寒い日が続きますがバイク、乗ってますか?

 

寒い時はついつい出不精で…

そんな時こそ愛車のメンテナンスを、ということで

現在ラフアンドロード直営店では

メンテナンスキャンペーン開催中!

 

週末ごとにバイクの洗車&メンテをして

気持ちよく走れるようにしてはいるものの

先日の雪のときにU字ロックが氷結&サビで固着して外れず

出勤前に大慌てしたラフ広報 セキネ です(汗)

バイク以外の用品も適宜メンテナンス&リニューアルが必要ですね…

 

 

さてさて今回は

ロングツーリストサポート制度を利用して旅にでた

世界ツーリスト 金本さん の続報です。

 

昨年8月に日本を出国、ロシア、モンゴル、西アジア各国、

そして東欧を経てヨーロッパ各地をめぐり、

ナント21カ国をめぐり

先週の17日にイベリア半島の最西端ポルトガルはロカ岬に到着、

ついにTT250Rでユーラシア大陸横断達成しました!

という報せがありました。

※以下写真は金本さんのブログより転載

 

かなりのヘビーユースながら

ハンドルカバーやサイドバッグカバーが

相変わらず活躍しているようで何よりです♪

 

そしてこのユーラシア大陸の西の端の看板に

ラフアンドロードの黄色いステッカーが!

目立ってますね~

金本さん、広報活動ありがとうございます!

 

金本さんはここから今度はアフリカ大陸を縦断し、最南端の喜望峰をめざします。

ここまでいい出会いに恵まれたようですが、これからの旅路にも幸多からんことを!

 

 

ところで金本さんはスペインで

バルセロナのホームスタジアム「カンプノウ」に立ち寄ったようですね。

うらやますぃ~ V(>o<)W !!

 

このときはじめて楽天がバルサのメインスポンサーになったことを

この看板で知ったようです。

海外に出て改めて気づくのは時間の流れが日本とは全く違うことと

こんなところにも日本製品や日本の会社の名前が !? ということ。

西欧でいきなり日本の「楽天」の文字を見たら

ちょっとビックリ。

 

ほかにもスペインでは

サグラダファミリアはじめ歴史的なガウディの建築の数々を

実際に自分の目で見てまわられたとか。

そのすべてが現在進行形で金本さんの血となり肉となっているのを

ブログを拝見しながら追体験できるという、なんとも便利な時代です。

 自らの発信力や行動力のある旅人にとっては

もはや現代の地球は小さく感じるものなのかもしれません。

 

 金本さんのような世界ツーリストを通じて

こちらもいろいろと勉強させられることが多いということを

最近とくに感じます。

客観的に俯瞰して物事を眺める、

人と人との繋がりが今の自分を生かしてくれている、

などなど。。

あらためてその人の人生に大きく影響する「旅」に

製品を通じてご協力できることを幸せに思います。

 

 

世界ツーリングには行けなくとも

日々の生活の中でちょっと自分一人で考え事をしたい、

なんていう時には焚火を眺めつつのキャンプや野営が一番。

2018-01-20 13.25.11

もう少し暖かくなったら

先日下見に行った三浦半島のこのあたりで↑

ヒトリキャンプを楽しもうと画策中の

ラフ広報 セキネ がお伝えしました。

 

 

 

2017年 12月 7日 (木)

「ヤバイよ!ヤバイよ!」の出川哲郎も走った小豆島(ショウドシマ)は 意外と知らない瀬戸内ツーリングスポットの穴場?

 

こんばんは。

寒くなりましたねwww

冷え込みが強烈です。

寒がりの東北人ライダー ラフ広報 セキネ です。

 

今回は名前は知っているけど

実はどんなところか意外と知らない、

そんなエリアの話。

 

もちろん、その近所に住んでいる方なら

なに言ってんだよってハナシですが

個人的に馴染があまりないエリアで

もしかして瀬戸内ツーリングの穴場なのでしょうか?

 

そこは小豆(アズキ)島と書いてショウドシマと読む島。

聞いたことあるけど香川県だったんですね(汗)

 

実はこの島、バイク乗りならみんな見ている?

テレビ東京系出川哲郎の充電させてくれませんか?

で少し前に出川さんたちも旅していたトコロ。

 

この番組は出川さんと番組プロデューサー、

そしてゲストの芸能人がヤマハの充電式 VINO 3台で

道すがら一般の人たちにお願いしつつ充電させてもらいながら

風光明媚な日本の下道をツーリングするという人気番組。

 

今回、カワサキバイクマガジン最新号内の旅企画

「ジャパニーズロード」 でライターの栗栖さんが

ヴェルシスX-250に乗り旅したのもこの島でした。

 

20171201 KBM-2

海沿いから山深い渓谷までがコンパクトにまとまっている秋の小豆島。

え?これが瀬戸内海の「島」なの? と疑うような絶景↓

20171201 KBM-3

 

個人的には映画「二十四の瞳」の舞台だとか

瀬戸内海にあって素麺や醤油を作っている島、くらいの認識だったため

ここまで急峻な山間部があって瀬戸内海で淡路島についで

二番目に大きい島だと知った時はちょっとした驚きでした。

20171201 KBM-4

ヴェルシスという車種のセレクトもあり

なんだかちょっとしたアドベンチャーツーリングも

十分楽しめたのでは? と感じる風情。

いつか行ってみたい未踏のエリアです。

 

この旅で栗栖さんが着用しているのは

エキスパートウインタースーツの絶版色。

現行モデルはRR7688となります。

 

もう定番モデルとして品番は変わりながらも

長い間 ロング&ベストセラーとなっているため

ご存知の方も多い上下セットの冬モデル。

現行モデルも高いコストパフォーマンスと幅広いサイズラインナップで

みなさまの冬の旅を暖かくサポートします♪

 

 

さて、

前回はロシアワールドカップとE-1大会の話をしましたが

今週から同時にクラブワールドカップも開催されています。

アジア王者として大会に臨む浦和レッズや

北中米カリブ王者パチューカの本田選手などは9日から登場します!

 

昨年の鹿島の柴崎選手(現ヘタフェ)のような

シンデレレラボーイが登場するのか?

楽しみですね~♪

 

年末年始は高校サッカー選手権や天皇杯など

サッカーネタが続く予感の

ラフ広報 セキネ がお伝えしました。

 

 

2017年 11月 19日 (日)

ラフロ “走る物流マンH”の「ACERBIS19'モデル新製品入荷編」 +ポケゴ通信外伝⑦~

 

    

 

 こんにちは。

 前回7月末の

 「ラフロリークス 2018年ACERBIS新製品 発注編」

よりはや半年

  つい先日イタリアより待望の

ACERBIS、PROGRIPの便が入荷しました。

 

大変お待たせいたしました。

 

前回もご案内させていただいた

 ● ACERBIS パームプロテクター AC-22717 全6色

Ac-22717_c

  03

 

 

 

こちらは未入荷でお問い合わせの多かった

AC-22754 サイレンサープロテクター シルバー

0022754_020A

新色の入荷です。

 

いつも新製品の発注は

ビビりが入り、初回入荷分が少なくすぐ欠品させてしまう

”走る物流マンH”ですが今回は強気の発注です。

 

 取り急ぎ入荷のご案内ですが

他にもご案内させていただきたい商品の入荷もありましたので

「次回に続く。」

ということで...。

 

 

 

 

そして 久々登場の 「と、ある休日編」

 

いつも休日のの2,3日前

急に「走りに行こ~かな~…」と思い出したように予定を組む

“走る物流マンH”

今回は水上、奥利根、日光方面へ

紅葉などを見物に出発しました。

ルートはざっくりこんな感じ。

奥利根
 

11月5日の朝6:00出発。

途中関越自動車道のサービスエリアで朝食をとりつつ

ポケゴのジムバッジ集めしつつ...。

これはいつか高速道路のSAジムの全制覇をしなければ(*´Д`)

と余計なことを思いついてしまいました。

 

水上温泉に8:30頃到着。

水上駅にてとりあえず一服、およびジム攻略。

思い付きツーリングなので横浜の11月の格好で走ってきて

関越の赤城こえたあたりから「これは山に入るともしや..。寒い??」

さらに進んで

 63号線「奥利根ゆけむり街道」を進みます。

 

  DSC_0004

 途中で紅葉の中一枚目

1509843667767

 ならまたダムでもう一枚

特にダムとかダムカードとかに興味はないのでポケゴ起動し

ポケスト探して次へ...。

 

 ここで今回の旅のお供の写真

 

【RR9805 ガジェットP.A.S.バーパッド】 

DSC_0042

僕の場合はRR9965 PASアダプターバーチカルを使用しハンドルマウント。

 

DSC_0044

使い込んでいるうちに元の姿とは程遠い本体のみのシンプルな姿になってしまいました。

自分の場合はブルートゥースやナビを使わないので

主にETCホルダーとして使用されています。

 

本来の姿。

9805_3

【RR9805 ガジェットP.A.S.バーパッド】

 

最初に自分のブログに登場したのが

2012年 03月 7日 (水)

ラフ&ロード営業マンHのとある休日”ツーリングが100倍楽しくなるスマホ活用術!”でした。

5年前なのか(*´Д`)

 

おっと、まだこの

【RR9805 ガジェットP.A.S.バーパッド】は

現役一線のレギュラー商品ですよ。

 使い込んでいるうちに元の姿とは程遠い本体のみのシンプルな姿になってしまいました。

 

使う人が使いやすいようにカスタムし

BESTな状態で使っていただければ何も言うことなし!

商品をり良い使い勝手でより良い環境で使っていただければ本望です。

 

 

さらに進んで

 63号線「奥利根ゆけむり街道」を進みます。

途中ちらほら「路面凍結」とか「冬季閉鎖」と書かれた看板が目に入ってきましたが

「またまたー。まだ雪には早いっしょ~。」とシカト。

ノー天気に先へ進む”物流マンH”

DSC_0013

紅葉を満喫しつつ、

スリップの恐れがあるウェットの落ち葉の上を

ニーグリップ全開で。

 

「坤六峠」につく頃には...。

雪です。

DSC_0011

ちなみにここにはポケスト、ポケジムともにありませんでした。

この後、401号線に変わった「奥利根ゆけむり街道」を進み

120号線「日本ロマンチック街道」へ入り

奥日光、戦場ヶ原、中禅寺湖など寄り道ポケゴしながら

ツーリングを満喫しました。

 

( ゚д゚)ハッ! 他の写真が本当にない!!

 

走りに行くと本当に走りっぱなしで

風景画も取らないし

飯もうまいもん喰うではなしにサービスエリアで済ませてしまうし...。

経理のO君

雨男のきもとのような旅写真が取れなくて 困っています。

 

 

まあ、自分の場合はひたすら走っているのが

楽しいんですけどね。

 

 

 ~~~~~~ポケゴ外伝⑦~~~~~~

 

ツーリングしに行っているのか

ポケGOしにっているのか

最近訳が分からなくなっている”走る物流マンH”ですが

そんなことで悩んでいる暇はなく

とりあえずポケGOするついでにツーリングをしています。

 

 

なのでツーリングに出ても.…。

 走行しつつも...。

 

あそこの祠は怪しい、

あそこの銭湯もきっとポケストだ。

そこの神社は間違いなくジムのはずだ!

と、所々でバイクを止めてポケゴ起動するので。

自分の思っている時間より遅めの帰宅になる

”走る物流マンH”でした。

 

 

 

 

でわでわ

チャオチャオheart04

 

 

 

 

 

2017年 11月 15日 (水)

「壇蜜ロード」を行く、秋のヤビツ~宮ケ瀬~神之川ツーリング

 

 

 

みなさま、こんにちは。

今朝のサッカーベルギー戦、生で見ましたか?

ベルギー戦の前に、まずはナンデモヤOさんより振られた

先日のブラジル戦の感想から。

 

正直ネイマール選手とマルセロ選手以外はタレント的にも地味だし

今のブラジル代表ってホントに強いの?と思っていました。

が、蓋をあけてビックリ!

確かな技術をベースとした攻守の切替、

球際の判断の速さが尋常でなく

それでいて技やテクニックに溺れず

シンプルかつスピーディーに点を取る様は

しっかりチームとして意思統一され

まさに「ネオセレソン」という感じで唸ることしきりでした。

 

そして今朝のベルギー戦。

絶賛売出し中、超強力FWのルカク選手を

吉田選手、槙野選手がどう抑えるかがカギ。

前半からチーム全体で連動するハイプレッシャーからの守備が

まずまずの成果を見せる日本。

が、後半一瞬の隙をついてシャドリ選手の突破から

最後はルカク選手がキッチリ頭で決め

0-1敗戦。

 チャンスはあるけど決めるべきところを決められない、

いつもの「決定力不足」に今回も朝からガックリでした…

 

残念ながら我らが日本代表に関しては

本田選手の言うとおり世界との差は縮まるどころか

さらに開いている、と言わざるを得ません。

 

全盛期の遠藤保仁選手のように

試合の流れをコントロールしながら攻撃のスイッチを入れる

リズムに変化をつけられるようなベテランの存在が

本大会に向けて必要になってくるのかもしれません…

あ、遠藤選手ガンバから移籍するって情報がっ!

 

 

 

さてさて、本題です。 

今回は週末に行った、ラフロスタッフ有志による

晩秋の近場ツーリングのお話より。

 

待ち合わせ場所へ向かう国道246号沿い、

ひさびさに雲ひとつない青空&冠雪の富士山♪

246 fuji

待ち合わせ場所からヤビツ峠~宮ケ瀬湖付近までは

ナンデモヤOさんの前回ブログも参照ください。

 

ヤビツ峠にむかう県道70号は道幅こそ狭いですが

小排気量バイクでも十分楽しいワインディングで

神奈川のライダーならド定番のルートなんだとか。

青森県人の私、ラフ広報 セキネ、

実は今回がヤビツ峠 初体験♡ 

 

途中ポケモンGO関連でOさんはいろいろ止まりたかったようですが

今回のテーマは「紅葉を愛でるツーリング」なので先へ進みます(笑)

Yabitsu road

 

Tsuribashi2

紅葉は…イマイチ?

きれいに色づく前に前日の大風で路面には木の枝や落ち葉が堆積。

「鮮やかな錦秋のなかのワインディング」 

というのを体感できたのはごく一部でしたが

移ろいゆく季節をゆっくり堪能しながら走れたかと。

県道64号に入り宮ケ瀬湖を越えたコンビニで小休止。

ここでナンデモヤOさんは帰宅の途に。

お疲れ様でした~。。

 

残るメンバーは一旦道志みち(国道413号)に合流し

人混みを回避するため、すぐに県道518号へ。

Camp

橋の上から道志川沿いにあるキャンプ場を覗きます。

陽だまりのなか、ゆっくりキャンプしたいな~(。。)m

 

しばらく県道518号を進んだ後、県道517号を左折、

突き当りの県道76号をもう一度左折します。

 

この県道76号は相模湖方面から伸びてきて

道志ダムを経由してから道志みちと交差し、

道志川支流の神之川方面を通って車両通行止めの林道をはさみ

丹沢方面へ抜ける比較的交通量の少ない道。

 

大人のバイク時間 MOTORISE #166

「ライダー壇蜜ツーリングへ!」 

でも登場した道で通称 壇蜜ロード と呼ばれています(←ウソ)

↑勝手に僕が名づけました(汗)

 

 映像中で壇蜜さんが着用しているのは

すでに絶版になっていますがこちら↓

RR7675 デュアルテックスウォームパーカー

撮影当日はかなり寒かったようですが

しっかり暖かくサポート出来ていたようでよかったです♪

 

ちなみに現行モデルはコチラのRR7660になっています↓

 

 今回ツーリングに参加したメンバーでも歴代モデルを二人が愛用。

気軽に気負わず羽織れる冬カジュアルの主力モデルで、

こんな感じのツーリングにはちょうどよい具合です。

 

壇蜜さんたちはここから道志みち経由で山中湖へ抜け

山中湖パノラマ台でエンディングでしたが

我々は混んでいる道志みちをさけ、県道76号を直進。

神之川キャンプ場の先にあるエビラ沢の滝を目指します。

Ebirasawa1

到着するとちょうど山の切れ間から日が昇りました。

何ともいえず神々しい。。

橋の奥にエビラ沢の滝が見えます。

滝つぼに下りてみました。

Ebirasawa2

近づくと滝は思ったよりも大きく、清冽な流れが

あたりの空気をキンと引き締めています。

なんとなく神聖な場所のような感じでしたので

深入りせずにバイクまで戻ります。

 

ここから物流部イケメンK君の希望で宮ケ瀬湖まで戻り

鮎の塩焼きやら鹿肉のBBQ串を食べて休憩。

Miyagase1

Miyagase2

最後は七沢温泉まで戻ってきて

またまたK君希望のZUND-BARで昼ラーメンを食べて解散しました。

  Ramen

距離にして150㎞程度のツーリングでしたが

 快晴の秋の紅葉ツーリングはいいリフレッシュになりました♪

 

今回使用していたRR5837 ラフライディングスニーカー

バイクはもちろん、ちょっとした山歩きでも大活躍。

12月中旬ごろの入荷予定、もうしばらくお待ちください。

 

以上、神奈川では山道なのにビックリするほど人が多いことに

あらためて驚いたラフ広報 セキネ がお伝えしました。

 

 

全国取扱い店
全国取扱い店
直営店舗
ラフ&ロードSHOP site
WEB SHOP
ラフ&ロードweb shop
ラフ&ロード楽天市場店
ラフ&ロードロードアウトレット

NEW!旬の特選アイテム

  • おすすめレイヤード術高機能インナーを効果的にレイヤードすると、相乗効果でナルホドなあったかさ!

▼カタログ▼

オススメ 特集

  • R&R MOVIE製品の取り扱い方法や、説明を動画でご覧いただけます。

最近の記事

ブックマーク/RSSリーダー

2020年2 月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29