2020年 02月 2日 (日)

TOPICS

画像1

画像2

画像3
       
2016年 09月 26日 (月)

「AG+ってご存じですか?」 周囲に聞いてみて意外と認知度のないことを知りびっくりしたOです。

 

 

こんにちは!

残暑復活ですね。

資生堂の「AG+」(今は更にパワーアップして名前変わっちゃったんですねぇ)を愛用するナンデモヤOです。

 

「AG+」は2001年に「銀イオン」を制汗剤に世界で初めて採用した商品ですが、

 銀イオンを使用していることからふつうの制汗剤より少しだけ高価です。

ただコストパフォーマンスを考慮すればむしろ安いとおもうんですけど。

 

この制汗剤が登場するまでは臭い(体臭)を臭い(香水)で覆い隠すのが常識で、

その選択を誤ると臭いと臭いが喧嘩して大変なことになってましたよねぇ。

むしろ、抑え込めてるものがなかったと思います。

 

そもそもは体臭の少ない日本人でしたが、

食生活の欧米化、肉食化に因って少しずつ強くなっています。

それにくわえて潔癖症と言う現代の奇病に蝕まれつつあるわれわれは

「臭い」に病的なまでに敏感になりつつあります。。。。

 

 しかし、その臭いとの戦いの歴史に終止符を打った「銀イオン」の効果は絶大でした。

※関係者でも、ステマでもありませんよw

 

 のっけからこんな話をするのは

 日々のエチケットに「銀イオン」が大変効果的であると「AG+」愛用者として理解していたところに、

この「銀イオン」含有の「ポリジンスAG+プレー」を扱えることになったことをお知らせするためなんです。

Polygiene-logo-new-1

さて、その「ポリジン」とはなんぞや?

 なんですが、その前に「銀イオン」の効能についてご存じない方にはまずそこからご説明します。

 

そもそも「嫌な匂い」はバクテリアが

汗に含まれるたんぱく質と脂肪酸を分解するときに発生します。

 

銀イオン(プラス電荷)はバクテリア(マイナス電荷)に強力に結びつくことで

バクテリアの酵素と反応し細菌の働きを阻害し増殖を抑えるのだそうです。

この作用で菌の増殖を抑制しニオイをもとから絶ちます。

Spec
 

つまり防臭効果は抗菌による副次効果なのです。

防臭→抗菌

ではなく

抗菌→防臭

なのです!

 

実際のところは銀イオンが上記のように作用しているのではないかというのが定説で

まだ定かではないところが実情のようですが。。。 

 

ところで抗菌とは何なのでしょうか?

 

人類は人体に害を及ぼすバクテリアと戦うため、

様々な手段で菌を制圧しようとしてきました。

それが以下になります。

 

滅菌 すべての菌(微生物やウイルスなど)を、死滅させ除去し無菌化すること。

殺菌 菌を殺す・死滅させる(程度は決まっていない) 薬事法の対象

消毒 菌病原菌を無害化させる。

除菌 対象物から菌を除いて減らすこと。

抗菌 菌の増殖を阻止すること。

 

 此処からわかるのは抗菌は菌に対して一番温和な対処方ということ。

 

人類は菌を制圧しようとして抗生物質を多用した結果、

予想だにしない強力な薬剤耐性菌を次々に生み出してきています。

わたしたちはそろそろ菌と新たな付き合い方を模索する段階に来ているのではないでしょうか?

 

そんな中、太古の地球から存在する「銀」で「菌」に「抗する」のが

これからの賢い対処法のひとつであることは間違いないと思うのですがみなさんはいかがお考えでしょうか?

 日本でもこの春、遅まきながら抗生物質の使用に制限をかける動きが出ていますが・・・

 

閑話休題。

この銀イオンを効果的に臭いの発生源に塗布できるようにした商品が「ポリジンAg+ スプレー」です。

詳細は商品ページをぜひご覧ください。

  Nplg-001_top

わたしも早速テストで使わせていただきました。

毎日の通勤で使用しているヘルメットのあごひもに塗布して。

内装は取り外して洗えるのですが、

あごひもは脱着できないため洗濯するためにはヘルメットごと丸洗いしなければなりません。

 

丸洗いするほどニオイがきついわけでもないのですが、

夏の盛りにはやはり高温多湿であごひもの細菌が活発に活動するせいか

それなりの匂いを発し気になっていたので使ってみることに。

 

塗布後、効果が感じられるのに一昼夜が必要です。

と言うのは銀イオンが作用しバクテリアの増殖が収まるのに時間がかかるからなんです。

翌日。

片側は臭いが激減しましたが反対側はまだ若干のオイニーがします。

どうやら「適量」がわからず塗布が少なかったのと塗布ムラがあったためかバクテリアの活動が抑え込めてない様子。

 

ちなみにこのポリジン液はその対象物に効果的に浸透定着させるため、

様々なものが含まれており、原液自体が癖のある臭気を持っています。

塗布直後は結構な刺激臭を伴いますが乾燥させてしまえばその臭いは消えますのでご安心ください。

 

あらためてスプレーし直しさらに翌日。

確認してみると見事に臭いが気にならないレベルに減少しました。

この効果に感激し、早速、野球部の三男のトレーニングシューズにスプレーしましたが、

効果てきめん!

あの臭かった玄関が快適空間になりました。

 

・・・なんかここまで書いておきながら

自分で読んでみてもかなり胡散臭いので

このようにお伝えするのに気が引けてしまいます。。。

ただ事実に間違いはないので脚色なくそのままお伝えしていますのでご了解ください。

 

またこれだけ攻撃性があると人体への影響があるのではないかとの疑問が当然湧くわけですが、

古来より銀の優れた特性は巷間に知れ渡っているところで

銀は人体に対する金属アレルギーの少ない物質(銀アレルギーが皆無なわけではありません)です。

 

ライディングギアは汚れやすく、洗濯を頻繁におこなえないものが多くあります。

ヘルメットをはじめ、ライディングシューズ、ライディングブーツ、モトクロスブーツ、ライディンググローブ・・・・。

このポリジンスプレーが活躍することは間違いありませんね。

 

取り扱いを始めたばかりですので、

店頭においていただけている販売店様はまだ殆どありませんが、

今後取扱いただくところではその絶大な効果を確認いただけるようサンプルを用意させて頂く予定です。

もちろん直営店ではすでに見本品をご用意していますので

靴の中敷きをお持ちいただき(スプレー直後は濡れるので)、

よく乾かしてからその効果を是非一度体感してみてください。

 

一本の容量は100mlで1000円と高く感じますが、

一足につきスプレー10回で60足分に使用できるので一足あたり17円弱と大変経済的です。

スプレーした中敷きは、洗わない限り半永久的にその抗菌パワーは持続します。

 

ところでこのポリジンを使った商品を当社は実はすでに取扱販売しています。

「OJ フラワー ヘルメットライナー」がそれなんですが、

Ojf042_2

このイタリアメーカーの商品を探し出したときにその消臭機能はどのようなものか確認した際、

この「ポリジン」を使っていますとポリジン社のHPアドレスと、

詳細データを送ってもらっていたのです。

 

取扱当時はまだ馴染みのないポリジンでしたし

OJさんのHPでも特に追記していなかったのですが、

この商品の効果の高さは扱いはじめてからたくさんの

好評の声を頂いていただくことでその素性のよさは間違いないものと感じています。

 

本来であれば発汗が盛んになる前の春にご案内できればよかったのですが、

今の日本は温暖化と行き渡りすぎた空調環境のため

冬でも汗をかきやすいシーンがあるので季節を問わずおすすめいたします。

 

また、洗濯できるものには柔軟剤のかわりに

「ポリジン ウォッシュイン Ag+」を代わりに使用いただくと

Nplg-002_top

効果的に対象物に万遍なく浸透定着させることが出来ます。

当社営業ウーマンのSからはこちらを自宅の洗面所のお手拭きタオルに使用したところ、

すぐ臭くなっていたタオルが臭くならなくなったとのテスト報告も受けています。

 

今回は「ニオイ」の話題でしたが

折しも会社の前の鎌倉街道のイチョウが銀杏を落とし始めました。

あのかぐわしい匂いは好き嫌いが出ますよねぇ~

 

 

2016年 09月 24日 (土)

スマートな旅をするために ひとりキャンプ準備編 その2

 

 

こんにちは。

 秋雨前線が居座り続けた今週のヨコハマ。

肌寒いなんて思っていましたが、

来週は残暑復活だそうです。

夏物しまうのはまだはやそうですねぇ~。

 

 

といっても日々秋めいていく今は

キャンプにちょうどいい季節ということで

先週末の連休を利用して朝霧方面へファミリーキャンプへ行ってきました。

2016-09-17 14.00.29

ここは晴れていれば目の前に富士山がドーン!

気分上々な道なのですが

富士山はおろか、

台風16号がこの上空付近の前線を刺激し

空は今にも泣きだしそうです(汗)

 

直前まで行くかやめるか悩んでモタモタしていたので

到着したら平坦地はすでに他のキャンパーで一杯(涙)

 

気を取り直して緩い傾斜地にテント設営…

オートキャンプなのでイス、テーブル、薪や焚火台も持参し

雨が降り出す夕方までは幸せな時間を過ごしました。

2016-09-17 17.28.43

2泊3日予定でしたが翌日の豪雨に心が折れ、

雨の中1泊2日で撤収して帰ってきました…

まぁ、台風ですし仕方ないですね。。

 

 

さて、今回はアウトライダー最新号から。

20160911 outrider-1

スマートな旅は愉しい!

 

巻頭特集はライターの野岸さんが

近江→若狭→丹後→嵐山→近江に戻る

という環状コースツーリングを

賢い各種割引を利用してスマートに巡るという企画。

20160911 outrider-2

20160911 outrider-3

関東のライダーにはなかなか馴染のないエリアですが、

アップダウンのあるワインディングが楽しそうなコースですね♪

 

この旅で野岸さんがXSR900と合わせて利用したアイテムはコチラ↓

20160911 outrider-4

RR7226 ライディングジャケット

RR7466LF スムースストレッチカーゴパンツLF

RR8020 コンフォートナックルグローブ

そしてアウトライダー30周年記念コラボアイテムの

RA1031 HBラージシートバッグ

 

暑かったり寒かったりの

この時期にはピッタリのセレクト。

もっと標高が上がる、緯度が上がるようなら防寒ベスト付の

SSFシリーズもおススメです♪

 

 

そして菅生編集長の

原点回帰:ミニマルツーリング

20160911 outrider-5

この一言に目からウロコ。

そうなのです。

ライダーとは何とかするものなのです。

 

そんなわけで先日確認した

手持ちのテントと最低限の道具類を

早速トリッカーに積んでみました。

2016-09-22 14.04.18

2016-09-22 14.03.55

ちょっと前に使っていたGブラックの

RR9402 AQA DRY ライドパック

にシュラフ類を詰め付属のバンジーコードで

イイ感じに積載でき

 トリッカーでもキャンプが実現できそうです♪

 

秋の一人旅は

ゆっくりと自分自身に向き合い

考えを整理するいいチャンス。

来週はそんなひとりキャンプへ。

 

使用予定のウエアは

 RR7240 ブレッサブルフィールドジャケット

グローブは

 RR8519 プレミアムガンカットグローブ

 気負わず、しなやかに、

それでいてしっかりと旅人に寄り添う、

そんなアイテムにしてみました。

 

次回ブログでは

ひとりキャンツーをレポートする予定。

今から日本海に沈むキレイな夕日を夢想する

ラフ広報 セキネ でした♪

 

 

 

2016年 09月 19日 (月)

憧れのひとりキャンツーに向けて 準備・野望編

 

 みなさま、こんばんは。

 

今年は台風ばかりですが

9月に入ってやっと日射しの強さが緩み、

朝夕が過ごしやすくなってきましたね。

どころか朝晩は肌寒いw

 

そんな季節にはバイクで

キャンプに出掛けたくなるのが

旅ライダーのサガ。

 

レディスバイクをはじめ

多くのバイク雑誌でも

キャンプ企画が増えてくる季節です♪

20160901 LB-1

ひと言で「キャンプ」と言っても

実にさまざまなスタイルがあります。

 

近年出てきたグランピングから、

家族でオートキャンプ場で楽しむファミキャン、

気の合う仲間と行くグルキャン、

タープメインでキャンプする野宿スタイル、

完全防寒対策をして凌ぐ雪中キャンプなどなど。

 

私 ラフ広報 セキネ 、

小さい時頃、親に連れられ

北海道でキャンプを体験。

学生時代はホームセンターの安売りテントで

仲間といっしょにキャンプツーリングにいそしみ、

ここ数年は家族と一緒に車でオートキャンプ、

というキャンプ人生を歩んできました。

2016-08-12 06.36.05

▲今夏、訪問した快晴の吹上高原オートキャンプ場

 2016-08-12 06.36.19

 

 

 

いろんなキャンプ場で見る

先輩ライダーたちの魅力的な時間の使い方に

「いつかはあこがれのひとりキャンプへ」

と考え続けて幾星霜…

 

 

子供の成長とともに生活スタイルが変わり始め、

今年の秋あたりから

ついに「ひとりキャンプ」解禁!

と考えているところです♪

 20160901 LB-2

 

ところが!

 

 

よく考えたら普段はオートキャンプなので

テントひとつをとってもバイク用のコンパクトなものではなく

我が愛車トリッカーの積載性の悪さも相まって

装備面での壁に突きあたることに(汗)

 

何か良い手はないか

毎夜アウトドア通販サイトやキャンパーブログを

チェックする日々…

 

最近のキャンプ道具はとてもよくできていて

ウッカリするとキャンプすることよりも

道具集めにはまる人も多いとか(笑)

その気持ち、わかります(汗)

20160901 LB-3

こういうページや記事を見ていると

アレコレいらないものまで、ほんと欲しくなります(汗)

 

レディスバイクの誌面には

旅慣れた女性ライダーの記事も。

20160901 LB-5

右のカブの方は弊社の絶版アイテム

RR6030 マップブックカバー を装着されていますね。

手持ちのモノを大事に工夫して使っていく。

キャンプとは本来そういうエコな気持ちが大切ですよね。

 

というわけでまずは手持ちの装備を確認!

2016-09-04 19.11.45

以前アウトレットで買った夏フェス用テントに

フレーム入りビーチマット、シュラフ類…

幅が55㎝と意外にデカい(汗)

トリッカーに積めるかな…

 

あとは最近オリーブに新調した

RR9402 AQA DRYライドパック

これがあれば大丈夫でしょう♪

RR9402 着用イメージ

ちなみに自分の場合、キャンプとは

「焚火とビールと近くに温泉」

これに海と夕日と満天の星空がついてくれば文句ナシ。

 

一人の場合は調理もしませんし

コーヒーも飲めれば幸せですが

なくても何とかなります。

 

まずは最小限の装備で

月末の晴れた日に日本海へ。

ひとりキャンツーリターンをもくろむ

ラフ広報 セキネ でした♪

 

 

 

 

2016年 09月 10日 (土)

お待たせいたしました! ラフ&ロード2016-17 秋冬カタログ入荷です!

 

 

みなさま、ご無沙汰しております。

季節は夏から秋へ移ろいちゅう…ハヤッ(汗)

 

今日は気持ちいい秋晴れの

ここヨコハマ。

だいぶ空が高くなりましたね。

2016-09-10 09.09.39

 本社屋上より西を望む

 

 

すでにお気づきの方も多いと思いますが当社ホームページ

PRODUCT INFORMATION はすでに衣替えが終わって

秋冬モードに突入しております。

↓バナークリックでそれぞれの特集ページへ飛びます

2016秋冬コレクション

2016秋冬コレクション

バナー

 

 

そして本日、冊子版の

2016-2017秋冬カタログが入荷しましたっ!

 

2016-09-10 10.45.16

 

今回のカタログの表紙は

サポートツアラーの荒木さん

南米アンデスで撮影してきた絶景がメインカット。

中には秋冬の街乗りで気軽に使えるモノから

極寒の宗谷岬ツー対応可能アイテムまで

多種多様な快適便利商品が満載です♪

 

オールカラー全48P、

今すぐご覧になりたい方はコチラのデジタルカタログバナーをクリック!

2016SSツーリングギアデジタルカタログ

 

 

冊子版をジックリと手に取って吟味されたい方は

こちらの応募フォームをご利用ください。

 

もちろん冊子版カタログは

弊社直営店でも明日から配布予定です。

直営店では最新アイテムの現品を

お手に取ってご確認いただけます♪

また PRODUCT INFORMATION からは

在庫の有無や入荷時期がご確認いただけます。

 

9月、10月秋の連休を前に

最新情報をチェック、

新たな装いでツーリングを楽しまれてはいかがでしょうか・・・。

 

以上、9月の連休はキャンプを満喫予定の

ラフ広報 セキネ でした。

 

 

 

 

 

2016年 08月 9日 (火)

“走る物流マンH” 恒例パワーエンデューロ モトパワー8耐参戦記!

 

 

ご無沙汰しています。

久々登場の“走る物流マンH”です。

今年からできた「山の日」の明後日より夏季休暇♪

 

今回はいつの間にか毎年の恒例行事になってしまっている

モトパワーレーシングさんの「8時間パワーエンデューロ」の参戦記です。


 

今回も昨年と同じメンバーで参加してきました。

前日、30日土曜に現地入りしてピット設営。

現地到着

 ピーカンの良い天気。

だけども、明日もこんなに天気だとオジサン暑くて死んじゃうよ~。

 

テント広げてとりあえず乾杯したら コースの下見に行くという。

「暑くて体力消耗するだけだよ~」と

面倒くさがり、体調管理に気を配る“走る物流マンH”...。

 

でしたが、そこは日本人。

みんながいくというのでシブシブついていきました。

 

 

下見

コース名「廊下」、「すり鉢」、「マニア」と下見。

思ったよりコンディションもよく

「マニア」は内心 行けんじゃね?と思いつつも

「あっ、別に俺マニアじゃねーし。」と全力回避を心に決める午後15時。。。。

 

 

この後はお楽しみの宴会タイム。

ですが...、

自分は寄る年波に勝てず早々に就寝。(朝から飲み過ぎとの話もありますが・・・)

 ほかのチームメイトは1時ころまで盛り上がっていたようです。

 

 

 

 レース当日の31日。

バイクをグリッドに並べに行きます。

スタート位置へ (1)

 どんよりとした曇り空

このままの天気なら若干涼しくてベストだけども...

なんとなく雨降ってきそうな雰囲気...。

 

 今年は総勢163台-340名のエントリーだそうです。

スタート前 (1)

 

 

今回、僕はスターティングライダー。

チームメイトのM氏は「スタート下手」を自認していて

自ら「スタートやります」とは言わず、

横浜店オフロード担当のタカミにスタート勧めても

「ヤダ!」の一点張り。

年下のくせにイモ引きやがって・・・・・

 

仕方がないので???

自分がスターティングライダーを務めましたが

久々なのでドキドキ緊張気味。。。

口には出しませんでしたが顔に出ていたかな?

スタート2

 

動画はテントから歩いてスタート。

その後、走行までの映像です。

 

メンドーくさいのでノー編集。

スタートは9:00過ぎ以降。

13:00辺りでエンストこいて止まっていますが

特に面白いところはないと思われますm(__)m

  

 

年を取ったせいか急がず、慌てず。

自分のペースを管理し「乗れてるけどちょっとペース早いからセーブ。」

「ここは勝負どころではないから体力温存」と

以前のように目が三角にはならなくなりました。

 

「レースだけどよいのか?」

 

すり鉢中盤で前走車と同じラインに入り渋滞。

途中コケてる知り合いを撮影したり。

 

 

昼頃に2時間ほどの赤旗中断が入ったのですが

その合間、休憩ができて結果的にこれでよかったのかと。

 

 

 

こちらはわがチームメイトM氏の再スタートの様子です。

フラッグ振られているのにスタートミス。。。。

自分がうまいとは言いませんが...。

ヘタクソ。

 

 

今年は大きなマシントラブルもなく順調に周回しチェッカーを受けることができました。

ゴール (1)

 

自分はスタートライダーを任され

なおかつ最終ライダーとしてチェッカーフラッグまで受けさせてもらいレースを堪能♪

おいしいところ全部いただきm(__)m

またチームメイトや他チームのオフロード仲間たちのおかげで無事完走することができました。

 

 装備品の洗濯など片付けがやっと終わり

砂利っぽい部屋で一杯やりながらレースを思い起こし ブログを書き。

 

「これで9年連続出場か~。あと何年走れるかな?」

 

洗ったヘルメット見ながら黄昏た“走る物流マンH”でした。

 

 

余計な力が抜けている分、掌のマメもできず、

すんごい筋肉痛にも見舞われずに

まだいけるんじゃね?

もう少し良い成績出るんじゃね??と

すでに気持は来年へ飛んでいます。

ムフ♡ 

 

でわでわ

チャオチャオheart04

 

2016年 08月 4日 (木)

最後のW800で巡る、日本一の富士を味わう夏の旅

 

 

 

こんばんは。

いよいよリオ・オリンピック開幕しますね!

いつものことながら?まずはサッカーネタから(汗)

 

日本時間 5日午前10時キックオフ、

われらが手倉森ジャパンと対戦する

初戦の相手、ナイジェリア代表が

いまだブラジル入りしていないようでwww

国際試合で試合当日の現地入りは

前代未聞なんだとか。

 

いやはや今回のリオ・オリンピック、

いろいろ波乱が起こりそうですね…

 

人のふり見て我が身を…じゃないですが

2020年はしっかりしたいですね、小池さん。

 

 

 

 さて!話変わります。

今回はまず、カワサキといえばお馴染みの

「えぇっ! あのバイクが…」

というお話から。

 

 

熱狂的な80年代のバイクブームが終わり

かつての名車の名残りを残しつつ

90年代初頭から登場。

時代の変遷のなかで熟成を重ね、

各所ブラッシュアップされながら20年以上。

「定番」 として君臨していた

伝統シリーズの終焉。

 

カワサキバイクマガジンの最新号

巻頭特集はまさにそのお話。

20160801 KBM-1

ここにきて近年のカワサキの象徴ともいえる

ZRX1200ダエグ、W800、KLX250、Dトラッカーの4モデルが

ついにファイナルモデルとなってしまいました。

 

弊社でもカタログ撮影などで90年代後半から

ZRXシリーズやWシリーズは

よく使わせていただいたものです…

RA5031

KLXやDトラッカーもLukeブランド草創期からの

カスタムベース常連車種でした。

KLX バック

↓こちらはSCSさんのDトラッカー 

ACERBISパーツ装着デモ車両

SCS KLX

そんなわけで何かこう、

ひとつの時代が幕を閉じた、

そんなノスタルジックな気分になる記事でした…

 

 

 

さらにページを読み進めていくと

今度はまぶしい朝日と勇壮な富士山のシルエット、

そしてキャンプするライダーの姿が目に飛びこんできます。

 

20160801 KBM-2

カワサキバイクマガジンの人気ツーリング企画、

ジャパニーズロード。

 

今回は富士山周辺を

シリーズ最後のW800で巡る旅。

20160801 KBM-3

20160801 KBM-4

20160801 KBM-5

今回、ライターの港さんが宿泊したのは

広大なサイト面積と富士が目の前にドーン!

と見えることで有名なキャンプ場、ふもとっぱら

 

人が少なくて、この天気なら間違いなく最高のキャンプ場。

周辺には人気観光スポットも多数あります。

 

記事中で港さんが着用していたウエアは

RR7318 ラフメッシュジャケット

気軽に着られるシンプルなメッシュジャケットで

W800などトラディショナルなスタイルにも似合いますね。

 

今回の記事を読んでいたらまた

富士山周辺でキャンプがしたくなってきました。

ウズウズ…

 

というわけで? 9月の3連休は 

これまた富士山が目の前に見えることで有名な

朝霧ジャンボリーを発作的に予約してしまった

ラフ広報 セキネ でした。

 

 

 

 

2016年 07月 25日 (月)

「林道ツーリングガイドブック 2016~2017版」のご案内と、バイクとポケモンGOの親和性について考えてみました(^^)

 

 

コンニチハ。

梅雨の明けない関東です。

オホーツク海高気圧が頑張ってやませを吹かせているようです。

その影響で今のところ例年より過ごしやすい夏ですが

このままではいいことばかりではないですよねぇ。

どうもお久しぶりのナンデモヤ O ですm(__)m

 

今日の案内は

 松下時子さん編集の

「林道ツーリングガイドブック 2016-2017」 です。

去年に続き刊行されました。

林道ツーリングガイドブック

GARRRRの人気連載記事「Enjoy林道ツーリング」をまとめた林道ガイド本です。

相変わらず当社の商品も愛用いただいており嬉しい限り♡

 

ところが残念なことにこの連載、

ナント10年を節目に終わりだそうです。。。

終わりあれば始まりあり。

次に期待しましょう!

 

前回のガイドブックvol1の刊行の際のブログでバイクにズブズブになっていく様を書き記しましたが、

林道を走るうちにハマったことがあります。

それは「野鳥」です。

ひとけのない山中を走っていると、

コーナー曲がった途端、目の前を飛び去る美しい羽をした野鳥を見かけたり、

景色のいいところで一服していると綺麗な野鳥の声が聞こえてきます。

 

バイクはいともたやすく人が簡単には分け入れない山の中まで我が身をテレポートしてくれるわけで

きっと貴重な野鳥の直ぐ側にこれているのだろうからもったいないとの思いから、

いっちょ調べてみるかと野鳥図鑑を一冊購入し林道ツーリングに出かけるようになりました。

双眼鏡も携えて。

 

早速、調べてみますが声はすれども姿は見えず。。。

やっとみつけて双眼鏡を覗いても動きが早く、

カモフラ色の野鳥は簡単にはその姿をレンズの中に晒してくれません。。。

四苦八苦しながら少しずつ同定できるようになりコツを掴むとあれよあれよと覚えられるようになりました。

 

ヒトがバイクで知らぬ地を目指すのは本能でしょうが、

その目的は様々。

 

食べ物であったり、運転そのものであったリ、よい景色であったり

もうそれは様々でしょう。

わたしの場合そんな中のひとつの目的が「野鳥」となりました。

 

おかげさまで今ではある程度の野鳥は、

その大きさや、飛び方、鳴き声、居る場所、時期などで判別できるようになり

街中でも野鳥の姿で季節の移り変わりをいち早く感じとることができ、

またその声や可愛らしい仕草に癒やされる生活が送れるようになり

人生にうるおいが加わることとなりました♪

これもバイクに乗っていたおかげ?

 

松下さんの場合はそれが「林道伝道師」だったわけですね。

きっと林道ツーリングでの体験を独り占めしているだけでは飽き足りない

熱き心の辿り着いた先がこの連載だったのでしょうね。

この先のさらなる活躍をご祈念いたします。

 

一方わたしは先週、新たなプラスアルファな楽しみになりそうな物を手に入れました。

奥手の広報セキネと違い

新しいもの好きのワタクシナンデモヤOは

早速、ポケモンGOやってみてます。

いい歳こいて。。。

 

昨日出掛けた東戸塚のオーロラシティは

老若男女が入り乱れ収集に勤しんでいて、

ニュースで繰り広げられる狂騒を目の当たりにし、

またその当事者に身をやつしてみて

あたらしい何かが始まったなぁと感慨にふけりました。

 

新しもの好きを標榜するわたしは、

ポケモンGOの前身のIngressにも手を出してました。

手は出しますが・・・すぐやめました・・・

イングレスは無機質で英語がメンドウで・・・

 

それがポケモンGOで一気にスターダムにのし上がり大化けの様相です。

 

ポケモンゲットには、近所を黙々と徘徊する必要があるわけですが、

きっとすぐ飽きますよね同じ所ばかりだと。

ポケストップ

会社周辺の横浜市港南区にもこれだけのポケストップがあります!

 

レアポケモンがゲットできるポケストップを巡るための移動手段は徒歩、自転車、車などありますし、

公共の交通手段をつかうこともできるわけですが

バイクはその機動力が物を言う魅力的なコミューターです。

レアポケ収集ツーリングなんてのももうすでに始まっていることでしょう?

 

わたしはバイクを手に入れて野鳥を知りましたが、

ポケモンGOをはじめて、バイクに興味持ってもらえる人がいたらいいですね。

 

考えてみればわたしは遥か昔に野鳥と言うポケモンをゲットするために

バイクを使っていたんだな~との結論に至りましたwww

 

現在20種捕獲、

5kmの卵が今晩孵化する予定で楽しみなナンデモヤ O でした(^_^)/

 

p.s. 捕獲の際は落ち着いてしましょうね!

危ないですからホント・・・・

次回飽きてなければまた報告しますね~

 

2016年 07月 23日 (土)

旅人は北を目指す? ロングツーリストサポートライダー紹介と冬物極秘会議の様子をご紹介

 

 

こんにちは。

いよいよ日本でもポケモンGO配信されましたね。

 

個人的にはこれ以上スマホやガジェットに

時間を取られたくないので関心がないのですが

関係企業の株価が上がったり

経済効果的には気になるニュースです。

 

ポケモンGOといえば、今朝早速通勤途中で

何とも異様な光景を目撃しました。

 

中高生くらいの娘と息子、

そして愛犬を連れた父親が

特に何もない交差点で壁に向かってじっとしています。

 

全員の手にはスマホ。

熱心に画面を注視する三人。

時折画面をスワイプしてます。。。

 

まちがいありませんね…

そこにポケモンがいてそれぞれが

ゲームに夢中になっているわけです。

 

お互いに会話はありませんし、

散歩に出たはずの愛犬も

一か所にとどまり動かないので

困った顔をしていますwww

 

世界各地で夢中になりすぎて

いろいろな問題が出ているようですが

ライダーとしては怪しい動きの

歩きスマホを見たら今まで以上に要注意ですねぇ。。

 

 

 

さて!

話題変わります。

東海地方は梅雨明けしたようですが

いまだ、雨がちなここヨコハマ。

 

ちょうど雨が上がった時に

関西在住のロングツーリングサポートライダー、

北風さんが、まさにこれから

北へ向かうという旅の途中で来社くださいました。

2016-07-20 16.34.45

50代からオフ車ライフに目覚め、

退職されてからもこのR1200GSとともに

日本全国を旅しつづけているタフな方です。

「寒い時は南へ向かって、暑いときは北に行くんです。

北海道も今回で4回目ですわ」

 

弊社の春夏カタログでも北風さんのお写真、

たびたび使用させていただいてます。

Kitakaze

 

スマホやナビを器用に使いこなす北風さんは

RR7105 ゴアテックスSSFツーリングジャケットFP

RR5612 AQA DRY カーゴ などをセレクトし、

バイク乗りの天敵、雨をモノともせずに走り回っていらっしゃいます(笑)

 

訪問された日は横浜泊。

翌日からは千葉、栃木、福島、宮城、

秋田、青森は竜飛岬まで

ゆったりと1週間かけて本州を北上。

 

それから北海道へ渡り

しばらくキャンプしながら走るそうです。

うらやましぃ~(≧∇≦)

2016-07-20 16.36.33

お気をつけて、良い旅を!

 

ラフアンドロードでは随時、国内、国外を問わず

ロングツーリングを目指すツーリストに

カタログ掲載品をスペシャルプライスにてサポート中。

あなたが旅で撮ってきたお写真が

カタログや店頭展示のタペストリーになり

次のツーリストを旅へといざないます♪

 

旅の計画がきまったら

TEL:045-840-6633

ロングツーリストサポート係

担当 セキネ までご相談ください。

 

 

さて、北風さんを見送った後

届いていたタンデムスタイル最新号をチェック…

20160724 タンスタ-1

なんて、夏休みな表紙でしょう(笑)

いい大人がいきなり川で行水してたら

職務質問スレスレですが楽しそうですね(汗)

 

で中身を覗くと、藤原寛一さんが旅人にインタビューする連載

「僕らはバイクで旅をする。」 に

見覚えのある青いぜルビスとボルティ、

そしてなつかしいお顔が!

20160724 タンスタ-2

彼らもまた弊社のロングツーリストサポートライダー、

平塚大地・チヨコ夫婦

ブログを拝見すると

今年もすでに北海道に行ってきたようですね(笑)

旅人はみなさん、夏はやはり北を目指すんです♪

 

 最近は世界ツーリングから帰国された方が

あらためて四季のある日本の美しい景色を楽しむため

国内ロングツーリングにハマる、

というケースも多くなりました。

みなさん活き活きしてますよねぇ♪

 

 

先日は店舗スタッフが本社展示場で

次の秋冬最新モデルの勉強会&秘密会議を行いました。

さまざまな旅のスタイルに応じて、

皆さまの快適なバイクライフを応援するため日々研鑽に励んでます。

2016-07-21 11.20.48

この場では商品知識を吸収するとともに

日々、ライダーの皆さまからいただく要望が本社商品企画担当へ伝えられ

ブラッシュアップされ次期モデルとして

世に生み出されていきます。

 

その日、外はあいにくの雨でした!

なぜ故かといえば、会議参加メンバーの中に

川崎店スタッフ、雨男のキモトの姿が・・・(爆)

2016-07-21 11.22.36

早く梅雨明けしないかなぁ。。

 

以上、夏の帰省に向け

北風さんが旅の途中に滞在する

キャンプ場の情報を教えてもらう予定の

ラフ広報 セキネ でした。

 

 

2016年 07月 20日 (水)

やっぱり夏は 「北海道」♪ 夏のバイク旅、聖地巡礼、旅立ちは今!

 

こんばんは~。

海の日に九州から東海地方が梅雨明け、

関東もそろそろ?というところ。。。

 

バイク乗りにとっても

夏の長期休暇を使って今年こそはと

ソワソワする季節の到来ですね(笑)

 

前回の北東北ネタにつづき、

今回注目するのは

北の大地、バイク乗りの聖地、

 

北 海 道

 

今回は夢をあきらめない、

大人のバイクライフマガジン

風まかせ最新号より

20160706風まかせ-1

BOLTの横にたたずむ斉藤編集長。

 

 

「いざ、旅立たん!」

20160706風まかせ-2

着用いただいているのは

背中の刺繍がバイク旅を演出する

RR7308 ライディングメッシュジャケットEM

 

そして硬派なスタイルと機能性を両立した

RA1031 HBラージシートバッグ

 

その他にもご利用いただきました。

20160706風まかせ-4

 

 

それにしても

誌面にあふれる雄大な景色を見ているだけで

ウットリと時を忘れますねぇ♪

20160706風まかせ-2-1

20160706風まかせ-2-2

20160706風まかせ-2-3

20160706風まかせ-3

今回は道東の知床半島方面をピックアップ。

北海道ならではの雄大な自然、

そこで味わう美味いものと温泉、

そして北の人々の旅人への優しさ…

それこそがバイク乗りを惹きつけて

魅了するものなのでしょう。

 

僕の親父は北海道の羊蹄山の麓、

喜茂別町の出身なので

小さい頃の夏休みは毎年、北海道でした。

 

道民がよく言うのは

「北海道は道南、道央、道北、道東の

4つの地域がそれぞれ四季によって

個別の表情を魅せてくれるから、

4地域×四季で都合16回体験しないとダメだよ」

 

ちなみに今回の知床エリアの冬は

こんなカンジで自然の厳しさが先行しますが

雪の大地や、オホーツクに沈む夕日もまた最高。

2015-12-06 14.10.21

2015-12-07 09.44.39

2015-12-06 15.40.14

 

今年3月に北海道新幹線が開通し、

今まで以上にクローズアップされる北海道。

昨年末に北海道へ行ったときも

飛行機で移動したため

「秘境」と言われた知床が

こんなにも近かったのかと驚いたものでした。

 

しかし、我々はバイク乗り!

 

長い船旅は通過儀礼、

やっと到着した北の大地。

フェリーからバイクで走り出た途端、

すべての日常のしがらみから

リセットされるのに気付くハズ。

 

本州では考えられないような

長い長い直線道路や

山深い峠をいくつか越えて、

やっとたどり着く知床半島。

 

野営地にテントを張って夕日を眺めながら

冷えたビールをいただく瞬間、

あぁぁ…生きててヨカッタ♡

となること間違いナシ。

 

いくつになっても何時でも、北海道は

ツーリングライダーにとっての「聖地」なのです♪

 

「いざ、旅立たん。」

 

今年の夏も北の大地は

アナタがやってくるのを待っています。

 

以上北海道と青森のハーフ、

ラフ広報 セキネ がお伝えしました。

あぁ、北海道走りた~い!

 

 

 

2016年 07月 15日 (金)

おんでやぁんせ♪ 北東北! 鉄馬乗り ゆかりの地 「戸(へ)」 めぐりツーリングが熱い!

 

 

みなさんこんにちは!

6月末のとある日、

創刊 30周年を迎えたアウトライダー誌の

菅生編集長からお電話が…

「関根さん、たしか三戸出身だったよね?」

 

神奈川には三戸浜(みとはま)というところがありますが

僕の出身地は青森県と岩手県の県境、

三戸(さんのへ)というところ。

 

 ボクはこの街で育ちました(^^)

 

 

盛岡出身の菅生さんとは日頃、

北東北、太平洋側の旧南部藩

同じ南部訛りのネイティブスピーカーの大先輩としても

いろいろ地元バナシをさせていただいております(笑)

 

で、その大先輩から

「こんど二戸(にのへ)観光協会主催で

写真コンテストをやるんだけど

ラフさんでも協力してくれませんか?」

とのご依頼が。

「ホントですか!もちろん、喜んで♪

バイクで地元イベントに関われるなんて最高ですね!」

 

 

と、いうわけでその告知

アウトライダー最新号に掲載されていました。

20160711 outrider-1

20160711 outrider-2

今回のフォトコンテストは

県外、県内在住を問わず

場合によってはライダーじゃなくても参加可能。

審査監修は写真家のホッカイダーこと小原信好氏

※じつは小原さんも盛岡在住だったりします。

 

弊社からはこちらを協賛させていただきました↓

RR6052 アタックザック  ブラック×レッド

ツアラーには定番のアイテムであり、

なおかつバイク乗りでなくても使える逸品。

その歴史は「へ」の歴史に引けを取りません( ̄- ̄)/

ラフアンドロードならではの耐久性と造り込みに

きっとご満足いただけるかと思います♪

 

 

ところでこの「戸(へ)」地域のこと、

みなさんはご存知でしたか?

 

関東から北海道へ行くのに

東北道を自走で行ったことのがある人は

八戸(はちのへ)自動車道への案内板で

この「○戸」を「○のへ」と読むのを

初めて知った、という方も多いかと思います。

 

一戸二戸九戸が岩手県、

三戸五戸六戸七戸八戸が青森県で

四戸は現在、人の名字でしか残っていません。

 

ちなみにこの「戸」というのは

昔の馬を育てていた地域の単位という説もアリ

現代の「鉄馬」たるバイク乗りには

遠からぬ縁のある地域

だと勝手に信じております(笑)

 

「昔バイクで行ったあそこ、ぜひ行ってほしいなぁ」

という元ライダーも、これを機会に

バイク生活へのリターン、お待ちしてます♪

 

さっそく地元、三戸のバイク友達へ連絡すると

「まだ、少し寒いけどバイク乗ってらよ~。

二戸のイベント参加するよ!」

とのこと(笑)

 

応募期間中には八戸三社大祭など

地元ならではの祭もあります。

この夏はぜひ、

北東北 「戸」 めぐりツーリングへ

おんでやぁんせ

※南部弁で「おいでください」の意

 

以上、地元ネタ満載で

夏の帰省が待ち遠しくなってしまった

ラフ広報 セキネ でした。

 

 

全国取扱い店
全国取扱い店
直営店舗
ラフ&ロードSHOP site
WEB SHOP
ラフ&ロードweb shop
ラフ&ロード楽天市場店
ラフ&ロードロードアウトレット

NEW!旬の特選アイテム

  • おすすめレイヤード術高機能インナーを効果的にレイヤードすると、相乗効果でナルホドなあったかさ!

▼カタログ▼

オススメ 特集

  • R&R MOVIE製品の取り扱い方法や、説明を動画でご覧いただけます。

ブックマーク/RSSリーダー

2020年2 月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29